ルシア

ルシア【142話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は142話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

142話 ネタバレ

ルシア【141話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は141話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • キャサリン王女

翌⽇、ヒューゴは国王から召喚状を受け取り、午後に出発した。

騎士のディーンは、夕方からのパーティーの護衛に任命される。

アントワーヌは、ヒューゴが邸宅を出る際にお辞儀をしたが、ヒューゴはお辞儀をしている彼女の姿を鋭く⾒つめていた。

今は時間がないが、いずれブティックを訪れ、これからのドレスを作るときに注意する必要があることを知らせようと考えていた。

それはアドバイスと警告の両⽅。

彼女をクビにすることも考えたが、アントワーヌが作ったドレスは妻にとてもよく合っていた。

妻が美しく輝くことに不満はない。

しかし、それは多淫な感情を刺激するべきではないのだ。

ヒューゴは彼⾃⾝の⽭盾の範囲内で基準を⾒つけることに。

今⽇、アントワーヌは⻘いサテンのドレスを持ってきた。

今⽇のドレスは、昨⽇のドレスよりも⼤胆だ。

ヒューゴがそれを⾒たら、彼は気性を失い、すぐに脱ぐように叫んだでしょう。

鎖⾻と丸い肩のラインが息を呑むほど露出している。

袖の代わりに、指の⽖サイズのブルーサファイアが付いた宝⽯のボタンがルシアの肩を彩る。

昨⽇と⽐べて腰の露出は少なかったものの、胸のラインは昨⽇のドレスよりも広くて深い。

ドレスはリッチな印象を与え、エレガントな雰囲気を醸し出している。

後ろ腰は⼤きなレースのリボンで飾られていた。

全体的に、シンプルでありながら⾼級感のあるワンピース。

ドレスを着たルシアは⻘いバラの花のよう。

鏡を⾒て、ルシアは内心で考えていた。

(彼は私のこの姿をあまり気に入らないでしょう)

保守的な夫は、背中が露出したときにショールで背中を隠させていた。

アントワーヌの表情を⾒ると、彼女は⾃分が作ったドレスに興奮している。

「最後の仕上げとして、公爵夫⼈の宝石を」

ルシアは、どの宝石がドレスに合うかについてアントワーヌと話し合っていた。

将来のドレスを作る参考のために、公爵夫⼈がどんな宝石を持っているか興味があった。

宝石商から購⼊した宝石とは別に、ルシアはプレゼントとして貰ったダイヤモンドネックレスを2つしか持っていない。

それらを⾒て、アントワーヌは失神⼨前に陥る。

「ホワイトダイヤモンドのネックレスはこれにとてもよく合います」

受け取ってから埃が溜まっていたネックレスを⾸にかけた。

ルシアの⽩い⾸に、何百ものぶら下がっているビーズダイヤモンドが巻かれたネックレス。

胸元が深くカットされている⾸元を飾り、ドレスとの相性も抜群で、もともとドレスとセットになったような印象を受けた。

 



 

