ルシア

ルシア【165話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は165話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

165話ネタバレ

ルシア【164話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は164話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 野蛮人との不文律

ボリス・エリオットは18歳で、タラン公爵の下の騎⼠の中で最年少だ。

そして、彼はキャリス・エリオット団長の息⼦。

今⽇、彼は⾮常に重要な使命を持って⾸都に到着した。

「ボリス」

ボリスはお馴染みの顔が自分を迎えに来るのを発⾒し、笑顔を⾒せる。

「よくここまで一人で来れましたね」

「ディーンさん、私はもう大人です!」

その言葉に、ディーンは笑いを飲み込んだ。

彼が最初にボリスを⾒たとき、彼は10歳の⼩さな男の⼦だった。

ボリスは公爵の住居に向かう⾺⾞の中で興奮してそわそわし続けている。

彼は、誰かが手紙を盗むのではないかと恐れているかのように、頻繁に胸のポケットを触っていた。

彼の態度が何か価値のあるものを持っている⼈の態度であることは誰にとっても明らか。

もし彼が⾸都の通りを歩いていたら、間違いなくスリの標的になるでしょう。

手紙の内容は、野蛮⼈の征服についての知らせ。

毎年恒例のイベント。

「ボリス、北は問題ありませんか?」

「ロームは問題ありませんが、野蛮⼈の国境近くで何かが起こったようです。⽗はかなり⻑い間国境にいましたから」

「団長は特に何か⾔葉を送ったのですか?」

「父は特別なことは何も⾔わず、軍事遠征があったときに私が参加できるかどうかだけ尋ねました。そして、父は主からメッセージを貰ってくるように⾔いました」

ディーンはビックリしてしまう。

(団長は何を考えている?)

その決断は早すぎると感じた。

数年後でも遅くはないでしょう。

ディーンにとって、彼らはすでにひどい戦場にいる少年を必要としなかった。

何世代にもわたって、タラン公爵家には「エリート」と呼ばれる騎⼠団が存在する。

エリート騎⼠だけが、北部の野蛮⼈を懲らしめ、⽀配するための懲罰遠征で、年に⼀度公爵に従うことができた。

ヒューゴはエリートとしてたった10⼈を選ぶ。

ディーンは、彼が最初にエリートに選ばれた瞬間にどれほど圧倒されたかを思い出した。

庶⺠であったにもかかわらず、ロイと共にエリートに選ばた日を。

(・・・この少年は耐えることができるのだろうか?)

⼦供の頃から見守ってきたせいか、ディーンは心配していた。

エリート騎⼠の間には不⽂律が存在する。

征服中に起こったことはすべて、死ぬまで沈黙を守らなければならないのだ。

エリート騎⼠の輝かしい外⾒が光だったとしたら、隠された部分は闇。

野蛮⼈を征服していたとき、タラン公爵は⾮常に残酷だった。

彼は野蛮人の⼿⾜を切り落とし、⾜で彼らの頭を押しつぶし、彼らを腹裂きし、素⼿で彼らの心臓を引き裂いた。

エリート騎⼠が強くなったのも不思議ではない。

そのような⾎の⾵呂を通過した後であれば、誰もがそのようになるでしょう。

ある⽇、征服遠征の後にキャンプをしたとき、ロイはタラン公爵に質問をした。

[閣下。なぜ剣を脇に置いて⼿で引き裂くのですか?それはあなたの趣味ですか?]

その質問に全員が凍りつく。

意外にも、公爵はあまり反応を⽰さず、短い間隔の後、彼は短く返事をした。

[殺すことは私に感覚を与えます。そうでなければ、何も感じないので怪物のように感じます]

無知なロイでさえ質問をし続けない。

そしてその後、ディーンは公爵の⾮常に残酷な殺⼈⾏為に不思議なことに眉をひそめなくなった。

オオカミが⽺を狩る瞬間を⾒ているように、彼はジャングルの⾃然法則として考えるようになったのだ。

 



 

