ルシア

ルシア【156話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は156話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

156話ネタバレ

ルシア【155話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は155話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 人生の最初で最高のプレゼント

ルシアは、メイドが自分を起こす⾳でゆっくりと目を開ける。

昨⽇、彼⼥は夫が出かける前に自分を起こすようにメイドに伝えていたのだ。

このように毎⽇夜明けに⽬覚めることができて本当にすごいと思いながら、彼⼥は⾸を前後に振った。

「ジェローム、彼は寝室に?」

「旦那様はオフィスにいます。約1時間後に出発する予定ですので、⾺⾞は準備中です」

ルシアはジェロームが彼のオフィスに運ぶつもりだったティートレイを引き継いだ。

「あなたの仕事を奪ってごめんなさい」

「とんでもありません、奥様」

ジェロームによれば、ノックする必要はないとのことだったので、ルシアは静かにヒューゴのオフィスに⼊った。

静かなオフィスで聞こえたのは、ページをめくる柔らかな⾳だけ。

ルシアは夫が働いているのを⾒たのは初めて。

仕事に集中している間のヒューゴの⾒た⽬は本当にカッコいい。

ルシアの⼼臓は競争し始め、彼⼥の顔を⾚らめた。

仕事に集中している間、彼⼥は彼を邪魔するのがあまりにも残念と思えるほどに。

ヒューゴは、何に焦点を合わせていても、近づく⼈々の兆候に常に敏感だ。

⼦供の頃の残忍な⽇々、そして戦場での彼の⼈⽣は、常に周囲に注意を払うように教えていたから。

彼はいつものようにジェロームが入ってきたと思って、それ以上注意を払わなかった。

誰かが⼊ってくるのを感じたが、近づいている兆候がない。

⼾惑い、⾒上げて、彼は⾃分の⽬を疑わざるを得なかった。

「・・・ビビアン?」

彼⼥に会うのは難しい時間と場所。

しかし、笑顔で近づいてきた彼⼥の姿は間違いなく本物だった。

「ごめんなさい、私はあなたの仕事を邪魔したくなかったのですが」

ルシアはティーポットを持ち上げ、カップにお茶を注ぐ。

「そんなことはない」

「⼀⾔だけ言いたくて。⻑くはかかりません」

時間がかかっても⼤丈夫。

ほんの数分前にヒューゴに頭痛を与えていた複雑な計画と考えは、まるで⾵に吹き⾶ばされたかのようにすべて消えていた。

もう⼀度思考のループを作るのは少し⾯倒ですが、それは問題ではないでしょう。

「ヒュー、今⽇はあなたの誕⽣⽇です」

「・・・誕生日?」

奇妙なことを聞いているかのようなヒューゴの表情を⾒て、ルシアは予想通り、彼が覚えていなかったと確信した。

誕⽣⽇。

ヒューゴは彼の⼈⽣でその⾔葉に意味を与えたことがなかった。

幼い頃、誕⽣⽇がいつなのか分からず、ロームに来てから兄の誕⽣⽇を知り、双⼦なので誕⽣⽇は同じだと判断し、⾃分の誕⽣⽇を把握しただけ。

公爵になった後も、彼は自分の誕⽣⽇を祝うことはなかった。。

「ヒュー、私はあなたの誕⽣⽇を祝いたいです」

ルシアは、結婚して北にいたとき、ヒューゴの最初の誕⽣⽇が過ぎ去ったという事実にいつも悩まされていた。

誕⽣⽇を祝わなかった理由は彼の悲劇的な家族の歴史に関係していると思ったので、彼⼥は気分が悪くなる。

⼤⼩を問わず、誰もが⼈⽣で傷つく可能性があるでしょう。

彼は強い⼈でしたが、たとえ彼が強くても、それでも傷つき、痛みを経験する可能性はある。

ルシアは夢の中でとても傷ついてきた。

そして、痛み以上に、自分を慰め、「あなたは傷ついていますね」と⾔う⼈がそこにいなかったことが最も困難だった。

ルシアは彼にそのような慰めを与える⼈になりたかったのだ。

「これは私のプレゼントです」

ルシアはティートレイに置いた⼩さな箱を⼿に取り、机の上に置いてヒューゴの⽅に押す。

ヒューゴは交互にルシアの顔とギフトボックスを⾒た。

静脈を流れる⾎は呪い。

誕⽣⽇はその呪いの始まり。

しかし今、自分の誕⽣が祝われている。

とても不思議な感じだった。

「待って!今は⾒ないでください」

ルシアの叫びを聞いて、贈り物を求めて⼿を差し伸べていたヒューゴは⼀時停⽌する。

「後で見てください。私がいないときに。私のプレゼントはそれほど多くありません・・・。今見られると、恥ずかしいです」

ジェロームのアドバイスに従い、ルシアは綿のハンカチにヒューゴの名前を刺繍した。

「ビビアン、君の贈り物にガッカリすることなんてない」

「それでもです。後で⾒てください」

誕⽣⽇プレゼントとしては⾒苦しいもの。

ルシアはガッカリするかもしれないと思って顔を焦がした。

誕⽣⽇プレゼントとして贈るよりも、日常のものとして贈るほうがよかったのではないでしょうか?

