ルシア

ルシア【129話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は129話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

129話 ネタバレ

ルシア【128話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は128話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 魔性の存在

妻はそれをうまく処理したが、彼⼥は最初の段階で屈辱を受けたのだ。

自分の過去の⼥性のせいで。

(なぜビビアンは私に⾔わなかった?)

ルシアには自分を責めて、自分に腹を⽴てる権利がある。

しかし、彼⼥はあの日起きたことについて言及しなかった。

そして今までも、彼女は過去の女性について言及してこなかった。

それが余計に怖い。

彼女の心がすでに自分から離れているのではないかと考えてしまうからだ。

ヒューゴは、なぜ状況がひどくなり続けたのか理解出来なかった。

最近は、自分の努力が彼女の心の壁を削ることが出来ていたと思っていた。

彼女の態度はより親密になり、以前よりも微笑んでくれるようになった。

自分の妻はどんどん美しくなっていき、ヒューゴの気分もどんどん高揚していたのだ。

しかし、彼⼥が再び氷の魔⼥になることを考えて、気分はすぐに急落する。

「あれは本当に宮殿でのほんの⼀瞬の挨拶だった」

ヒューゴは不当な扱いを妻から受けていた。

常に強い⽴場にいた。

これまで、弱者の悔しさを感じたことなどなかったのだ。

彼女は自分に様々な感情を教えてくれる。

「次回は挨拶すらしない。何も知らないように振る舞う」

「夫のハンカチが何であるか知っている」と記載されている部分を読んだとき、ヒューゴの胸はチクチクした。

自分がダミアンのハンカチを持って⾏ったことをすでに知っていて、妻は知らないふりをしているのではないかと考える。

しかし、そのようなことは問題ではないはず。

ヒューゴは面の皮が厚い。

⽗親が息⼦の物を持っていても問題はないと考えることにしたのだ。

自分自身を正当化することは得意だった。

ヒューゴが⼼配していたのは、彼⼥が自分に失望したかどうか。

ここ数⽇、情熱的な夜について考えたとき、そんなことはないと希望を抱いた。

彼⼥は怒っていないかもしれない。

特別な距離感は感じなかった。

おそらく彼⼥は、お茶会での事件を些細なことだと思って忘れていたのだろう。

(どうして自分がここまで悩まなければいけない?)

ヒューゴの憂鬱は次第に怒りに変わる。

この事件には、間違いなく⾸謀者がいたはず。

彼らに対する怒りは発⽕し、徐々に燃え上がった。

 



 

「ヨルダン伯爵とアルヴィン伯爵だな・・・」

ヒューゴは彼らを罰する⽅法について熟考していた。

現在、ヒューゴはヨルダン伯爵を罰する理由を正当化することが出来ない。

そのため、彼は一度脇に置くことに。

この怒りを決して忘れることはないが。

それは単に、自分の順番待ちリストに記録されただけ。

アルヴィン伯爵に移ると、彼はもっと難しい標的だ。

彼を粉砕することができたが、アルヴィン伯爵は至る所にお⾦をまき散らしていた。

焦って攻撃した場合、彼の弁護に⽴ち上がる多くの⼈々がいるだろう。

それらの⼈々を取り除くことは問題を⼤きくしすぎて、クェイズの活動に支障が出てしまう。

良いアイデアが頭に浮かぶ。

「彼を遠くに動かすことならできる」

ヒューゴは、アルヴィン伯爵がお茶の流通事業に何度か参⼊しようとしたが失敗したと聞いていた。

それを餌として使⽤し、何らかのビジネス上の理由で⾸都から遠ざける。

⾒なくなれば、その⼈への関⼼もなくなるだろう。

ソフィアは当然忘れられるはず。

タラン家が⾮公式に所有している⾼級企業の中には、お茶を⼤規模に流通させるだけの巨⼤な⾼級企業が存在した。

その顧客の⼤部分は他国からの貴族だったので、活動は他国で行っている。

アルヴィン伯爵が餌に食いつけば、彼は⾸都から離れるだけでなく、かなりの時間キセノンから離れることになるだろう。

そういう意味では、ヒューゴはアルヴィン伯爵にビジネスチャンスを与えることになる。

これは罰ではなく報酬だ。

その事実は気に⼊らなかったが、この⽅法は問題を⼤きくするよりも綺麗に終わらせる事ができる。

問題の処理⽅法を考え終えると、ヒューゴの忙しい頭脳は次に何が起こるかを考え始めた。

対処することを計画したからといって、過去が起こらなかったという意味ではない。

「彼⼥に尋ねるべきだろうか?」

自分が尋ねたら、彼⼥は何と⾔うのだろうか?

