ルシア

ルシア【162話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は162話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

162話ネタバレ

ルシア【161話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は161話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 唯一の言葉

帰りの⾺⾞の中で、ヒューゴは深く考えていた。

「この問題は、私たちが隠すことのできるものではないでしょう」

⼆⼈の関係は、現在とても平和だった。

しかし、それは不安な種類の平和。

ヒューゴは、自分たちが今、深い湖の薄い氷の上を歩いているという事実を無視しようとしていた。

永遠にこのままでいられることを望んだが、氷がいつ壊れるか分からない。

より深い部分に⼊る前に安全装置を準備する必要があったのだ。

忌々しい結婚契約。

遠い将来、有利な契約を結ぶことに満⾜していた過去の⾃分を打ち負かしたいと思うだろうと誰が知っていただろうか?

この問題に取り組まないと、時間が経つにつれ、問題が制御不能になってしまうでしょう。

最悪のシナリオ。

ビビアンが別の男を⼼に抱き、自分を憎んで無視することができ、あるいは自分に微笑むのをやめること。

彼⼥が変わった場合、ヒューゴは我慢し、受け⼊れることができることに⾃信がなかった。

彼⼥を苦しめ、彼⼥を困難にするかもしれません。

それが起こった場合、彼らの関係は底に追いやられるでしょう。

自分を迎えるために出てきた妻を⾒て、ヒューゴの⼼は激しく絞られた。

(私は彼女なしでは⽣きられない)

「ヒュー、⼣⾷は⾷べましたか?」

「もう⾷べました。ビビアン、あなたは?」

「私も⾷べました」

ヒューゴはルシアの腰に腕を巻きつけて前に出た。

ジェロームには、承認を得るために主人に報告する必要のある事項がいくつかあったが、それは急ぎではなかった。

「ビビアン、私はあなたと話したいことがある」

「今ですか?」

「ええ。今すぐ」

彼らが応接室のソファに並んで座っていたとき、ヒューゴは理性と本能の間で内⾯の葛藤を抱えていた。

何から話せばいい?

「ヒュー、今⽇は宮殿に⾏きました」

「え?ああ・・・、楽しかったですか?」

「ええ、とても楽しかったです」

「それは良かった」

ルシアは彼に⾔いたいことがたくさんあったが、彼⼥は話題をブローチする⽅法を知らなかった。

「ビビアン、あなたが私に会いに来て、私と結婚するように頼んだ⽇を覚えていますか?」

彼が選んだ話題は⾮常に予想外だった。

「はい」

「なぜ私だったのですか?」

「・・・どうして今さら知りたいのですか?」

結婚してからもう1年半が経つ。

夫の質問は遅すぎた。

「それは問題ではなかったからです」

彼⼥との結婚は契約だった。

契約は彼に有利である必要があり、契約の相⼿の考えを不思議に思う必要はない。

けれど時間が経過して、彼は恐れて尋ねることができずにいたのだ。

正直なところ、ヒューゴはこの問題を再び提起することさえ望んでいない。

しかし、時間が経つにつれ、⼿遅れになるという危機感を覚えた。

「それは今重要なのですか?どうして?」

「ビビアン、私はあなたの候補者の⼀⼈だったのでしょうか?」

ルシアは彼の⾔葉を本当に理解できなかったので、何も⾔わずにヒューゴを⾒つめる。

「私が⾔いたいのは・・・。もし私があなたの申し出を拒否したなら、あなたは他の誰かに⾏ったのでしょうか?」

ヒューゴは、結婚契約の問題を解決する前に、まず彼⼥の答えを知りたがっていた。

彼がその可能性について考えたとき、彼の内部は沸騰し始める。

彼⼥が別の男の⼥性になったのではないかと思っただけで、彼は腹を⽴てた。

ルシアは唖然とし、彼がそのような考えを持っていたという事実がどういうわけか⾯⽩く感じてしまう。

「それは重要なのでしょうか?」

「重要です」

「どうして?私がそのような候補者を持っていたと⾔ったら、あなたはどうするつもりなのですか?その相手に何か嫌がらせをするつもりですか?」

「・・・」

ヒューゴはルシアの⾔葉を肯定するかのように⼝を閉じた。

そのような候補者が本当に存在するならば、彼は何でもする準備ができているように⾒えた。

完全に理解できない頑固さを⾒て、ルシアの⽬は震える。

まるで存在すらしていない誰かに嫉妬しているかのように思えたから。

(嫉妬・・・?)

