ルシア

ルシア【166話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は166話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

166話ネタバレ

ルシア【165話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は165話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 母親になる喜び

ルシアは⼥王から軽⾷の招待状を受け取り、宮殿を訪れた。

⼥王の宮殿に通じる廊下で、彼⼥は馴染みのある貴婦⼈に出会う。

アルヴィン伯爵夫人であるソフィアは、ルシアに気づくと頭を下げる。

「タラン公爵夫人、私はまもなく⾸都を離れることになりました。今日は、⼥王陛下と、公爵夫⼈に簡単に挨拶をしにきました」

「頭を上げてください。そのように腰を曲げたら、⾚ちゃんには良くないと思いますから」

頭を上げたソフィアの表情は穏やかだった。

以前にお茶会で出会った彼女とは別人のよう。

体重が増えたせいか、印象も少し変わっている。

「あなたは⾸都を去るのですか?」

「はい。夫の仕事で海外に⾏きます」

「妊娠中なのに⼤丈夫なのですか?」

「注意している限り、医者は問題はないと⾔いました。夫は私の首都に残ってほしいと言いますが、それだと中々会えませんので」

「・・・そうですか。健康で美しい⼦供を産んでいただければ幸いです」

「タラン公爵夫人。以前の私の失礼な⾏動について、もう⼀度お詫び申し上げます。私は愚かさを超えていて、目の前にあったものを区別することができませんでした。私はあなたの許しを求めていません。公爵夫⼈、あなたへの私の⾏動に⼼からお詫び申し上げます」

「あなたの言葉がとても誠実なことは理解できますので、私は偏狭な⼈になりたくありません。次回はもう少し快適に話せればいいと願っています」

感謝の気持ちを表していたソフィアは、今までルシアが⾒た中で最も幸せそうに⾒えた。

彼⼥は⺟親になる喜びに浸っているようだ。

おそらくソフィアは、ルシアが夢の中で⾒たような悲劇的な結末を迎えることはなかったでしょう。

代わりに、彼⼥は健康な⼦供を産み、幸せな⺟親になり、残りの⼈⽣を問題なく貴婦⼈として⽣きるはず。

アルヴィン伯爵の真剣な求愛とソフィアとの最終的な結婚は、純粋な愛のロマンチックな物語として社交界に広まっている。

アルヴィン伯爵がソフィアの⾏動を聞いた後、彼女を叱責せず、逆に、彼は彼⼥を保護したそうだ。

あの事件は、夫婦の愛情を確認する上で重要な役割を果たしたようです。

ルシアはソフィアの安全な出産を⼼から祈る。

(赤ちゃん・・・)

無意識のうちに平らな腹部に触れ、すぐに⼿を引っ込めた。

ソフィアが⾒えなくなるまで、彼⼥は遠くを⾒つめ続ける。

 



 

キャサリンはすでに到着していて、席に着いていた。

3⼈はお互いに快適に話をする。

キャサリンは社交界で起こった多くのことを知っていて、彼⼥は興味深いニュースを話した。

「最近、⾯⽩い遊びがあります。知っていますか?」

「劇を見て笑うと聞きました。だらしのない・・・」

ベスは酸っぱい顔をしする。

これまで、ほとんどの劇は壮⼤な舞台、または悲劇のための壮⼤な物語を描いていた。

(そういえば、コメディが広まり始めたのはこの頃だったわ)

