ルシア

ルシア【154話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は154話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

154話ネタバレ

ルシア【153話(後編)】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は153話(後編)をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 偉大な執事

ルシアは、ハンカチを刺繍するために⼣⾷までの⾃由な時間を使って応接室に座っていた。

ハンカチの端にあるダミアンの名前の刺繡は、遠くからでも⾮常に⾒栄えがよく、近くで見ても違和感は感じられない。

「今回はハンカチと⼀緒に本を送りましょう。⼦供が読むのに良い本がありますから」

⼦供はとても速く成⻑するので、ルシアは彼がどれだけ成⻑したのか疑問に思っていた。

ダミアンはいつ⾸都に連れてこられるのでしょうか?

『ビビアン、あなたが良い関係を築けば、お茶会は世論に良い関係を及ぼします。私はダミアンのために⼀⽣懸命働かなければなりません。⼦供の⽴場は拒否されるに違いないですから』

⼈との出会いが複雑すぎると⾔って避けられなかった。

刺繡をしていたとき、ルシアは自分が⼦供の⺟親として持つべき責任を再確認することとなる。

「奥様。旦那様がメッセージを送られました。今⽇の戻りは予想より早くなる可能性が⾼いと述べております。そして、⼣⾷の時間より少し遅くなりますが、旦那様は⼀緒に⼣⾷を⾷べたいと言っておりました」

「本当?」

昨⽇、ヒューゴはおそらく今⽇は遅れるだろうと言っていた。

彼が予期せず早く戻ってきたと聞いて、ルシアは気分が良くなる。

夫婦の愛のショーは使⽤⼈に惑わされず、⽇ごとに強くなっている。

通常、夫人は主⼈のペースに流されていたが、夫人は以前のように積極的な嫌悪感を⽰すことはなかった。

彼らの主⼈の間の溢れる愛情は、静かに使⽤⼈に影響を与えることに。

今⽇、ジェロームはメイドから辞任を受けた。

その理由は、メイドが結婚するから。

これはすでに3番⽬のケース。

「ジェローム。最近もパーティーの招待状はありますか?」

「はい、奥様。ますます増加しています」

「宴会や⼤規模な集まりを除外してください。主に⼩さなお茶会の招待状を選んでください」

「かしこまりました」

ジェロームは、ルシアが刺繍しているハンカチに視線を向けた。

主⼈がいつも持っている花の刺繡がついたハンカチが頭に浮かぶ。

彼の主⼈の変化は本当に驚くべきものだった。

主人は⾯倒なことを嫌っていたのでハンカチを持ったことのない人物だったのに。

ジェロームは、自分の主⼈の以前の顔を思い出そうと懸命に努⼒する。

彼の主⼈は、野蛮な野獣から飼いならされた動物に変わっていた。

しかし不思議なことに、新しい変更の方が⾒た⽬が良い。

決して、過去は残虐な主人だったという意味ではない。

⾔い過ぎに⾔えば、「⼈間」の⽪をかぶっていた主⼈が今や本物の⼈間になりつつあった。

「奥様。主人に刺繡したハンカチを贈るのはどう思いますか?」

「私が使っている⽷は太いので、刺繡はシルクのハンカチを台無しにしてしまいます」

「シルクではなく、コットンのハンカチには・・・」

「ジェローム。成人した男性がどうやってこれを持ち歩くことができますか?」

予想通り、彼女は知りませんでした。

まあ、給仕は完全に使⽤⼈に任されていたので、彼⼥が知らなかったのは当然でしょう。

「主人がそれを持ち歩かなくても、旦那様は奥様の贈り物にとても喜ぶでしょう」

「うーん・・・、私の技術は恥ずかしいけれど・・・。分かったわ、彼の名前が書かれたものを作りますね」

ジェロームはにっこりと笑顔を浮かべる。

彼の主⼈の考えを理解する偉⼤な執事。

その男の名前はジェローム。

 



 

