ルシア

ルシア【163話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は163話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

163話ネタバレ

ルシア【162話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は162話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 花言葉

ヒューゴとルシアは何も⾔わずに⻑い間抱き合っていた。

⼆⼈とも限界まで急上昇した気持ちを整理するのに時間が必要だったのだ。

ルシアは、ノーマンが書いた恋愛⼩説の内容を思い出す。

主⼈公は彼⼥が自分自身の愛を確認した瞬間から苦難の道に投げ込まれた。

そして逆境に関係なく、主⼈公は常に勝っていた。

ルシアはそれが小説だったからこそ可能だと思っていた。

現実は⽐類のない過酷な道だから。

だからこそ、今⽬の前に置かれている⽢い現実は奇跡だと感じたのだ。

「今⽇は、私たちの契約について話すつもりでした」

ヒューゴの低い声が、ルシアの体に響き渡った。

ルシアは抱擁から少し離れ、頭を上げて彼を⾒つめる。

「ビビアン、あなたはすでに⼾籍の同意書を私にくれました、そしてダミアンは⼾籍に⼊れてくれました。契約条件はすでに満たされているので、「終了」と呼ぶのは無意味だと思います。だから、私はあなたの考えを聞きたかったのです」

ルシアは静かに⾸を横に振った。

「契約期間でなくても、ダミアンを息⼦として喜んで連れて⾏ったでしょう。彼は愛されるに値する素敵な⼦供です。そして、あなたはすでにあなたが忠実な夫になることを私に約束しました。ああ・・・、最後の条件は。もし私があなたに私の愛を告⽩したら、あなたは私にバラをくれるでしょう」

ヒューゴがしかめっ⾯をしているのを⾒て、ルシアは微笑んだ。

「けれど、あなたは私にバラをくれるつもりはありませんよね?」

「・・・あなたはその言葉で私を苦しめ続けるつもりですよね?」

「そんなことはありません」

ルシアは微笑む。

ヒューゴの顔は不満に満ちていて、彼の表情は彼が不当に扱われ、欲求不満を感じたが何も⾔えなかったと語っていた。

「ヒュー、いつから私を愛していたのですか?」

その質問に、彼の表情はぎこちなくなった。

「・・・分かりません」

「じゃあ、ダミアンが戻ってきたときはどうですか?」

「その頃でしょうか?」

ダミアンが戻ってきた頃だったら、ほぼ⼀年前。

ルシアは新しい視線でヒューゴを⾒た。

それが事実ならば、彼はほぼ⼀年の間悩んでいたということだ。

ルシアは慎重に話しかける。

「私はあなたよりずっと早かったと思います」

⼀時停⽌した後、ヒューゴは「え!?」と叫んだ。

そして両⼿で彼⼥の肩を掴む。

「ああ、本当に・・・、あなたはとても残酷です。それでも、あなたは私を決して愛さないと宣⾔したのですか?」

ルシアはその特定の記憶をさかのぼり、「ああ・・・」と呟く。

「その事件があなたを悩ませているとは知りませんでした」

ヒューゴは意気消沈したため息をつく。

ルシアは彼を慰めるために、彼の肩を軽く叩いた。

彼のイライラした表情を⾒て、⼩さな笑い声が彼⼥の⼝から逃げ出す。

「私たちはお互いにとても怖がっていたのでしょう」

ルシアは、なぜ⼆⼈ともここに到達するまでにこんなに⻑い時間がかかったのかを理解したように感じた。

「・・・あなたは私にあなたの名前さえ⾔わなかった」

「私の名前ですか?」

「⼦供の時の名前です」

「子供の時?」

「・・・ルシア」

ヒューゴの言葉に、ルシアは鋭く息を吐く。

その名前が彼の⼝から出た瞬間、彼⼥は恐怖を感じた。

彼⼥は⺟親が自分に付けた名前を、⼦供の頃の名前だとは思っていなかったから。

「ルシア」とは単に彼⼥の名前だから。

ルシアが何も⾔わずに彼を⾒たとき、ヒューゴは不平を⾔い始めた。

「ダミアンは知っていて、執事でさえ知っているのに、私は知りません」

「ヒュー」

ルシアは笑って⼿を伸ばして顔をすくった。

「私にとって、「ルシア」という名前は特別なものでした。それは私の⺟が私に付けた名前だったからです」

 



 

「ルシア」という名前は彼⼥のアイデンティティ。

夢の中で、彼⼥が何を経験したとしても、彼⼥が崩壊するのを防いだ柱。

「ビビアン王⼥は私ではない別の⼈のようでした。あなたからそれを隠そうとしたのではありませんが、あなたの妻はビビアンなので、私はビビアンとして⽣きるべきだと思いました」

「あなたは最初から名前に不快感を覚えていましたね」

「はい・・・。「ビビアン」は私の本当の⾃分を隠す殻だと思っていました。ですが、名前は誰かが呼んでいるときに意味があることが分かりました。ヒュー、あなたが私をビビアンと呼ぶたびに、偽のビビアンが本物になり始めています。私はあなたのビビアンです。あなただけが私をビビアンと呼ぶことができます」

