ルシア

ルシア【148話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は148話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

148話 ネタバレ

ルシア【147話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は147話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 叔父との関係

ルシアはハンカチを⾒て、夢の中での出来事を思い出す。

数年後に会った彼⼥の叔⽗によると、彼⼥の祖⽗はルシアが約21歳のときに亡くなったそうだ。

そのため、バーデン伯爵として⾃⼰紹介した低位の貴族は間違いなく彼⼥の祖⽗。

[父が最後の要だと思っていた邸宅は、他の⼈の⼿に渡った。彼は助けを得るために⾸都に⾏ったが、失敗したらしい。さらに、彼は年をとっていたので、⻑い旅で体が弱っていたんだ]

亡き祖⽗を継いで称号を受け継いだ叔⽗は、祖⽗の次男。

⾔い換えれば、彼はルシアの⺟親の2番⽬の兄。

称号を受け継いだはずの⻑男は、⽗親が亡くなってしばらくして⾺⾞事故で負傷したらしい。

ルシアの叔⽗は、彼の兄の状況に悲観的だった。

当時、ルシアは家族のいない孤児だと思っていたので、親戚がいて嬉しかった。

空虚で孤独な⼼には温かさの感覚が生まれる。

叔父がマートン伯爵を紹介するように頼んだとき、ルシアは二人の橋渡しをした。

[できる限り家族を守りたいのだ。称号を失うことはできない]

叔⽗の視点からすると、マートン伯爵は巨⼤な⼒を持った⾼貴な貴族のように⾒えたに違いない。

叔⽗は⾸都に定住し、毎⽇マートン伯爵に会いに⾏った。

彼はルシアに多くの詳細を与えなかったが、彼女は徐々に叔⽗の顔に元気が戻るのを⾒ることができた。

しかし、ルシアにとって、マートン伯爵夫⼈としての⽣活は耐えられなくなる。

そのため、彼⼥は叔⽗に離婚を⼿伝ってくれるように頼んだ。

[申し訳ありません。私にはあなたを助ける⼒がありません。私はあなたの夫の助けが必要なのです。我慢できないのですか?]

叔⽗の拒絶はルシアに⼤きなショックを与える。

それはルシアの⼀⽅的な妄想だったが、叔父が頼ることができる唯⼀の丘であると信じていたのだ。

しかし、叔⽗はルシアを彼の姪として⾒ておらず、マートン伯爵夫⼈として⾒ていた。

ルシアは、現実的に叔⽗が自分を助けることができないことを知っていた。

叔⽗が離婚を⼿伝うことを拒否した後、再びお⾦について話し始めたとき、ルシアは彼に最後にお⾦を与え、彼との関係を断ち切る。

それでも叔⽗は頻繁に邸宅を訪れたが、その後ルシアが叔⽗に再び会うことはなかった。

マートン伯爵⼀家は反逆罪で絶滅し、後に叔⽗もそれに巻き込まれたことを知る。

バーデン伯爵⼀家が裏切り者のリストに載っていたから。

無情に空を⾒詰める。

叔⽗に憤慨していたが、彼を死なせたくなかった。

ルシアは叔⽗が家族をどれだけ救おうとしたかを直接⾒ていたから。

マートン伯爵の⾜を舐めるように呻き声を上げている叔⽗の姿を思い出したとき、彼⼥の⽬から涙が落ちる。

不名誉な反逆罪で亡くなった叔⽗が、死んで⽬を閉じることができたのだろうかと考えた。

もし彼らがお互いを知らずに⽣きていたら、そのような悲劇は起こらなかっただろう。

夢の中で、ルシアは後悔した。

そのため、彼⼥は⺟⽅の家族と決して結びつかないことを誓う。

 



 

