ルシア

ルシア【159話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は159話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

159話ネタバレ

ルシア【158話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は158話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 満たされない祈り

ルシアが休憩室を出ようとしたとき、彼⼥は⼊ってきた⼥性と軽くぶつかる。

「何をしているのですか!あなたがぶつかった相手が誰なのか分かっているの!?」

鋭く怒った声が響き渡った。

貴婦⼈が突然現れ、ルシアにぶつかった⼥性を⾮難したのだ。

「も・・・、申し訳ありません。本当に申し訳ありません」

「見なさい!公爵夫人のドレスに化粧がついているわ!どうするつもりなのですか!?」

伯爵夫⼈はまるで世界で最悪の事態が起こったかのように叫ぶ。

(よくこんな場所を見つけたわね?)

確かに、メイクの染みは少しあったが、それはごく僅か。

ルシアは謝罪を繰り返す⼥性を⾒ていると、夢の中の自分を見ているような錯覚に陥る。

当時の自分はとても不器⽤で、間違いを犯し続け、⽳があったら入りたいと考えていた。

ルシアは、自分のそばで激怒した伯爵夫⼈を落ち着かせる。

「それで⼗分ですよ。私は大丈夫ですから」

「公爵夫⼈、どうしてそんなに寛⼤になれるのでしょうか?あなたの尊敬は、あなたの美しさと同じくらい素晴らしいです」

(疲れた・・・)

ルシアは最近、⼈々に囲まれることの疲れを学んでいた。

「⽬の前でチェックしないのも私の間違いです。あなた、⼤丈夫?」

頭を下げていた⼥性は、ルシアの⾔葉を聞いて驚く。

「私は・・・、大丈夫です。も・・・、申し訳ありませんでした・・・、公爵夫人・・・」

「気にしないでください。あなたはどの家族の出⾝ですか?私はあなたに会ったことがないと思います」

「私は・・・、マートン伯爵家のアリサと申します」

ルシアの⼼が荒れ狂う。

彼女はマートン伯爵の現在の妻。

アリサは、ルシアと結婚する前に離婚したマートン伯爵の2番⽬の妻。

彼女は離婚後、⾸都を離れ、⻄の実家に⾏ったと聞いていた。

「・・・そうですか。パーティーを楽しんでいただければ幸いです」

ルシアは簡単に挨拶し、彼⼥のそばを通り過ぎる。

彼⼥はマートン伯爵に関連するものとは関係を持ちたくなかった。

たとえそれが、自分とは別の犠牲の⼦⽺であったとしても。

苦痛を反映したアリサの表情は、まるで夢の中の⾃分のよう。

 



 

マートン伯爵には、3⼈の異なる⺟親から3⼈の息⼦がいた。

末っ⼦のブルーノは、ルシアが伯爵夫⼈になる前に離婚した元妻の息⼦。

[⻑い⼀⽇の始まりです、伯爵夫⼈]

ブルーノはルシアを「⺟」と呼んだことは一度もない。

彼は⽣意気な少年で、毎回必ず伯爵夫⼈に声をかけていた。

しかし、ルシアは⽬が空虚に満ちた早熟な少年を嫌いではなかった。

他の2⼈の息⼦は、ルシアと年齢がそれほど変わらなかったので、まるで⾒知らぬ⼈であるかのようにお互いを無視していたのだ。

彼らとは異なり、ブルーノは時々すれ違った時、ルシアと簡単な会話をした。

ブルーノは、普通の⼦供とは異なり、⽪⾁な⼝調だった。

それでも、ブルーノは彼⼥が話をした唯⼀の人。

[どうやってこの地獄に⼊ったの?]

ルシアは、少年の嘲る⾔葉に弱く微笑むだけ。

[⺟は逃げることに成功した。彼⼥はすべての重荷を捨て、とても⾃由に暮らせるようになりました]

その少年の⽬は悲惨だった。

ルシアは、少年が⾔及した「重荷」に⾃分⾃⾝を含めていることに気づく。

[お⺟さんに会いたいですか?]

[いいえ。決して]

ある⽇、宴会に参加した後、疲れ果てて家に帰ったルシアに、ブルーノは声をかけた。

[伯爵夫⼈。⾯⽩い秘密を教えてあげましょうか︖?]

ブルーノはルシアを寝室からそれほど遠くない空の部屋に連れて⾏く。

[この秘密を知っているのは私だけですが、伯爵夫⼈に特別に教えてあげましょう]

何かがガタガタと⾳を⽴てる⾳が聞こえた後、暖炉がゆっくりと向きを変えて、暗くて隙間のある⽳が現れたのだ。

ルシアの顔の驚きに満⾜しているようで、ブルーノは悪戯っ子のようにニヤリと笑った。

[曽祖⽗の時代からこの邸宅に住んでいるそうです。この場所はおそらく邸宅の元の所有者によって作られました。家族の誰もこの場所について知りません]

