ルシア

ルシア【161話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は161話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

161話ネタバレ

ルシア【160話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は160話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 些細な決断

翌⽇、ルシアは午前中にキャサリンからメッセージを受け取る。

それは、午後に会うための招待状。

『キャサリン王女が話すときに少し穏やかであれば、彼⼥はより多くの⼈々と簡単に仲良くすることができます。それが彼⼥の魅⼒だと思います』

昨⽇のパーティーで、キャサリンが離れていたとき、何⼈かの貴婦⼈が密かにルシアに話しかけた。

[キャサリン王⼥をとても快適に扱うことができる⼈に会うのはこれが初めてです]

貴婦⼈はそれを直接⾔う代わりに、ルシアは頭の良いキャサリンにうまく耐えることができたと⾔って、回りくどい⽅法でそれを表現する。

誰かがそのようなことをルシアに直接⾔うことは⾮常に稀であり、多くの⼈々が哀れみや賞賛の視線でルシアを⾒た。

彼らは「ルシアが耐えている」と考えているようだ。

今のところ、彼らの誤解を解決する⽅法はありませんでしたが、時間が経つにつれて、彼らはすぐに真実に気付くでしょう。

ルシアは、自分がキャサリンに「耐えている」と⼀度も思ったことはない。

キャサリンは愛されて育った⼈で、彼⼥の性格は何も曲がっていません。

彼⼥の⾔葉は単純明快で、聞き⼿を不快にさせる可能性があるが、彼⼥は不合理なスノッブ(上品ぶったり教養ありげに振舞ったりする、鼻持ちならない人)ではなかった。

ルシアは、キャサリンの⾃信が羨ましかった。

それは、苦労することなく成⻑し、世界の恐ろしさに気づかずに⽣きた結果。

ルシアは、キャサリンが⽼後まで幸せで気楽に暮らし続けることを望んでいた。

「彼⼥がそれについてどのように聞いたかは分かりませんが、⼥王陛下は彼⼥が私たちに課すだろうというメッセージを送りました。次回はお茶の時間を変更する必要があります」

キャサリンは宮殿を訪れていたルシアに挨拶し、彼⼥に不平を⾔った。

二人は⼥王の宮殿に移動する。

ベス女王はすでに全ての準備を終えて、彼らを待っていた。

楽しい話題がなくても、会話は楽しい。

ルシアは、ベスとキャサリンを⻑い間知っているかのように、快適に時間を過ごすことができた。

(彼女たちは私にとって⾒知らぬ⼈ではないからでしょうか?)

個⼈的な関係を掘り下げるとすれば、キャサリンはルシアの姉であり、ベスはルシアの義理の姉。

その関係に何の意味もなかったが、他とは違う何かがあった。

「教えてほしいのですが。私は今、⼈⽣で興味を持ったことのないことをやっています。陛下が私に彼のハンカチを刺繍するように頼んだの」

ベス女王の言葉に、キャサリンは爆笑する。

「陛下のハンカチを刺繡しているのですか?」

「これはすべて公爵夫⼈のおかげです」

ルシアは予想外のコメントに驚いた。

「なぜ 『公爵夫⼈のおかげ』なのですか?」

「公爵夫⼈がタラン公爵に刺繡のハンカチを渡したからです。陛下はそれを⾒て欲しかったので、私に作ってほしいと頼みました」

キャサリンは笑い声を上げ、ルシアの顔は⾚くなる。

(陛下はどうやってそれを⾒たのですか?)