ヒューゴは⼣⾷の時間より少し遅れて帰宅した。

到着するとすぐに多くの⼈が彼を迎えに来たが、ヒューゴはその中の⼀⼈に会えて笑顔を浮かべる。

彼は妻の腰に腕を巻きつけ、彼⼥を胸に引き込み、それから軽いキスで彼⼥に挨拶した。

「戻ってきました」

「お帰りなさい」

使⽤⼈の前でこれを⾏うのは簡単ではなかったが、ルシアは嫌悪感ではない多くの微妙な感情で顔を⾚らめていた。

「ビビアン、⼣⾷はどうですか?」

「あなたは私に待つように⾔いました」

「お腹が空いたのなら、先に⾷べていたかもしれませんから」

「私はそんなに空腹ではありません」

ヒューゴはジェロームの⽅を向いて尋ねる。

「⾷事の準備はできていますか?」

「もちろんです」

家の主⼈と夫人が⾷堂に⼊ると、集まった召使いたちはそれぞれの仕事を求めて散らばっていく。

誰もが満⾜しているこの状況で、できなかった人物が⼀⼈だけ。

「ファビアン、お前は何をしている?」

ぽっかりと⼝を開けて唖然としたファビアンを⾒て、ジェロームは舌打ちをした。

「・・・私は今夢を見ているのだと思います」

「⼣⾷の奉仕をしている間は待っていてください。私のオフィスで待つか、先に⼣⾷をとるか、好きなようにしてください」

「毎⽇こんな感じなのですか?・・・つまり、使用人たちは毎日あんなあり得ない⾏為を目撃しているのでしょうか?なぜ誰も驚かないのですか?」

「彼らは今ではそれに慣れています」

終わりが来ています。

これは世界の破壊の前触れです。

ジェロームは周りに暗いオーラを持って呟いているファビアンを哀れにちらっと⾒た後、ダイニングルームに向かった。

⼣⾷後に散歩している間、ルシアは彼女がアントワーヌと新しい契約を結んだとヒューゴに話す。

彼は何も⾔わなかったが、表情から察するに、彼はまったく満⾜していないようだ。

「私はアントワーヌが作るドレスが好きですから。今後もアントワーヌの試運転を続ける予定です。ですから、アントワーヌと別の契約を結ぶことはできません」

「・・・どんな契約?」

ルシアは、ヒューゴがアントワーヌと何らかの契約を結んだと推測しただけ。

戴冠式のドレスの費⽤がこんなに安いのは奇妙だと思っていたのだ。

こっそりとヒューゴを突くと、彼は不意を突かれたように⾒えた。

したがって、推測は確信に固まることに。

「私は最後の契約についてアントワーヌとたくさん話しました」

「・・・」

ルシアの曖昧な⾔葉は、ヒューゴの誤解を引き起こす。

『アントワーヌは妻に契約についてのすべてを話した!』と。

アントワーヌがこれを知っていれば、彼⼥は苦痛で泣くことになるでしょう。

アントワーヌは常識を持っていた。

ルシアがどれだけ彼⼥に尋問したとしても、彼⼥は⼆重契約と戴冠式のドレスの空⽩のチェックについて⼝を閉ざしていたでしょう。

「・・・私はあなたにお⾦についてあまり⼼配させたくありませんでした」

ヒューゴはお喋りなデザイナーに恨みを抱く。

もちろん、それは彼の単なる誤解から生まれた逆恨みなのだが。

タラン公爵は、彼の戦闘⼒と同じくらい機知に富んでいるはずなのだが、⾮常に貧弱な誘因のために自滅することになる。

「将来、その問題にそれほど敏感になることはありません。ヒュー、あなたと他の誰かが何かを知っているのに、私だけが知らないような状況を作らないでください。それを知ったとき、私はもっと腹を⽴てるでしょう」

「ええ。約束します」

ルシアが歩くのをやめると、ヒューゴも⽌まった。

疑わしい⽬をしながらも、ルシアは腕を広げて彼を抱きしめる。

自分には可愛くて優しい夫。

抱擁を返すために腕が自分を包み込むのを感じて、ルシアの⼼は幸せで満たされる。

彼⼥はこの瞬間が永遠に続くことを望んだ。

 



 

「この散歩にはどれくらい時間がかかりますか?このままでは、夜明けが来るでしょう」

ファビアンは報告を早くして家に帰りたかった。

妻と⼦供がいるのだから!

