ルシア

ルシア【133話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は133話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

133話 ネタバレ

ルシア【132話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は132話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 休憩室での一幕

タラン公爵を中⼼に、周囲の⼈々は、別世界のように沈黙していた。

この状況を引き起こしたタラン公爵だけが落ち着いている。

空のグラスを通りすがりの使⽤⼈のトレイに置き、新しいグラスを⼿に取る動きも、非常に自然だった。

彼に恥ずかしいと文字はないのだ。

彼が相手の視線と考えを気にするのは、彼の妻だけ。

「・・・公爵夫⼈との仲は良さそうだね」

クェイズが沈黙を破る。

「君たちは新婚だよね?」

彼の言葉に、誰もが違和感を覚えた。

タラン公爵が結婚してから1年半が経過しているのでは?

⾃信を持って新婚と呼ぶには漠然とした時期。

しかし、彼らは気づいた。

今の問題が「新婚期間」ではないことに。

問題は、彼らが⽬撃した⾏動が、他ならぬタラン公爵によって⾏われたということなのだ。

⼈々の視線は、二人が愛情のこもった囁きを交換していたときから、すでに公爵夫⼈に引
き付けられ始めていた。

議論していた⼈々でさえ、沈黙し、彼らに⽬を向けるくらいだ。

二人は完全に自分たちの世界に入っていた。

公爵が妻を⾒つめたときの暖かさは驚くべきものであり、彼の愛情深い表情は信じられない光景。

「・・・公爵、あなたは恋に落ちたようですね」

誰もが、⾃分たちが⾔えないことを⼤胆かつ率直に⾔ったクェイズを内心で賞賛する。

 



 

ヒューゴは無表情のままクェイズを見た。

彼は王の言葉に誘導されて、噂の⼿がかりを提供するつもりもなかった。

「陛下がその⾔葉を知っているとは知りませんでした」

タラン公爵が話題を変えると、周囲の⼈々は後悔しているように⾒えた。

特に⼥性陣は。

せっかく、これからの三日間を彩る話題作りが生まれたかもしれないのに。

そんな後悔を見せている。

根拠のない噂は時々あるが、雲から落ちる噂はない。

それが「⾁付け」されるためには、少なくとも1つの信頼性の⾔葉がなければならない。

社交界のすべての噂はそのように作られてきたのだ。

「え〜と?公爵は私をどのように⾒ていますか?私はロマン主義者ですよ」

クェイズの言葉に、多くの⼈が⼤笑いした。

ヒューゴも笑う。

王位は、多くの⼈々の⾎と命を踏むことによって得られた地位。

血生臭い戦いに勝利した人物から生まれる言葉ではなかった。

クェイズは自分の⽴場を維持するために、彼の兄弟を殺したのだから。

「そういえば、公爵。裏話をほとんど話さないことを考え直してください。公爵の恋愛物語に興味を持っているのは私だけではありません」

それは王の尊厳を下げる発⾔だったが、それがクェイズの奇妙な魅⼒の一つでもある。

適度に冗談を⾔っても、彼が尊厳を失うことはなかった。

尊厳という綱渡りをするのが得意なのだ。

それが、クェイズを⽀持する若い貴族がたくさんいた理由でもある。

「いいえ、結構です。1つの噂が100の噂に変わりますから」

「公爵は噂を気にしませんよね?」

巨乳美⼥が好きかと尋ねた彼⼥の記憶が、ヒューゴの頭に浮かぶ。

これまでずっと、彼⼥についての悪い噂や、自分についての馬鹿げた噂を聞いて誤解した場合に備えて、さまざまな噂を集めていた。

しかし、それだけでは⼗分ではなかったようだ。

ヒューゴ自身はくだらない噂を気にしないが、もっと積極的に取り締まる必要性を感じるのだった。

 



 

ルシアは休憩室に逃げた。

パーティーは始まったばかりなので、広々とした休憩室には人が少ない。

「⽔を持ってきてください」

付き添いのメイドにそう命じて、熱くなっている顔を手で覆う。

(酔いが覚めるまで休まないと・・・)

彼女の気分は高揚していたが、今は暗くなっている。

(何か大きな間違いを犯していないだろう?)

