ルシア

ルシア【158話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は158話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

158話ネタバレ

ルシア【157話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は157話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ファビアン

⾼貴な公爵の信頼を受けたファビアンは、部下にとって理想的であり、尊敬の対象。

ヒューゴは⼈々にすべてについて教えるのが⾯倒だと感じたので、彼は物事をより少ない⼈々の⼿に委ねる傾向があった。

したがって、ファビアンは彼の⽴場と⽐較してはるかに重要な仕事を処理することに。

タラン公爵は多くの仕事をしたが、部下を苦しめる人物ではない。

しかし、その代わりに、部下の結果が彼の基準を満たさなかった場合、2度⽬のチャンスはない。

義務から綺麗に解放されるだけ。

恐らくその⽅がもっと怖かったでしょうが・・・。

その意味で、ファビアンは⻑い間彼の⽴場を維持してきた才能があった。

そして彼はかなり悪名⾼い上司でもある。

ファビアンの下で3年間耐えると、仕事の能⼒が上がるのに⽐例して⽩髪が増えるとまで言われていた。

「ターゲットに問題はありません」

部下1の標的は、デュカル家の元医師であるアンナ。

彼⼥が守秘義務契約を守っているかどうかを監視していた。

最近、アンナは頭痛薬の製造で忙しそうだ。

部下2の標的はファルコン伯爵夫⼈。

ファビアンが無条件に嫌っていた⼥性でもある。

「ターゲットからの特定の動きはありません。最近では、ビジネス上の問題のためにターゲットが動き回ることは滅多にありません。彼⼥は⾃分が所有するいくつかのバーを経営することに専念しています」

ファルコン伯爵夫⼈が朝から晩までバーにいたという事実以外に注⽬すべきことは何も見当たらない。

積極的なホステスとして集客しながら、バーは以前よりも好調のようだ。

部下3のターゲットはデビッド伯爵。

「ターゲットは、まもなく⾸都を離れる準備をしています。最近では、毎晩バーに⽴ち寄る以外に⽬⽴った活動はありません」

「このバーで彼が一緒に行く相手は?」

「彼は⼀⼈で訪れています。彼に同⾏する⼈は誰もいません」

ファビアンが報告書を精査する。

(彼は落ち込んでいて、アルコールに溺れている?)

デビッドが毎⽇バーに⾏くことについての部分を読んだ後、ファビアンは眉をひそめた。

バーの名前に⾒覚えが。

彼はファルコン伯爵夫⼈に関する報告書を開き、彼⼥が所有するバーをチェックした。

それは同じバーだった。

「これは偶然ですか?」

デビッドが頻繁に訪れたバーは、貴族のお気に⼊りの⾼級バー。

しかし、何か疑わしいと感じてしまう。

「バーでターゲットが誰と接触しているかを調べなさい。彼がスタッフと話していることも報告してください」

「かしこまりました」

その後、ファビアンは部下の報告を次々と聞いていく。

これは彼が彼の仕事に対して最も報われた時でもあった。

ファビアンは公爵夫⼈の住居に⽴ち寄り、ヒューゴが彼に特別な注意を払うように頼んだ⼈々についての中間報告をした。

デビッドは彼のグループから正式に撤退し、グループの副会⻑であるハリー男爵が会⻑に就任し、⻘年会を維持することに。

「あのろくでなしは、まだグループをサポートしているようだな」

デビッドは撤退したが、それでも⾮公式に⻘年会に資⾦を提供している。

「はい。彼の補佐官が標的に会い、資⾦を⼿渡していました」

「彼はラミス家の領地に⾏ったのか?」

「はい。デビッド伯爵は数日前に出発しました」

デビッドはいつか⾸都に戻ってくるだろうが、当分の間は姿を消すので、ヒューゴはデビッドにこれ以上注意を払うつもりはなかった。

今のところ、青年会を率いていたハリーを含むグループの何⼈かの⼈々の活動を注意深く⾒守るだけ。

機会があれば、上手く利⽤して完全に取り除くことを計画して。

「グループの活動を監視し続け、グループの主要⼈物を追跡しなさい」

「はい、公爵様。これはレポートに含めませんでしたが、お知らせすることがあります。ターゲットが領地に向かう前に、彼はほぼ毎⽇バーを訪れました。そのバーはファルコン伯爵夫⼈が所有しています」

ヒューゴは再び報告書を⾒て、視線を上げる。

ファルコン伯爵夫⼈?

