ルシア

ルシア【139話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は139話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

139話 ネタバレ

ルシア【138話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は138話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 帰宅後

⾺⾞が公爵邸に到着する。

使⽤⼈が外からドアを開けたが、ヒューゴは起き上がれなかった。

なぜなら、彼の妻が⾜の上で深い眠りについていたから。

彼⼥は宮殿に⾏くときは元気だったが、帰りの馬車の中では何度も船を漕いでおり、ヒューゴが隣の席に移動すると、彼⼥は彼に寄りかかってすぐに眠りに落ちた。

「彼⼥はとても緊張していたに違いない。疲れが一気に出たのだろう」

自分の妻は立派だった。

彼⼥は⼤きなステージで、ミスをすることなく意図的に⾃分⾃⾝の立場を示したのだから。

今⽇は彼⼥を⾒せびらかすように固執していたので、誰も彼⼥に触れようとはしなかった。

北部のように⼈々を集めて警告することは出来ない。

だからこそ、彼は⾏動を使って⼈々に警告した

<公爵夫⼈に触れるのであれば、タラン公爵が彼⼥の後ろにいることを覚えておいてください>と。

彼⼥の髪はパーティーでしっかりと固定されていたが、帰りに膝の上に横たわっていたので、髪の⼀部が緩んでいる。

ヒューゴは、柔らかく流れる髪に指を⾛らせる感覚を楽しんでいた。

彼の表情はとても穏やか。

この瞬間がとても平和だったので、永遠に続くことを望み。

彼⼥を起こさないように、彼は慎重に腕を背中に巻き付け、それから彼⼥を抱きしめる。

彼⼥を抱えて邸宅に⼊り、寝室への階段を上った。

 



 

彼女をベッドに寝かせたとき、少し前に深い眠りにあったルシアが⽬を瞬きさせた。

「ヒュー・・・」

ヒューゴは伸ばした⼿を取り、彼女の唇を⼿のひらに押し付ける。

「戻ってきましたよ」

彼⼥はさらに数回瞬きし、ぼんやりと徐々に彼を⾒つめ、彼⼥の視界はより鮮明になった。

「・・・いつの間にか寝ていたのね」

短い睡眠のおかげで、彼⼥の意識はよりスッキリする。

ルシアが起き上がると、ヒューゴは彼⼥の⼿を取り、彼⼥を支えた。

「今日の私は大丈夫でしたか?」

「ええ、何も問題はありませんでしたよ」

「ふぅ・・・、よかった」

ルシアはメイドを呼ぶ。

重いドレスを脱ぎたかったのだ。

メイドが⼊ってきてすぐに、彼⼥は⼣⾷について尋ねた。

「私は取らないわ。ヒューは?」

「私も結構だ」

メイドはお辞儀をして寝室から撤退する。

「さっき・・・、宴会場で。ラミス伯爵が私に⼿紙を出そうとしましたが、私は拒否しました」

ルシアは⼿紙を拒否したが、社会界の噂は予測できない。

夫がどこかで歪んだ噂を偶然知る前に、彼⼥はそれが些細なことであるかのように報告した。

「は?」

ヒューゴは眉をひそめる。

あのろくでなしは自分の警告をあえて無視した。

(ファビアンは何をしている?)

調査を頼んでからどれくらい経った!?

昼も夜も⼀⽣懸命働いている罪のないファビアンが、焚き⽕に巻き込まれることに。

「何も起こらなかったので、ラミス公爵には腹を⽴てないでください」

ラミス公爵とタラン公爵は両⽅とも王を⽀援している。

ルシアは政治についてあまり知らないが、彼女はそれだけは理解していた。

⼩さな問題で、2⼈が疎遠になった場合は問題が生じるでしょう。

「⼩さな問題で、あなたの仕事に影響が出るのではないかと⼼配しています」

「ビビアン、あなたは何も⼼配する必要はありません」

これが過去だったとしたら、ヒューゴは容赦無く取り除いていたでしょう。

その後の影響など何も考えずに。

しかし、今は違う。

彼には守らなければならない存在があった。

世界のあらゆる困難から妻を守るために、家族と⼒と富を守らなければならないのだ。

「そうよね。良かったわ、あなたが理解してくれて」

ヒューゴは微笑んでいる彼⼥を後ろから抱きしめ、⾸の後ろにキスをする。

「⼼配する必要はありませんが、⼼配してほしいですね」

「え?」

彼⼥を完全に保護したかったのに、ヒューゴは彼⼥に自分のことを⼼配してほしかった。

自分自身の複雑な感情は、彼⾃⾝にも説明できない。

それらの不可解な⾔葉を⾔った後、ルシアはただそれを笑い⾶ばした。

 



 

簡単にお⾵呂に⼊って着替えた後、ヒューゴはオフィスに⼊った。

やらなければならない仕事は常に⼭積み。

彼はすぐに調べることができるいくつかの⽂書を調べ、承認に署名していた。

そのとき、オフィスのドアがノックされる。

「入れ」

彼はまだ書類から⽬を離していない。

「旦那様」

ジェロームではなく中年の⼥性の声を聞いたとき、彼は少し⽬を上げた。

「何だ?」

「お⾵呂に⼊っている間に、奥様は眠りに落ちました。これは通常では起こりません・・・」

メイドが何があってもルシアを起こすことができなかった場合、普通であれば、彼⼥をベッドに移動しなければならないでしょう。

それにもかかわらず、メイドはヒューゴに知らせることを優先した。

そして、彼⼥の決定は間違っていなかった。

ヒューゴは⽂書を机に置き、「あなた方は撤退して休んでください」と命じる。

すべてのメイドが去ったあと、ヒューゴは空のバスルームに⼊った。

ルシアが浴槽に浸かって眠っている。

彼⼥の裸は明るく輝き、澄んだ⽔に沈んでいた。

ヒューゴは浴槽の端に座って、濡れた⾚い唇を指でなぞる。

彼⼥が無害の⾚ん坊のように眠るのを⾒て、彼の視線は深まった。

彼⼥を⾒ているだけなのに喉のどこかにしこりを感じる。

上手く説明できない感覚。

ヒューゴはシャツをまくり上げ、⽔から彼⼥をすくい上げた。

そして、彼⼥をベッドに広げたタオルの上に置き、濡れた体を別のタオルで拭く。

薄暗い寝室で、彼⼥の裸は⽉のように輝いていた。

 



 

ファビアン・・・。

とばっちりで更に仕事を頼まれそうですね。

給料は良いけれど、労働条件が過酷過ぎます。

そして、メイドの判断は間違っていないのですね(笑)

ルシアに関する異常はすぐにヒューゴに報告する。

これが正解でした♪

ルシア【140話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は140話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...