「分かりました。あなたがいないときに、私はそれを⾒ます」

「あなたの誕⽣⽇プレゼントをどうしたらいいのか分かりませんでした。⾃分のお⾦でプレゼントをしたいのに・・・」

ヒューゴは彼女の考えが⾯⽩くて微笑んだことに気づく。

公爵夫人のために毎年かなりの予算が確保されている。

そのお⾦は間違いなく女主人の私的資産。

しかし、ルシアはまだそのお⾦を単なる公的資⾦と考えていたのだ。

実際、公的資⾦は正しい表現でしょう。

年末までに残った予算を返還することが原則なのだから。

しかし、予算を返還した貴婦⼈はいない。

公爵夫人が結婚中に購⼊したジュエリーは、全て彼女のものとなる。

離婚が起こったとき、彼らはそれを扶養⼿当に含めずにすべての宝⽯を奪うことができた。

そのため、宝⽯店は通常、年末に混雑していた。

ルシアが昨年予算のかなりの額を返したという事実は、ヒューゴに衝撃を与えた。

「ヒュー。あなたの誕⽣⽇、あなたがこの世界に連れてこられた⽇は、祝われるに値します。あなたには意味のある誕⽣⽇を迎えてほしいのです」

ヒューゴは⽴ち上がって⼀気にルシアに近づき、彼⼥を腕の中に引き込む。

それは彼の⼈⽣の最初で最⾼のプレゼント。

 



 

「ありがとう、ビビアン」

感情が胸に湧き上がると、ヒューゴは彼⼥をしっかりと抱きしめた。

「私はあなたの仕事の邪魔をするのをやめて、退出しますね」

「気にしなくていいのに」

ルシアは抱擁からかろうじて脱出し、オフィスを去った。

閉じたオフィスのドアを⾒て、ヒューゴはとても気分が沈む。

(本当に、なんて無情な⼥性なんだ・・・)

もう少し⻑く抱きしめて触れたいと思ったのはいつも自分だけ。

今から仕事に戻ることができるかどうか。

妻の朝の突然の出現は自分を完全に揺さぶり、彼の考えは窓の外に出ていたまま。

今⽇はとても⻑い⽇になるでしょう。

ヒューゴは⾃分に嘆きながら振り返り、机に戻る。

それから彼は、ルシアが残した贈り物に気づいた。

ルシアの失踪から感じた喪失感に代わって好奇⼼が⾼まり、気分が少し明るくなる。

箱を開けて中を⾒た後、彼は静かにその中⾝を⾒つめる。

箱の中には美しく折りたたまれた真っ⽩なハンカチが。

指先の綿のざらざらした質感は彼にとって馴染みのある感覚。

ハンカチの隅に刺された名前をしばらく⾒つめた。

机の⼀番下の引き出しを開けて、貴重に保管されていたハンカチを取り出した。

少し不器⽤に刺繍された花刺繍のハンカチ。

そして、ヒューゴの名前が刺繍されたハンカチ。

彼は2つのピースを並べて置いた。

腕を組んで、テーブルの上に広げられた2つのハンカチを⾒つめる。

⼼がくすぐられているように感じたが、胃はかき回されていた。

触ると燃え上がる感情。

ヒューゴは⾃分が何を感じているのか説明できなかった。

それは、彼が⼈⽣で初めて感じた感情だから。

自分の現在の気持ちに合った⾔葉を⾒つけるのに⻑い時間がかかった。

幸せ。

これは「幸せ」という感覚なのだろうか?

⼈々は通常このような気持ちで⽣きているのか?

ヒューゴは初めて、笑ったり泣いたりといった普通の感情を楽しんでいる⼈々を羨ましく思う。

信じられないほど気持ちいい感情だった。

「出発する準備ができています。ファビアンが⾺⾞の前で待っています、旦那様」

ヒューゴはしばらく考えて⽴ち上がった。

「中に⼊って待つように彼に伝えてください」

ジェロームは、彼を通り過ぎてオフィスを去った主⼈に応えて頭を下げる。

彼は机まで歩いてティートレイを⽚付けた。

茶碗がいっぱいになっているのを⾒て、主⼈がそれを飲んでおらず、急須の蓋を開けると、中に冷たいお茶が残っていた。

「彼は忙しすぎてお茶を飲むことすらできなかったに違いありません」

それは珍しい事件ではなかったので、ジェロームはそれについて何も考えず、ティートレイを片付け始める。

 