彼が出会ったすべての⼥性の中で、ファルコン伯爵夫⼈は自身の欲望に最も忠実な女性。

彼⼥は距離を置くことを理解し、しがみつくことはなかった⼥性。

公爵夫⼈に対する彼⼥の恨みのために、ヒューゴが現在アニタの⼼にある闇を推測する⽅法はなかった。

「彼らは会っているのか?」

「プライベートではなく、顧客とバーのオーナーとの関係でした。バーの特徴は、各顧客に個室を提供することです。ラミス伯爵が到着すると、ファルコン伯爵夫⼈は部屋を出る前に約1時間か2時間部屋に⼊ります。部屋で何を話しているのかは分かりません」

「彼らは⼀緒に夜を過ごしましたか?」

「そのような例はありませんでした。伯爵夫⼈は、VIPの顧客またはバーの常連が彼⼥を探していたすべての部屋を訪れましたから。伯爵夫⼈と会話するためにバーに来た⼈はかなりたくさんいます。彼⼥はどうやら上手な話し⼿のようですから」

「報告書にないということは、報告するものが何もないことを意味するのだな?」

「・・・はい」

デビッドが公爵夫⼈に拒絶されたこと、またはアニタの⼼の恐ろしい嫉妬を知っていれば、ファビアンは起こりうる問題の範囲を広げることができたかもしれません。

しかし、ファビアンはそれらのどちらも知らなかった。

ルシアは誰も⾒ることができない廊下でデビッドのラブレターを拒否したので、事件は広がらず、噂にもなっていない。

ヒューゴはファビアンの能力を信頼している。

ファビアンは理由を知らなかったが、無意識のうちに何かがそこにあると感じていた。

注意することには何も悪いことはないでしょう。

「2⼈に尻尾をつけてください」

「かしこまりました」

ファビアンは彼の主が自分に持っていた信頼を感じることができ、彼は誇りに満ちていた。

「私が探していたアイテムはどうですか?ペンダントです」

喜びで丸まっていたファビアンの唇の⾓がはじける。

「現在捜索中です」

「捜索中?1つのアイテムを⾒つけるのになぜそんなに時間がかかるのですか?」

「申し訳ございません。私はそれにさらに多くの⼈的資源を集中させます」

ファビアンは、これが明⽇から彼のやることリストの⼀番上になるだろうと確信していた。

 



 

久しぶりに王宮で⼤規模なパーティーが開かれる。

それは、⼥性だけのチャリティーディナー。

クェイズは、⾸都で物乞いをしている孤児の世話をするための資⾦を調達するために、貴族から資金を集めることにしたのだ。

新しい王によって開催された最初のチャリティーディナー。

多くの貴族が参加する予定だったので、彼らは⾦庫を開けるしかなかった。

王はパーティーの主催をキャサリンに任せることに。

キャサリンは、兄から与えられた仕事を熱⼼に準備した。

最⾼規模のパーティーを開催したいという願望を持って、彼⼥は⾸都のすべてのまともな貴族に招待状を送る。

⾔うまでもなく、ルシアも招待状を受け取っていた。

招待状だけでは⼗分ではないと考えて、キャサリンは、ルシアからの出席の明確な確認を受け取るために使者を送る。

今回も、アントワーヌは全⼒でドレスを作った。

「美徳」を基準にしたドレスを作ることは、彼⼥にとって最⼤の挑戦。

淡い⾚のドレスは、アントワーヌの基準に対して⾮常に控えめ。

ネックラインは鎖⾻を覆うのに⼗分な⾼さで、⼿⾸まで全てが覆われていた。

肩と腕の素材は半透明のレースで、やや官能的な着こなしに仕上げている。

アントワーヌは、これが彼⼥の基準にとって⾮常に⼤きな妥協案であると考えた。

「旦那様はもうすぐ出かけます」

しばらくして、ヒューゴが応接室に⼊る。

ルシアが鏡から⽬をそらして彼に微笑みかけると、ヒューゴは⽴ち⽌まった。

今⽇、彼⼥は純粋であると同時に魅⼒的に⾒えた。

彼が仕事に⾏かなければならなかったのはとても残念だと感じるくらいに。

ヒューゴはルシアに近づき、彼⼥の腰を軽く抱きしめ、頬にキスをした。

「私は最初に出かけなければなりません。ビビアン、あなたはいつ出発しますか?」

「約1時間後の予定です」

ヒューゴは彼⼥のドレスを⾒るために視線を下げる。

「これはデザイナーからの新しいドレスです」

「うーん・・・」

ヒューゴは短い⾳を⽴てて、アントワーヌを⾒る。

彼はまた、妻が着ていたドレスが気に⼊らなかった。

露出はあまり無いが、不思議なことに官能的な感じがするから。

しかし、妻が出席したパーティーは⼥性だけのためだったので、彼はそれを⼿放すことを決心する。

アントワーヌが挨拶で頭を下げている間、彼⼥は不満を持って内向きに爆発していた。

(これがまだ控えめではないと⾔うなら、タラン公爵が妄想的な嫉妬を持っていることを広めます!)