ルシアは夜会の始まりを少し過ぎて会場に到着する。

貴婦⼈は⼀瞬でルシアの周りに群がった。

「公爵夫⼈。今⽇もあなたは美しいですわ」

⼥性たちはルシアの⾸にある輝くダイヤモンドのネックレスから⽬を離すことができない。

権力の差が⼤きすぎたので、彼⼥を羨むのではなく、賞賛の眼差しで。

「タラン公爵夫⼈?」

やや⾼⾳でシャープな声。

⼤声でお喋りする⼥性たちは即座に⼝を閉じた。

⼈々は⽔を分けるように分裂し、⼀⼈の⼥性がその分裂を通り抜ける。

傲慢な表情と自身の立場に誇りを持ったゴージャスで美しい金色の髪。

ルシアの⽬が少し震えた。

「ようやくお会いできましたね。あなたは昨⽇早く帰られましたから」

キャサリン、王の⾎を引き継ぐ女性でルシアの姉。

本物の王⼥であり、溢れる王⼥の間で適切な教育を受けた唯⼀の人物。

故の国王は本当に彼女を愛していた。

戦略的な結婚で彼⼥を売り払うことなく、国王は複雑な政治的戦いで堕落しなかった裕福なアルヴィン伯爵と彼⼥を結婚させる。

ルシアは幸運にも、アルヴィン伯爵家のような⾼貴な家系に、仕事の経験がなくてもメイドとして雇われた。

ルシアがマートン伯爵夫⼈だったとき、キャサリン王⼥はアルヴィン伯爵と結婚した。

キャサリン王⼥は忘れられない女性でもある。

ルシアはいつも、兄に愛され、社交界の中心だったキャサリンを羨ましく⾒つめていた。

豪華な王⼥としてのキャサリンの⼈⽣を羨ましく感じたことはないが、彼女には信頼できる家族がいたという事実を羨ましく思っていた。

キャサリンは当然ルシアを認識していない。

例え知っていたとしても、彼⼥は無知を装う⽴場にあった。

マートン伯爵夫人は、反逆者の一人。

キャサリンはかなりうるさい主人であったが、彼⼥⾃⾝のやり⽅で、私的問題と公的問題は明確に分離していた。

貴婦⼈の習慣に精通しているルシアは、静かにそして熱⼼に働いていたのだ。

そのおかげで、彼⼥はキャサリンの信頼を勝ち取り、多くのパーティーについていく責任を負うことに。

他のメイドの嫉妬を受けたが、⾼給で着実に仕事をすることはできた。

キャサリンは、当時、社交界の⼥王。

夫の富と家族の⼒に⽀えられたキャサリンに挑戦する勇気のある⼈は誰もいなかった。

タラン公爵夫人⼀⼈を除いて。

「お姫様へのご挨拶。私はビビアンと申します」

ルシアは挨拶で頭を下げた。

⼆⼈の王⼥の戦いを密かに期待していた貴婦⼈たちはがっかりする。

彼らは、タラン公爵夫⼈が最初に頭を下げるとは思っていなかったのだ。

キャサリンは奇妙な視線でルシアを⾒て、扇を閉じる。

「それほど畏まる必要はありません。いずれにせよ、公爵夫⼈は王⼥でもあるのですから。議論の余地はありますが、「お姫様」よりも「公爵夫⼈」と呼ばれる⽅が嬉しいです」

彼⼥の冷たい声には敵意はなかった。

キャサリンは、公爵夫⼈が社会界での彼⼥の⽴場を脅かすものではないことを⼀⽬で感じたのだ。

キャサリンはタラン公爵を諦めることはできたが、社会界の⼥王としての地位を諦めることはできなかった。

 



 

夢の中で、ルシアは⼩さな家を購⼊してメイドとしての仕事を辞めるのに⼗分なお⾦を貯めた。

辞職することをメイド長に⾔ったとき、キャサリンはもう⼀度考え直すようルシアを説得したのだ。

しかし、ルシアが辞める意思を曲げないことを確認したとき、彼⼥が去る前の夜に、キャサリンはルシアに⼀緒に飲み物を飲むように頼んだ。

当時、ルシアは心から驚いた。

伯爵夫人の向かいのソファに座って、彼女から個⼈的にワイングラスを受け取る。

キャサリンはルシアが来る前にすでに数杯飲んでいたので、少し酔っていた。

「辞めたあとはどうするの?家族は?結婚は?」

彼女は色々と質問を投げかけた後、小さな声で話し出した。

【パーティーに⾏った時、いつも⾒守っていた少女がいたわ]

ルシアはキャサリンの⼀貫性のないスピーチに静かに⽿を傾ける。

[私は彼女と⼀⾔も話したことがないわ。けれど、彼女を⾒るたびに、私は奇妙に感じたの。少女は陽気なパーティーの雰囲気に合わない暗い表情を浮かべていて、それは苛⽴たしいものでした。私は彼女が好きではないと考えたわ]

キャサリンの不平は、ワイングラスを傾けるにつれて⻑くなる。

[その⽇から、私は彼女に会いませんでした。調べてみると、その⼦は私の妹だったの。彼⼥は陛下の政敵の⽚付けに流されたと聞いたわ。彼⼥が⾏⽅不明になったと聞いたとき・・・、私がどう感じたか分かる?]

キャサリンは話すのをやめ、ため息をつくように笑った。

ルシアはキャサリンの⾔葉を無関⼼に聞いていたが、徐々に彼⼥の⽬は震え始める。

[「私は彼⼥と話すべきだった」と考えたわ。彼⼥が⾏⽅不明になった後、彼⼥が死んでいるのが発⾒されたと聞いたわ]

キャサリンの話を聞いて、ルシアはなぜ誰も自分を追いかけていなかったのかを理解した。

どのように起こったのか知らないが、ビビアン伯爵夫⼈は死んだものとして処理されたのだ。

[あなたは彼女によく似ています。だから私は彼⼥のことを考え続けたのかもしれないわ]

酔っ払って⽬を閉じたキャサリンは、泣きそうなルシアの表情に気づいていない。

[彼⼥はとてもきれいな⾚褐⾊の髪をしていたわ・・・。あなたの⿊い髪を⾒るたびに、私は思い出すの・・・]

言い終わる前に、キャサリンは眠りに落ちた。

ルシアは別のメイドを呼び、⼀緒に彼女をベッドに運ぶ。

ルシアは夜明けまで泣いた。

⺟親が亡くなって以来、こんなに泣いたのは初めてだった。

アルヴィン伯爵の家政婦として、推薦や仕事の経験がなくても、なぜ自分が雇われるのかを理解する。

それは、キャサリンの⼲渉が原因なのだろう。

ルシアはいつも⾃分は捨てられた存在だと思っていた。

どこにも歓迎されないと。

しかし、自分を思い続けてくれていた女性がいたことを知る。

それは彼⼥を⼤いに慰めた。

 



 

前評判だと、キャサリン王女は傲慢で嫌な性格なのかと考えていましたが、ルシアにとっては大切な存在だったのですね。

夢の中での唯一の良心と言ってもいいのでは?

現在のアルヴィン伯爵夫人はソフィアですので、キャサリンは誰と結婚しているのでしょうか?

それとも、まだ未婚?

ルシア【143話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は143話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...