ルシア

ルシア【144話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は144話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

144話 ネタバレ

ルシア【143話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は143話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 犬猿の仲

キャサリンは無邪気な表情を浮かべるルシアをからかいたくなった。

「思いやり?それはベッドでも?」

「・・・え?」

キャサリンは、ルシアの顔が驚いて真っ⾚になるのを⾒て、笑いを飲み込んだ。

久しぶりの新鮮な反応。

キャサリンは独⾝だったが、彼⼥は夜を楽しむ⼥性。

無差別に遊んでいなかったとしても、いくつかの経験がある。

「お茶会でこんなことは聞かれませんよね?あちらには堅い貴婦人しかいませんから」

キャサリンの言葉に、ルシアは黙ってうなずく。

夢の中でのたくさんの宴会に参加したが、このような話を聞かれたことはない。

そこまで親密に会話をする相手がいなかったことも事実だが、そのような会話が行われるのは、通常だと真夜中のパーティーになるからだ。

深夜から夜明けまで発⽣する宴会は、解放された欲望のゾーン。

特に、饗宴のパーティーは真夜中から始まる。

真夜中過ぎ、適度に酒に酔い、気分に酔った⼥性の会話は⾮常に不適切だった。

結婚後、アルヴィン伯爵夫⼈であったキャサリンは、優しい伯爵夫⼈としての役割を果たしていた。

屋敷では、嫌いなお茶会を開き、真夜中の宴会に出かけることはなかった。

ルシアは、伯爵夫⼈として、そしてメイドとして夢の中で数多くの宴会に参加したが、真夜中の宴会を経験したことはない。

「とはいえ、夜明けまで宴会に留まらなければ、そのような話は聞かれません。それでも、もしもの時のために。そのような話を聞かれたら、笑顔で受け流してください。それは何でもないように。顔を⾚らめたり、恥ずかしそうに⾒せたりしないでください」

「はい」

「これはあなたの夫のためのアドバイスです。既婚の貴婦⼈が恥ずかしがり屋なら、⼈々はそれを⾼潔だとは思わないでしょう。彼らは好きなように噂話をするはず。それが噂の作り⽅ですから」

「・・・どんな噂でしょうか?」

「公爵が夜の行為を出来ないと」

「え?ありえません!」

「ありえない?」

キャサリンはそれに応えて微笑む。

ルシアは前夜を思い出し、顔が熱くなった。

彼は決して紳⼠ではない。

特にベッドでは、彼容赦がなかった。

考えれば考えるほど、顔が⾚くなる。

キャサリンは頭を上げることができなかったルシアを⾒て元気に笑った。

「これでは難しいですね。いくつか教えてほしいですか?」

「・・・どんなことでしょうか?」

「⽿を傾ければ、それはすべて役⽴つ知識のはずです」

キャサリンの知識は、男性と⼥性の間の夜の行為の喜びにおけるルシアの経験と⽐較して、専⾨家レベルだった。

ちなみに、キャサリンは、誰とでもこのような会話をするほど浅はかではない。

彼女はルシアに親密な愛情を感じたから、このような会話をしているのだった。

 



 

彼らは両⽅とも重要な立場にいたので、⽋席したり、⻑い間お喋りしたりすることはできない。

しばらくして、彼らが休憩室を出ると、ルシアの表情は呆然としていた。

彼⼥は今⽇、短い時間で本当にたくさんのことを学んだ。

⼀緒にパーティーホールに戻ったとき、キャサリンが誰かを発⾒すると、彼⼥の⽬は不機嫌になる。

⼥性は歩くのをやめ、王⼥が通り過ぎるのを待ち、キャサリンが彼⼥に近づくと、彼⼥は頭を下げた。

「伯爵夫⼈、久しぶりにお会いしましたね」

「・・・はい。王女様へのご挨拶を___」

「誰が私のそばにいるのか分からないのですか?」

キャサリンの⾔葉は必要以上に鋭かった。

これを感知して、ルシアはキャサリンの表情をこっそりと伺う。

「・・・公爵夫⼈へのご挨拶を。私はアニタ・ファルコンと申します」

ルシアは、このような形で挨拶されることになるとは思いもしていなかった。

深い不快感を隠し、アニタの挨拶を受け⼊れる。

「何があなたを家から引き出したのですか?ベッドを暖めるのに男が必要でしたか?」

ルシアはキャサリンの⾔葉が多すぎると感じた。

頭を下げているアニタの唇が震えるのを目撃する。

「伯爵夫人、私の⾔葉は不快でしたか?」

「・・・いいえ、王女様。私はただ私たちの国の主になった王陛下を祝福したかったので___」

「⼗分です。出て⾏きなさい」

頭を深くお辞儀をしたアニタはすぐに⽴ち去る。

 



 

ルシアはキャサリンの敵意に不慣れだった。

キャサリンが誰かをはっきりと嫌っているのを⾒たのが初めてなのだから。

夢の中で、キャサリンはタラン公爵夫⼈と対立していたが、彼⼥は公爵夫人を侮辱しなかった。

「これが起きる可能性はあまりないと思いますが・・・。ファルコン伯爵夫⼈。彼⼥の3番⽬の夫である伯爵は亡くなっているので、彼⼥は未婚の伯爵夫⼈です。彼⼥に近づかないでください。彼⼥に⼀⾔も話す必要はありません」

「理由を伺ってもよろしいでしょうか?」

「彼⼥は下品な⼥性だからです。彼⼥との付き合いから得られるものは何もないことを知っておいてください」

キャサリンは、男性と⼥性が⾃由に楽しむことが悪いとは思っていない。

関係者が既婚男性だったとしても、他⼈のしていることに後ろ指など差さない。

しかし、貴婦⼈が何かを得るために男性に⾝を投げることは、キャサリンの基準には受け入れられなかったのだ。

それは安い売春婦の⾏為だから。

ファルコン伯爵夫⼈はそのようなことをした⼥性。

キャサリンの18歳の誕⽣⽇の後、彼⼥の兄は深夜のパーティーを楽しむことを許可し始めた。

キャサリンが宴会で暴れ始める前に⼥王蜂として⾏動していた⼥性は、ファルコン伯爵夫⼈。

キャサリンはこの事実にも不満を持っていた。

正⾯衝突で彼女を押しつぶしたかったが、伯爵夫⼈はある⽇突然⽔⾯から落ち、その後社交界に現れなかった。

キャサリンがアニタに敵対した最⼤の理由は、タラン公爵とのスキャンダルのため。

彼⼥はアニタが安っぽい体を振り回してタラン公爵を誘惑したと思っていたのだ。

しかし、彼⼥は公爵夫⼈にその事実を伝えることができなかったので、彼⼥は漠然と回答することを選ぶ。

(もしも彼女とタラン公爵がまだ会っているのなら・・・)

キャサリンはタラン公爵に⾃分の能⼒で何もすることが出来ないが、ファルコン伯爵夫⼈を辱める準備は出来ていたので、彼⼥は再びどこにも顔を⾒せることが出来なくなるでしょう。

 



 

キャサリンがルシアの味方で良かったです!

彼女からの教えで、ルシアは社交界の動き方を学ぶことが出来るでしょう。

そしてファルコン伯爵夫人にも牽制をかけてくれましたので、彼女がルシアに近づくことが難しくなったはず。

ルシア【145話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は145話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...