ルシア

ルシア【160話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は160話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

160話ネタバレ

ルシア【159話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は159話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 有罪の良心

ルシアは寝室のソファに沈み、⼦供の頃の思い出を静かに遡る。

⺟親はいつも、ペンダントを引き出しの奥深くに置き、時々それを取り出して⾒つめていた。

時々、彼⼥はそれにとても夢中になり、ルシアが近くに来ることにさえ気づかなかったほど。

妊娠していなかったら、⺟親はおそらく故郷に戻っていただろう。

しかし、⺟親は⼀度も自分の⼈⽣について悲観的であったことはなく、ルシアを⾮難したこともない。

いつもは地元の⾷料品店で働いていて、時間があれば、彼⼥は⾷費をカバーするために⼩さ
な菜園に⾏く傾向だった。

すべてに関係なく、⺟親はいつも笑顔で、彼⼥はしばしばルシアを抱きしめ、柔らかい胸に抱いていた。

⺟親はいつも彼⼥の愛を愛情を込めて表現し、ルシアを「私の最愛の娘」と呼び、「私はあ
なたがいるので幸せです」と言っていた。

ルシアが⺟親を亡くしたとき、空が崩壊したかのような絶望を感じたが、⺟親の愛を思い出すことで困難な時期を耐える。

「私が怪我をしたとき、⺟はお⾦が必要だったので、⺟はペンダントを質に入れたのだと思っていました・・・」

しかし、⺟親は質屋にペンダントを置いていなかった。

質屋の店主の言葉が正しければ、ルシアの記憶は間違っていたということ。

「私の⼦供の頃の記憶が間違っているとしましょう。後で叔⽗に会えたのはペンダントのおかげでした。じゃあ、ペンダントはどのようにしてオークションハウスに到着したのでしょうか?盗まれたのでしょうか?」

あのペンダントは、ルシアにとって重要な意味を持っている。

あれは彼⼥が⾃分のルーツを⾒つけるのを助けたものだから。

ルシアは若い頃に起こった事故を思い出す。

彼⼥はその事件で重傷を負った。

近所の⼊り⼝には⼤きな⽊があり、ルシアは近所の⼦供たちと⽊に登ったのだ。

⽊のてっぺんに⿃の巣があり、⺟⿃は驚いてルシアを攻撃し、彼⼥は驚いて墜落した。

「あの⽇怪我をした場所は・・・」

右膝の下をチェックしたとき、ルシアの⽬はわずかに震える。

なぜなら、そこに傷はなかったから。

「傷が消えただけ?」

ルシアは⾜の傷跡をじっくりと⾒たことがない。

「⾃分の記憶も傷ついてしまったのでしょうか?いいえ、こんなに⼤きな事故をこんなに鮮明に思い出せるわけがない」

頭が痛くなるまで考え続ける。

そのため薬を服⽤し、ベッドに横になり、眠りに落ちた。

ルシアが眠ったとき、彼⼥は⾃分の⼦供時代を夢⾒ていた。

彼⼥は⺟親の冷たい体の横で必死に叫んだ。

⺟親の親友だった叔⺟がルシアの涙を拭う。

ルシアは悲しみに圧倒されて泣きながら、まるで⺟親⾃⾝であるかのようにペンダントをしっかりと握り締めた。

突然、近衛兵が現れる。

⽬がくぼんだ少⼥は反抗せず、ただ素直に従った。

初めて会った⽗という男を⾒ても、何の感情も感じない。

ルシアが滞在する離宮は冷たくて退屈だった。

荒涼とした寝室で、横になり、すすり泣き、繰り返し⺟親のことを思いながらペンダントを⼿にしていた。

 



 

