ルシア

ルシア【137話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は137話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

137話 ネタバレ

ルシア【136話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は136話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 狂犬の訪問

「見てください、狂犬よ」

「狂犬クロティン」

⽬を引く男が⼊場すると、⼼地よい宴会場の雰囲気が不穏になる。

ロイは獲物を探す野⽣の⽝のようにゆっくりと周りを⾒回していた。

⼈々は彼の⽬と合うことを恐れて、背を向けている。

ロイは皇太⼦の護衛であり、皇太⼦と⼀緒にパーティーや会議に出席する間、徐々に悪評を蓄積させてきた。

今や、彼は社交界で有名な人物。

彼が望むかどうかにかかわらず、彼は⾎まみれの争いに巻き込まれた。

護衛の初期段階は、かなり静かにしていた。

そして徐々に彼らはロイを無視し始め、彼を嘲笑し始めた。

戦場での彼の名声は、社会界では役に⽴たなかった。

タラン公爵は彼に男爵の称号を与えたが、もともと彼は平⺠。

そして、皇太⼦に反対する貴族がロイと衝突し、決闘を申し込んだのが全ての始まり。

ロイは喜んで決闘に応えた。

彼のストレスは、適性に合わない護衛の仕事でピークに達していた。

しかし、剣を振るえば、ストレスは完全に解消される。

絡んでくるほとんどの人物は皇太⼦に反対する勢⼒だったので、皇太⼦は何も言わずに⾒守っていた。

その結果、ロイは元気いっぱいになり、1⽇に2、3回の決闘をすることも。

最初は、何も知らなかった⼈たちが彼の挑戦を受け⼊れ、彼らの騎⼠が半殺しにされて初めてロイが狂⼈であることに気づく。

その後、ロイは狂犬と呼ばれることに。

危害を加えられた⼈々が怒りで⻭を⾷いしばったとしても、それは法的な対⽴であったため、彼らには正当化がなかった。

さらに、ロイの後ろには皇太⼦がいて、その後ろにはタラン公爵がいた。

狂犬の尻尾を踏まないように、⼈々は安全に行動することを心がけていた。

前王が亡くなった後、ロイはしばらく⾝を隠していた。

歩き回って⼼ゆくまで遊んだ後、彼は退屈になる。

時が経つにつれ、素朴なロイは主に叱られた時の恐怖を事実上忘れていた。

今⽇は戴冠式で⼈が多かったので、何か楽しいことはないかと思い、宴会場を訪れたのだ。

 



 

正式な式典なので、ロイのように鎧を着てパーティーにやってくる騎⼠はいない。

近衛騎士は、すでに有名なロイを⽌めなかった。

ロイが歩いていると、彼は誰かと肩をぶつける。

彼は謝罪するために頭を向けたが、突然、中年の貴族が声を荒げた。

「貴様の目は節穴なのか!鎧などを着て、何をしている!」

「ほぅ」

ロイが目を細める。

人々から喧嘩を売られなくなって久しいので、相手の反応は新鮮だった。

中年の貴族はしばらく⾸都を離れていたため、悪名⾼い「狂犬クロティン」のことを聞いたことがなかったのだ。

「目が見えていないのですか?なぜ私があなたを避けなければならないのでしょう?あなたが盲⽬であるならば、私が謝罪します」

「な・・・、なに!このクソ野郎!」

中年の男性は周りの⼈が怯えている様子に気づいていない。

「クソ野郎?命が惜しくないようですね」

「よくもそんなことが言えるな!私が誰だか知っているのか!?この後、無事で済むと思っているのか!?」

「あなたは誰ですか?」

さあ、早く私に挑戦してください。

ロイは誰かが自分との戦いを選ぶことを望んでいた。

中年の男性は不運にも捕まることに。

笑顔を浮かべたまま突然前進すると、中年の貴族は後退した。

その騒ぎに⼈々の注⽬が集まる。

狂犬クロティンに目をつけられるのは不幸だが、自分以外の相手が目をつけられる場合、それは素晴らしい光景。

⼈々が狂犬と呼んでいる間も、彼らは秘密裏にロイが引き起こすトラブルを見たかったのだ。

顔を保つことを⽬的とした貴族社会では、狂犬のような人物はいない。

⼈々は今⽇の生贄に同情を感じていたが、同時に彼らは目の前の光景を⾒ることに興奮していた。

クェイズは自分に視線が集中するのを感じる。

これは彼の王位への加⼊を祝うパーティー。

もしロイが事件を起こせば、それは王の尊厳を傷つけることになるでしょう。

問題はロイが⾔うことを聞くかどうか。

「ええと・・・。タラン公爵」

彼を⽌めてみませんか?

彼はあなたの部下です。

クェイズは問題解決をヒューゴに引き渡す。

正直なところ、ヒューゴはロイがこの場所を台無しにしたかどうかを気にしない。

彼の関心は、現在⽋席している彼の妻だけ。

彼女の様子を見に行かせたメイドの報告が遅くてイライラしている。

・・・先ほど送ったばかりなのだが。

全員の視線はタラン公爵に向けられる。

「彼は本当に狂⽝を⽌めることができますか?」

「それは彼の部下なので、明らかではありませんか?」

「しかし、相手は狂犬です」

狂犬の行動は予測できない。

⼈々の意⾒は分かれていた。

⼈々は公爵がすぐにロイを⽌めに⾏くことを期待したが、ヒューゴは向きを変えて近くのテーブルに⾏く。

そして、彼はテーブルからナイフを拾う。

サラダを切るための鈍いナイフ。

なぜ?

群衆は⼼の中で質問した。

ヒューゴは⽚⼿でナイフを数回軽く投げた後、ロイの背中にナイフを投げる。

それは⼀瞬の出来事だった。

 



 

「うわぁ!」

「キャア!」

あちこちで短い悲鳴が上がる。

ロイはネズミと遊ぶ猫のように中年の貴族と戯れていた。

中年の男性はロイの⾝⻑からの脅威に勝つことができず、背中が柱にぶつかるまで後退した。

誰も自分を助けてくれないことに驚きながら。

ロイは腕を柱に押し付け、中年の男性を悪党のように脅す。

男が恐怖で挑戦をすることすら考えられなかったという事実はロイの誤算だった。

その時、ヒューゴが投げたナイフがロイの頬をかすめ、柱に埋め込まれる。

偶然にも、ナイフが着地した場所は、柱に震えている中年男性の⽬の隣。

男は⼝の中で泡を吹いて、気を失った。

中年の男性が倒れる直前、ロイは頬から血が流れていることに気づく。

「ちっ!誰の仕業だ!」

ロイが猛烈に叫び、頭を向けた瞬間、彼は凍りついた。

周囲は静かだった。

みんなが凍っていた。

⽬が合うと、ヒューゴはロイに向かって指を上げ、彼を⼿招きする。

「あ、死んだ」

 



 

ロイの安否が気になります。

ヒューゴはどのようにしてロイを叱責するのでしょうか?

そして、このタイミングでルシアが戻ってきたら、パーティーはどうなるのか気になりますね!

ルシア【138話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は138話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...