ルシア

ルシア【145話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は145話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

145話 ネタバレ

ルシア【144話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は144話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 初めてのメヌエット

キャサリンとルシアが一緒にパーティーホールに戻る。

ベスは、2⼈の姉妹が⼀緒に来るのを⾒て少し驚いた。

それは奇妙な組み合わせのように思えたから。

公爵夫⼈の性格は⼼配していないが、問題はキャサリンだ。

(公爵夫⼈。キャサリン王⼥はフランクに話すことに慣れています。ご理解ください)

ベスはキャサリンの過ちを許そうとした。

キャサリンの反撃はすぐにやってくる。

「最近、⼥王様はエネルギーに⽋けています。昨⽇は⼤変だったに違いないわ、⽬の下に皺が⾒えますから」

「ほほほ」

ルシアは、額に突き出た静脈を持って⼒強く笑っているベスを⾒て、笑顔を抑える。

パーティーの雰囲気が本格的に盛り上がってきた。

パヴァーヌ、メヌエット、パスピエを交代で演奏し始める。

⾳楽が変わるたびに、男⼥がペアを組んで、空いたダンスホールの中央に踊りに向かう。

ルシアと⼥王の周りに集まった貴婦⼈たちは、踊りの依頼を受けて次々と⽴ち去った。

キャサリンも若い男の要求を受けて⽴ち去る。

「美しい⼥性と踊ることを光栄に思いたいのですが?」

ルシアは差し出された⼿を⾒て、それから彼⼥は⾒上げた。

それは彼⼥が今まで⾒たことがない男性。

彼は20代半ばのように⾒えた。

⿊髪と優しい笑顔で、適度に好感の持てる魅⼒的な男性。

社交ダンスでは、ダンスのリクエストを受け⼊れてダンスをすることは、簡単な会話にすぎず、特定の爵位を明らかにする必要はない。

側にいる貴婦⼈たちは、ルシアを励まし始めた。

「お先にどうぞ。公爵夫⼈はこのような⽇に踊るべきですから」

「その通りです。公爵夫⼈の優雅な踊りは、夜会をより華やかにするでしょう」

「彼はユングラン伯爵で、独⾝⼥性にとても⼈気があります」

彼が⼈気があるかどうかはルシアには関係ないこと。

ただ出席しているだけだが、パーティーであまりにも受動的であることがあまり良いとは思えない。

ルシアは馴染みのない男性の⼿を取り、ダンスホールに⾜を踏み⼊れた。

 



 

メヌエットが演奏される。

ルシアは腕を男性の肩に置き、ゆっくりと⾳楽に沿って動き始めた。

「ご婦人、あなたは今⽇最も明るくエレガントな花のように輝いています。あなたは本当に美しい」

「・・・お世辞がお上手なのですね」

男性のステレオタイプの褒め⾔葉は、ルシアにとってあまり⾯⽩く聞こえなかった。

腰に置かれた男性の⼿は彼⼥を悩ませ続け、彼の⾹⽔の匂いは馴染みがない。

ルシアは彼を夫と⽐較し続けた。

そして、夫はより⼤きなリードを持っているようだ。

(手を差し出さなければ良かった・・・)

ルシアは⾳楽の詩が終わる前にすでに後悔していた。

退屈すぎる。

さらに、彼⼥の靴はかかとを擦って傷つけていた。

踊るにつれて頻繁に動くので、彼⼥は⾃分⾃⾝を傷つけているような感覚に陥る。

⼀歩踏み出すたびに、ルシアは無表情になっていく。

 



 

王や他の重要⼈物が到着したとき、⼈々は深くお辞儀をし、敬意を表した。

王は群衆が作った道を歩き、⼥王に近づく。

⼥王は王に敬意を表し、王の家⾂に挨拶した。

ヒューゴはすぐに妻を探したが、どこを⾒ても⼥王の近くに妻が⾒えない。

「私の妻はどこですか?」

クェイズは苦笑いを絞り出す。

その光景は⺟親を探していた息⼦を思い出させたから。

ベスはそっと微笑んで、ホールの中央に向かって頭を向ける。

「公爵、あなたの妻は盗まれたようですね」

クェイズは嬉しそうに状況を説明した。

「・・・そうですか」

(私は間違いなくあの⼥性を解雇します)

