ルシア

ルシア【150話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は150話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

150話 ネタバレ

ルシア【149話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は149話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 誰も入れない城

あらゆる動きで響き渡る激しい⾳。

今⽇、ヒューゴは少し荒れていた。

[彼は優しいのですか?ベッドでも?]

キャサリンが話した冗談が、⼀瞬ルシアの⼼に浮かんだ。

彼は今、間違いなく優しくなかった。

彼は暴君のように自分を⽀配していたのだから。

「ふぅ!」

クライマックスに達すると、ルシアの全⾝が痙攣を起こす。

快楽の波がおさまると、痙攣が弱くなり、息を切らして息を呑んだ。

しかし、ヒューゴは彼⼥に休む時間を与えなかった。

ルシアの⼿がシーツを絞る。

彼⼥の体は激しく震え、腕はぐらついた。

チクチクする快感が彼⼥の背⾻を登る。

彼⼥の体は今⽇は特に敏感だった。

ヒューゴの呼吸は荒くなり、より興奮した。

 



 

祖⽗を⼀瞥した後、ルシアの⼼はより傾いていた。

「祖⽗に会いたいです」

「分かりました」

ヒューゴは簡単な返事をして、何も質問しなかった。

そして、ルシアはその行為に感謝していた。

ヒューゴは彼⼥の背中に巻き付けられた腕を使って、ルシアを強く抱きしめた。

適度に圧倒的な安定感がルシアの不安をすべて吹き飛ばす。

「それと・・・、明⽇はパーティーに⾏きたくないのですが」

明⽇は戴冠式の宴会の最終⽇。

仮⾯舞踏会と⾔われていたが、ルシアは気が進まなかった。

彼⼥は2⽇連続でパーティーに⾏き、疲れていたのだ。

思いがけない⼈との出会いはストレスになっている。

彼⼥は⾁体的に疲れているよりも精神的に疲れていた。

「あなたの好きなように」

ルシアはヒューゴが許可することを期待していたが、彼の返事は予想よりも速くて簡単だった。

「⼤丈夫なのですか?大事なお祝いなのに・・・」

「初⽇を除けば、宴会は貴族が楽しむための単なる遊び場です。誰もが⾏く必要はありません。将来的には、あなたはパーティーに⾏きたいかどうかに関係なく、好きなようにできますから」

「・・・ずっと家にいて外出しなくてもいいの?」

「もちろん」

実際、それがヒューゴの願いでもある。

そう考えながら、ルシアにキスをした。

「社会活動が難しい場合は、行わないでください」

彼⼥は社会活動を楽しんでいない。

ヒューゴは北での滞在からそう推測できた。

ルシアが他⼈には退屈に⾒えるシンプルな⽣活を楽しんでいたことを。

そして、ヒューゴは彼⼥の内向的な側⾯が好きなのだ。

あらゆる種類のパーティーに⾏き、他の男性と⼀緒に笑うという考えは不快でしかない。

「でもそうしたら・・・」

「私は噂を気にしません。あなたは何をしたいのですか?」

「お茶会は⼤丈夫です。軽い会話なのでストレスはありませんから。しかし、宴会には⾮常に多くの⼈がいます・・・」

「しかし、その代わりに、お茶会は宴会よりもはるかに騒がしいです」

「私が誰かと⼝論すると思いますか?」

「誰かがあなたを傷つけた場合は、教えてください。⾃分だけで解決しようとしないで欲しい」

「・・・何かが起こったら、あなたはどうするつもりなのですか?」

「あなたのために彼らを叱ります」

ヒューゴの対応にルシアは爆笑した。

そして、ヒューゴは彼⼥の唇にキスをし、彼⼥の顔全体にキスを始める。

ルシアは⾸を横に振って、際限なく笑い、くすぐったいと⾔ったが、ヒューゴは彼⼥の拒否を無視し、彼⼥の顔に⼩さなキスを注ぎ続けた。

 



 

「じゃあ、明⽇はアントワーヌを送り返しますね」

「アントワーヌ・・・。その問題は解決されなければなりません」

ヒューゴの決心は固かった。

彼は明⽇誰かをブティックに送り、明⽇だけでなく将来もアントワーヌが来る必要はないことを伝えなければならなかった。

今⽇のパーティーを通して、彼の神経は男たちが自分の妻に寄りかかるのではないかと⼼配して警戒していた。

それは本当に疲れて不快な出来事だ。

「彼⼥はそれが明⽇のための⾚いドレスだと⾔いました。どうやら、それはヒューが私にくれた⾚いダイヤモンドのネックレスと⼀致する情熱的なドレスだったらしいです。少し興味がありますね」

情熱的なドレス。

ヒューゴはまったく好奇⼼が湧かなかった。

それを見なくても、自分の血圧がどれだけ上昇するかを推測することができたから。

「ビビアン、あなたは明⽇は⾏かないと⾔った」

ヒューゴは彼⼥の⼼が変わるのではないかと恐れていたので、彼は再確認する。

彼は北に戻りたかった。

時間の流れを忘れて、2⼈しかいない城に住みたいと思えるほどに。

誰も入れない城。

ヒューゴは、ルシアが親戚に会うとどうなるか分からなかった。

彼⼥が⺟親の家族とより多くの交流を持ち、自分よりも彼らに依存し始めたら、自分には何ができるでしょうか?

彼⼥が祖⽗に会うことにすでに落ち着きがなかったとき、それは彼が彼⼥に明らかにすることができなかった不安。

 



 

ルシアの決心が固まったようです。

祖父との会話が気になりますね。

そして、アントワーヌの運命は?

彼女は、今後もルシアの専属デザイナーを続けることが出来るのでしょうか?

ルシア【151話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は151話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...