ルシア

ルシア【151話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は151話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

151話 ネタバレ

ルシア【150話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は150話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 祖父との再会

「・・・ごめんなさい」

ルシアは漠然とヒューゴの声が聞こえたように感じた。

あちこちでとがった何かが彼⼥の顔に触れ続ける。

くすぐったいが、それはまた彼⼥の睡眠を妨げていたので、眉をひそめ、空中で⼿を振った。

彼⼥の⼿は捕らえられ、彼⼥は⼀対の唇が自分の⼿の甲と指先にキスしているのを感じた。

⽬を開けて数回まばたきして、眠気を追い払う。

「・・・ヒュー?」

僅かな視界でヒューゴを識別する。

寝室はすでに明るく、彼はすでに着替えていた。

彼は微笑んで頭を下げ、唇で彼⼥に軽くキスしていた。

「正午過ぎです。あなたも起きなければならない」

「・・・あなたのせいです」

ルシアは今⽇、夜明けに眠りに落ちた。

彼が自分を⼿放さないことに固執していたので、彼⼥はいつ正確に眠りに落ちたの
かさえ知らない。

ヒューゴの爽やかな表情を⾒て⽬を閉じる。

「もう少し寝たいです」

「祖⽗に会うには、今起きなければなりません。彼は約2時間でここに来るでしょう」

その言葉を受けて、ルシアの眠気はすぐに消えた。

⽬を広げ、無意識のうちに直⽴する。

「誰が来ると⾔いましたか?私の祖⽗?」

「あなたは彼に会いたいと⾔いました。気が変わったのですか?」

「ああ・・・、いや。そうではありませんが・・・、どうやって祖⽗に連絡したのですか?」

「メイドに昨⽇彼がどこに滞在していたか調べてもらいました」

祖⽗に会うかどうかにかかわらず、どのような決断を下したとしても、まず相⼿に連絡する⽅法を知ることが不可⽋でした。

ヒューゴにとっては当然のことだったが、ルシアはそれをまったく考えていなかったのだ。

「・・・ですが、私の⼼はまだ準備ができていません・・・」

「その必要はありません。時間が経つと感傷的になるだけです。ビビアン、あなたはなぜ祖⽗に会いたかったのですか?」

「⺟の⽗がどんな⼈なのか気になりました。私はまた、彼に私の⺟について知らせるべきだと思いました」

「それなら、それを念頭に置いて彼に会いましょう。あまり⼼配しないでください」

ルシアは彼の発言に驚く。

彼はルシアがまったく考えていなかった点について鋭敏だったから。

時間が経つにつれ⼼配事が増えるのは当然のことだったが、それを理解してくれていたヒューゴが魅力的と思えた。

彼と結婚したとき、ルシアは彼の急速な原動⼒に感銘を受けた。

彼は決断を下したときに躊躇うことなく前進する性格だ。

(彼は⼼配したことがあるのかしら?彼は⾃分が下した決定を後悔したことがあるのでしょうか?」

最近、ヒューゴはほぼ毎⽇⼼配していた。

しかし、その原因がルシア自身に関係していることを、彼女は知らない。

 



 

ジェロームは主⼈の命令を受け、⽼⼈を個⼈的に護衛した。

外部的には、タラン公爵が伯爵を自分の邸宅に連れて⾏ったという事実を明らかにすることを避けるために、彼は密かに⾏動する。

ヒューゴはジェロームに⽤⼼するように命じていた。

ルシアが彼⼥の祖⽗に会った後、ヒューゴはまだ彼らの関係を確⽴する⽅法を決めていなかったから。

その男が結婚によって公爵夫⼈の親戚であることが知られると、⾛りに来る空腹のオオカミがたくさんいるでしょう。

ヒューゴは妻の⺟⽅の家族に対して特別な感情を持っていない。

 



 

応接室で、ルシアは祖⽗を待っていた。

彼⼥が⼼配そうに座っているのを⾒て、ヒューゴは⽚⽅の腕を彼⼥の肩に巻きつけて抱きしめる。

使⽤⼈にとってさえ⽼⼈の訪問が特別に⾒えないように、応接室で待つことに。

応接室の閉じたドアが開き、ジェロームが⽩髪の⽼⼈を護衛して⼊って来た。

まるで凍ったように、伯爵はルシアを⾒ながらしばらく⼊り⼝に立ち尽くす。

それから、不安定な足取りで、彼はゆっくりとルシアに向かって歩いた。

ルシアは⽼⼈の顔から、夢で見た叔⽗の顔を思い出す。

そして、彼⼥は亡くなった⺟親の面影も⾒た。

祖⽗と孫の⼆⼈は、数歩離れて⽴って、静かにお互いを⾒つめる。

「座ってください。あなたも座って」

ヒューゴが⾜を踏み⼊れ、緊張した雰囲気を溶かす。

伯爵が座った後、ルシアはソファに座った。

「お⼆⼈を放っておいたほうがいいですか?」

ヒューゴの質問に、ルシアは⾸を横に振って⼿を握る。

それから彼⼥は深呼吸をして⼝を開けた。

「お会いできて光栄です。私はビビアンです・・・、おじいさま」

伯爵の⽬は激しく揺れた。

彼はルシアをとても悲しそうな⽬で⾒つめる。

彼は唇を数回動かしたが何も⾔わなかった。

それからしばらくして、彼はなんとか⼀⾔⾔った。

「アマンダは・・・?」

伯爵は部屋に⼊るとすぐに、応接室を⾒渡していた。

彼がアマンダを⾒なかったとき、彼の⼼は不安で沈んだ。

孫娘に初めて会ったとき、彼⼥は自分の娘のように可愛く⾒えたが、鋭い愛情は彼⾃⾝の⼦供と⽐較することができたでしょうか?

やむを得ない事情のために娘がいなかったと信じることを選ぶ。

どんなに不安でも、希望を捨てることはできないのだから。

ルシアの胸は熱で急上昇した。

この⼈は娘がいなくて寂しかった⽗親。

亡くなった⺟親が最後に⽗親に会いたがっているのを誰が知っていたのでしょうか。

ルシアは⺟親のことを考えたとき、⼼が痛んだ。

「・・・お母様は亡くなりました」

ルシアは、⽼⼈の⽬に多くの感情が混ざり合っているのを理解する。

驚き、ショック、不信、怒り、悲しみ、絶望。

多くの痛みを伴う感情が⼀瞬で点滅するのを⾒て、ルシアは負傷した⽼⼈の痛みに共感し始めた。

⽼⼈の涙⽬で⼦供を亡くした親の悲しみが表れる。

伯爵は顔を⼿で覆い、頭を下げて泣き始めた。

ルシアの⽬からも涙がこぼれる。

彼⼥はヒューゴの抱擁に寄りかかり、彼の胸に顔を埋めた。

 



 

こんなに早く祖父との面会が起きるとは思っていませんでした。

ここからの二人の関係が気になりますね。

祖父はお金に苦しんでいますが、孫娘に頼むことはあるのでしょうか?

ルシア【152話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は152話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...