ボリスは胸のポケットにある手紙を取り出し、タラン公爵に手渡す。

カリス・エリオットからのメッセージの内容は、主に国境と北部に関するいくつかのニュースに関するもの。

メッセージの最も重要な部分は、野蛮⼈の動きに関するものだった。

野蛮⼈は、タラン家の領⼟であるキセノンの北部のほとんどに隣接する部族。

彼らは頻繁に国境から降りてきて、⼿に⼊れることができるものは何でも略奪した。

彼らにとって、名誉や騎⼠道のようなものはない。

「最後の征服はいつでしたか?」

「1年2か⽉前です」

「それなら、害⾍を⼀掃する時が来ましたね」

タラン公爵の無関⼼な呟きは、⾎の濃い匂いを帯びていた。

略奪を⽌め、野蛮⼈が勢いを増しすぎるのを防ぐために、公爵は定期的に騎⼠を派遣し、彼らを戦いに導いている。

国は、タラン公爵が野蛮⼈から国を守っていると信じられていた。

その信念は間違っていないが、それは真実ではない。

タラン公爵は野蛮⼈を追い詰めていないのだ。

数⼗年の間トラブルを引き起こすことができないほど完全に彼らを⼀掃する能⼒を持っていたが、彼はそうしなかった。

野蛮⼈はタラン公爵にとって必要な悪。

タラン家が存在する⽬的を持つためには、野蛮⼈が存在しなければならなかった。

厄介な野蛮⼈が存在する限り、誰も不注意にタラン家に触れることはできないのだから。

秘密の部屋には、野蛮⼈の扱い⽅について話していた先祖の教えが。

第⼀に、野蛮⼈に極めて重要な⼈物を獲得させて国家を設⽴させないでください。

第⼆に、野蛮な勢⼒を弱めすぎないでください。

これらは、これまで揺るがなかった原則。

しかし、タラン家の⻑にしか知られていない別の秘密も。

野蛮⼈はタランの⾎に流れる狂気を静めるための犠牲だったのだ。

何世代にもわたって、タラン家の⻑は、彼らの本能的な⾎への渇望を抑えるためにこの⽅法を使⽤するように。

そして、その呪われた⾎はヒューゴの体にも流れている。

「私は1年以上何かを殺したことはありません」

せっかちな喉の渇きは、⾎を⾒ずに解決することはできなかった。

⼥性を抱いたら、ある程度落ち着くでしょうが、それでも限界が。

しかし、今のところ、ヒューゴの状態はとても良かった。

殺⼈への欲求は急上昇していない。

むしろ、彼はイライラしていた。

自分が個人的に参加する必要はあるのだろうか?

問題は、カリスの手紙の内容が不吉だったということ。

「彼らは極めて重要な⼈物を持っており、部族を統合しています・・・」

野蛮⼈が国を設⽴した場合、彼らがより⼤きな敵に直⾯するという事実は、⼆次的な問題にすぎない。

主な問題は、野蛮⼈との取引が国家間の問題になるということだ。

これが起こった場合、タラン家が⼲渉する余地は少なくなり、その結果、タラン家の影響⼒は弱まってしまうでしょう。

ヒューゴはそれを起こさせることができなかった。

 



 

ヒューゴは、妻を守る騎⼠、⾸都に残る騎⼠、懲罰遠征の仲間⼊りをする騎⼠に任務を割り当てた。

「ディーン、ここであなたの仕事を続けてほしいです」

「はい、閣下」

ディーンは何の質問もなく答える。

彼は妻を守るために残された。

「閣下」

その時、ロイが⼿を上げた。

「私は⾸都に留まりたいです」

ヒューゴの⽬に不吉な表情を⾒たロイは、怯み、すぐに次のように付け加える。

「私は公爵夫人を守る仕事をするという意味です。ディーンができないのではないかと⼼配しているわけではありません。他のみんなが北に⾏ったり来たりしているだけですが、ディーンが⾸都に留まり続けると、彼はワイルドな⾯を失うでしょう」

ディーンの表情は固まり、他の騎⼠たちは肩が震えながら笑わないように奮闘した。

「そして、私は一年間、王を護衛した実績があります」

ロイの言葉は自信に満ちている。

「ディーン。どう思いますか?」

「ロイの提案には一理あります。柔軟性に関しては、ロイに勝るものはありませんから。私はあなたの命令に従います、閣下」

ヒューゴは⼼配していた。

ロイのスキルは素晴らしかったが、彼の最⼤の問題は彼の不確実性だ。

メリットは、彼が⼿段や⽅法を気にしなかったということ。

妻を守るために使われた⼿段や⽅法は関係ない。

彼は強⼒な警備兵になるでしょう。

⼼配事が終わり、ヒューゴは妻を守る義務をロイに任せ、ディーンは懲罰遠征のために騎⼠団に加わった。

 



 

お互いに気持ちを確認した後に北に戻るのは、ヒューゴにとってストレスでしかないでしょう。

そのストレスが野蛮人に向けられると思うと・・・。

ロイが近くにいるから大丈夫だと思いますが、ヒューゴがいない間にファルコン伯爵夫人が何かを企てなければいいのですが。

ルシア【166話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は166話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...