ルシア

ルシア【155話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は155話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

155話ネタバレ

ルシア【154話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は154話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ラミス・デビッド

デビッドはラミス公爵から呼ばれ、父親の事務所に⼊る。

「お前は何をしている!?」

怒りに満ちた⽗親の声に⽿を傾けると、デビッドは顔にぶつかって床に落ちた書類の⼭をぼんやりと⾒つめた。

顔への打撃はそれほど痛くなかったが、そのように叱られたのは初めてだったので、彼はショックを受けていた。

「誰がお前にこれをするように頼んだ!?」

デビッドは前かがみになり、床に散らばっている書類の1つを拾う。

それは、彼が作った「新国家⻘年組織」のメンバーのリスト。

⽗はどうやってこのグループを知ったのだろうか?

そして、なぜ⽗はこんなに怒っているのだろうか?

抑制された嫌悪感が胃の中でかき混ぜられる。

「⽗さん、私は間違っていました」

デビッドは重々しい表情で頭を下げ、まだ理解できていない間違いの許しを求める。

「・・・どうしてそんなに急ぐのだ?」

「無条件に謝罪する」は常に機能した。

予想通り、⽗の声の怒りは和らいだのだから。

(何が問題なんだ?)

デビッドは⽗親が怒っている理由を知らなかったが、知らないと⾔えばもっと叱られるので、黙って書類を拾う。

「志を同じくする友達と⼀緒に作ったグループが、父さんにそんなに迷惑をかけることになるとは知りませんでした。私の無思慮です」

「志を同じくする友達?⼈を募集してリーダーとして⾏動するという意味ですか?」

(それの何が問題なんだ?)

ラミス公爵家の将来の領主となり、多くの⼈々を統治し、国王のそばに⽴ち、重要な国の問題を議論する重要⼈物となる⽗親の後継者としての自分の将来に疑いの余地はない。

⽗親は、いつも自分にプライドを下げて下から⾒上げるように⾔ってきた。

しかし、デビッドは⽗親の過度の注意を理解していない。

彼にとって、彼の下の⼈々はアリと同じくらい多くいたのだから。

しかし、そのような言葉を吐き出すほど、彼はそれほど愚かではなかった。

「父さんがいつも⾔っているように、私はたくさんの友達を作って仲良くしようとしました」

「デビッド・・・」

外⾒上、彼の息⼦は謝罪していたが、内⾯的には、彼は不従順だった。

公爵は息⼦に世界を⾒下ろすのではなく、世界をもっと⾒て欲しいと考えている。

息⼦はまだ20代半ばで、知識と経験が不⾜していた。

同じ年齢で、タラン公爵のような人物は例外だ。

しかし、彼の息⼦がタラン公爵に対して未熟な競争を⽰し続けているようだったので、公爵は⼼配していた。

公爵は、可能であれば⻑男にチャンスを与えたかった。

⻑男が家族を引き継ぐのは正しいやり⽅なのだから。

「あなたが作ったこのグループが⼤きな混乱の種になる可能性があることを本当に分からないのですか?「新しい国」?どうしてそんなとんでもない名前を使うことができますか?」

(それが問題か)

デビッドもまた、名前が良くないと思っていた。

しかし、⻘年組織の副会⻑であるハリーは、熱⼼に次のように主張したのだ。

[世界のすべての単語は、解釈に応じて反対の意味を持つことができます。「新しい国」。それは、新しい王の加⼊と新しい統治を受け⼊れるという私たちの意欲を伝える名前ではありませんか?陛下が故元国王とあまり良い関係になかったことはよく知られている事実です。故国王の影を覆い隠す全く新しい国を作りたいのです]

彼の説明を聞いて、それは⾮常に合理的に聞こえた。

「・・・名前は団体内でのみ使⽤しています。外側では、私たちはそれを単に⻘年組織と呼んでいます」

「少し調べれば簡単に⾒つけることができます」

(すでに調査済みだったのか・・・)

デビッドはショックと裏切りの両⽅を感じた。

「申し訳ありません、⽗さん。その背後にある意味は、私たちが陛下の新しい統治を助けるという意味でした」

「どんなに善意であっても、⾔い訳をしないほうがいいです。あなたの姉と私は、あなたに⾔ったではありませんか?政治では四⽅に崖があるので、あなたは注意し、さらにもっと注意する必要があると」

「はい、⽗さん。私はあなたの⾔葉を深く刻みます」

「陛下に反対する勢⼒は常に隙を探しています。陛下はあなたを誤解する可能性があります」

なぜ王が誤解するのでしょうか?

もし王がラミス公爵家のような忠実な家族を信じていなかったら、誰が王を助けるためにそこにいるのでしょうか?

⽗は王の義⽗であり、姉は⼥王。

彼の甥は将来王位に就くでしょう。

ラミス公爵家は完全に王の味方側だった。

「はい、⽗さん。私は⾃分の⾏動にもっと注意を払います。私はグループの責任を負い、それを解体します」

「私の主張を理解してくれてほっとしました。とりあえず、その領⼟に⾏ってください」

「・・・え?⽗さん!?」

「あなたは⾃分が反省していることを⽰さなければなりません。それほど⻑くはありません。1、2年のトレーニングと考えてください」

デビッドのくいしばられた握りこぶしは震えていた。

彼は⽗親に逆らうことができない。

⽗と⽐較して、彼はまだ⾮常に弱かったから。

「いつ出発すればいいでしょうか?」

「今⽉末までに出発する準備をしてください」

「・・・分かりました」

デビッドは頭を下げて去ったとき、⽗親の呟きを聞く。

「2つが半分混合されていればいいのですが。ロビンの方が柔和だ・・・」

⽬から⽕花が⾶び、内側から突然の怒りの波を感じた。

⾃分の表情をまったくコントロールできないと感じ、⽗親が自分を⽌めるのではないかと恐れていたので、急いでオフィスを去る。

 