ルシアが⼥王殿下に会うために宮殿に⼊ったとき、彼⼥はバラ園で何が起こったかを思い出した。

彼は自分に興味を⽰したラミス伯爵に対して⾮常に積極的に反応していた。

実のところ、当時、ルシアは奇妙に感じていたのだ。

彼が感情的すぎて、妻に近づいている別の男性に対して不快感を表明していると単純に⾔うことが出来なかったから。

ヒューゴに「感情的」という⾔葉は合わない。

当時、ルシアは頭に浮かんだすべての仮定を無視しようとした。

あり得ないことから⾃分の妄想を作り、それに興奮したくなかったから。

しかし、今、それは妄想ではなかったのではないかという希望が浸透する。

 



 

「・・・そのような候補者はいませんでした」

ルシアの返答に、ヒューゴの⾚い⽬は明るくなった。

彼の喜ぶ様子に、ルシアの漠然とした予感が少し固まる。

彼⼥の⼼臓は⼤声でドキドキし、⼝が乾いたように感じた。

「もしあなたが拒否していたら、私はおそらく王室に持参⾦を⽀払った誰かと結婚していたでしょう」

ヒューゴは、知ることが不可能な誰かに腹を⽴てる。

「私が宮殿を出た⽇でした。勝利パーティーの⽇です。あの⽇の午後、騎⼠のパレード中にあなたに会いました」

「考えてみれば、あのパーティーがあなたとの最初の出会いでした」

ヒューゴはソフィア・ローレンスとの事件を思い出し、不快に感じる。

彼はルシアにその事件を再び思い出させたくなくて、密かに彼⼥の顔を窺った。

「私はあなたに息⼦がいることを知っていました。そして、ダミアンを完全に認める結婚を提案したら、あなたは興味があるかもしれないと思いました。私は正しかったですよね?」

「そうですね」

ヒューゴが彼⼥の申し出に興味を持った最⼤の理由は、彼⼥がダミアンについて⼤胆に話したから。

しかし、それだけが理由ではない。

彼⼥が自分にプロポーズするとき、ヒューゴはルシアがかなり野⼼的だと思った。

従順さを⽰さなかった⼩さな⼥性に⾮常に興味が湧いたのだ。

「それだけで私に結婚の提案を?」

「はい。馬鹿げていますよね。正直⾔って、私は賭けをしていました」

「賭け?」

「私は宮殿から脱出したかったので、保護者が必要でした。あなたの⼒と富。私にはそれが必要だったのです」

「・・・」

ルシアは彼の表情を観察した。

ヒューゴはまったく不機嫌そうに⾒えず、彼は何かを考えているような表情を浮かべている。

「気分を害していませんか?」

「え?ああ、そうではないです。私は少し混乱しています。権⼒と富・・・、あなたはそのようなことに貪欲に見えませんから」

「私も多くのことを躊躇しましたが、それをするよう強く勧めたのはノーマンでした」

「ノーマン?⼥性⼩説家の?」

「ノーマンは⼤胆な挑戦のアイデアが好きでしたから」

ヒューゴは、⼥性⼩説家を監視している⼈々に、彼⼥にもっと注意を払うように⾔うべきだと密かに考える。

「そして、あなたは富と権⼒の基準が⾼いので、そうは思わないでしょう。私にとっては、⾷べ物、⾐類、住居がすべて落ち着いたら⼗分だと思いました」

「うーん。⾷料、⾐類、住居。その言葉があなたの⼝から来るのを聞くのはかなり奇妙です。宮殿での⽣活はそんなに⼤変だったのですか?」

「贅沢に暮らす余裕はありませんでしたが、なんとか生活することはできました。実際、権⼒と富の他に、私の個⼈的な欲求もありました・・・」

「それは・・・?」

ルシアの⽬は曲がり、彼⼥は笑った。

「あなたはハンサムな男性です」

ヒューゴの表情が変動する。

「ヒュー、私はあなたの顔が本当に好きです」

「・・・それは褒め⾔葉ですか?」

「もちろん」

「・・・ありがとう」

彼⼥が自分を⾒たときに見せる煌めく瞳を、どのように説明すべきでしょうか?