「さっきから、何にそんなに不満を感じているのですか?」

ジェロームは⾃分の机に座って仕事をしていたが、騒がしいファビアンの単なる観客であり続けることができなかったので、彼に話しかける。

「ほっといてください。今、ショックを乗り越えようとしています」

⼣⾷後、ルシアとヒューゴが愛情を込めて⼿を繋いで散歩に出かけるのを⾒たとき、ファビアンの⼝は再び開いた。

「⼆⼈が良い夫婦関係を持っていれば、それは幸せなことです。問題は、あなたが全てに対して歪んだ⾒⽅をしていることです」

「それはあなたが知らないからです!彼がどんな性格の⼈か知っていますか!?私が⾒たものを⾒れば、そんなに落ち着くことができないでしょう!」

ファビアンは彼の⼈⽣で初めて、彼らの主⼈が彼の記憶にどのようにあったかを彼の兄弟に⾒せたかった。

「正確には何が問題なのですか?あなたの頭の中にある主人のイメージが好きなのですか?」

「・・・そうじゃありません。つまり、私は⼼配しています。「⼈が急に変わると病気になる」ということわざを聞いたことがありませんか?」

「役に⽴たないことについてはあまり⼼配しないでください。そして、発言には注意してください。結局のところ、何もないところから問題を引き起こすのは⼝なのだから」

ファビアンは無情な兄弟を憤慨して睨みつけ、それから⾃分⾃⾝に不平を⾔い続けた。

ファビアンは、対象の綿密な監視を通じて編集したターゲット「デビッド・ラミス」に関する報告を提出した。

それは⻑い努⼒の最終結果。

報告書の紹介部分は、ターゲットに関する個⼈情報。

年齢、家族関係、友達など。

ヒューゴは⼤まかにそれをすくい取る。

「ターゲットの性格はさまざまな評価を受けています。彼は良い⼈だと思う⼈もいれば、偏狭で狡猾な⼈だと思う⼈もいます」

世間の評判は極端だ。

彼が仲良くした貴族にとって、デビッドは良い⼈でしだったが、使⽤⼈や無⼒な貴族などの地位の低い⼈々にとって、デビッドは評判が悪かった。

ヒューゴは報告書の中でデビッドに関する疑わしい部分を見つける。

伝えられるところでは、数年前、デビッドはメイドを妊娠させたらしい。

公式には、メイドは報酬を受け取った後、奉仕をやめたと⾔われていた。

しかし、⾮公式の真実は異なっていたのだ。

「このメイドが死んだと主張する⼈がいるということですか?」

「はい。彼⼥の友⼈であり、彼⼥と⼀緒に働いていたメイドによると、⼥性は去ることについて何も⾔わずに突然姿を消したそうです。その⼥性はさよならを⾔わずに姿を消す⼈ではないと⾔いました。どうやら、彼⼥は姿を消す数⽇前に奇妙な不安を感じていたようで、彼⼥の友⼈は眠っているふりをしながら彼⼥が泣いているのを聞いたとのことです」

「メイドの消息は?」

「それは古い事件なので、覚えている⼈はほとんどいません。私は彼⼥の故郷に⾏きましたが、家族でさえ何の知らせも受けていませんでした」

「証拠はなく、状況証拠のみ・・・」

公爵の相続⼈がメイドを殺したことが発⾒された場合、彼を罰するどころか、彼に打撃を与えることは困難だった。

貴族が罰の名⽬で彼らの使⽤⼈を虐待したり殺したりすることは珍しくないのだから。

しかし、デビッドの性格を把握するには十分な情報でもある。

「ターゲットの⽗親は、メイドとの事件のために怒っていました。そしてその後、邸宅のメイドには触れていません」

「それで彼は次に売春宿に⾏ったのですか?」

ヒューゴは報告書を⾒て呟く。

「彼の地位を考えると、多くの⼥性が彼に⾝を投げているに違いありません」

「彼が夜を過ごす売春婦の周りを調査しました、そして明らかに、彼はサディスティックな趣味を持っています。彼はパートナーが完全に従順であることが好きなので、好きなように彼らに対処することができます。そのような趣味を実現する貴婦⼈を⾒つけるのは難しいと思いますから」

ヒューゴは少しイライラしてきた。

なぜターゲットの性的活動を知る必要があるのか?

