ルシア

ルシア【128話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は128話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

128話 ネタバレ

ルシア【127話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は127話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒューゴの調査

ルシアは家に帰るとすぐに疲れ果ててしまう。

夢の中で経験したことであっても、この⽣涯で最初の活動だったのだから。

⼈々の監視下にある間、自身の感情を抑え続けるのはかなりの努力を必要とした。

また、ソフィアの登場が予想以上に負担になっていたのか、まるで重労働をしたかのように体が疲れていた。

そのため早めの⼣⾷をとり、早めに寝ることにしたのだった。

 



 

今⽇、ヒューゴは⼣⾷の時間を過ぎて帰宅したが、それほど遅くはない。

しかし、ルシアが出迎えに来ないので、彼は目で彼女を探していた。

尋ねられる前に、ジェロームが答える。

「奥様は早く就寝されました。今⽇の外出で疲れているようでしたから」

ヒューゴが眉をひそめると、彼は説明を付け加えた。

「奥様は困っているということは何も⾔っておりません。医者の必要はなく、お茶会は楽しかったと申しておりました」

すぐに寝室に上がる。

寝室に⼊り、ベッドに座って、静かに眠っているルシアの姿を見つめた。

「・・・ヒュー?帰ってきていたのですね?」

彼女の目は少しぼやけていた。

恐らく、半分は眠っていたからだろう。

「私はあなたを⽬覚めさせるつもりはなかった。眠りに戻ってください」

ヒューゴの低い声の残響が心地よい音色を響かせる。

ルシアは微笑んで、まるでストレッチをしているように、腕を上げて彼に⼿を伸ば
した。

ヒューゴは微笑んで体を下げて、ルシアを⽀えるために彼⼥の背中に⼿を置く。

彼⼥の⾹りが彼の⿐をくすぐる。

ヒューゴは邪悪な考えで圧迫されているのを感じ、⽬を閉じた。

「体調が優れないのか?」

「いいえ。少し疲れただけです。久しぶりにたくさんの⼈と出会ったので緊張したのでしょう」

「お茶会はどうだった?」

「お茶を飲んで、お話をしました」

「それで終わり?」

「他に何がありますか?私は公爵夫⼈です。彼らは皆、私の機嫌を伺っていましたから」

ルシアはソフィアとの事件について彼に話すつもりはなかった。

ソフィアの⾏動は、明らかに彼⼥自身の⻑引く愛着と執着のためで。

それはヒューゴのせいではない。

彼らの関係は結婚前に終わっているのだから。

ソフィアには警告を与えたので、待つことを計画していた。

ソフィアが静かなままでいるなら、ルシアが何かをすることはないが、彼女が社交の場で自分と接して来るつもりなら、その行いを見逃すつもりはない。

ルシアは公爵夫⼈だ。

彼⼥が命じれば、公爵家に取り入りたがる信者に⾏動を起こさせるのは容易なこと。

ルシア自らが⼿を汚す必要はない。

彼らに伝えれば、彼らがソフィアを屈辱し、彼⼥が再び社交界に姿を⾒せないようにすることは簡単なことだった。

貴族社会では、許しと寛⼤さは尊重されない。

⾃分の権威を守ることすらできなかった愚か者として嘲笑されるでしょう。

どんなに⾼い位置にいても、⼼の弱さを⾒せたら、即座に排除されてしまう世界。

ルシアは社会界を⽀配することを望んではいないが、誰にとっても簡単な標的のように⾒せるつもりもなかった。

「それなら安心した。本当に何も起こらなかったのだな?」

「ええ。あなたはどうでしたか?」

奪われたハンカチを思い出し、ヒューゴは⼀瞬落ち込んだ。

「いつもと同じでした」

「けれど、今日あなたが私を護衛してくれたことに対して受け取った質問の数を知っていますか?それが⾏われるべきではないことを私は知りませんでした」

ヒューゴが眉をひそめる。

「そんな事を誰が言った?」

「誰でもいいです。本当のことなのですから」

「私がしたいと思っているからしているだけだ」

ルシアは横⽬で彼を見つめる。

彼は本当に実行するだろう。

「次回は結構です。注目の的になりたくありません」

「・・・なぜ他⼈の視線をそんなに⼼配しているのですか?」

「あなたが過度に無関⼼なだけです」

しばらく見つめ合った後、ヒューゴが突然、ルシアの唇を奪った。

彼⼥の柔らかい唇を軽く噛み、⾆を彼⼥の⼝に織り込む。

キスは激しくなく⽢かった。

ヒューゴは唇から引き離し、⼝の横にキスをする。

それから彼は、彼⼥をベッドに寝かせた。

「寝なさい。あなたの⽬は眠りに満ちています。私は仕事をしに⾏きますから」

「仕事が残っているのですか?」

「あなたの隣に横になって眠れない夜を過ごす代わりに、私はいくつかの仕事を成し遂げるつもりです」

「・・・あなたは。毎⽇それだけを考えているのですか?」

「もちろん」

ルシアは信じられない思いでヒューゴを⾒た後、爆笑した。

 



 

ヒューゴは、ルシアが今⽇出席したお茶会の参加者リストを調べた。

将来的には、彼⼥は頻繁にパーティーに出席するようになり、毎回誰が出席したかを個別に確認することは不可能だ。

今⽇が最初の集まりだったので、今回だけは調べるつもりだったのだ。

参加者のリストをざっと⾒て、彼の⽬はぴくぴく動いた。

「くそ・・・」

クェイズがよく使う⾔葉が頭の中に⾃動的に浮かび上がる。

読み間違えたことを望み、数回チェックしたが、間違いではなかった。

ヒューゴは突然汗をかき始めた。

「このお茶会。このパーティー中に何が起こったのかを正確に調べてください」

ファビアンの仕事が再び増える。

彼は内向きに嘆いた。

「いつまでに欲しいのでしょうか?」

「できるだけ速やかに」

ヒューゴの声は暗い。

このようなときは、無条件にうなずく必要があった。

ファビアンは信頼される⽅法で答える。

「かしこまりました。すべての⼈的資源を集中させ、処理します」

数⽇後、ヒューゴは報告を受けた。

パーティー参加者のメイドを買い取り、当時の状況を可能な限り再現させたのだ。

それらのいくつかの報告はくだらないものだったが、ヒューゴは忍耐強く書類を読み通す。

すべてを読み終えたとき、彼から表情が消えていた。

 



 

2回目のお茶会だったら、ヒューゴにソフィアの存在がバレることはなかったでしょう。

ヒューゴが何をするのか気になりますね。

そして、相変わらずファビアンの仕事が早いです(笑)

ルシア【129話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は129話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...