⾼価な宝⽯を⾒たときの瞳。

普段は⾒つけられない唯物論的な欲求に満ちた表情だったので、どういうわけか変な感じがしたのだ。

「幸運でした」

「え?ええ、確かに公爵夫⼈になれたのは幸運でした」

「あなたじゃない、私がです」

ヒューゴは⾃分の⼈⽣に幸運のようなものはないと思っていた。

少し前まで。

初めて、ヒューゴは自分が持っていたすべてに感謝した。

富と⼒。

⽣活は少し楽になったが、負担は利便性以上のものだったので、彼はすべて退屈だと考えていた。

誇りも蔑称もしていない彼⾃⾝の外⾒でさえ。

ヒューゴは彼⼥の選択に影響を与えたすべての条件に感謝する。

彼は、ビビアンが⾃分の富と⼒だけを愛していると思っていたが、今では⾃分の富と⼒で彼⼥を⼿に⼊れることができたのは幸運だと考えていた。

それが運命ではなく、単なる偶然であったとしても、それは問題ではない。

「ヒュー・・・、私はあなたをギャンブルの賭けとして説明するつもりはありませんでした」

ルシアは説明しようとしたが、ヒューゴは何も気にしていなかった。

「そうですか。あなたのギャンブルは成功しましたか?もう⼀度選択できれば、同じ選択をするのに⼗分ですか?」

彼は彼⼥のアゴをつかみ、親指でゆっくりと彼⼥の⾚い唇を擦る。

彼のゆっくりとした意味のあるタッチを感じて、ルシアは顔を⾚らめた。

いつでも彼⼥を襲うかのように、彼の⽬にはだらしのない表情が。

ルシアは魔⼥のように答えた。

「実際、私が知らなかったもう1つの選択肢がありました」

「選択肢?」

ルシアは突然ヒューゴ⾸を抱きしめ、彼にキスをした。

⼾惑い、揺らめく彼の⽬を⾒て、ルシアは魅惑的な笑みを浮かべる。

「男らしさです」

「・・・あなたは本当に魔⼥のようだ」

彼が彼⼥を襲ったとき、ルシアは爆笑した。

彼女の唇、⽬、あご、⾸に何の妨げもなくランダムにキスをし、彼⼥が彼の優しい噛みつきを避けながら彼を押すと、ルシアは息が切れるまで笑った。

ヒューゴは彼⼥のはっきりとした笑い声を聞いて興奮する。

彼はこの⾳を失いたくなかった。

彼⼥にも⾃分の気持ちを伝えたかった。

「ビビアン、私も言いたかったことがあります」

「え?」

「あの⽇、私に会いに来て提案してくれてありがとう」

 



 

ルシアは突然息ができなくなった。

ヒューゴの⾚い⽬は愛と喜びで満たされ、彼⼥の体は固く凍りつく。

(ああ・・・、これ以上はもう無理・・・)

目が痛くなり、涙が湧き出る。

⼼は⾔葉では⾔い表せず、頭からつま先まで飲み込む恐れのある気持ちに耐えられなかった。

彼への愛が溢れ、こぼれてしまうほど。

ルシアは、これ以上それを隠すことができなかった。

「私はあなたを愛しています、ヒュー」

⾔葉は彼⼥の⼝を独り占めし、彼⼥の⼼の奥深くから⾶び出す。

告⽩すると同時に、ルシアは何かに気づいた。

「ヒューゴのいない⼈⽣を想像することさえできない」と。

ヒューゴは落雷を受けたような表情でルシアを⾒ていた。

ルシアは、彼の⼀時的に凍った⽬の感情が刻々と変化するのを目撃する。

驚き、疑い、そして喜び。

彼の⽬がついに喜びで震えるのを⾒て、ルシアは気づく。

(彼は私を愛している。彼は・・・、彼は私を愛している)