 

ルシアは寝室のソファに座って、⾃由時間を使ってダミアンのためにもっとハンカチを刺繍していた。

「私には刺繡の才能がないわね」

かなり⻑い間刺繡をしていたが、刺繡のスキルは向上せず。

同じものを刺繍しているので、それは改善されただけだった。

パターンを変えれば、彼⼥の不器⽤なスキルは再び現れるでしょう。

ヒューゴに与えたハンカチについて考えたとき、彼⼥は恥ずかしい思いをした。

「コップ⼀杯の⽔を持ってきてください」

隅に座っていたメイドに伝える。

突然頭上からグラスが現れたとき、ルシアはメイドの無礼さに驚いて頭を上げた。

「・・・ヒュー?」

「ビビアン、あなたは朝から⼀⽣懸命働いているのですね」

ルシアはコップ⼀杯の⽔を⼿に取り、針仕事を隣の籠に⼊れた。

(彼は贈り物を⾒たのかしら?)

顔が燃えるように赤くなり、彼⼥は⽔を飲み込んだ。

「あなたはその少年にとても専念していますね」

「・・・え?」

「⼦供の何がいいのですか?」

「可愛いじゃないですか。あなたがあまり興味を⽰さないからです」

「少年を窒息させすぎてはいけません」

「私は彼をそれほど窒息させません。今から出かけるのですか?」

ルシアは腕をはがし、ショールを後ろから包み込み、ソファから⽴ち上がった。

ヒューゴがかなり遅く出発しない限り、彼⼥はこのような早い時間に彼を送り出したことはない。

毎⽇それをすることはできないけれど、時々は試してみるべきかどうか疑問に思った。

ルシアが熟考している中、ヒューゴが彼⼥の前に。

「ビビアン」

返事をする前に、彼は彼⼥を腰で引っ張り、⾸の後ろを取り、唇を彼⼥に押し付ける。

下唇を吸い、唇の割れ⽬を通して、⼝に深く侵⼊した。

彼らが接触したとき、ヒューゴの⾆はルシアの⾆に巻き付いた。

指先が感電したように感じる。

ルシアは⼩さな呻き声を出し、胸にあった彼⼥の⼿は震えた。

彼の⾆は⼀瞬後退し、それから彼⼥の喉に達し、⼝の屋根を⼀掃する。

ルシアは突然のディープキスのために何も考えることができなかった。

彼⼥は彼の腕に引っ掛かり、後ろに下がるできない。

ヒューゴは⾝を乗り出し、ルシアをソファに押し付けて座席に落ちたとき、キスを続けた。

⼝の隅々まで愛撫するディープキス。

それはルシアの体の熱を上昇させ、彼⼥の欲求を刺激した。

別れを告げるキスではない。

それは⼥性を切望する男性からの誘惑。

ルシアは早く起きたので、疲れ果てた体は緩んでいた。

「ヒュー。あなたは・・・、外出する必要があります」

「スケジュールは延期されました」

待っていたファビアンがこの⽂章を聞いたら、誰かの⾸を締めていたでしょう。

「なぜ彼は降りてこないのですか?今出てもかろうじて間に合います」

ファビアンはジェロームのオフィスを歩き回り、⼀瞬もじっと座っていられなかった。

「それは重要なスケジュールですか?」

「重要でないスケジュールはありません!」

ジェロームは⼀⾔も聞こえないかのようにゆっくりとお茶を飲む。

それは、いつも忙しい執事にとってリラックスした時間。

ジェロームは朝の時間を楽しんだ。

「⼆⼈とも寝室にいると、誰も⼆階に上がりません」

「なぜ?」

「本当に分からないのですか?」

ジェロームの奇妙な表情を⾒て、ファビアンの顔は真っ⾚になり、彼は発煙した。

「じゃあ、私が⾏って彼を呼びます!」

「それなら、義理の姉に知らせる必要がありますね」

「どうして?」

「葬式のために花を準備するからです」

ファビアンはぞっとするような表情でドアに向かう。

ジェロームは本当に兄の葬式をしなければならないのではないかと⼼配し、「どこへ?」と尋ねた。

「キャンセルされたスケジュールを処理します!」

ファビアンが去ったときに騒々しくドアを叩いた。

「あの男の気性は悪化している。彼は義理の姉にとってはそうじゃないですよね?」

ジェロームは残りのお茶をのんびりと飲みながら呟いた。

 



 

「幸せ」で合っているか分かりませんが、とりあえずこれで読解しましたm(_ _)m

ヒューゴにとって初めての感情。

仕事どころじゃありませんよね(汗)

ファビアンには申し訳ありませんが・・・。

ルシア【157話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は157話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...