ルシアは、「ビビアン」も⾃分⾃⾝であることを認めた。

むしろ、彼⼥は妻のビビアンとして⽣きることができたことに満⾜していたのだ。

「ルシア」は雑草で野花。

「ビビアン」は美しい花。

彼⼥はビビアンとしてヒューゴと⼀緒にいたかった。

「あなただけが呼べる名前です」

「・・・」

「ヒュー、私もあなたに質問することがあります。なぜダミアンのハンカチを盗んだのですか?」

「「盗む」とはどういう意味ですか?その⾔葉は適切ではありません」

ヒューゴは⼤胆に抗議する。

ルシアは彼の恥知らずな顔を⾒つめた。

「それでは。なぜハンカチを取ったのですか?」

「男の⼦のために作るときは、私のためにも作ってください」

ヒューゴの態度は基本的に「あなたが男の⼦のために取っておいたものを私にくれ」だった。

ルシアは今のところ彼の要求を無視し、攻撃を続ける。

「それは陛下が再び取ることができるように?」

「・・・」

ヒューゴは嘆き悲しんでため息をつき、「なんて容赦ない」と呟く。

「ビビアン、あなたはいつも、私について多くの不満を持っています」

「ふふ、そうかもしれません。私も⼼配事が多かったですから。あなたが勇気を持っていたら、こんな事にはならなかったかもしれませんね。私は提案をし、告⽩もしました。ワオ。今なら、タラン公爵の顔はあまり重要ではないことが分かります」

「・・・それ以上、私を虐めないでください」

悲しむ夫の表情を見て、ルシアは爆笑し、彼の⾸を抱きしめた。

「たとえあなたが臆病で悪者であっても。私はあなたを愛しています、ヒュー」

「最初の言葉は余計なのでは?」

ヒューゴは不平を⾔い、ソファから彼⼥を迎えに⾏く。

彼は彼⼥を寝室に運び、彼⼥をベッドに置き、彼⼥がまだ話していると抗議したとき、彼は⾃分の唇で彼⼥の唇を塞いだ。

「会話に時間がかかりすぎています。そろそろ休憩しましょう」

彼⼥の顔全体に書かれた無⾔は彼を惑わせなかった。

ヒューゴはすぐに彼⼥をベッドに押し下げ、彼の⼿はルシアのスカートを持ち上げ、彼⼥の太ももの内側をなぞる。

「それと、あなたが話していた選択肢ですが。パフォーマンスをテストする必要がありますね」

「私はそれを⼗分にテストしました!」

ルシアの反乱は即座に抑制された。

 



 

夜明けの⼣暮れ。

ヒューゴはいつものように⼀⽇の同じ時間に⽬覚めた。

同時に朝に挨拶し、同じ⽇に⼀⽇を始める。

昨⽇は今⽇のようで、今⽇は明⽇のようだった⼈⽣。

時々、彼は⾃分がどれだけの時間を残したのか疑問に思い、深い空虚感を感じてきた。

体温と隣の柔らかい肌を感じたヒューゴは頭を向ける。

彼の妻で、彼の灰⾊の世界で輝いた唯⼀の⾊。

彼の愛。

彼の⼈⽣は彼⼥のおかげで意味を成した。

彼は彼⼥のいない⼈⽣を想像することができない。

彼は彼⼥の暖かい体を腕に抱かずに眠ることができなかった。

彼⼥が⾸都に来て以来、彼は⾃分の寝室を使っていない。

所有者が使⽤していない彼の寝室は、夏の真っ只中でさえ肌寒かった。

ヒューゴは腕を腰の下に置き、静かに眠っている姿を胸に引き寄せ、しっかりと抱きしめる。

それから彼は注意深く彼⼥を寝かせ、⽑布で彼⼥を覆った。

彼は彼⼥の露出した丸い肩にキスをし、それからベッドを降りる。

家の主⼈は早起きだったので、屋敷は朝早く起きて活発だった。

ジェロームは昨⽇報告しなかった雑多なことを⼝頭で報告し、いつものように承認を受ける。

「どうして⻩⾊いバラを?」

ジェロームは主⼈の突然の質問に熱⼼に答える。

「花⾔葉のせいです」

彼はそう⾔って、世界のほとんどの花には「花⾔葉」と呼ばれる特定の意味があると説明した。

「花⾔葉?そうか・・・、それで、花⾔葉で⻩⾊いバラは?」

「それは別れを意味します」

ジェロームの返事でヒューゴの表情はかなり酸っぱくなる。

「花⾔葉で反対の意味を持つ花は?」

「⾚いバラは情熱的な愛を表しています」

「バラ以外で」

ヒューゴは⾊に関係なくバラにうんざりしていた。

「スターチスと呼ばれる花があります。花⾔葉で、それは永遠の愛を意味します」

「いいですね。毎朝、妻が⽬を覚ますときに、必ずそれを贈りましょう」

ヒューゴはバラを頭から完全に消すことにしたのだった。

 



 

ルシアがヒューゴに「ルシア」という名前を明かさなかったのは、彼女なりの理由があったのですね。

さらに深く思い合う二人。

これからの関係がとても気になります!

ルシア【164話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は164話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...