ルシア

ルシア【138話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は138話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

138話 ネタバレ

ルシア【137話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は137話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 救世主

ロイは唾を飲み込んだ。

彼の⽬は絶望で曇っている。

無表情な⼈形のような凍った表情で、ロイは振り返り、主に向かって歩き始めた。

ロイの柔軟な体は、まるでロボットのよう。

彼は主から2歩離れた場所で立ち止まり、その場で跪く。

信じられない光景に群衆に静まり返った。

この場所の貴族のほとんどは、タラン公爵の強さを聞いていたが、実際に目撃したことはない。

しかし、彼らのほとんどはロイの狂気を⽬撃していた。

ロイの決闘を⾒た⼈も多い。

彼の性格は正気ではなかったが、人々は皆、彼のスキルが優れていることを認めていた。

自分の目で見たものだから。

無意識のうちに、ロイ・クロティンの強さはタラン公爵の強さよりも優れているのではないかと⼈々は考え始めていた。

タラン公爵が彼の主⼈であったとしても、狂った⾺のように野⽣で⾛り回るロイの⼿綱を取るのに苦労するだろうと。

しかし、それは完全に間違っている。

人々は忘れていた。

タラン公爵は戦争の⿊獅⼦と呼ばれる騎⼠だということに。

彼の武道の素晴らしさは、敵国ですら認めていたのだから。

タラン公爵の前では、「狂犬」でさえ怯えた⼦⽝のように見える。

⼼の優しい⼥性たちは、ロイが野蛮であると⾮難していたことも忘れて、同情的だった。

「しばらく会っていない間に、あなたはジョークを学んだようですね」

単調な声だった。

「立て」

タラン公爵の命令で、ロイはすぐに⽴ち上がった。

元気いっぱいの新⼊社員のように。

(殴られる)

ロイには予感があった、

彼の予感が外れることはない。

それが悪い方向ならば尚更に。

主⼈が怒ったときはあまりにも怖かった。

胃への1回の打撃による後遺症は、少なくとも1週間は続くだろう。

一般人ならば、彼らの内臓は破裂し、即死するでしょう。

たとえそれがロイ⾃⾝であったとしても、彼は⼀週間食事を摂ることが出来ないはず。

ロイは自分自身への罰を待って視線を下げたが、罰が訪れないので、彼は静かに頭を上げた。

「ああ・・・」

主のそばにはお馴染みの顔が。

それは公爵夫⼈の姿。

見ている間、ロイは「ピンクのドレスに⻘いショールは似合わない」と考えていた。

ルシアは集まった群衆を突破し、ヒューゴに近寄っただけ。

会場の異様な雰囲気にはまったく気付いていない。

ヒューゴが彼⼥の⽬的地であり、彼⼥の⽬には彼しか写っていないので、周りを⾒回す余裕がなかったのだ。

彼の目を見つめると、不快に染まっていた瞳の感情が溶けていくのが分かる。

ルシアはヒューゴに会えただけで幸せだったので、彼女は笑顔を浮かべた。

ヒューゴはすぐに腕を伸ばし、彼女の腰をしっかりと抱きしめる。

その後、ようやくルシアは、ロイがいることに気づいた。

「クロティン卿。お久しぶりですね」

挨拶をしたのに、ロイが呆然としているので、ルシアは注意深く尋ねる。

「え〜と・・・、パーティーを楽しんでいますか?」

とんでもない挨拶だった。

「あはは・・・」

誰かが大笑いする。

犯⼈は王様だ。

クェイズが笑い声を上げる。

⼈々は王様が笑い声を上げているのを⾒て、⼀⼈ずつ笑い始めた。

やがて、パーティー会場は⼤笑いの⾳でいっぱいに。

ルシアは混乱していた。

なぜ彼らが笑っているのか理解できないから。

(どうして挨拶しただけなのに、みんな笑っているのかしら?)