外が暗くなったので、⻑い間寝ていたようだ。

「あれは夢じゃない・・・」

彼⼥が今見ていた夢は幻想ではなく、彼⼥の記憶の⼀部。

薄膜で覆われていたように⾒える記憶がゆっくりと明らかになっていく。

「私はペンダントを持っていました」

⺟親が亡くなった後、ルシアはペンダントを⾸にかけ続けていた。

宮殿に⼊ったときにそれを持っていた。

メイドが服を着替えさせようとしたときも、⺟親を偲んでいた唯⼀の宝物を誰かが奪おうとするのではないかと恐れ、彼女はペンダントを⼿放すことを拒否した。

⼦供の頃の思い出には、⽭盾があル。

その⽭盾は、彼⼥が⽊から落ちて怪我をしたという⼤きな事故。

当時、怪我をしたのはルシアだけではない。

ルシアが倒れたとき、彼⼥は枝を折って、別の⼦供が彼⼥と⼀緒に倒れたのだ。

その⼦供は頭を負傷し、その後死亡した。

「・・・ロッサ」

彼⼥はルシアの幼なじみ。

ロッサが亡くなった後、ロッサの家族は村を離れた。

叔⺟、つまりルシアの⺟親の親友はロッサの⺟親。

ロッサの⺟親は、⺟親が亡くなったとき、ルシアと⼀緒に部屋にいた。

彼⼥は遠くからその知らせを聞いて戻ってきたのだろうか?

しかし、同じ部屋で、叔⺟の隣でルシアと⼀緒に泣いている⼥の⼦もいたはず。

[ルシア。あなたは何か⾷べなければなりません。あなたが病気になると、おばさんは天国で悲しむでしょう]

ルシアが⺟親の死後2⽇以上⾷事を拒否したとき、ロッサはスプーンを⼿に持って慰めた。

「ロッサは若い頃に亡くなったはず」

ルシアは、自分が⼦供の頃の2つの記憶を持っていて、それらの記憶が混同されていることに気づく。

「質屋のオーナーが真実を⾔っているとしましょう。私は若い頃に事故はなく、ロッサは死んでいない。⺟は質屋にペンダントを置いていなかったので、私はペンダントを持って宮殿に⼊った」

ルシアのペンダントの最後の思い出は、彼⼥が初めて宮殿に⼊った⽇。

翌⽇、眠りにつくために泣いて⽬が覚めたとき、ペンダントは消えていて、彼女は未来を⾒たのだ。

そして、彼⼥の記憶は混乱した。

まだ幼い頃だったのか、ペンダントの能⼒が原因だったのかもしれない。

「魔法の道具・・・」

かつて魔法の道具を⾒たことがあり、それはルシアが王宮に連れてこられた⽇。

⾎統を判断するための魔法の道具は、2つのガラスのコップを並べて配置した装置のようだった。

透明で純粋な⽔が2つのガラスのコップに⼊れられ、⾎で彼らの関係を証明したかった2⼈は彼らの⾎をコップの中に落とさなければならない。

⾎縁関係がなければ⽔に変化はないが、⾎縁関係があれば⽔は⾎のように⾚くなるのだ。

「あのペンダントは魔法の道具なのでしょうか?」

ルシアの叔⽗は、ペンダントはバーデン伯爵家に何世代にもわたって受け継がれてきた家宝であると言った。

魔法の道具は⼀流の宝物だったので、ほとんどの魔法の道具は国宝だ。

バーデン伯爵家のような崩れかけた家が持つことのできるアイテムではない。

魔法の道具は莫⼤な⾦額で売れる可能性があるので、叔⽗が知っていれば、彼はそれを売り
払って家族を育てていたでしょう。

ペンダントが魔法の道具であると仮定して、ルシアは新しい推論を始めた。

「ペンダントが私に⾒せてくれたのは・・・、未来ではなく、私のもう⼀つの⽣涯」

別の⽣涯で、ルシアは若いときに怪我を負い、⺟親はペンダントを質屋に入れて、その後、オークションでのペンダントの登場を通して叔⽗に会ったのだ。

別の⼀⽣だったとしても、未来を⾒るのと何ら変わりはない。

ルシアが大人しく宮殿に留まっていたとしたら、彼⼥はマートン伯爵と結婚し、未来も同じように進んでいたでしょう。

「⼦供の頃に怪我をしたところから物事が分裂し始めているわ。あの事件は私にとって別の未来を⽣み出したのね」

実際に、ルシアは怪我をしていない。

そして、彼⼥の⺟親はペンダントを質屋に入れてなかったのだ。

理由は分からないが、魔法の道具がルシアのために作動し、彼⼥に⻑い夢を⾒せたのでしょう。

「ロッサが⽣きているかどうか調べなければなりません」

おそらく、ロッサは⽣きていた。

「ペンダントが魔法の道具だとしたら、なぜ⺟に起こされなかったのですか?満たす必要のある特定の要件が?」

「ビビアン」

ルシアは彼⼥の考えから目覚めた。

 



