ルシア

ルシア【132話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は132話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

132話 ネタバレ

ルシア【131話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は131話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 互いのヤキモチ

男性は男性と集まり、⼥性は⼥性と集まる。

クェイズ国王とタラン公爵が外国の代表団と深刻な問題について話し合っているところに不注意に近づく人は誰もいない。

ルシアは⼥王や他の⾼位の貴婦⼈と⼀緒にいた。

彼⼥は⼥王のそばに⽴ち、他の⼈々は彼らの周りに⽴っている。

現在、ルシアの立場は⼥王とほぼ同じレベルにいた。

ラミス公爵夫⼈はすでに亡くなっており、フィリップ侯爵夫⼈は義⺟を悼んで⽋席し、デカーン侯爵夫⼈は健康上の理由で⽋席している。

(デカーん侯爵夫人はもうすぐ亡くなるでしょう)

彼⼥の夢の中で、ソフィアはデカーン侯爵と結婚していた。

ルシアは、この⽣涯で誰がデカーン侯爵の妻になるかを知らない。

周りの⼥性と会話をしながら、ルシアは時々ヒューゴを探していた。

(いた・・・)

会場内のすべての⼈の中で、彼は群を抜いて最⾼だった。

彼が国王と⼀緒にいたときでさえ、彼の印象的な存在は衰えない。

夢の中でさえ、ヒューゴの存在は明らかに圧倒的なものだった。

カクテルを飲み続けると、気分が明るくなる。

ほろ酔いなのか、酔っ払っているのか分からない。

適切に会話を続けながら、時々彼の⽅向をちらっと⾒た。

多くの⼥性がヒューゴを見つめ続けている。

彼が自分の夫であることを、彼女たちに自慢したくなった。

誇らしいであると同時に、イライラもする。

ルシアは「彼を見ないで」のような子供っぽいことを言いたかった。

(ああ・・・。あの⼥性は⼤きな胸を持っているわ)

⾸都の貴婦⼈の服装は、間違いなく北部の貴婦⼈よりも⼤胆だ。

それが一般的だったので、誰も気にしていない。

ルシアの⽬は⼥性の胸に集中していた。

本人は見ないように振る舞っているが、無意識に見続けている。

夢の中で⾒たすべての⼥性は⼤きな胸を持っていた。

そして、ヒューゴが巨乳の⼥性が好きだったのは明⽩だ。

胸を⼤きくするために何を⾷べなければならないのですか?

ルシアはそう聞きたかった。

そして、彼⼥は⾃分の服を⼀瞥する。

ドレス⾃体はかなりゴージャスでしたが、スタイルは優しい。

裏側は露出しているのに正⾯からは⾒えないので、派⼿に⾒えないのだ。

ルシアはドレスについて不満は持っていない。

このドレスは自分によく合っていたのだから。

しかし、彼⼥は⾃信を持って⾃分の体を⾒せびらかす⼥性が少し羨ましいとも感じていたのだった。

そう考えながら、ルシアは再び頭を向け、⼥性の会話に注意を払う。

 



 

ヒューゴは退屈な話を⽚⽅の⽿から聞き流し、時々ルシアを監視していた。

彼⼥がカクテルを数杯飲むのを⾒て、彼は彼⼥が酔うのではないかと⼼配している。

そして彼⼥が振り返った瞬間、ヒューゴの表情が抜け落ち、内心が炎上する。

(な、な、何だあれは!?)

ルシアの真っ⽩な背中がはっきりと⾒えていたのだ。

これまでずっと、ヒューゴは彼⼥を正⾯からしか⾒ていない。

背中がそのようになると誰が思っただろうか?

彼はアントワーヌのドレスに満⾜していた。

なぜなら、それは明らかに通常のドレスとは異なっていたからだ。

しかし、ヒューゴがあのように背中を開いているとは知らなかった。

(彼⼥を解雇する)

歯軋りする。

今度からはデザイナーを変更する必要があった。

(彼女にたくさんのお⾦を与えたが、あの⼥は材料費を節約するために背中を切り落としたのか!?)

頭から蒸気が上がる。

ヒューゴは、会場のすべての男性が床に⽬を向けるように叫びたかった。

かろうじて落ち着きを取り戻し、会場の使用人を呼びつける。

「ショールをください。⾼貴な⼥性の肩を覆うことができるものを」

それは予想外の要求だったが、使⽤⼈は従い、⾼貴な⼥性の肩を覆うショールを探しに向かった。

 



 

(美味しい)

カクテルはルシアの好みに合っていた。

彼⼥はまた新しいグラスを⼿に取る。

「まあ・・・」

そのとき、彼⼥の周りの⼈々が突然叫んだ。

ルシアが頭を回すと、柔らかいショールが彼⼥の肩を覆っているのを感じた。

そして誰かの腕が⼿を伸ばし、彼⼥の⼿あるカクテルのグラスを持っていく。

「妻よ、あなたは⼗分に飲んだと思います」

少し前まで、ヒューゴは少し離れていたが、いつの間にか、彼は自分の後ろにいたのだ。

ルシアはびっくりし、ぼんやりと彼を⾒つめる。

彼は自分の空いている⼿を取り、その中にオレンジジュースのグラスを置く。

ルシアは⽬で抗議するが、ヒューゴは誇示するようにカクテルを飲み込む。

彼の唇を見て、彼女は今すぐにキスをしたいという思いが浮かび、自分の考えに驚いた。

(私は酔っているに違いないわ)

