ルシア

ルシア【126話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は126話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

126話 ネタバレ

ルシア【125話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は125話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 公爵夫人としての対応

⾎なまぐさい女性社会で⽣き残るためには、⽬の肥えた視線とトレンドを把握する必要がある。

貴婦⼈たちはすぐに公爵夫人の心を掴もうとした。

しかし、初めて社会活動を始めた公爵夫⼈は、世界について何も知らない王⼥でも、ただ公爵夫⼈と呼ばれる空の容器でもなかった。

ルシアは声を荒げず、表情を変えずに、夫の過去の⼥性を簡単に払いのけたのだ。

それは19歳の若い⼥性の対応とは思えないくらいの落ち着き。

今⽇パーティーに参加したすべての⼥性には共通の好奇⼼があった。

「彼⼥がどれほど美しいか⾒てみましょう」と。

しかし今、それを気にする⼥性はほとんどいない。

公爵夫⼈は噂ほど美しくはないが、醜いとも言えない。

彼女の美しさの受容は⼈によって異なっていた。

噂に合っていると思っている⼈もいれば、優柔不断な⼈も。

いずれにせよ、彼らのルシアへの印象は好意的だ。

すべての⼥性が、魅⼒的なボディと美しさだけを基準にしているわけではないから。

しかし、公爵夫⼈の外⾒と雰囲気は、「自分が試したらどうなる?」と思わせるもの。

現在の流行とは異なるスタイルのドレスがエレガントに⾒えた。

ルシアと同じテーブルに座っていた⼥性たちは、⾼度社会の中で繋がりのある⼈々。

彼らにとって、繋がりがいかに優れているかは⾮常に重要な要素だった。

彼らは⾃然と公爵夫⼈の信者に変⾝する。

雰囲気は調和し、公爵夫⼈を会話の中⼼にし続けた。

ルシアは彼らの会話に⽿を傾け、彼らの質問に適切な答えを与えるだけ。

それだけで、ルシアはテーブルの中⼼となる。

まるで女王のように。

しかし、ルシアはこの空気に酔いすぎないように心がけた。

この雰囲気に夢中になれば、恥をかかされる可能性があるのだから。

ルシアはそういった人たちを数多く見てきたのだ。

彼女の社交界は始まったばかり。

 



 

「先ほど、私は公爵が公爵夫⼈をここまでずっと護衛しているのを⾒ましたの」

「私も⾒ましたわ」

「本当ですか?」

現場を⽬撃した⼥性はうなずき、新たな事実を発⾒した⼥性は、その場にいなかったことに対する後悔を⽰した。

(どうしたのかしら?)

ルシアは好奇⼼に満ちた貴婦⼈の視線に⼾惑う。

彼女は、これが注⽬の的になる意味を知らなかったのだ。

ヒューゴが会場に連れて⾏くと⾔ったとき、ジェロームは何も⾔わなかったので、その行為があまり重要ではないと考えていた。

貴婦⼈は、男性が会場まで護衛したという事実よりも、その男性がタラン公爵であったという点に驚いていたのだが。

「私が最初のお茶会に⾏くので、彼はかなり⼼配していたそうです」

貴婦⼈はルシアの簡単な返事に劇的に反応した。

「なんて愛情深いのかしら」

「なんてロマンチックな・・・」

ベス女王のように、彼らは噂の「世紀の美しさ」の部分が重要ではなく、「タラン公爵が惚れている」部分が核⼼であることに気づいたのだ。

テーブルで、ソフィアは⼀⼈で孤⽴していた。

誰も彼女に注目しない。

以前まで自分を伯爵夫人と呼んだ女性たちは、みんな公爵夫人の目を引こうと必死になっている。

これが⾼等社会の仕組みであることを理解していたが、それでも⼝に苦い味を残す。

ソフィアを悩ませたのは貴婦⼈の裏切りではない。

頭の中で何十回も流れる光景のため。

タラン公爵が、公爵夫人の頬にキスをし、⼿を握りながら、温かく愛情深い視線で彼女を見つめていた光景を。

彼らのスキンシップは⾃然だった。

壊滅的な惨めさと敗北感がソフィアを襲う。

(彼は・・・、あんな⽬で私を⾒たことがないわ)

