ルシア

ルシア【130話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は130話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

130話 ネタバレ

ルシア【129話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は129話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 戴冠式

戴冠式の⽇は快晴だった。

伝統に従い、戴冠式は⾮常に厳粛な慣習に従って⾏われ、その参加者は閉鎖された場所に厳しく制限されている。

朝の戴冠式が終わると、今⽇も含めて3⽇間の⼤規模なパーティーが開かれるのだ。

特に初⽇である今⽇は、正午から⼣暮れまで、そして⼣暮れから夜明けまで、お祝いのパーティーが開かれ、興奮に満ちた宴会が開催されていた。

残りの2⽇間は、⼣⽅からの宴会だけが開催される予定だった。

新たな国王が初めて開催したパーティーだったので、規模も⼤きく、参加者も多かった。

早朝から、ルシアは準備に追われて頭が混乱していた。

これまでに数回のお茶会に⾏ったことはあるが、設定も軽いものばかりだったので、プレッシャーも軽かった。

しかし、本⽇は前国王の死後初めての公式パーティーであり、このイベントはルシアの公式的な社会デビューとなる予定だ。

緊張するなという方が難しいだろう。

現在ほぼ独占的なデザイナーであったアントワーヌは、早朝からアシスタントを連れてき
て、ルシアの頭からつま先まで着飾った。

今⽇のイベントのために、アントワーヌは彼⼥の⼼と魂を込めた真新しいドレスをデザインしたのだ。

今⽇⽬指していたイメージは、エレガンスと官能性。

「完璧ね。公爵夫⼈は毎⽇本当に美しいですわ」

ドレスはピンクがかったパールグレーのドレスで、鮮やかなパールピンクのビーズが絶妙に縫い付けられている。

襟が広いので肩が少し露出していて鎖⾻が目立っている。

ドレス⾃体のベースはレースで2層になっているが、上腕の約3分の1はレースのみで構成されているため、レースの下の肌が⾒えていた。

全体的に、それはまだ控えめなスタイル。

しかし、特色は背後にあった。

ドレスの裏側は、背中の半分が⼤胆に⾒えるようにカットされているのだ。

肩甲⾻が露出し、背⾻の浅い谷間が目立っている。

背中の傷のない⽩い肌は独特の感覚を放っていたのだ。

細いウエストを前⾯に出し、全体的に曲線的なシルエットに仕上げられている。

アントワーヌは⾃分の⼿で作った結果に満⾜していた。

彼⼥は、⼦供のおとぎ話の本の魔⼥のように、⼿を唇に上げて「おほほほ」と笑っている。

公爵夫⼈はアントワーヌの創造性を刺激した完璧な女神だった。

 



 

ルシアもデザインには満⾜している。

アントワーヌのスキルは⽇々向上していた。

毎回違和感なく違う雰囲気を放つことができる公爵夫人の存在が大きいのだろう。

デザインは魅⼒的でしたが、派⼿すぎず、やや無垢な⾯が魅⼒的なデザイン。

「少し散歩しませんか?違和感がないか確認ください」

ルシアが少し歩いてみる。

柔らかな生地は着心地が良く、ゴージャスなレースは動くたびにひらひらと揺れた。

レースに埋め込まれた多数の⼩さなダイヤモンドが輝いている。

それは莫⼤な材料費で作られた⾼価なドレス。

アントワーヌは、戴冠式のドレスの製作のためにタラン公爵から空⽩の⼩切⼿を
受け取っていた。

それによって、彼⼥の芸術的な魂が爆発する。

「不便はありません。ドレスはとても快適で美しいです」

「気に入っていただけて光栄です。奥様は、私の作品の美しさを完璧に引き出しております。本当によく似合っていますわ」

アントワーヌのお世辞は誠実さで満たされていたので、ルシアは心から微笑んだ。

ルシアでさえ、今⽇の⾃分⾃⾝が悪いと思っていないのだから。

 



 