「これは・・・?」

肩のショールに触れる。

⻘いショールは、ピンクのドレスにまったく似合っていない。

「寒そうなので、それを羽織ってください」

今⽇の天気は寒いというよりも暖かいに近かった。

ルシアは理由を聞きたかったが、周りに⼈がいたので、静かにショールを調整する。

ヒューゴは、背中の半分が覆われていることを確認し、満足げな表情を浮かべた。

「待ちきれなかったので奥さんを探しに行ったのですか?」

クェイズが嬉しそうに話し、彼らに近づいてきた。

彼は公爵夫⼈から⽬を離すことができなかったタラン公爵を⾒ている。

いまだにクェイズは、ヒューゴの行動が理解できずにいた。

⼥性は⾃然にそれぞれの夫のところへ⾏き、グループは夫婦のグループに変化する。

男性は主に政治と外交について話し始めた。

ルシアはこの種の話にはあまり興味がない。

退屈に耐えながら、ヒューゴをちらっと⾒る。

少し熱いので、おそらくアルコールが回っているのでしょう。

ショールを外したかったので、彼の⼿の甲を軽くたたいた。

ヒューゴの視線が自分に移ったとき、ルシアはショールを脱ぐように⾝振りで⽰す。

彼は少し眉をひそめ、⾸を横に振った。

「でも暑いです」

なぜ脱いだらダメなのだろうか?

少しだけムッとなるが、巨乳の⼥性が通り過ぎるのを⾒て、遊び⼼が急上昇する。

再び彼の⼿の甲を軽くたたき、何か⾔いたいことを⽬で合図した。

ヒューゴが⾝を下げる。

「どうした?」

ルシアは頭を彼の⽿に持っていき、彼に囁く。

「あなたは巨乳の美⼥が好きですよね?」

ヒューゴは怪訝な表情を浮かべて、再び彼女の耳に話しかけた。

「突然何を話している?」

「男性は皆そのようなものですから」

「くだらない話をする⼥性の⾔うことを聞かないでください」

ヒューゴは、貴婦⼈から何か奇妙なことを聞いたのだと推測した。

「あなたが⼀緒にいたすべての⼥性は巨乳の美⼥だと聞きました」

実際に、そんな話は聞いていない。

彼女の周りには、そんな話をできる心臓の持ち主はいないのだから。

ジェロームから過去の⼥性についての情報を得ていたが、それらの⼥性の中で、自分を悩ませた⼈は特にいなかった。

彼女たちのほとんどは、公爵夫⼈としての自分に近づくことさえ出来ない女性たちだったから。

むしろ、夢の中で⾒た彼の将来の恋⼈たちは、記憶の中でより鮮やかだったので、彼女たちの方が気になっている。

夢の中で⾒た公爵夫⼈でさえ、胸は⼤きかった。

ヒューゴの⾚い⽬は激しく揺れていた。

その光景を見て、ルシアはかなり驚く。

彼が慌てていることに気づいたのだ。

空が崩れても落ち着いていそうな男が動揺している。

ルシアはそれが素晴らしくて⾯⽩いと感じた。

彼の腕を引っ張って、再びヒューゴの⽿に囁く。

「それが本当だと私に⾔わないのですか?」

彼が唖然としている光景が面白かった。

(可愛いわね・・・)

自分にだけ見せてくれる夫の表情が愛らしいと感じたのだ。

ヒューゴは自分をからかう恐れのない妻を⾒て、⽬を細める。

そして、彼は頭をルシアの⽿に下げて、そっと彼⼥の⽿を噛んだ。

彼⼥の顔は次第に真っ⾚に変化する。

「な、な、な・・・」

ヒューゴは彼⼥の反応に満⾜し、静かに頭を上げた。

(何をしているのですか!?)

ルシアは背を向け、悲鳴を飲み込む。

周りの⼈々は⾮常に奇妙な表情をしていて、公爵夫⼈と公爵の間で交互に視線を向けていた。

表情のコントロールに努めた貴族が、公共の場で露⾻な感情を明らかにすることは滅多にない。

しかし、彼らは皆とても興奮した表情を⾒せていた。

ルシアは、ヒューゴと囁きあう行為が、人々の注目に値すると考えていなかったのだ。

すぐに逃げようとしたが、腰をつかんで引き寄せられたため、逃げることが出来ない。

「どこへ行くんだ?」

ヒューゴは唇を彼⼥の⽿の近くに置き、ハスキーな声で尋ねてきた。

「⼥性にそれを尋ねるのは失礼です。私を⾏かせてください」

彼が笑顔を浮かべて、ルシアは嫌な予感がした。

そして、彼の腕から抜け出す前に、ヒューゴは彼女の唇を奪う。

あちこちからが悲鳴が聞こえてくる。

しかし、ルシアは周りを⾒回す勇気がなく、すぐに⽬を床に向けて逃げ出した。

 



 

ルシアは酔っ払うと、かなり大胆になりますよね。

ヒューゴの嫉妬のせいで、アントワーヌは専属デザイナーの地位を失うのでしょうか?

ルシアのフォローに期待ですね(笑)

全員の前でイチャつく二人ですが、この後どうなるのでしょうか?

ルシア【133話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は133話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...