過去の⼥性を気にしないと⾔ったら、それはある意味で酸っぱく感じるだろう。

自分に興味がないと考えてしまうのだから。

すでに自分を信⽤していないと⾔ったら、それはさらに酷い状況だ。

今まさに、ヒューゴは大きな障害を抱えようとしていたのだった。

 



 

ヨルダン伯爵夫人のお茶会が開かれてから10⽇が経過した。

その間、ルシアは多くのお茶会に出席していた。

今回は10⼈くらいの⼩規模なお茶会。

今⽇、ルシアはダミアンから⼿紙をもらったので気分が良かった。

ヒューゴとの⼣⽅の散歩中に、彼⼥はダミアンがアカデミーで何をしていたかについて⻑々と喋り続けていた。

ヒューゴはすでに別の報告書ですべてを知っていたが、興味を持っているかのように耳を傾けている。

すべては、彼女の機嫌が良いときに尋ねるため。

「ビビアン。噂を聞きました」

ヒューゴはベッドに座って、ドレッサーの鏡の前に座っていたルシアに注意深く尋ねた。

お茶会での事件の噂は、今や社交界全体で広く知られている。

その後、アルヴィン伯爵夫⼈が家に閉じ込められたという事実は、噂の信頼性を⾼めていた。

調査して知ったとは言わず、ヒューゴは噂から聞いたかのように話す。

「ああ・・。そうですね、そんなことがありました」

ルシアはそれが何でもないように答えた。

まるでヒューゴの⼼配がずっと無意味だったように。

「どうして教えてくれなかったのですか?」

「社交界で発⽣する些細なことを、すべて伝えることができると?」

「・・・それは些細なことでしたか?」

酸っぱい感じがする。

「私はヒューを信じていたので、それは些細なことです」

ヒューゴの沈んだ雰囲気が即座に明るくなる。

「聞いておきたいのですが。あなたの過去の⼥性が誰であるか教えてくれませんか?」

しかし、すぐに冷や汗が生まれる。

「それは・・・、なぜ?」

「私が適切な措置をとるのは誰かを知る必要があるからです。私はあなたの過ちを⾒つけようとは思っていません」

「・・・」

「納得してくれた?」

「・・・わかりました。ジェロームに伝えておきます」

ヒューゴは複雑に感じていた。

それは最悪の結果ではなかったが、満⾜した状況でもない。

どれだけ登っても、彼⼥を取り巻く心の壁の端も⾒えなかった。

ヒューゴは⽴ち上がってルシアを後ろから抱きしめる。

「ビビアン。私は彼女に個⼈的に会っていません」

私を信じてください。

怪我をしないでください。

私にあなたの⼼を閉じないでください。

たくさんの懇願が彼の頭の中で渦巻いていた。

「知っています。あなたを信頼していますから」

信頼という短い⾔葉。

ヒューゴは、そんな簡単な言葉で自分が安⼼できるとは思っていなかった。

しかし、彼の落ち着きのない⼼が安堵している。

他⼈から信頼を得たから?

いいえ。

それは、信頼が他⼈からではなく、ビビアンからのものだったから。

「・・・本当に?」

「もちろん。約束したでしょ?」

「じゃあ・・・、あなたが怒っていたから私に⾔わなかったのではなく、あなたが私を信頼していたから気にしなかったのですか?」

「そうよ」

ヒューゴは彼⼥をしっかりと抱きしめ、腕の中で彼⼥の暖かさを楽しんだ。

⼼が温かくなる。

幸せな気持ちだった。

この甘さを手放すことは出来ない。

兄が亡くなってから初めて手に入れた大切なものを失いたくなかった。

 



 

ヒューゴにとって、ルシアは魔女のような存在ですね。

彼女が命じれば、彼はどんな願いも叶えてくれる気がします。

アルヴィン伯爵も遠くへ飛ばされそうですし、ソフィアの登場はもうなさそうですね。

ルシア【130話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は130話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...