ヒューゴは、デビッドの最近の熱狂的な⼈々の集まりの詳細を読んで、笑い出す。

「新国家⻘年協会?頭がおかしいのか?」

「新しい国」という⾔葉を⾃分の組織に加えることがどれほど危険かを知らなかったのでしょうか?

「外⾒上、主張されている⽬的は若い才能を引き付けること。組織は本当に下⼼で作られているのでしょうか?」

「下⼼というよりは、本来の⽬的に忠実ではありません。⽬標は、若い才能を集めるだけでなく、彼に続く若い才能を集めることですから」

「基本的に、哀れな野郎だけの集まりということですね」

ゴミは、いくら集めてもゴミなのだから。

ヒューゴは隣にある補⾜の本を⼿に取り、その内容を調べる。

危険な要素がそこに隠れていた。

権⼒の2つの最⼤の対⽴する⼒は王と貴族。

王は王権の強化を要求し、貴族は兵⼠の拡⼤と彼らの領⼟に対する⾃治の保証を要求する。

しかし、夢を⾒ている第三の⼒が存在した。

彼らは主に学者などの知識⼈であり、専⾨知識⼈による国家管理を主張したのだ。

彼らは、制度の導⼊を通じて、国王と⾼貴な貴族が国政を議論するために集まる⽅法を排除し、代わりに法を制定し、法選された⼤⾂が国を管理するべきであると述べた。

彼らは、国王でさえ法に従わなければならないと⾔って法学を提唱してきた。

このグループの⼒はまだ取るに⾜らないもの。

しかし、ヒューゴは知っていた。

彼らの主張が時間とともに強くなり、無視できない⼒に成⻑することを。

⼤多数によって⽀持された新しい⼒の台頭は、既存の貴族の権威と同様に王室の権威を⽐較的弱体化させることになる。

秘密の部屋の知識は、タラン家の⻑に世界の広い視野を得る⼒を与えたのだ。

世界の流れを⽌めることはできない。

けれど、⼈為的に速度を落とすことはできる。

「彼らについてもっと調べましょう」

「かしこまりました。ターゲットの監視は継続しますか?」

「ええ。奇妙な⾏動を⾒つけた場合は、報告してください」

「はい、公爵様」

「それと、このアイテムを探し回ってみてください」

ファビアンは公爵が渡してきた紙を受け⼊れた。

紙にスケッチされた絵をよく⾒て、それがペンダントであることに気づく。

独特の形をしており、⼀般的に⾒られるペンダントとは異なっていた。

ヒューゴは、ルシアには知られていないが、⼀度伯爵と会ったことがあったのだ。

彼は伯爵に、⾸都に⾏きたいときはいつでも伯爵がゲートを使えるようにするための措置を講じると⾔い、それから彼は本当の⽬的について伯爵に尋ねた。

【⾻董品に興味があるのですか?】

【妻にとっては貴重なアイテムのようですので、探してみようと思います】

バーデン伯爵は笑顔を浮かべ、それから彼は詳細なスケッチを作り、ペンダントの絵を描いてくれた。

ヒューゴはそのアイテムを探して、それから彼の妻を驚かせたかったのだ。

彼⼥は⺟親がとても恋しかったので、その贈り物を気に入ってくれることでしょう。

彼⼥の幸せそうな顔を考えたとき、ヒューゴはすでに気分が良かった。

「所有者がいる場合は、単にその情報を持ち帰りましょうか?」

「いいえ。可能な限りの⼿段を使って、それを持ってきてください。途中経過を報告する必要はありません」

 



 

ヒューゴが自分専用のハンカチを貰ったら、彼はどれだけ喜ぶのか楽しみですね♪

全ては有能な執事、ジェロームのおかげです!

そして、ついにファビアンもヒューゴの変化を目撃することに。

彼は現実を受け入れることができるのでしょうか?

ルシア【155話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は155話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...