ルシア

ルシア【127話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は127話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

127話 ネタバレ

ルシア【126話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は126話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒューゴのハンカチ

「タラン公爵。私は副官と賭けをしています」

(ああ、またか・・・)

ヒューゴはそう考えていた。

時々、クェイズは馬鹿げたアイディアを思いつく。

「公爵がハンカチを持っているかどうかを賭けています」

無視に近い態度で静かに⽿を傾けていたが、クェイズは屈しなかった。

「騎⼠は通常、ハンカチを持ち歩きません。ですから、私は公爵がハンカチを持ち歩かないことを選びましたが、副官は公爵がハンカチを持ち歩くことを選びました」

「何が賭けられているのですか?」

「私が負けたら、よく使う言葉を使いません」

クェイズは毒舌だった。

彼は王位に就き、国の領主になったので、副官は話し⽅を修正することを望んでいたのだ。

今まで、副官が何を⾔っても、クェイズはそれを無視してきたが、頻度が増えるにつれて、それはかなり迷惑になっていた。

ある時、クェイズは名案を思いつく。

[私と賭けをしましょう。⼀度に⼀⾔ずつ賭けます]

ルール1:賭けの内容は、その特定の瞬間に頭に浮かぶことに応じて⾏われる。クェイズと副官は交代で賭けの内容を提案できる。

ルール2:副官が勝った場合、クェイズは賭けられていた不適切な表現を使⽤できなくなる。

ルール3:ルール2に違反した場合、賭けはクェイズの負けと見なされる。

ルール4:クェイズが勝った場合、彼は使⽤を禁⽌されていた表現を取り戻すことができる。

⾮常に役に⽴たない特定のルールを作成した後、クェイズは賭けを開始した。

それは終わりのない道だったが、副官はそれを受け⼊れることに。

これまでのところ、彼らは1つの賭けをし、クェイズは負けていた。

その結果、「ファ○ク」という表現の使⽤を禁止されている。

タラン公爵のハンカチは2番⽬の賭け。

この賭けでは、クェイズが故国王を指すために使⽤している「死んだ⽼⼈」という表現が選ばれている。

彼が負けた場合、「死んだ⽼⼈」を「後期の王」と⾔及しなければならないでしょう。

 



 

「公爵、教えてください。あなたはハンカチを持ち歩いていますか?」

ヒューゴは、⽣涯の問題に直⾯しているように煌めく視線を浮かべているクェイズと、嘆願に満ちた表情の副官を交互に⾒つめた。

(この男で本当に大丈夫なのだろうか?)

疑わしいと感じる。

ほんの少しの間、クェイズと手を結んだことに後悔を感じたくらいに。

「ハンカチは持っています」

ヒューゴの答えに、クェイズはショックを受け、副官は静かに歓声を上げた。

たった⼀⾔で、ヒューゴは⼀⽅を天国に、もう⼀⽅を地獄に落としたが、彼の表情は無関⼼のまま。

「あり得ない!公爵がそのようなものを持ち歩くはずがない!」

少し前に賭けがあったとしたら、賭けの勝者はクェイズだったでしょう。

ヒューゴはハンカチを持ち歩いていない。

必要が⽣じた場合、誰かに拭くように命じることが出来るのだから。

しかし、ハンカチを持ち始めてからかなりの時間が経過している。

「私はそのようなことで嘘をつきません」

「嘘だろ・・・」

クェイズは後悔して嘆いた。

今後、彼はあの忌まわしい⽼⼈を「後期の王」と呼ばなければならないのだ。

「じゃあ、⾒せてください。今すぐに」

ヒューゴは眉をひそめたが、やがて⼩さなため息をつき、ハンカチを胸から引き抜いてテーブルに置く。

真っ⽩なハンカチを⾒て、それを⼿に取ったとき、クェイズの⽬は驚きで広がった。

ざらざらした手触りは綿で、⾓に花が刺繍されている。

貴族は通常、濃い絹のハンカチを持っていた。

「・・・公爵。あなたの好みはとても変わっていますね?」

綿のハンカチは通常⼦供たちが使⽤している。

しかし、ヒューゴは少しも怯んでいない。

それどころか、彼は威厳のあるように見える。

「ハンカチは汚れを拭くためのものです。綿のハンカチ以上に、意図された機能を実⾏するのに優れたものはありません」

(彼は私にハンカチの機能を教えているのだろうか?)

クェイズは、ヒューゴの⾔葉と意図を熟考しながら疑問を感じていた。

そして、綿のハンカチの背後にある意味を理解した。

ハンカチは⼿触りが良く、⽩い⾊には染みがなく、⾓の花には独特の魅⼒が見られた。

刺繡の花は精巧に縫われていなかったので、クェイズにある予感が生まれる。

このハンカチは専⾨家の作品ではなく、公爵夫⼈の刺繡なのだろう。

 



 

まだ顔を⾒ていない妹が作ったと考えると、彼も欲しくなってしまった。

「う〜ん、公爵の話を聞いた後だと、綿のハンカチが欲しくなりました。ですので、これを私に下さい」

「・・・は?」

ヒューゴは、ハンカチをポケットに⼊れた王から奪うことができなかった。

単なるハンカチだから?

もちろん、ヒューゴにとって、それは単なるハンカチではない。

彼はそれを使うのではなく、⼀種の魅⼒として持っていたのだ。

ある⽇、妻が⽩い綿を切り取り、⾃分でハンカチを作り始めていた。

時間を作るか、暇な時間を使ってハンカチの⾓に刺繍していた

ある程度纏めて作った後、彼女は数ヶ⽉ごとにダミアンに送っていたのだ。

⾓に花が刺繍された⽩い綿のハンカチを。

誰もが⼦供向けのアイテムだと⾔うだろう。

しかし、ヒューゴはそれを欲しがっていた。

花が刺繍された綿のハンカチが欲しいと直接⾔うのは恥ずかしかったので、使用人に命じて取ってきてもらうことに。

ヒューゴが入手したいくつかのハンカチは、彼のオフィスの引き出しの奥深くに保管されている。

しばらくして、ルシアは刺繡をダミアンの名前に変更し、花は男の⼦には適していないと話していた。

どれだけ⼿作りの品が好きでも、ダミアンの名前が付いたハンカチを持ち歩きたくはない。

花が刺繡されたハンカチは、現在では⼊⼿できない限定品だったのだ。

ほんの少ししか存在しない代物の一つを奪われることに。

ヒューゴの気分はすぐに急落した。

今⽇一日、彼は目の前の王の恥知らずな顔を⾒たくなかった。

 



 

変な賭け事を行うクェイズですが、彼の政治的手腕は確かなものでしょう。

そうでなければ、ヒューゴが彼の味方になることはないでしょうから。

一方のヒューゴは可愛すぎますね(笑)

ルシアに直接言えば、彼女は何枚も作ってくれるでしょうから♪

凹んだヒューゴの機嫌が回復することはあるのでしょうか?

ルシア【128話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は128話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...