ルシア

ルシア【135話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は135話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

135話 ネタバレ

ルシア【134話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は134話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 悪夢の元凶

アルコールの効果が抜けてきた為、ルシアは休憩室から出る。

廊下を歩いていると、使用人のメイドが慌てて近づき、頭を下げた。

「タラン公爵様が、公爵夫⼈の不在が⻑かったことを⼼配しておりました」

休憩してからたった30分。

周りの⼈々が彼の⾏動を異常だと⾒なし、自分のために使用人を送ったと思ったので、恥ずかしい思いをした。

「先に行って、私が向かっていることを彼に伝えてください」

使用人はお辞儀をして、すぐに元来た道を戻る。

「旦那様はいつも奥様を探しています」

後ろに控えていたメイドがそう話す。

「からかってるの?」

「とんでもございません、奥様。私も結婚したら、旦那様と奥様のように⽣きたいと思っております」

それはメイドの本心。

彼女は心から二人の関係を羨ましいと感じていたのだ。

最近のヒューゴとの関係は間違いなく良好。

北にいたときと⽐べて、彼の顔を⾒る時間は少なかったが、関係はさらに親密になっている。

北にいたときと何が違うのか考えるが、指摘できる具体的なことは何もない。

しかし不思議なことに、ヒューゴの言葉がとても甘く聞こえるようになった。

 



 

ルシアは気分良く歩いていたが、少し離れたところで会話している男性のグループを⾒るやいなや、⾜を⽌めた。

「奥様?」

後に続いていたメイドが不思議そうな表情を浮かべる。

まるで盾のようにショールを握りしめ、呼吸を整えて、再び歩き始めた。

顔を確認するのに⼗分に近づいたとき、ルシアは息を吸った。

ただ通り過ぎることができることを望んで。

数歩後、男性の⼀⼈がルシアを発⾒し、彼の⽬は貪欲に輝く。

鳥肌が彼女の全身を駆け巡った。

「おや。あなたは公爵夫⼈ではありませんか?あなたのような美しい⼈物に挨拶する機会を与えてくださり、私はとても嬉しいです」

男の過度な挨拶を無視することはできない。

公式の社会デビューで失礼な行動をすれば、ゴシップの標的になるだけなのだから。

彼⼥は⽴ち⽌まって、男の顔を⾒ることを余儀なくされた。

表情が歪まないように視線を制御することに焦点を合わせて。

その男はルシアよりかろうじて背が⾼い。

妊婦のようなお腹と、脂っこい顔は貪欲で厚く覆われていた。

ニヤリと笑う表情は歪に満たされている。

それは彼⼥の夢の中での夫であり、夢の中で一番⾒たくなかった男。

マートン伯爵。

「私はマートン家の⻑であり、伯爵の称号であるホリオ・マートンの後継者です。ずっと前からお会いしたかったですが、お近づきに慣れた今、あなたの美しさはさらに輝いていますね。タラン公爵夫人に敬意を表します。あなたに挨拶できることを⼤変光栄に思います」

彼は意地悪な商⼈のように⼿のひらをこすり合わせていた。

ルシアの現在の感情。

それは嫌悪と恐れ。

夢の中で、マートン伯爵は絶望の壁だった。

結婚⽣活は暗闇。

それにもかかわらず、ルシアが耐えることができた理由は、⽪⾁なことに、彼⼥は何も知らずに結婚したから。

普通の結婚がどのようであるかについて少しでも知っていたならば、彼女は自害していたかもしれない。

彼⼥はそれほど辞任し
て、そしてサスペンスで⽣きていなかっただろう。

夢の記憶が悪夢だったとしたら、現在の結婚は壊したくない幻想。

そのため、マートン伯爵に出くわしたとき、彼⼥の幻想が壊れたかのように思えたのだ。

ルシアは滅多に他⼈に対して暗い感情を持たない。

少し悲しいことや不快なことを気にしない性格だ。

しかし、マートン伯爵を好きになることは決してないだろう。

 



 

(この男・・・、彼はこんなにも⼩さかったの?)

ルシアはいつでもマートン伯爵と対峙する準備ができていた。

公爵夫⼈にはなったが、⼼の奥底にはかすかな恐怖が。

それを払拭するために。

しかし、彼⼥が実際に直⾯したマートン伯爵はとても小さな存在だった。

彼の背は低く、夫とは比べるまでもない。

ヒューゴの広い胸と彼のしっかりした抱擁を覚えているので、ルシアの不安は払拭された。

もし彼がマートン伯爵を蹴り上げれば、彼は遠くへ⾶ぶだろう。

そう考えると、恐怖が徐々に消えていく。

「公爵夫⼈。タラン公爵に挨拶する機会をください。彼の側には⾮常に著名な⼈々がいるので、私のような価値のない人間は彼の⽬には⼊らないかもしれませんが、私は公爵の⼿と⾜になる準備ができています。チャンスをくれれば、この御恩を決して忘れません」

マートン伯爵の権⼒への異常な執着は以前と変わらない。

(人はそんなに簡単に変わらないわよね・・・)

「これは私たちの最初の挨拶にもかかわらず、あなたの言葉は失礼です。公爵と取引がある場合は、直接彼に相談してください」

ルシアは真⾯⽬な表情でそう話した。

目の前の男と⼆度と会話もしたくない。

影さえ⾒るのも嫌だった。

マートン伯爵との恐ろしい運命は、もはや現実には存在しない。

だからルシアは、故意に失礼な⽅法で話したのだ。

マートン伯爵の暗い⽬に、恥ずかしさと煩わしさの感情を⾒る。

夢の中で、ルシアは伯爵の⽬がこのようになるたびに恐怖に震えていた。

姿勢をまっすぐにした。

自分を傲慢に⾒えることを望み、彼の横を通り過ぎる。

⼼は少し緊張していたが、胸を押し下げている何かが持ち上げられたように感じて、ルシアは⾮常に喜びを感じた。

笑顔を浮かべそうになったので、唇を噛んで堪える。

夢の中で悪夢から本当に解放されたことに気づいた。

(私が理由もなく彼を平⼿打ちしたとしても、彼は私に何もすることができない)

ルシアの後ろにはタラン公爵がいるのだから。

⼈⽣のあらゆる嵐から守るかのように自分を⽀えてくれる信頼できる夫。

彼は無敵ではないかもしれませんが、このようなゴミを取り除くの
に⼗分な⼒を持っていた。

夢の中で恐れて震えていた彼女はもう存在しない。

 



 

ついにマートン伯爵と対峙しましたが、成長したルシアの敵ではありませんでしたね♪

克服できた理由には、ヒューゴの存在が大きいのでしょう。

トラブルが発生したらしたで、ヒューゴが黙っていないでしょうし。

これでマートン伯爵の出番は終わりなのでしょうか?

ルシア【136話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は136話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...