全⾝が興奮で震えるが、不思議なことに、彼⼥はそれほど驚かなかった。

無意識のうちにで、彼⼥はそれが可能かもしれないと考え続けていたから。

彼⼥自身が直接それに⽴ち向かうことができなかったというだけ。

涙が⽌まらなかった。

ルシアは涙⽬でヒューゴを⾒て、幸せそうに笑う。

「ヒュー、私にバラをくれませんか?」

その言葉に、ヒューゴは驚く。

興奮に溺れていた彼のぼんやりとした感覚は⼀瞬にして落ち着いた。

彼⼥の⽬と頬はすべて涙で濡れていて、笑顔は幻想のようだったので、ヒューゴは⼿を伸ばして彼⼥の頬に触れる。

⼿の鮮やかな感覚は蜃気楼ではなかった。

ヒューゴは苦笑する。

「あなたは本当に魔⼥ですね」

この状況でバラについて話すのだから。

ヒューゴは本当に世界中のすべてのバラを根絶し、それらを積み上げ、そしてそれら全てに⽕をつけたかった。

そうすれば、バラは決して彼⼥に近づくことができないのだから。

ヒューゴはルシアを腕に抱き、濡れた⽬にキスをした。

頭を下げ、彼⼥の⾚い唇にキスをした。

柔らかくて⽢いキスは、いつもとは違う、新しい感覚を与えてくれる。

澄んだ琥珀⾊の瞳。

ルシアの瞳は、彼の表情で完全に満たされていた。

ヒューゴの⼼は何を⾔うべきかについて空⽩だった。

(彼⼥は私を愛していると⾔った・・・?私を・・・?)

彼はルシアが嘘をついたとは思わなかった。

しかし、彼もそれを信じることができなかった。

いくつかの巨⼤な⼒が⼀緒に共謀し、自分をからかっているように感じてしまう。

沈黙は⻑くなった。

ルシアは彼を急がないように努めたが、彼⼥の⼼の底には少し不安が残っている。

彼⼥は彼からの保証を聞きたかった。

「私は、あなたを愛しています。ヒュー」

彼はうめき声のようなため息をつく。

「少し休ませてください。息もできません・・・」

ルシアは爆笑した。

「私には⾔ってくれませんか?」

「・・・もう少し待ってください」

私は、あなたを、愛しています。

ヒューゴの気持ちは、この3つの⾔葉だけでは表現できなかった。

それほどに彼の⼼は溢れていたから。

そして、彼はそれを制御することができなかった。

ルシアの存在は、彼の喜びと痛み。

喜びは彼が彼⼥を腕に抱いたときに感じた安堵から。

そして根本的な痛みは、彼らが2⼈の別々の⼈々でなければならなかったという事実から。

彼⼥の笑顔は彼の幸せであり、彼⼥の涙は彼の痛み。

彼はこれまで⼈間の⾔語の限界を実際に感じたことはなかった。

しかし、それが可能な唯⼀の⾔葉。

ヒューゴは彼⼥を腕にしっかりと抱きしめた。

両腕を彼⼥の背中に強く巻き付け、胸をしっかりと押し付けて、全⾝でお互いの⿎動を感じることができるようにする。

「ビビアン、あなたは私の⼼です。私は、あなたを愛しています」

⽿元で柔らかな声を聞くと、ルシアの⽬は再び涙で湧き上がる。

彼⼥は頭を彼の肩に寄りかけて、⿎動する⼼臓の⾳が全⾝に響き渡るのを感じた。

その音が彼の⿎動なのか自分⾃⾝のものなのか分からない。

彼⼥の胸の内側は深い溢れる感情で痛んだ。

今、彼⼥は、体が刺激にさらされた時間と頻度に⽐例して⼈間の反応が鈍くなる理由を知った。

彼⼥がこれと同じ程度の幸福と興奮を感じ続けるならば、彼⼥の⼼は止まってしまうと。

 



 

ついにお互いが告白しました!

長かった・・・。

ここからの二人のやりとりが気になりますね♪

ルシア【163話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は163話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...