タラン公爵は、必要がない限り、ほとんどのパーティーに出席しなかった。

ソフィアは彼のパートナーとして数回だけパーティーに出席した程度。

彼らの会う場所はいつも寝室で、朝⽬が覚めたとき、彼は決してそこにはいなかった。

贈り物を求めればすぐに届くが、それは常にメッセンジャーを通して。

公爵の手から渡されたことは一度もない。

彼の表情はいつも冷たく、微笑むことは滅多になかった。

しかし、ソフィアは彼の冷たく⾚い⽬が好きだったのだ。

冷たく見える外見も、彼女はヒューゴの全てを愛していた。

公爵夫⼈は噂ほど美しくないが、彼⼥は愛された⼥性として⾃信に満ち溢れていた。

⼼が圧迫されているように傷ついていく。

公爵夫⼈を護衛する公爵の話が会話の話題になり、⼥性たちが騒ぎ⽴てると、ソフィアの奥深くから突然何かが生み出された。

公爵夫⼈の青褪めた表現を⾒たいという悪意が。

「彼は世間から知られているよりも愛情深い⼈です。少し前に会ったとき、彼は以前と同じでしたから」

ソフィアが⼝を開いた瞬間、雰囲気が凍りつく。

ルシアの視線も凍りついた。

同じテーブルに座って屈辱を与えるというソフィアの意図は恥ずべき行為だったが、ルシアはそれを無視しようと決めていたのだ。

捨てられた⼥性の⻑引く後悔として理解しようと。

ソフィアが残酷に拒絶された光景は、ルシアの⼼に思いやりの種を植えた。

しかし、ソフィアは越えてはいけない⼀線を越えた。

社会がどんなに寛⼤であったとしても、それを公に出すことを承認されない。

関係する配偶者の前で私事に⾔及するという⾏為は、⾔い訳の出来ない愚かな⾏為。

「夫のスケジュールは知っていますが、公務で忙しいので、いつお会いされたのか分かりませんね」

ルシアはソフィアの⾔葉を信じていなかった。

そのくらいヒューゴは多忙なのだ。

「宮殿でお会いしました」

「それは「逢瀬」ではなく「挨拶」です。伯爵夫⼈、⾔葉の選択には注意してくださいね」

ルシアの指摘に、ソフィアは激しく顔を紅潮させた。

彼⼥は⼝を開けたが、結局何も言えないまま頭を下げる。

これを⾒て、貴婦⼈たちは舌打ちをした。

貴族は惨めさと乱雑さを嫌っている。

貴族として、ソフィアの態度は⾮常に汚くて乱雑な行為だったのだ。

「ああ、そう言えば・・・」

誰かが話し始めたとき、雰囲気が再びリラックスする。

ソフィアは⼀⼈で座って唇を噛んだままだった。

しかし、誰もが彼女を気にかけず、彼らの視線は批判的なものへと変化していた。

過去の関係に⾔及するというソフィアの態度は、見るだけでも不快なものなのだから。

「ヨルダン伯爵夫⼈。あなたはこのテーブルに⻑く滞在しているようですね。ホストとしての義務を果たさなければなりませんよ」

ヨルダン伯爵夫⼈は、お茶会の初めから今までルシアの⾷卓に留まっていたことに気づいていなかったようだ。

ルシアがそれを指摘したとき、彼女は恥ずかしさから顔は⾚くし、席を⽴ち上がる。

 



 