そもそも、ヒューゴを誘発すること⾃体が間違いだった。

「彼が⼈々の視線を気にしないことを知っていたのに・・・」

ルシアはメイドが持ってきた⽔を飲み、ショールを外すと冷たい空気が肩と背中に当たる。

なぜ彼が突然ショールを自分に与えて、それを脱がせたくないのかと考えていた。

しかし、今なら答えが分かるような気がして、笑わずにはいられない。

(彼はいつもそんなに保守的な性格だっただろうか?)

妻や恋⼈の露出を嫌う男性がいると聞いていたが、ヒューゴが彼らの⼀⼈であることを知らなかった。

この⾒た⽬によって、アントワーヌは罪に問われるでしょう。

(しょうがない・・・。このチャンスを利⽤してアントワーヌと取引しましょう)

アントワーヌは最初の訪問後に莫⼤な金額の領収書を送っていたが、この戴冠式のドレス
の料⾦はかなり安かった。

それを口実にして、彼女をヒューゴから守るつもりだ。

「公爵夫⼈。休憩を中断してすみません。少しだけお時間を頂けないでしょうか?」

休憩室は制限されていないエリア。

⼥王が⼊ってきたとしても、休んでいる⼥性たちが⽴ち上がって挨拶をする必要はない。

目的は静かな休息をとることだったので、たとえ話し合ったとしても、⼤声で話すのは失礼なのだ。

「座ってください、アルヴィン夫人」

「ああ、あなたは私を覚えていてくれたのですね。光栄です」

今⽇、アルヴィン伯爵は、妻のソフィアの代わりに、未婚の妹をパートナーとして連れてきていた。

あの⽇以来、ソフィアは家に⾝を隠している。

今⽇が戴冠式のパーティーであったとしても、ソフィアが出ていたら、ルシアはそれを自分の警告を無視したと⾒なしていたでしょう。

ソフィアが⾃分の⾔葉の意味を理解できないほど愚かではなかったのは幸運だった。

「兄は、義理の姉の過ちについて公爵夫⼈に謝罪することを私に望んでいました。兄が直接会う機会がなかったら、彼は私にあなたと話すように⼼から要求しました。義理の姉は本当に⼤きな間違いを犯した。本当に申し訳ありませんでした。私はあなたの許しを求めません。私はあなたがあなたの怒りを鎮めてくださることを嘆願するだけです」

「私はすでにこの問題を忘れています。アルヴィン夫⼈が謝罪する必要はありません。私は謝罪を受け⼊れます」

「寛⼤なお⾔葉をありがとうございます」

アルヴィン夫⼈は苦笑いする。

彼女はそれが形式的な言葉だと理解していた。

ユーモアを交えて優しく接すれば、公爵夫人が許してくれると思うのは間違いだということに。

アルヴィン夫⼈は別れを告げて⽴ち上がる。

それが、今の彼女にできる最善の行動だから。

ルシアは突然何かを思い出し、休憩室の片隅にいる⼥性を観察する。

(あの女性は・・・)

暗褐⾊の髪、猫のような⽬、わずかに上向きの唇、⽬の下のほくろ。

その⼥性はノーマンが説明した容姿と⼀致していた。

ルシアを調べるためにノーマンの元を訪ねた貴婦⼈に。

メイドに彼女が誰であるかを調べるように頼む。

メイドは、年上のメイドから得た情報を持ってすぐに戻ってきた。

「彼⼥はファルコン伯爵夫⼈と呼ばれています」

「・・・ありがとう」

ルシアは夢の中で彼女を⾒たことがない。

ソフィアとの会話を⽿にしていなければ、ファルコン伯爵夫⼈がヒューゴの秘密の愛
⼈であることは知らなかっただろう。

(なぜ彼⼥は私を密かに調査したの?)

⼥性が自分を狙っているのか、それとも自分を使ってヒューゴにたどり着くのを狙っているのかは分からない。

ソフィアのように、個⼈的な感情のために⾏われた可能性もあるが、その背後に何らかの根本的な動機がある可能性もあった。

本当に⽬的があれば、⼥性は間違いなく自分に近づいてくるだろう。

なんらかの理由で⼥性が近づいてきた場合、ルシアはヒューゴに話すことを計画していた。

 



 

ソフィアは相変わらず家に籠っているのですね。

アルヴィン伯爵の妹が良識的な考えの持ち主で良かったです♪

かと思いきや、今度はファルコン伯爵夫人の登場!

彼女の登場はもうないと思っていましたが(汗)

ルシア【134話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は134話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...