階段を下りると、天井が広くて⾼い部屋が出現した。

壁は、微かな光を放つ奇妙な物質で満たされていた。

[発光物質のようですが、正確には分かりません。おそらくずっと昔、彼らは昼間と同じくらい明るいものだったのでしょう。ここから続く道がありますが、それは次回お⾒せします]

しかし、次回はなかった。

ルシアは⼆度と夜遅くにブルーノに会うことができなかったのだ。

ブルーノは⽗親に反抗した後、アカデミーに追いやられるから。

ルシアはしばらく孤独だった。

時が経つにつれ、彼⼥の体と⼼はますます疲れ果て、彼⼥は⾃分の状況を嫌っていた。

満たされない祈りに絶望したとき、ルシアは突然、ブルーノが自分に⾒せた秘密の空間を思い出す。

「逃げ出そう。誰も私をここから連れ去ることはないのだから」

ルシアは秘密の空間を探索する⽇を選んだ。

隠されたドアの向こうには、暗くて狭いトンネルが。

約2時間歩いた後、彼⼥は⾸都の外の墓地にいることに気づく。

ルシアにとって、この場所は暗闇の中の光。

彼⼥は誰にも知られずに宝⽯を買うためにお⾦を集め、⾃分のために資産を準備し始めた。

1年以上準備を続けたある日の夜、睡眠が来ることを拒否したときに起きる。

⾁体的に疲れていたにもかかわらず、不眠症に苦しんでいた。

今日も眠れなかったのでバルコニーに向かう。

ぼんやりと⽬の前の闇をじっと⾒つめていると、屋敷に向かって松明が群がっているのに気づいた。

ルシアの直感が、何か危険なことが起こったことを彼⼥に伝える。

その⽇は、マートン伯爵⼀家が絶滅した⽇。

ルシアは恐怖のまま、秘密の部屋で時間を過ごした。

薄暗くて静かな地下室に隠れている間、外で何が起こっているのかを知る⽅法がない。

時間の経過すら分からなかった。

ルシアは一人ぼっちのまま、暗い部屋で時間を耐え続けたのだ。

最悪だったのは、食料のせいでネズミの数が増えたこと。

それでもルシアは、マートン伯爵の不快な顔を思い出し、嫌悪感を必死に抑える。

彼と⽐較すれば、ネズミは愛らしいと考えて。

しかし、彼⼥の持久⼒にも限界が。

⼀ヶ⽉後、彼⼥はもうネズミの鳴き声に耐えることができなかった。

1週間、⻑いトンネルを通り、公共の墓地を往復して、⼊り⼝から漏れる⽇光に⽬を慣れさせる。

そしてようやく、ルシアは外に出たのだ。

夕方の墓地は静かで荒涼としていた。

⽤意した古着に着替え、頭にフードをかぶせて墓地から出る。

⽬的地はない。

夜明け頃、ルシアは⼈の痕跡のない荒涼とした平原にポツンと⽴っている古家を発⾒した。

注意深く家に近づくと、ドアが突然開き、⽼婆が出てくる。

[ルーシー!どこに行ってたのですか!?外に出てすぐに⽔を引いて、朝⾷を⾷べましょう]

疲れすぎていて、何も考えることができない。

⽼婆が⾷べ物について話すのを聞いて、自分が空腹であることに気づき、注⽂された通りにバケツを⼿に取る。

ルシアはバケツを運び、井⼾の場所に向かう。

そして、⽔⾯に映る⾃分の姿を⾒て、震える⼿で髪を掴んだ。

[ああ!]

⾚茶⾊の髪が⽩くなっていた。

暗闇の中で⼀ヶ⽉以上震えている間、彼⼥の体は極度のストレスに耐えることができなかったのでしょう。

しばらくして、ルシアは⽼婆が精神的に健全ではないことに気づく。

⽼婆は⾃分の⾔ったことを思い出せず、過去に⾔ったことを繰り返すだけ。

⽼婆にはルーシーという娘がいて、ルシアは後に、その少⼥ルーシーが男に恋をし、何も言わずに家を出たことに気づいた。

ルシアは、約半年後に⽼婆が亡くなるまで、娘のルーシーとして⽼婆と⼀緒に暮らす。

 



 

過去または未来。

ルシアは家に帰る⾺⾞に座ったとき、夢の中の思い出を思い出す。

(あの夢は実際の出来事?私は本当に未来を夢⾒た?それとも、未来を体験して過去に戻ったのでしょうか?)