「ビビアン」

ルシアは頭を上げた。

深く考えすぎていたようだ。

「誰だ?」

「・・・私にも分かりません」

ヒューゴの視線を避けようとしたとき、強い⼿が彼女のあごを掴む。

彼の⾚い⽬は異常に明るく、呼吸がしづらくなる。

「今のあなたの表情がどのように⾒えるか知っていますか?あなたは嘘をついています」

しかし、ルシアが泣きそうになったとき、彼は⾒続けることができなかった。

ヒューゴは震える⽬を⾒て話し続ける。

「教えてください。誰ですか?」

「・・・」

彼⼥は頑固に⼝を閉じていた。

⾃分の周りに築かれた堅固な壁を感じて、ヒューゴの内心が沸騰する。

「あなたはそれが誰であるか知らないのですか?」

「・・・」

「彼はあなたとは何の関係もないのですか?」

「・・・」

どんなに強く迫っても、ルシアは答えることができなかった。

彼⼥自身も祖⽗の突然の出現に混乱していたから。

それをヒューゴにうまく説明する気にはなれなかったのだ。

夢の中で祖⽗のことを知ったとき、彼はすでに亡くなっていたので、ルシアは実際に祖⽗に会うとは思ってもいなかった。

彼⼥にとって、祖⽗は死んで⽣き返った誰かのように感じた。

「それならば、彼は⾃分の犯罪の代償を払わなければならないでしょう。そのような危険なものを公爵夫⼈に送るのですから」

「危険な・・・もの?」

「彼はあなたとは何の関係もありません。あなたが⼼配する必要はありませんよね?」

ヒューゴの真っ⾚な⽬は残酷に輝いていた。

彼の氷のような話し⽅は怖く、ルシアはひどく怯えてしまう。

深い絶望から、涙が彼⼥の⽬に溢れる。

琥珀⾊の⽬が涙で急上昇したとき、ヒューゴは不意を突かれてしまった。

彼の精神は混乱し、興奮が⼀瞬で収まる。

「ビビアン。私が間違っていた」

ヒューゴはルシアを抱きしめた。

体を捻り、彼を拒絶するかのように押しのけたが、ヒューゴは彼⼥をしっかりと抱きしめる。

「すまなかった」

ヒューゴは何度も⽿元でごめんなさいと繰り返す。

 



 

しばらくして、ルシアの泣き声は収まった。

落ち着いたとき、ヒューゴは彼⼥の背中を軽く叩く。

「・・・そのように話さないでください。怖かったわ」

「もうしない」

ヒューゴは彼⼥を怖がらせるつもりはなかった。

怖いと言われて酷く落ち込んでしまう。

ヒューゴはしばらくしてため息をつき、話し出した。

「⾔いたくないのなら、⾔う必要はありません。もう聞きません」

ヒューゴは自分の臆病さが哀れだと感じる。

彼はルシアに自分の最も深い秘密を話すことができなかったにもかかわらず、自分は彼⼥の秘密を容認することができなかったのだから。

「⾔いたくないというわけではありません。ただ・・・、⾔い⽅が分からないのです・・・」

ヒューゴは⾟抱強く待ってくれた。

「その⼈はおそらく・・・、私の⺟⽅の祖⽗である可能性が⾼いです」

「あなたには⺟⽅の家族がいなかったとは⾔いませんでしたか?」

「私もいないと思っていました。亡くなった⺟はそのように望んでいましたから」

ルシアの⺟親は、彼⼥が亡くなるまで、⺟親の家族の存在を教えなかった。

夢の中で叔⽗に会った後で初めて知ったのだから。

なぜ彼⼥の⺟親は教えてくれなかったのだろうか?

それはルシアがいつも疑問に思っていたもの。

 



 

ルシアの夢の中は苦労しか見られません・・・。

もしもヒューゴが知った場合、ルシアに関わった人物は全員殺されそうです(汗)

ルシアの母親が家族のことを教えなかったということは、死ぬまで祖父のことを許していなかったということでしょうか?

ルシア【149話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は149話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...