ヒューゴは、誰かを雇うときに、短期間でそれほど頻繁に考えを変えたことはなかった。

彼は妻のドレスを⾒るやいなや決⼼する。

今⽇の時点で、デザイナーは解雇されるだろう。

彼⼥が自分の妻にあのような⼀枚の布を着させたことを受け入れられずに。

他の貴婦⼈と⽐較して、ルシアの露出は確かにあまり多くなかった。

しかし、他の⼥性が裸で踊ったとしても、ヒューゴにとっては違いはない。

彼の⽬は彼⼥の露出した胸と彼⼥の背中の⾊⽩の肌だけを⾒ていたのだから。

煌めくネックレスは彼⼥の⾸をほぼ覆い、露出を可能な限り妨げていたが、彼の基準だと⼗分ではない。

むしろ、ネックレスの下の明るい肌がより⽬⽴つように⾒えた。

妻は美しかった。

彼⼥は⾼貴で壮⼤に⾒える。

ヒューゴは、ホールの中央で踊っていたいくつかのペアのうち、1つのペアを静かに⾒つめていた。

初めてのメヌエットが盗まれた。

そんな意味をなさなかった⾏為に、ヒューゴは意味を与え、怒りとショックで燃えている。

ホールの中央に視線が固定されているヒューゴを⾒たクェイズの表情は不思議そうだった。

公爵の表情はいつものように冷たく、妻を⾒つめている。

クェイズは、タラン公爵は脳の感情的な部分が⽋けている⼈かもしれないと考えていた。

彼の表情はいつも無関⼼で冷たいから。

しかし、最近、公爵夫⼈が関与したときだけ公爵の表情は弱まっている。

表情は外⾒的には穏やかだったが、明らかに内⾯から何かが轟⾳を⽴てていた。

(これは完全に深刻だな。昨年、北部で何が起きた?)

クェイズは⻘いドレスを着た公爵夫⼈を注意深く精査する。

彼女をどのように⾒ても、彼は⼿がかりを⾒つけることはできない。

醜いわけではないが、彼⼥からの誘惑者の魅⼒を感じることはなかった。

彼⼥のほっそりした姿は、経験の不慣れな若い男性の保護本能を刺激するかもしれないが、かなりの量の⼥性を知っている男性にとって、彼らは官能的で魅惑的な⼥性にもっと惹かれるでしょう。

これはまさにタラン公爵が過去に付き合ってきた種類の⼥性なのだから。

「あなたはそんなに真剣に何を考えていますか?」

「私はあのろくでなしを殺すかどうかを議論しています」

周囲の雰囲気は⼀瞬で冷たくなった。

昨⽇「狂犬」クロティンを扱ったときの公爵の壮⼤さは、今でも⼈々の⼼にしっかりと感銘を受けていた。

彼のさりげない⾔葉の中で、⼈々は死の脅威を感じる。

人々の表情はひどく⻘ざめていた。

クェイズも同様に緊張している。

彼の治世は始まったばかりなのに、すでに危機に直⾯していた。

「・・・公爵。落ち着いてください。王の戴冠式で⾎を⾒ることを意味しますか?」

クェイズが真剣に話すと、ヒューゴは彼を少し⾒るようになり、それから彼はダンスホールに視線を戻した。

(ちっ・・・。メヌエットは時間がかかりすぎる)

ダンスが終わるのを待つ間、彼の忍耐⼒は次第に衰えていた。

「冗談です」

「・・・そのように冗談を⾔ってはいけません」

とても怖かったので⿃肌が⽴つ。

「夜会の見どころはダンスです。なぜそんなに保守的なのですか?」

「私は保守的だと思います。おそらく、ガントレットを⼀度投げるべきでしょう」

ヒューゴは、そのような馬鹿げた理由で誰かに決闘を挑んだことは⼀度もない。

それでも試したくなっていた。

「・・・」

その言葉は、彼がその男を殺すと⾔ったのと何ら変わりはない。

ちょうど間に合って、メヌエットは終わりを告げる。

タラン公爵がすぐに公爵夫⼈に向かっているのを⾒て、クェイズは酸っぱい顔をした。

計画通りに動いた世界はとてもつまらない。

ある程度の多様性は⽣命の活気でしょう。

クェイズが公爵の変化が⾯⽩いと思ったのは昨⽇だけ。

しかし、時が経つにつれ、彼はこれは良くないと感じていた。

変数が⼤きすぎたのだ。

それはまったく予測できない。

(彼が個⼈的な感情に夢中になりすぎるのは良くない・・・)

⼼配しながら、群衆を⾒渡すと、クェイズの眉が上がった。

「あのろくでなしは誰ですか?」

彼の妹、キャサリンは、彼が到着したとき挨拶をすることさえしなかった。

彼⼥は隅で恥知らずな野郎とお喋りをしている。

クェイズはすぐに使用人を呼んだ。

 



 

ヒューゴの嫉妬が周囲に影響を及ぼすようになりましたね。

間近で見ている人は気が気でないでしょう。

ルシアとダンスをした男性は、果たして無事でいられるのでしょうか?

ルシア【146話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は146話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...