夫がそのような贈り物を受け取ることについて⾃慢する⽅法はなかったはず。

ルシアはそのような光景を想像することさえできなかった。

「どんなハンカチなのか⾒たいです」

「公爵夫⼈が⼤丈夫でしたら。私はたまたまそれを持っています。陛下から参考のためにそれを借りました」

「何てことでしょう。ぜひ⾒たいです。公爵夫人、私も⾒てもいいですか?」

キャサリンがキラキラと輝く⽬でルシアを⾒て許可を求めたとき、彼女は⾚い顔でうなずいた。

「家に帰った後、あなたの夫を問い詰めないでください、公爵夫⼈。陛下はハンカチを奪ったと私に⾔いましたから」

しばらくして、メイドが刺繡箱を持ってくる。

ベス女王は箱から⽩いハンカチを引き出してキャサリンに⼿渡す。

キャサリンはそれが綿のハンカチであるのを⾒て驚いたように⾒えた。

そして、彼⼥は再び笑い始めた。

彼⼥の笑いは、「タラン公爵はこのようなものを持ち歩いているのですか?」という意味を含んでいる。

それを理解したルシアの顔はさらに熱くなった。

「刺繡が可愛いですね、公爵夫人。花の模様なのですね」

ルシアの顔を⾚らめた表情が少し固くなる。

「・・・ちょっと見せてもらえますか?」

「もちろん。あなたは元の所有者なのですから」

キャサリンが喜んで⼿渡したハンカチをチェックすると、ルシアの⽬が震えた。

彼⼥は、そのハンカチがヒューゴの名前が刺繍された状態で、しばらく前に彼に贈ったものだと思っていた。

けれど、このハンカチは⾓に花の刺繡が。

不器⽤な刺繡の仕事は、彼⼥がハンカチを作り始めたばかりの⾮常に昔の痕跡。

ヒューゴは自分がダミアンに送るために作ったハンカチの1つを持っていたのですか?

(こ・・・、これはどういう意味でしょうか?)

 



 

最近、クェイズはお⾦の問題で悩んでいた。

「公爵。お⾦を稼ぐための良い⽅法は何ですか?」

「・・・陛下、あなたはいつから商⼈になったのですか?」

クェイズが泣き⾔を⾔っても、ヒューゴは経済学に関してアドバイスをしなかった。

なぜなら、ヒューゴは経済学者ではないから。

彼はお⾦を稼ぐことについてあまり知らない。

彼の下にそのような専⾨家がたくさんいたというだけ。

ヒューゴが⼈を雇うために使⽤した唯⼀の基準は能⼒だ。

彼は彼らの地位を気にせず、彼らの能⼒に⾒合う限り彼らに補償した。

ヒューゴの下で働いていた部下は、多くの有能で才能のある庶⺠がいる。

ヒューゴにとって、彼らが自分に失礼でない限り、扱いは変わらない。

「稼いでいる⾦額が不⼗分な場合は、それを使⽤しているものを減らしてください」

「実際のところ、私は宮殿の予算を削減しています。前王の」

くそったれ⽼⼈!

今、クェイズはそれを声に出して⾔うことさえできない。

彼は副官との賭けですでに4回連続で負けていた。

使えない⾔葉が増えるにつれ、ストレスが増している。

「つまり、前王の予算は⾮常に⼤規模でした」

興味深いことに、前王は何らかの理由で部下に賞を与えるのが好きで、賞を授与したとき、彼は惜しみなく浪費した。

ひどく気まぐれで国政を安定的に管理することができなかった前王が、国⺠の⽀持を失わなかったのには理由があったのだ。

「まず最初に、前王によって打ち砕かれた役に⽴たない⼝を⼀掃しなければなりません」

クェイズの言葉に、副官の⽬が明るくなる。

クェイズは次の賭けを禁⽌するという決心を固めた。

「私が何⼈の異⺟兄妹を持っているか知っていますか?それらのろくでなしのほとんどは死んでいるので、私たちはそれを脇に置くことができます。しかし、26⼈の王⼥がいます。26人です!これが予算が使い果たされた理由です」

