ルシア

ルシア【140話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は140話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

140話 ネタバレ

ルシア【139話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は139話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 赤い痕跡

ヒューゴがルシアの柔らかい肌を感じていたとき、彼の理性は崩壊していた。

彼⼥の少し離れた唇にキスをする。

彼⼥の唇を少し吸い、それから彼⼥の下唇を軽く噛み、それを舐めた。

ヒューゴは何度も何度も彼⼥の唇を味わう。

最初は反応しなかったルシアだが、次第にまつ毛が震えて、目を開ける。

彼⼥は垂れ下がった腕を持ち上げ、彼の⾸に巻きつけた。

微かなうめき声が彼⼥の喉から逃げ出す。

「ん・・・」

長いキス。

キスをするだけで、ルシアは熱くなり、視界がぼやけた。

キスが終わった後も、ヒューゴの唇は⽌まらない。

彼は彼⼥の⽬、⿐、⽿に⼩さなキスを降らせた。

⽿たぶを軽く噛み、⽿の後ろを舐め、そして彼⼥の鎖骨に。

ヒューゴはルシアの丸い肩を噛み、⻭の跡を舐めたりキスをしたりした。

彼⼥の体の⾹りは⽢くて、とても美味しかった。

彼はすべてを味わいたかった。

彼⼥の濡れた柔らかい肌を舐め続けたいと。

彼⼥の⽩い肌に濃く⾚い痕跡を刻む。

私の。

私の⼥性だと。

ヒューゴは強烈な独占欲と欲望の混合物に捕らえられていた。

つま先の先から額のてっぺんまで、唇が触れないところはない。

 



 

ルシアは疲れ果てたように息を切らす。

「ビビアン」

彼は唸った。

彼女の目を見て、ヒューゴに唇が歪に曲がる。

もっと。

もっと彼女を苦しめたいと。

そんな欲望が渦巻いていた。

 



 

ルシアの⽩い肌は⾚く紅潮し、汗で湿っている。

途中途中で、2人は感覚を失ったような錯覚に陥る。

彼らはお互いの体を切望し、1つに溶け込んだ。

ルシアはヒューゴの肩を握ろうとしたが、彼⼥の⼿は彼の汗で滑り続ける。

⽬がとても熱くなり、濡れた。

涙が無意識のうちに彼⼥の顔を転がり落ちる。

その光景を見て、ヒューゴの⾚い⽬は炎上した。

彼⼥の⽖が腕を引っ掻いた跡が⾚い線を引く。

「ヒュー。これ以上はもう・・・」

「分かっている。もう少しだけ」

ヒューゴは決して守らない使い古された約束をする。

(私は体⼒を⾼める奇跡の薬を⼿に⼊れなければならないでしょう)

ヒューゴは、妻をもっと楽しんで、もっと頻繁に⾷べるために何をしなければならないのか疑問に思っていた。

ルシアは決して体力がないわけではない。

むしろ、一般の女性に比べて多い方だ。

それだけヒューゴが彼女を求めているという証でもある。

ルシアの⾚みがかった濡れた⽬の刺激的な光景に、彼は息を呑んだ。

うめき声が彼の⻭から逃げ出し、ヒューゴの視界は⼀瞬ぼんやりする。

そして、彼は彼⼥を抱きしめて優しくキスをした。

(また約束を破ってしまった・・・)

ヒューゴは冷や汗をかく。

怒りで自分を睨みつけていた妻をどうやってなだめるのかと考えていた。

 



 

宴会場の一件もあったからでしょうか。

ヒューゴの独占欲がさらに強烈になっています。

こんな彼の姿をファルコン伯爵夫人やソフィアが目撃したら発狂するのではないでしょうか?

ルシア【141話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は141話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...