夢の中でのルシアの⼈⽣は、⼤変で困難な人生。

まるで⾃分自身が体験したかのように、痛みと悲しみは鮮やかだった。

しかし、鮮やかさは⼀定の限界を超えない。

どんなに酷い痛みでも、彼⼥の⼼に致命的な傷を残すことはなかった。

「⼀部の部分は詳細で明確だけど、⼀部の部分は思い出せないわ・・・」

夢の中で、⾃分が⽼後としての最後を迎えたことを思い出せなかった。

メイドとしての仕事を辞め、⼈⾥離れた場所に家を建てた後、年配の⼥性として⽣きていた静かな⽣活を漠然と思い出すことはできる。

もし未来から戻ってきたとしたら、彼⼥の最後の記憶は頭の中で最もはっきりしていたはず。

それが夢だと思った理由。

誰にも話すことができなかったので、そのジレンマは常に頭の同じ場所の周りを回っていた。

ルシアは、メイドに⾺⾞の向きを変えるように告げる。

彼⼥は、ノーマンが贈り物として自分に与えた家を⾒に⾏きたかったのだ。

ゆっくりと居⼼地の良い2階建ての家を⾒回す。

「居住者のいない家はすぐに台無しになると聞いたことがあるわ。誰かに貸し出すことはできるのでしょうか?」

少し前まで、ルシアの⽣涯の夢は、このような⼩さくて居⼼地の良い家を買うことだった。

2年⾜らずで、彼⼥の⼈⽣は完全に変わった。

彼⼥の⼈⽣は予測できない⽅向に流れている。

ドキドキする期待は、未知のものへの恐れよりも⼤きかった。

[将来何が起こるかを知っていたら、⼈⽣がどれほど退屈になるか知っていますか?⼈⽣は予測できないから楽しいのです]

ルシアは、ノーマンが以前に⾔ったことを鮮やかに思い出しながら笑う。

⼆度⽬の帰り道で、⾺⾞は⽌まった。

「⾺⾞が転倒したので、通りを曲がる必要があります、奥様」

窓の外を⾒ると、通りかかった通りが奇妙に⾒慣れているように感じた。

(ここは私が若い頃に住んでいた近所・・・)

彼女は⾺⾞から降りて、古い質屋に向かう。

質屋に⾜を踏み⼊れ、⺟親と⼿を繋いでこの通りを歩いた昔を思い出す。

質屋の店主が目を大きく開く。

豪華な装いの⼥性、隣に控えめに⽴っている⼥性、そして護衛のように⾒える男性。

それは典型的な貴婦⼈とその付き添い。

⽼⼈は、地元の⻑年の質屋の経営者として会う機会が決してない顧客だったので、慌てていた。

「何かお探しのものはありますか・・・?」

「あなたはどのくらいこの場所の所有者でしたか?」

「私は何⼗年もの間、この質屋の所有者です」

「しばらく滞在したアイテムの所在を知りたいのですが、10年以上前にここに置かれました。あなたが知ることは可能ですか?」

「まともなアイテムはすべて覚えています。また、それらすべてを元帳に書き留めております。どのようなアイテムでしょうか?」

ペンダントが売られたおおよその時間、質屋にペンダントを置いたときの⺟親の年齢と容姿、そしてペンダントの説明を店主に話した。

「最近、同じアイテムを探している⼈がいました」

「誰でしょうか?」

「若い男性の方でした。ですが、それが誰であるかは分かりません」

ファビアンの部下がペンダントを探して質屋にやって来たが、ルシアがそれを知る⽅法はない。

「貴族様、私はこのようなペンダントを⾒たことがありません」

「そんなはずがありません。私は間違いなくここに展⽰されているのを⾒ました」

「ご覧のとおり、この近所に住む⼈々を対象とした⼩さなお店です。ここにどんなアイテムが⼊ってくるのかは明らかです。このような珍しいアイテムがここに置かれたとしたら、私はそれを思い出せるはずです。年をとっていますが、それでも記憶力には自信がありますから」

質屋の店主の言葉に嘘は見られない。

彼は古い台帳をすべて持ち出し、ルシアに⾒せた。

20年の記録を精査したが、店主が⾔ったように、ペンダントが質屋に来たことはない。

(けれど、私は⾒ました。この店の前にぼんやりと⽴っている⺟の姿は今でも鮮明に残っているわ)

混乱と疑いを持って質屋を去る。

後ろに控えていたディーンが尋ねた。

「奥様、⽴ち寄りたい場所は他にありますか?」

「・・・いいえ。家に帰りましょう」

ルシアとメイドが⾺⾞に向かって歩いていると、ディーンは⼿⾸を⼝に持ってきて、低い声で呟く。

「私たちは今から出発します。⽬的地は邸宅です」

ルシアが乗る⾺⾞の4つの⽅向のそれぞれに、4つの⾺⾞がある。

普通に⾒える⾺⾞の中には、私服を装った鎧を着た騎⼠が待機していた。

「私たちは去ります。チーム1、チーム2、出かけましょう。チーム3、スタンバイを。後部のチーム4」

命令を出す騎⼠は、⼿⾸と⽿にディーンと同じアクセサリーを⾝に着けている。

ルシアは、ディーンと呼ばれる⼀⼈の騎⼠が自分を護衛していることを知っていた。

しかし、彼⼥は⾃分が⼤邸宅のように厳重な警備下にあることを知らない。

 



 

老婆の現在の状況が気になりますね。

そして、以前から謎だったルシアの夢。

それは本当に現実だったのでしょうか?

そして、母親のペンダントの場所は?

謎が深まる展開ですが、何よりも驚いたのはルシアへの警備状態ですね。

これだけ厳重に警護されていれば、ファルコン伯爵夫人も手を出せないのでは?

ルシア【160話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は160話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...