ヒューゴの腕がルシアの肩に巻きつき、慌てている彼女の体を胸に引き寄せる。

そのまま、彼はロイに視線で命令した。

ロイはすぐに意味を理解し、その場を離れる。

(私はこのご恩を忘れません、奥様)

ロイはルシアを内心で褒め称えた。

彼⼥は彼の命の恩⼈なのだから。

 



 

ロイは歓喜の中でパーティー会場からすぐに出て⾏こうとしたが、突然⽴ち⽌まる。

通り過ぎたばかりの⼥性に⽬を向けた。

⼥性は⼈の少ないパーティーホールの⼊り⼝に⼀⼈で⽴っている。

彼⼥の顔に見覚えはあったが、以前どこで彼女に出会ったのか思い出せない。

「悪臭が酷いな」

パーティーの陽気な雰囲気とは対照的に、彼⼥の周りには悲惨なオーラが漂っていて、視線はどこかに固定されていた。

その視線がどこに向けられているかは分からない。

どういうわけか、ロイは気分が悪かった。

彼はその⼥性をよく観察してから背を向ける。

気を失った中年の男性は使用人たちによって、どこかに連れ去られた。

タラン公爵が投げたナイフが埋め込まれた柱の周りに⼈々が集まる。

⽯柱の奥深くにナイフが埋め込まれているのを⾒て、⼈々は畏敬の念と恐れを持つ。

誰かが「勇敢に」ナイフを引き抜こうとしたが、ナイフは微動だにしない。

その後、呼び出された建設の専⾨家によると、ナイフに不注意に触れた場合、柱が崩壊する可能性があるとアドバイスされたのだ。

最終的に、ナイフは取り外されずに放置することに。

 



 

午後が過ぎて⼣⽅に近づくにつれ、宴会場の人は増えていった。

半⽇間を、挨拶、会話、笑顔を⾒せた後、ルシアは顔の筋⾁が痙攣しているように感じていた。

誰に挨拶したのかさえ思い出せない。

今⽇のルシアの社交界デビューは成功だ。

⼈々は実際に、ルシアに挨拶するために並んでいるのだから。

「疲れた?」

ヒューゴの質問に、ルシアはいつも通り「元気です」と答えようとしたが、「少し疲れた」と打ち明ける。

「帰ろうか?」

「⼤丈夫」と縫い付けられた⼝から出てくる「疲れた」という⾔葉は、本当に苦労しているに違いない。

ヒューゴはそう考えて、彼⼥を胸に引き寄せた。

「けれど、宴会はまだ途中・・・」

「⼤丈夫、あなたはすでに⻑い間宴会場に滞在した。誰もが両⽅のイベントに参加するのは難しい」

「本当に家に帰れますか?」

ヒューゴは微笑んだ。

「家」という⾔葉が彼の⼼を温める。

「ええ」

二人の世界に、誰も近づくことができない。

「・・・これはめったに見れない光景ですよね?」

クェイズは何度⾒ても、目の前の光景が興味深かった。

ベスは夫の呟きを聞いて微笑む。

「⼥王はどう思いますか?タラン公爵の行動は本心?それとも演技?」

「それは重要なこと?」

彼女の言葉は正しい。

それは重要ではないのだ。

タラン公爵が公式イベントで妻への愛情を表明したという事実は、誰にとっても静かな警告。

「私が彼女の後ろにいるので、非常識な行動は控えるように」という警告。

「公爵夫⼈はかなり忙しくなるでしょうね」

「確かに」

ここに来た⼈は皆、タラン公爵に接近する近道が公爵夫⼈であることを知った。

多くの⼈が、すでに公爵夫⼈を燃えるような⽬で見つめている。

「しかし、キャサリンは顔さえ⾒せずに何をしているのだろうか?」

「彼⼥はこの種のイベントを嫌っています。分かりませんか?彼⼥は夕方からの宴会には参加するでしょう」

彼らは両⽅ともクェイズの姉妹でしたが、なぜ彼らの性格はそんなに異なっているのだろうか?

⺟親が違うから?

彼はキャサリンに相応しい花婿を⾒つけなければならなかったが、問題は、相応しい人物が誰もいなかったということ。

 



 

ルシアの登場で命拾いしたロイ。

見覚えのある女性とは、おそらくファルコン伯爵夫人でしょう。

ロイが彼女の計画を阻止してくれるのかもしれませんね♪

そして、キャサリン王女とは今回は遭遇しないのでしょうか?

二人が出会ったときの反応が気になりますね!

ルシア【139話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は139話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...