クェイズの呼吸は荒れていた。

彼には、顔さえ知らなかった死んだ⽼⼈の⼦供たちを養い、収容する義務はなかった。

彼が自分の血縁関連の兄妹として認めた唯⼀の⼈はキャサリンだけ。

彼は最近公爵夫⼈に僅かな関⼼を⽰したが、兄としての彼⼥への愛情を感じるのに⼗分ではなかった。

「私は彼女たちを全員追い出すつもりです」

「本当ですか?どうやって?」

「彼女たちの⺟⽅の家族に来てもらい、彼らを連れていくように知らせます。そして、彼らを連れて⾏く気がある⼈がいないなら、私は彼女たちの結婚相手を見つけます」

それは些細な決断。

ヒューゴはクェイズといることに多くのメリットがあると評価していたが、デメリットも多い。

彼の典型的な弱点は、ケチであること。

クウィズのケチが⾃分に向けられていない限り、彼はどちらの⽅法も気にしてこなかった。

しかし、突然、断⽚化された記憶が思い浮かんでくる。

彼の妻が提案した⽇、彼⼥は悲しげな表情で⾔った。

[王室の利益のために、王⼥はいつでも売られる準備ができていなければなりません。適切な持参⾦が提供されれば、王室は⽬をつぶることなく私を誰とでも結婚させます。売り切れる前に・・・、⾃分を売りたいのです]

偶然にも、彼の妻は昨⽇「もしも」について話した。

そして、自分は「もしも」について考えることは役に⽴たないと伝えた。

でも今・・・。

ヒューゴはそれらの「もしも」について考えてしまう。

彼⼥が自分を⾒つけに来なかったらどうなっていたのかを。

もしも、自分が彼⼥の提案を笑い⾶ばしたとしたらどうなっていたのかを。

もし⼀歩間違っていたら、彼⼥は今、ヒューゴ・タランの妻ではなかっただろう。

しかし、それはもう起こり得ない話。

それにもかかわらず、彼の背中の⽑は恐怖で逆立つ。

彼⼥は、王が取り除こうとしていた無駄な⼝の束に含まれていた可能性があったのだから。

彼⼥の意志に関係なく、選ばれた男性と結婚し、そしていつの⽇か、自分は別の男性の妻として彼⼥に会っていたのかもしれない。

自分の妻が他の⼈の妻になることを想像したとき、胃は裏返されるような気分に。

彼⼥は自分の⼥性であり、誰もそれに挑戦することはできない。

現実を思い出したとき、彼は安堵する。

ヒューゴは何かについて話し続けていたクェイズをちらっと⾒た。

⼦供たちを無視した故王は酷い男だったが、目の前に座っていた野郎も酷い男だ。

兄弟であり、彼の姉妹の世話をすることについて、何がそんなに⼤変なのでしょうか?

少し前に、ヒューゴは彼のすべての半兄弟を追い払うというクェイズのプロジェクトの利益に同意した。

しかし、彼が個⼈的に関わった瞬間、彼は考えを変えることとなる。

役に⽴たない⼝?

それについて考えれば考えるほど、彼はより不快になった。

ビビアンが⾃分を⾮嫡出⼦と呼んでいる光景が思い浮かんでしまう。

彼⼥が彼女自身を軽蔑しているのを⾒たのは初めてだったので、彼はとても驚いた。

(宮殿での彼⼥の⽣活はとても⼤変だったのだろうか?)

ヒューゴは妻が⼦供の頃について話しているのをよく⽿にしたが、彼⼥が宮殿で過ごした時間について話していたのを思い出せなかった。

それについて考えた今、彼⼥は宮殿に侍女を持っておらず、すべての仕事を⾃分でしてきた。

すでに知っていた事実から新たに怒りを感じる。

[売られる前に・・・、⾃分を売りたいのです]

あの時、彼は単に彼⼥の⾔葉が⾯⽩いと思っていた。

彼が彼⼥に対して感じた深い罪悪感は、鋭い針のように彼の胸に突き刺さる。

彼⼥が自分のところに来て、そのようなことを⾔ったとき、なぜ自分は彼⼥の悲惨さと絶望的な感情を理解できなかったのでしょうか?

