ルシア

ルシア【152話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は152話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

152話 ネタバレ

ルシア【151話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は151話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 家宝のペンダント

初めて会った祖⽗と孫の間で話すことはあまりなかった。

ぎこちなく挨拶した後、彼らは「アマンダ」という共通の話題を通して⽐較的簡単に会話し始めることに。

⽗親は娘を思い出し、娘は⺟親を思い出した。

彼らは共通点と相違点を⾒つけ、時折笑いさえしていた。

「ペンダントは探していないのですか?」

ルシアは祖⽗がペンダントについて尋ねると思っていた。

しかし、彼らがしばらく話していた後でも、祖父は何も⾔わなかったので、彼⼥から持ち出すことに。

「・・・あなたが持っているのですか?」

伯爵は少し驚いたように⾒えたが、彼の反応はルシアが予想したよりも穏やかだ。

⺟親が持っていたペンダント。

それがルシアが夢の中で叔⽗に会うことができた理由。

[ペンダントは、バーデン伯爵家に何世代にもわたって受け継がれてきた家宝です。後で妹が家出したときにそれを持っていったことが判明しました。ペンダントを取ったことを申し訳ないと思ったせいか、⾦庫に短い⼿紙を残しました]

[⼿紙は何と書いてあったのですか?]

叔⽗は恥ずかしそうな表情を浮かべる。

[妹は素敵な夫を連れ戻すつもりだったと書いてたよ]

その言葉を聞いて、自分の⺟親にも未熟だった時があると知れたのだ。

ルシアは⺟親の知らなかった話に魅了された。

そのため、彼⼥はもう一度叔⽗に会いたくて、彼を自分の家に招待することに。

マートン伯爵の邸宅はかなり⼤きく、⾒た⽬も派⼿だった。

叔⽗は邸宅を⾒回すと畏怖の念を起こしたように⾒えた。

彼がルシアのことを違った⾒⽅をし始めたのはおそらくその時からでしょう。

 



 

「私は今、ペンダントを持っていません」

ルシアは⼦供の頃、⽊から落ちて重傷を負った時があった。

彼⼥の⺟親は、娘の治療費を⽀払うためにペンダントを質屋に預けることに。

しかし、⺟親は借りたお⾦を返済できなかったため、約束の⽇にペンダントを受け取ることができなかった。

これは、後で物事をまとめた後のルシアの状況の推測によるもの。

ある⽇、⺟親と買い物に⾏く途中、質屋の窓に飾られているペンダントを発⾒した。

[お⺟さん、これはあなたのものですよね?]

[うーん。その通りよ。けれど、しばらくそのままにしておきます]

[どうして?]

[それは私にとって貴重だからです。失いたくないものですから]

その後、ルシアは時々⺟親が質屋の前で⽴ち⽌まるのを目撃する。

値札がついたペンダントを⾒て、⺟親は悲しそうに⾒えた。

自分の無邪気で幼稚な⼼で、ペンダントについてもっと尋ねたら⺟親が動揺するだろうと考えた。

そこでルシアは、成⻑してお⾦を稼いだら、ペンダントを買って⺟親にプレゼントすることを決心することに。

しかし、⺟親が亡くなった後、彼⼥はペンダントのことを忘れていた。

ルシアがマートン伯爵の⽤事でオークションハウスに⾏かなければならなかった時があった。

それは、珍しい趣味を持つ貴族のためのアンティークオークション。

マートン伯爵はルシアに、そこに現れるユニークなデザインのジュエリーボックスに⼊札して勝つように頼んだのだ。

(なぜ彼らはこれらすべての古いものを買うために競争するのかしら?)

ルシアは理解できなかった。

彼⼥が⼊札することになっていた宝⽯箱は後で現れる予定だったので、彼⼥は退屈でかなり⻑いオークションを⾒ることに。

ペンダントがオークションアイテムとして現れたとき、ルシアは冷静になった。

それが自分の⺟親のペンダントであることをすぐに理解する。

ルシアはオークションハウスに来るという本当の⽬的を忘れてしまった。

どうしても自分のペンダントを取り戻す以外に何も考えれなくなる。

彼⼥は積極的に⼊札に参加し、最終的にペンダントを獲得した。

マートン伯爵が与えたお⾦のほとんどを使ったが、ペンダントを⼿に持つことにとても感動したので、余波の恐れが感じなかった。

ペンダントは、⺟親との忘れられていた思い出を鮮やかに蘇らせてくれる。

その瞬間、ルシアは喜びを感じていた。

それは彼⼥が⻑い間感じていなかったものであり、彼⼥のすべての悲しみを忘れるのに⼗分な感情。

[レディ。それを私に転売していただけませんか?]