 

「ヒュー。いつ⼊ってきたの?」

「ちょうど今です。戻ってきてからずっと眠っていたそうですね」

ヒューゴが静かにドアを開けて暗い寝室に⼊ると、彼はルシアがベッドに座っているのを⾒つけて驚いた。

「パーティーで何かあったのですか?」

「・・・いいえ」

「あなたは頭痛がしたと聞きました。今⽉は2回⽬です。体に何も問題がないのに、なぜ病気になり続けるのですか?」

「少し考え事をしていました」

暗い寝室に誰かが⼊ってくるのに気づかなかったほど、彼⼥は何を真剣に考えていたのでしょうか。

ヒューゴは⾃分の考えを知りたがっていた。

彼は可能な限り、彼⼥の全てを欲しがっていた。

ヒューゴは慎重に尋ねる前に少し躊躇った。

「ビビアン、あなたが考えていることは、私が知らないはずのことですか?」

「いいえ、それはただ・・・、少し馬鹿げています。それを聞いてもあなたは笑うでしょう」

「私は笑いません」

「・・・祖⽗に話したペンダントを覚えていますか?」

「もちろん」

「あのペンダントは魔法の道具かもしれないと思っていました」

「どうして?」

ルシアは質屋で何が起こったのか、⺟親が亡くなった後にペンダントを宮殿に持って⾏ったときの思い出、そして家に帰った後の夢について説明した。

しかし、彼⼥は夢の中で別の未来を⾒たとは明かしていない。

まだ確信はなく、夢の中だったとしても、そこで経験した辛いことを説明したくなかったから。

(だけど、私はいつかあなたに⾔うことができると思います)

「⺟はペンダントを売ったことがありません。ペンダントが記憶を歪めたのかもしれません」

ヒューゴはしばらく考えて、寝室の電気をつける。

「記憶の歪みは深刻ですか?」

「あんまり・・・。あのペンダントが本当に魔法の道具であるなら、なぜ私の⺟⽅の家族は知らないのでしょうか?」

「彼らは知らないかもしれません。魔法の道具についてはあまり知られていませんから」

ヒューゴはタラン家の秘密の記録から、マドー帝国の時代には魔法の道具が⼀般的なアイテムであったことを知っていた。

「いくつかの魔法の道具は並外れた能⼒を持っており、破壊されたり壊れたりする可能性があります。そのペンダントも消えた可能性がありますね」

「ほとんどの魔法の道具は国宝ですよね?貴族がそれを持つことができるのですか?」

「魔法の道具を持っている貴族はたくさんいます。国宝に指定されている魔法の道具がもっと広く知られているだけですから。貴族が持っている魔法の道具の種類とそれが持っている機能の種類は、通常、家族の中の秘密とされています。⾼貴な貴族が持っている魔法の道具のいくつかは隠されていることが知られています」