「奥様。旦那様は少し遅れるようです」

メイドがそう報告する。

「分かったわ。アントワーヌ夫人、軽⾷はいかがですか?都合の良いことに、私たちには時間があります。あなたが忙しくないのであれば」

「喜んでお受け致します。お誘いいただきありがとうございます」

公爵夫⼈がお茶会を終えた後、アントワーヌのブティックへの注⽂は殺到した。

しかし、今のアントワーヌ夫人は公爵夫人のほぼ専属デザイナー。

それでも注文は終わらない。

何年後先の予約も埋まったことに、アントワーヌの笑いは止まらなかった。

彼⼥は以前からかなり稼いでいたが、今は⾦の川を泳いでいるような気分だった。

ルシアとアントワーヌがお茶の時間を楽しんでいる間、ヒューゴが邸宅に到着する。

戴冠式が終わるとすぐに、彼はルシアを護衛するために邸宅に戻ってきたのだ。

ヒューゴは少し慌てていた。

彼は多くの⼈々に引き⽌められたので、彼らが迎えに⾏く予定の時間より遅く到着したのだ。

王になった人物は他の誰かなのに、なぜそんなに多くの残骸が自分にぶら下がろうとしているだろうか?

「奥様が応接室で待っています」

ジェロームの報告で、ヒューゴはすぐに応接室に⼊った。

ルシアがソファから⽴ち上がるのを⾒て、話しかけるのを忘れてしまう。

⾮常にゆっくりと、彼の⽬は彼⼥を上から下へと観察する。

綺麗。

いいや、⼀⾔で表現することはできなかった。

ヒューゴの批判的な目がアントワーヌを貫く。

ここまで最善を尽くす必要はなかったと訴えかける視線で。

(畜⽣・・・。彼女のこんな姿を、私は他の人に見せなければいけないのか!?)

他の男性が彼⼥を⾒ていると想像して、彼はとても後悔していた。

自分がいる間、彼女に声をかける人物はいないと思うが、自分が離れないといけない場合が心配だったのだ。

北にいるときは、そんな事を心配する必要はなかったのに。

出来るのであれば、パーティーのことなど忘れて、彼女を寝室に連れて行きたいと考える。

(彼女は自分のものだ・・・)

ヒューゴの強烈な独占欲が暴れ出す。

自分の暗い感情を見られたくなかったので、彼は優しい笑顔を浮かべた。

「美しい」

ルシアの表情はわずかに紅潮し、彼⼥は⽢い笑顔を⾒せた。

「あなたも素晴らしく⾒えます」

ヒューゴは⿊いタキシードを着て、完璧な姿を見せていた。

カラフルなドレスを着た⼥性と⽐べて、男性は似たような⿊いタキシードを着ているが、⽣き⽣きとした⾒た⽬は体型によって異なる。

背の⾼い⾝⻑、広い肩と軽快な体は、シンプルな⿊いタキシードを最も魅⼒的な服に変えた。

アントワーヌは煌めく視線で公爵夫⼈を⾒つめている。

公爵は妻から⽬を離すことができず、彼の⽬は優しい愛情に満ちていた。

政略結婚が蔓延する貴族の世界では、このような愛情に満ちた夫婦はなかなか見当たらない。

「アントワーヌ夫人が⼀⽣懸命働いてくれましたから」

タラン公爵の視線に気づくと、アントワーヌはお辞儀をした。

「あなたは素晴らしい仕事をしました。やるべきことはまだ残っていますか?」

「いいえ、公爵様。準備は完了しました」

ヒューゴはルシアを護衛し、⾺⾞に乗り込む。

アントワーヌと彼⼥の助⼿、そして公爵家の使用人は、公爵夫⼈を⾒送りに出てきた。

彼らの⼀⼈⼀⼈が嬉しそうな⽬で公爵夫⼈を⾒ている。

その間、アントワーヌは頭の中で新しい計算をしていた。

⼥性に堕ちた男性には一つの共通点が存在する。

それはまさに経済的な意味だった。

アントワーヌは、⼥性への愛情はお⾦に⽐例していると固く信じている。

いずれにせよ、タラン公爵は妻のためにどんな⾦額でも使う準備ができているようだ。

 



 

アントワーヌとの出会いが、ルシアをさらに魅力的な女性へと変化させましたね♪

それに比例して、ヒューゴの独占欲も強くなっていますが(笑)

3日間の宴会で、どのような出来事が起きるか楽しみですね!

ルシアとクェイズの初対面の機会でもあるでしょうから。

ルシア【131話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は131話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...