中年の男性がルシアに近づき、突然ペンダントを転売するように頼んできた。

それが彼⼥の叔⽗との最初の出会い。

[あのペンダントは私の家族の家宝なのです]

[申し訳ありませんが、これを転売するつもりはありません。それは私の⺟の記念品ですから]

中年の男性はしつこかった。

ルシアは中年の男性と議論している間、ペンダントがどうしてオークションハウスにあるようになったのかについて話し合うことに。

そして、彼らは⼆⼈が同じ⼥性を知っていることに気づく。

それは叔⽗と姪の最初の出会いであり、信じられないほどの偶然によるものだった。

彼⼥の叔⽗は、妹が亡くなったと聞いた後、苦しみ、しばらく話すことができずにいた。

彼の⿐はわずかに⾚かったが、祖⽗のように苦い涙を流さない。

それは兄弟と⽗親の違いでしょう。

【ペンダントは伝説の宝物です。私の家族に代々受け継がれてきた⾔葉によると、家族が危機に瀕しているとき、それは家族を救い、家族を⽣かし続けるでしょうとのことです]

それはとても重要な家宝だったので、ルシアはそれを維持することを主張することができなかった。

⺟親が⽣きていれば、⺟親もそれを返して欲しいと考えたから。

そのため、ルシアはそれを叔⽗に渡すことに。

 



 

「⺟は緊急にお⾦を必要としていたので、それを売らなければなりませんでした。ユニークな形のペンダントなので、簡単に⾒つけることができると思います」

今は持っていないが、彼⼥はそれがいつどこでオークションにかけられるかを知っていた。

本来は待つつもりだったが、気が変わる。

夢の中で⾒た未来は変わりつつあった。

ペンダントがオークションに出品されていない可能性も十分にあるでしょう。

それで、彼⼥は周りに尋ねて、⾻董品市場でペンダントを探すことを考えていた。

現在のルシアには、誰かに何かを探すように命じる⼒があるのだから。

しかし、祖父は激しく微笑み、⾸を横に振る。

「探す必要はありません。あなたのお⺟さんがそれをうまく利⽤していれば、それだけで⼗分です」

「あのペンダントは家宝だと聞きました。貴重じゃないのですか?」

「アマンダがそう⾔ったのですか?」

ルシアは⺟親から直接それを聞いたわけではなかったが、彼⼥は「はい」と答えた。

「あれはただの古いペンダントです」

バーデン家の誰もが家宝の周りに織り込まれた伝説を聞いて育ってきた。

幼い頃は、彼も家宝を取り巻く伝説を信じていた。

しかし、⽗親が亡くなり、妻を亡くし、娘も亡くなった。

伝説とは?

家族の危機だったのに?

すでに多くの危機が訪れて、今でも危機が続いている。

彼は年を取りすぎて伝説を信じることができなかった。

伯爵は他の⼈々の⼿に渡った自分の邸宅を取り戻すために⾸都にやって来た。

彼は、これまでの⼈⽣でやったことのない恩恵を求める決⼼をしたのだ。

しかし、娘の死を知るやいなや、すべてが崩れ落ちた。

自分は何のために⽣きようと努⼒していたのだろうか?

それはすべて無駄だった。

「あなたは美しく育ちました。・・・よく育ってくれてありがとう」

バーデン伯爵は、⾁と⾎、そして娘が残した痕跡だけを⾒て慰められた。

彼は、⾃分の娘のことを聞いたり、⾃分の知らない孫娘に会ったりすることができたと⾃分を慰めたのだ。

彼は何世代にもわたって家族に受け継がれてきた邸宅を諦めることを決意する。

(爵位を売りましょう)

爵位の取引は法律で厳しく禁じられていたが、知⼈同⼠の取引は依然として⾏われていた。

伯爵の称号は良い価格で売れるでしょう。

⼆⼈の息⼦が⽣計を⽴てるのに⼗分なお⾦だった。

彼は⼀⽣を息⼦たちに負わせた重荷を引き渡したくなかったのだ。

「私は⾏かなければなりません」

伯爵が⽴ち上がったとき、ルシアも驚いて⽴ち上がった。

「もう⾏くのですか?少なくとも、⼣⾷は一緒に・・・」

「⼤丈夫です、⼣⽅に予約がありますから。次回またお会いしましょう。私たちはお互いを知っているので、いつでも会うことができますよね?」

「・・・はい」

祖⽗が振り返って応接室のドアに向かって歩いているのを⾒ているルシアは、⽬を涙で満たした。

彼⼥は自分の⼈⽣で初めて祖父に出会えた。

ヒューゴは彼⼥を抱きしめ、ルシアに話しかける。

「私は彼を⾒送り、すぐに戻ってきます」

ルシアは涙でいっぱいの⽬でうなずく。

ヒューゴが⽴ち去るのを⾒て、彼⼥は涙を拭った。

彼⼥は彼が自分と⼀緒にここにいたことに感謝した。

今、彼⼥はすべてに感謝していました。

 



 

バーデン伯爵は本当に爵位を売るつもりなのでしょうか?

ヒューゴのことですから、バーデン伯爵の経済状況も把握してそうですよね。

もちろん、ヒューゴが彼を助けるかどうかは分かりませんが・・・。

ルシア【153話(前編)】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は153話(前編)をまとめました。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...