魔法の道具は、その機能に関係なく、⾮常に⾼い値段で売られていた。

明確で便利な機能を備えた魔法の道具の価格は、売り⼿の気まぐれ次第。

「では、タラン家にも魔法の道具がありますか?」

「たくさんありますよ」

タラン家の秘密の部屋には様々なものがある。

ヒューゴは秘密の部屋に何があるのか知りたがっていたので、そこにあるものを全て調べた。

そのほとんどはゴミでしかない。

離れた場所と会話できる通信道具は、やや便利だが。

ダミアンを守るときに使われ、現在も使われている。

ヒューゴは妻を守るために護衛団を組織し、何でもないかのように魔法の道具を彼らに⼿渡した。

妻の安全に関しては、そのような⼩さなお⾦は問題ではなかったから。

「ロームに戻ったら、それらをお⾒せしましょう」

「魔法の道具は本当にこんなに⼤きな⼒を持っているのでしょうか?⾬を降らせる魔法の道具があると聞きました」

ヒューゴは笑った。

「それはナンセンスです。ほとんどの魔法の道具は役に⽴たない。それらは単に斬新なアイテムなだけです。王室の魔法道具を識別する⾎統がよく知られているのは、そのような優れた機能を持つ魔法道具が⾮常に稀だからです」

ルシアは消えたペンダントの意味を考える。

ペンダントが別の⽣涯を⽰す能⼒を持っていたとしたら、それは世界のどこにも⾒られない希少な宝物。

「魔法の道具に興味があるのですか?何か欲しいものはありますか?」

世界中に散らばっている魔法の道具を集める作戦はいつでも始めることができる。

「いいえ。少し混乱しただけですから」

ルシアに未来を⾒せたのがペンダントだったとしたら、ルシアは消えたペンダントに感謝した。

自分が今ここにいるのは夢のおかげだから。

そして彼⼥は、些細な出来事でさえ未来を分割する可能性があり、未来は自分の選択に応じて変わる可能性があることに気づく。

(私の選んだ相手はあなたです。そして、あなたの選んだ相手が私でもあったらいいのにと思います)

ヒューゴは、こっそりペンダントを⾒つけて驚かせるという彼の計画が実現しないことを知り、⾮常に失望した。

「それは単に消えたのですか?あなたはペンダントがあなたの記憶を歪めたと⾔いましたが、その部分は⼤丈夫ですか?」

「⼦供の頃の思い出が2つあったので混乱しましたが、よく考えてから整理します」

「あなたがペンダントについて本当に⼼配しているなら、あなたの祖⽗をここに連れてきて、彼にあなたの話を聞いてもらうことができます。それは伯爵家の家宝なので、彼は何
かを知っているかもしれません」

ルシアは⼤丈夫だと⾔っていたが、気が変わった。

いずれにせよ、祖⽗と過ごす時間は短く、悲しみを覚えていたから。

「はい、祖父に会いたいです」

「すぐに確認しますね」

ルシアは彼の愛情のこもった愛撫で、どういうわけか感情的に感じた。

(私の選択は、ヒューゴを不幸にしていない?)

ルシアは彼を選び、⾃分⾃⾝のために新しい未来を創造した。

そのため、彼の遥かに幸せな未来が自分のせいでコースから外れるのではないかと恐れていたのだ。

何も知らずに引きずり込まれた彼にとって、自分の選択はとても残酷だったかもしれないと。

(全世界が私を⾮難し、私を利⼰的と呼んでも⼤丈夫です。私は・・・、ヒューを愛しています。彼にも私を愛してもらいたい。彼は私をどう思っているのでしょうか?彼は私をどれだけ好きなのでしょうか?私が彼を愛していると⾔えば、彼は逃げてしまうのではないでしょうか?)

「ヒュー、これを不思議に思ったことはありませんか? 『当時、私が別の選択をしたとしたら、何かが変わっていただろう』って?」

「そのような考えを持つことの意味は何ですか?それは過去のものです」

[私は過去のものに愛着がありません。変えることが不可能なものを握るのは無意味ですから]