タラン公爵が何も⾔わずに視線をそらしたとき、アントワーヌは少し安⼼して頭を上げた。

彼⼥は、公爵夫⼈が「パーティーはいつ終わるのか」などと⾔って、その⽇の活動についてお互いに尋ねるのを⾒た。

「今晩の帰りは遅くなるのですね・・・」

(彼らは今晩会うつもりはないの?なぜ彼らは永遠の別れをするかのように振る舞うのですか?)

アントワーヌはメイドをちらっと⾒たが、まるで⽇常の出来事であるかのように、完全に動かずに⽴っているメイドを目撃する。

戴冠式のパーティー以来、アントワーヌは彼⼥のブティックを訪れた貴婦⼈からタラン公爵夫⼈について同じことを聞かれ続けていた。

洗練された貴婦⼈は夫婦の関係は親密であると⾔い、表現⼒豊かな貴婦⼈は彼が妻を⾒たとき公爵の⽬は蜂蜜のように⽢いと話す。

そして噂を呟く貴婦⼈は、タラン公爵が完全に恋をした妻から離れることを拒否したと言う。

(タラン公爵が完全に恋に落ちたという誇張された噂は正しいわね)

それは、噂の公爵夫⼈を⽬撃した後のアントワーヌの考え。

 



 

「ようこそ」

キャサリンは、とても⼼地よい気分でルシアに挨拶した。

彼らの活動範囲が異なっていたので、彼らが簡単に会うのは難しく、キャサリンは絶えず失望していたのだ。

キャサリンはルシアに固執し、ルシアがパーティーの共同主催者であるかのように彼⼥と⼀緒に回る。

キャサリンの棘のある気性を知っていた貴婦⼈たちは驚いて、彼らの間で囁くほどだ。

それは、すでにタラン公爵の⽀援を受けていた公爵夫⼈が、今や王室との関係も強化しているという憶測に繋がる。

「公爵夫⼈、あなたは毎⽇より美しく成⻑しています。あなたが着ているドレスは、アントワーヌの最新作ですね。デザインブックにはありませんでしたから」

アントワーヌが公爵夫⼈の専属デザイナーであるという噂はすでに広まっていた。

「伯爵夫⼈、あなたも輝いています。あなたの帽⼦の⽻はとても魅⼒的です。とても貴重なアイテムに違いありません」

ルシアは、服で⼈々を分類していた派⼿な伯爵夫⼈に適切な反応を⽰す。

「ほほほ。さすがに公爵夫⼈は⽬がいいですね。確かに。これはとても貴重です。なんとか⼿に⼊れる前に、私は夫を3⽇3夜悩ませましたから。⽻の商⼈を、公爵夫⼈にも紹介しますか?」

「謹んでお受けいたします」

キャサリンは性格が強く、激しい話し⽅をするのだが、ルシアの隣にいたため、バラのとげのような刺し傷は削られていた。

貴婦⼈は以前よりも快適にキャサリンに近づくことができるようになるくらいに。

「伯爵夫⼈。あなたの娘は少し前に社会デビューしたと思います。彼⼥には学ぶべきことがたくさんありますね」

キャサリンの⼝調は荒く、まるで伯爵夫⼈の娘が多くの場所で不⾜していることを⽰しているかのようだった。

伯爵夫⼈の表情はわずかに固まり、雰囲気が固まり始めると、ルシアは声を上げた。

「なぜ今⽇彼⼥と⼀緒に来なかったのですか、伯爵夫⼈?彼⼥はたくさんのことを学んだかもしれません。経験は学習です。招待状が送られてこなかったとしても、伯爵夫⼈が同⾏していれば、王⼥は喜んで彼女を歓迎していたでしょう」

キャサリンも⾔葉を追加する。

「その通りね。次回は彼⼥を連れてきてください」

伯爵夫⼈は嬉しそうに笑って答えた。

「実は、娘は今⽇私と⼀緒に来たいと思っていました。機会があれば紹介させていただきますね」

キャサリンの視線は、他の誰かと話していたルシアに向けられ、⼼地よい笑顔が彼⼥の唇の隅に引っ張られる。

 



 

今回のアントワーヌのドレスは成功しましたね!

これが男性も参加のパーティーだと失敗していたと思いますが(笑)

ヒューゴだけに見せるドレスであれば、アントワーヌのドレスのデザインは完璧だと思うのですが・・・。

キャサリンとルシアの関係も良好で嬉しいですね。

バランスが上手く取れていると思います♪

ルシア【159話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は159話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...