 

「ロビン・・・」

廊下を歩きながら、デビッドは⻭を⾷いしばった。

「⽗さん、私にはバレていないと思っているのでしょうか?」

デビッドは、公爵夫⼈の次男としての地位を卑劣に守っていた弟が、実は外からの⼦供であるという秘密を知っている。

デビッドの15歳の誕⽣⽇に、⼤規模な社交界デビューパーティーが邸宅で開催された。

その夜、彼の⺟親は、これまで⼀度も酔ったことがなかったにもかかわらず、⾮常に酔って、デビッドの寝室を訪れ、彼女は泣きながら彼に真実を告⽩する。

[デビッド。私の息⼦よ。あなたのお⺟さんは、ロビンを⾒るといつもお腹が引き裂かれているように感じます]

ロビンは⽗親が愛した別の⼥性の⼦供。

デビッドは、愛する⼦供を明らかにして⾮嫡出⼦として育てた他の家族とは異なり、⽗親がロビンを公爵夫⼈の本当の息⼦のように育てるために⺟親に要求したと聞いたのだ。

[あの⼦はあなたより2歳年下だと⾔われていますが、実はあなたより数ヶ⽉遅れて⽣まれました。私があなたを運んでいたとき、その雌⽝もあの子を産んでいたのよ。私がそれを知ったとき、私がどれほど惨めに感じたか分かりますか?]

デビッドは⺟親の⼼にそんなに悲しみがあることを知らなかった。

彼は⽗親の愛を受け取ることができなかった⺟親を知る。

デビッドは⽗親を憎み、彼が彼らの異⺟兄弟であることを知らずに、ロビンを遠慮なく扱った姉にも憤慨した。

ロビンに関して、デビッドはいつも耐え難い怒りを感じてきたのだ。

「いつもそうだ。父さんがあのろくでなしを⾒るとき、彼の⽬は異なっている」

⽗は自分に厳しいが、彼がロビンを⾒たとき、彼は⼼から笑っていた。

デビッドの⼼の怒りは次第にますます⼤きくなっていく。

「ロビン。私は間違いなくあなたの⾸を私の⺟に捧げ、彼⼥の恨みを解決します」

 



 

デビッドは副会⻑のハリーと⼀緒にバーを訪れた。

⻘年組織の解体について話し合うためにハリーは、自身の動揺した⼼を和らげるために飲むことに。

「このように解散するのはとても残念です。この組織は⾃分たちのための場所を作ることをただ⾒つめているだけなのに・・・」

「仕⽅がありません。⽗がそれについて⼤騒ぎしていますから。そして、私は⾸都を離れなければなりません」

「それなら、あなたがそれを私に任せてくれれば、私が組織を率いります。侯爵様、将来のためには、隠された⼒が必要なのです」

実際、ハリーの⾔葉にはいくつかの真実がある。

彼がこれまでに築き上げてきた組織を捨てるのは惜しいと感じていたから。

「じゃあ、お任せします、ハリー。あなたが私の⼒になることができるように、私はあなたに私のサポートを与えます。卿のような才能のある⼈がいて、私がどれほど嬉しいかわかりますか?」

「あなたは私を過⼤評価しています。侯爵様は将来素晴らしいことをするつもりです、そして私は単に助けになりたいだけなのです」

ハリーは深く感謝している表情を浮かべていたが、内⾯的には、彼は安堵のため息をついていた。

このような後援者は他のどこにも⾒つからないのだから。

公爵の相続⼈のビッグネームの後ろに隠れて権⼒を拡⼤することほど良い条件は見つからないでしょう。

デビッドは愚かではなかったが、デフォルトでは、彼は誰かが彼の上にいるのを嫌っている。

賢い⼈が頭を下げたとき、彼はそれが好きだった。

その点を掴み、適切にユーモアを交えれば、彼は扱いやすかったのだ。

「⽗が私を調査する⾯倒を経験したとは思わない。間違いなく私を誹謗中傷しようとしている⼈がいるはずです」

「あなたが⾔っていることは合理的です。推測や容疑者はいますか?」

「タラン公爵しか思いつかない。あの男は⻑い間私に対して密かに警戒してきましたから」

タラン公爵が、間抜けに過ぎない公爵の相続⼈を敵として捕まえることに夢中になっているのだろうか?

ハリーはデビッドの根拠のないプライドに嘲笑する。

しかし、表⾯的には、彼は真剣に同意を⽰した。

ハリーの慰めと賞賛を聞いて、デビッドはすっかり気分が良くなった。

飲み終わって席から起きようとしたとき、従業員が彼にメモを届ける。

「なぜバーのオーナーが私に会いたがっているのですか?」

デビッドはハリーを送り出し、少し待つことに。

部屋のドアが開き、⼈が部屋に⼊ってくるのを⾒ると、デビッドの⽬は⼤きくなる。

それは魅惑的な若い美しさ。

彼⼥がデビッドに優しい笑顔を与えたとき、⼥性の唇は丸まった。

「あなたのような有名人に会えて光栄です。私はアニタと呼ばれています」

 



 

ロビンはデビッドの実の弟ではないのですね。

それにもかかわらず、ラミス公爵が弟の方を可愛がっていることに嫉妬している様子。

副会長のハリーにも利用されていることを知ると、彼が少し哀れに思えてきます・・・。

そしてファルコン伯爵夫人の登場。

彼女はデビッドに何を持ちかけるのでしょうか?

ルシア【156話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は156話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...