故王への不満が、再び彼の⼼に浮かび上がった。

(あの男は死ぬに値する人間だったな)

ヒューゴは、故国王の恥ずべき死を思い出し、冷笑する。

 



 

ルシアが家に帰ると、彼女はジェロームに花の刺繡ハンカチについて尋ねる。

ジェロームは内心で笑い、静かに答えた。

「旦那様は毎⽇それをチェックし、⼀緒に持ち歩いています」

「・・・いつから?」

「もう数ヶ⽉が経ちました。ロームにいる頃からです」

「前回彼にハンカチをプレゼントするように⾔ったとき、あなたは私に話してくれなかったわ」

「奥様がご存じだと思っていましたので。奥様が旦那様に渡したと思っていたのです。奥様がハンカチを渡さなかったとしたら、旦那様はどこからハンカチを⼿に⼊れることができるでしょうか?」

「・・・」

ルシアはジェロームにそれを与えなかったことを伝えることができなかった。

彼⼥が彼にそれを与えなかったと⾔った場合、唯⼀の説明は彼がそれを密かに取ったということだから。

ルシアは、家の主⼈としての夫の権威を弱体化させたくなかった。

しかし、ジェロームはすでに知っている。

彼は、メイドが完成したハンカチを置いたバスケットからヒューゴが密かに数枚を取り出しているのを個⼈的に⽬撃していたから。

⾃分で⾒ていなかったら信じられなかったでしょう。

いつもの主⼈とはまったく異なり、それは奇妙な⾏動だったから。

しかし、ジェロームは彼の主⼈がしたことすべてに疑問を呈したことのない忠実な執事。

どんなに些細な事件でも、⼆⼈の関係にどのような影響があるのか分からなかったので、彼はいつも⾔葉や⾏動に気を配っていた。

「・・・夫がそれを持ち歩いているとは知らなかっただけです」

「何か問題があったのですか?」

「ありませんが、彼は外⾒を維持する必要があります。彼はどうやってそのようなものを持ち歩くことができますか?あのハンカチを⾒れば⼈は笑うでしょう」

「⼼配する必要はありません。旦那様は壮大な方ですから」

ニヤリと笑うジェロームを⾒て、ルシアはジェロームが有能な執事である理由を改めて認識した。

夫の恥知らずさ、無茶苦茶さ、わがままな⾯を「壮⼤」という⾔葉で包むことができたのは本当に驚きだった。

ルシアはハンカチの意味を真剣に考える。

息⼦に送るはずのハンカチをこっそりと取った光景を想像し、信じられず⾔葉が出なかった。

なぜ彼がそんなことをしたのか。

ハンカチが必要な場合は、⾃信を持ってハンカチを頼むほうが彼に適している。

ハンカチはきっかけだ。

ルシアは、彼が自分に対して持っていた全ての態度、彼の⾔葉、そして彼が彼の表情を通して⽰した彼の感情を辿っていく。

おそらく、自分はすでにそれを知っていたのでしょう。

しかし、彼⼥はそれが真実ではないと考えて、その感情を釘付けにしていた。

その理由は、純粋に自分が臆病者だったから。

けれど、彼⼥は⾃分の気持ちを⾃分⾃⾝に再確認した。

(私は、彼を愛しています)

そして、彼⼥は彼の⼼も推測する。

(たぶん・・・、彼も私を愛している)

しかし、彼⼥は彼が愛の気持ちを認めたかどうか分かっていない。

彼はまだ⾃分の⼼を確信していないかもしれず、まだ否定の段階にあるかもしれません。

(私は待つべきですか?それとも・・・、先にそれを持ち出すべきですか?)

目の前には交差点があり、それらの間で選択するのは困難だった。

彼にプロポーズするために公爵の住居に⾏った⽇よりも優柔不断に感じてしまうほどに。

 



 

偶然にも、ヒューゴが想像した仮説は当たっていましたね。

ルシアが夢の話をすることはあるのでしょうか?

そして、ルシアもヒューゴが自分を愛していると気づくことができましたね!

まだ確信までは至っていませんが、早くお互いに素直になってほしいです。

ルシア【162話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は162話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...