ルシアは演劇が好きではない。

彼⼥の⼈⽣はすでに⼗分に疲れていたから。

しかし、コメディが好きだという意味でもない。

ルシア伯爵夫⼈は喜劇を楽しむ余裕がなかった。

「誰もが、外⾒を維持せずに笑うことがどれほど気持ちがいいかを分かりますよ。⼥王陛下も⼀度⾒に⾏くべきです。私は3回⾒ました」

「3回も?」

キャサリンは喜劇を⾒て感じた感情を熱⼼に注ぎ込む。

ルシアは夢から、⼥王が後にコメディの熱狂的なファンになることを知っていた。

「女王陛下、ラミス伯爵はどうなりましたか?彼が突然領⼟に降りたと聞いています」

キャサリンの質問に、ベスは苦笑する。

「⽗は、⻑い間領地を⾒回すことができなかったと⾔って、自分の代わりに弟を送りました。その背後に他の意味はありません」

ベスは⼦供の頃、弟と⺟の両⽅を嫌っていた。

⺟親は、デビッドを彼⼥の唯⼀の⼦供であるかのように接し、ベスには見向きもしなかった。

ベスはいつも⺟親の愛情を切望していた。

しかし、年をとって⾃分の⼦供を産んだとき、彼⼥は亡くなった⺟親が哀れだと感じる。

ロビンが彼⼥の異⺟兄弟であることは知っていた。

それにもかかわらず、ロビンのことを疎ましく感じたことはない。

それは両親の相容れない結婚によって引き起こされた単なる悲劇なのだから、ロビンの過失ではない。

「公爵夫⼈。最近、社交活動に出かけることはめったにないと聞きました」

「はい。最近、健康状態があまり良くありませんので」

ルシアは⾚⾯しないようにした。

ヒューゴは彼⼥の⾸と腕の露出部分に多くの痕跡を残していたので、ルシアはそのような斑点のある状態で公共の場所に現れることができなかったのだ。

彼が悪戯を止めたのは、もう⼀度やったら別の部屋で寝ると宣⾔した後。

「最近はとても寒いからでしょう。⼥王陛下も、最近は宮殿に閉じこもっているのですから」

ベスは何も⾔わずに気持ちよく微笑んだ。

彼女の奇妙な笑顔を⾒て、キャサリンは頭を傾け、そして⽬を広げた。

「まさか!」

「数⽇前、帝国の医者によって診断されました」

「陛下は喜んでいたに違いありません」

「彼は私に今度は王⼥を与えるように頼んだわ」

ルシアは、遅ればせながら彼らが話していることに気づき、ベスが下腹部を撫でているのを⾒る。

「おめでとうございます、女王陛下」

「ありがとうございます、公爵夫人。私にはすでに3⼈の⼦供がいますので、⼤騒ぎしたくありません」

「何を言っているのですか?出産が祝われるのは正しいことです。兄はお姫様が欲しい
と話し続けているので、今それを望みますか?」

「また息⼦かもしれません」

「ああ・・・、それはちょっと。私も可愛い⼥の子の⾚ちゃんが⾒たいです」

侍女がベスに近づき、彼⼥に何かを囁く。

「お昼寝から⽬覚めた後、イーサンは気分が悪くなっているようです。私たちの楽しみを中断しなければならないと思います」

イーサンは王の三男で、今年3歳になる。

ルシアとキャサリンは状況を喜んで理解し、侍⼥は⾦髪の⼩さな男の⼦を腕に抱えてやって来た。

ベスは⼦供の背中を優しく撫でながら、額にキスをする。

⺟親が⼦供に愛を注いでいる光景は、魅惑的な美しさの笑顔よりも美しかった。

それは崇⾼で神秘的。

ルシアは亡くなった⺟親を思い出す。

恐ろしい夢を⾒た後、⺟親が自分を抱きしめ、落ち着かせていたことを思い出した。

「子供・・・」

⼈間の欲望は際限がない。

ちょうど⼀ヶ⽉前、彼⼥はヒューゴの愛を⼿に⼊れ、まるで世界を⼿に⼊れたかのように感じた。

彼⼥はすでにこの⼈⽣で⼦供を作らないように準備していた。

問題は、彼⼥が彼の愛を諦めるよりも早くそれを諦めたこと。

過去に下した確固たる決意が、彼の愛を得た後、なぜそんなに簡単に揺れ始めたのかを理解できなかった。

 



 

ルシアは、王家の⾺⾞から降りる。

タラン家の⾺⾞は公爵夫⼈を邸宅に連れていくのを待っていた。

しばらく前から、彼⼥は⼦供の考えに固執していた。

(今、⼦供について話すのは時期尚早であることを知っています。私たちは⽬と⽬を⾒始めたところなのだから)

ヒューゴを愛したという⾔い訳があっても、彼の⼦供が欲しいという願望は結局のところ、自分だけの欲望なのだから。

それを知っていたにもかかわらず、⼥王の腕の中で幼い⼦供のイメージを考え続ける。

そのため、ルシアは警備兵のディーンが彼⼥に会いに来なかったことに気づかず、使⽤⼈が準備した⾺⾞の階段を上った。

突然、彼⼥は何かが自分を引っ張っているのを感じて、前に倒れる。

「・・・ヒュー?」

ヒューゴは彼⼥の⽢い唇を果物を噛むように味わい、彼⼥の熱くて柔らかい⾁を飲み込んだ。

彼の⾆は彼⼥の⼩さな⼝に楽々と⾶び込み、彼⼥の湿った内臓を⼀掃し、彼⼥から来る茶葉の微かな⾹りを味わう。

長いキスを終えた後も、彼はまだ満⾜していなかった。

ルシアが顔を紅潮させて息を切らしていたとき、ヒューゴは再び彼⼥の唇に軽くキスをする。

「どうして・・・」

「あなたを迎えに来ました」

ルシアはかすかに微笑んで、腕を⾸に巻きつける。

彼女の⼼は幸せに溢れ、少し前からの奇妙な空虚さが消えていた。

外⾒上、彼らの関係はあまり変わっていない。

お互いの気持ちを確認する前でさえ、彼らは献⾝的なカップルとして知られていた。

このおかげで、ジェロームは内部のジレンマに取り組んでいた。

⼀ヶ⽉の間に、多数のメイドが辞めたのだ。

予想通り、その理由は結婚。

メイドがタラン公爵のような安定した⾼給の仕事を次々と辞めるのは前例のないことだ。

ジェロームは、職場環境が⾮常に劣悪という悪い噂が広まるのを⼼配しなければならないほど。

「家に帰る代わりにどこかに⾏きたいですか?」

「どこへ?」

「最近、⾯⽩い遊びがあると聞きました」

「劇に興味があるのですか?」

「貴婦⼈の間で⼈気があると⾔われましたから」

ルシアはその言葉だけで満足だった。

ヒューゴの頬にキスをし、デートへの招待を喜んで受け⼊れる。

 



 

ソフィアとも和解できて良かったです!

皆が幸せな道に進めれば嬉しいですよね。

ルシアとヒューゴの愛に感化されて、どんどんメイドが辞めていくのが面白すぎます(笑)

ジェロームの一番の悩みなのではないでしょうか?

ルシア【167話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は167話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...