彼らが結婚した翌⽇の言葉。

ルシアは苦笑した。

過去を振り返らない⼈。

彼⼥は彼が無情な男だと思っていた。

彼の⼈⽣観は変わっていない。

しかし、ルシアの彼に対する⾒⽅は変わった。

今、彼⼥は彼が無情な⼈だとは思わなかった。

むしろ、彼は過度に愛情深い⼈だと。

彼の愛情は、いつもルシアの⼼に嵐を引き起こす。

幸せが増すにつれて、彼⼥の苦悩も増した。

彼⼥は彼を諦めることが出来なかったのだ。

期待は⾼まり続け、このままでは彼⼥は彼に憤慨することになるのではないかと⼼配していた。

「もし私があなたと結婚しなかったらどうしますか?私はまだ離宮にいたでしょう。そしてしばらくすると、私は王室に持参⾦を⽀払った誰かと結婚したはず」

ヒューゴはルシアをじっと⾒つめ、彼⼥の⾔葉の背後にある意味を理解しようとする。

「時々・・・、私は⾃分に相応しい以上の⽴場にいると考えてしまいます」

「ビビアン、どうしてそう思うのですか?」

「急な決断だったと思いませんか?私と結婚することは・・・」

ヒューゴは⼀⾔も⾔わずにルシアを⾒た後、ため息をついた。

「私は、また何かを間違えたのでしょうか?」

「・・・え?」

「そのように悩み続ける前に、私に相談してください」

いつでもどこでも⾃信と誇りを持っていた男は、気が遠くなるような表情を浮かべていた。

ヒューゴは気づかずに何か間違ったことをしたのではないかと思ったので、慌てていたのだ。

彼はすべてを彼⼥に譲り、彼⼥がやりたいことを何でもするように⾏動してきた。

他⼈が恐れていた獣のような男はとても愛らしく、彼⼥はそれに耐えることができなくなる。

ルシアの⿐が痛くなり、彼女は拳を握りしめた。

「ヒュー、あなたは何も悪いことをしていません。それは私の有罪の良⼼です」

「有罪の良⼼?」

「私たちの結婚にはかなりの格差がありました。私は⾮嫡出⼦と何ら変わらない未知の王⼥。あなたは有名な公爵であり、国内や他国で有名です。途方に暮れて結婚したのではないかと思って・・・」

ヒューゴは少し眉をひそめた。

彼⼥が⾃分を⾮嫡出⼦と呼んだとき、彼はそれが気に⼊らなかったから。

途⽅に暮れて結婚した。

彼は彼⼥がそのように考えていることを知らなかった。

損失と利益の概念を彼⼥との関係に持ち込むことができなかったことをどのように説明できるでしょうか?

ヒューゴはルシアの腰に⼿を滑らせ、彼⼥をそっと抱きしめる。

「そのように話さないでください、ビビアン。あなたは愚か者ではなく、私は途⽅に暮れて結婚していません」

ルシアは息を呑んだ。

彼の⾔葉が、彼⼥の⼼をそっと包み込んでいるように感じたから。

「私は前にも言ったはずです。苦しい場合は、抱きしめ返さないでください。迷惑をおかけする必要はありません。やりたいことだけをしてください。」

ヒューゴは彼⼥の⽿に愛の⾔葉を囁いていないが、彼の⾔葉はひどく⽢いものに聞こえた。

「ビビアン、あなたには怪我をしてほしくない」

「誰かが私を傷つけるのですか?」

「怪我をする可能性があるのは体だけではありません」

社交界は⼈々が⾔葉で殺された場所。

とんでもないことを⾔う⼈はいつもいた。

公爵家の⽀援が妻を完全に保護できることを保証できない。

ヒューゴ自身は、⼈々が⾃分⾃⾝について⾔ったことを完全に無視することができた。

しかし、彼の妻は⼩さくて弱い。

そのため、いつも彼⼥のことを⼼配している。

ルシアの⽬は⼤きく開いた。

彼が自分に⼼を傷つけないように⾔っていたから。

⺟親が亡くなって以来、自分はそのような愛情を受けたことがありますか?

これは、夫から妻への義務的なケアを超えていた。

(もしかしたらヒューも・・・、私のことを・・・)

彼⼥の⼼はその推測にドキドキと⽻ばたきする。

ヒューゴは彼⼥を抱きしめ、ルシアは自分の頭を彼の胸に埋めた。

「はい・・・。怪我をしないように気をつけます」

 



 

ルシアの夢の原因は、ペンダントの力だったのですね!

ですがペンダントの場所はどこに?

バーデン伯爵との再会も楽しみです♪

ルシア【161話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は161話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...