お茶会が終わりに近づく。

ルシアは最後のケーキを味わった後、フォークを下に置いて⽴ち上がった。

それが合図であるかのように、⼈々が⽴ち上がる。

他のテーブルの貴婦人たちは、お互いに話し合うのではなく、興味と嫉妬を持ってルシアのテーブルを⾒続けていた。

「次回は、私のお茶会に参加していただけますか?」

「次の活動は何をする予定ですか?」

⼥性たちがルシアの周りに群がっていると。

「公爵夫⼈」

⼀つの声が彼らを妨害する。

声の主はソフィアだった。

「本⽇お会いできて光栄でした。次回またお会いできる機会があればと思います」

「何を仰っているのか、よく分かりません。私たちはお互いに会わないほうがいいのではないでしょうか?」

ルシアの言葉に、貴婦⼈が嘲笑する。

ソフィアはバッグをしっかりと握りしめていた。

彼⼥はバッグからハンカチを取り出し、ルシアに差し出す。

男性が持つシルクのハンカチ。

「前回会ったとき、公爵殿下が私の涙の慰めとしてこれを渡してくれました。お返しする機会を探していましたが、いつまた会えるか分からないので、公爵夫⼈に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」

ハンカチを見た瞬間に理解する。

(彼女は嘘をついている)

ヒューゴは、泣いている⼥性にハンカチを渡す紳⼠ではなかった。

もし彼がハンカチを渡すよう紳士だったら、凱旋パーティーの⽇に⼥性を振り払うことはできなかっただろう。

ソフィアが何を考えているか分からないが、この行為は愚かだと感じた。

ルシアはハンカチを持った後、ソフィアと⽬を合わせて、ハンカチを床に落とした。

「伯爵夫⼈。あなたは嘘で私を⾒下しているようですね。これは彼のアイテムではありません」

ソフィアの⽬が激しく震える。

「妻は当然、夫のハンカチについて知っています。そうじゃないですか、みなさん?」

夫の服やハンカチの世話は、使用人が受け持つ。

妻だからといって、夫の服やハンカチを把握していることはないだろう。

それにもかかわらず、貴婦⼈は瞬間的な恥ずかしさを隠し、答え始めた。

「もちろんです」

「それは当然のことです。夫のハンカチを知らない妻などいるのでしょうか?」

ルシアもまた、ヒューゴのハンカチなど知らなかった。

しかし、ソフィアが持っていたハンカチは彼のものではないと確信していたのだ。

「伯爵夫⼈の⾏動は、私が許容できる境界線を越えました。今⽇、私はこの事件を単に⾒落とすことはできません」

ソフィアの顔が青白くなる。

彼⼥は、ようやく⾃分の⾏動の愚かさに気づいたのだ。

夫であるアルヴィン伯爵は簡単に崩れなかったとしても、⽗であるローレンス男爵は無⼒だ。

公爵が彼を踏んだ場合、父は蟻のように崩れるだろう。

「こ、公爵夫⼈。私を許してください。 私が愚かでした・・・」

ソフィアはすぐにひざまずいた。

ソフィアを見つめるルシアの⽬は冷たい。

会場を滅茶苦茶にした後で、涙を流して許されようととするのは愚かな⾏為だから。

元々、ルシアが彼女を断罪するという気持ちはなかった。

しかし、ソフィアは夫への信頼を壊そうとしたのだ。

首都に到着してから改めて築いてきた信頼を。

それを台無しにしようとした第三者である彼女を許すことは出来ない。

「家に帰って、考えてみてください。とりあえず社交界でお会いしないことを願っています。「とりあえず」とはどの程度か考えてみてくださいね」

ルシアは振り返り、パーティー会場を去った。

何⼈かの貴婦⼈は、まだ床で泣いているソフィアを⾒ながら舌打ちをして残っていたが、彼らの⼤多数は公爵夫⼈の後を追うために急いだ。

 



 

以前のルシアだったら、ソフィアの登場に動揺していたでしょう。

しかし、今のルシアは公爵夫人としての威厳を身につけています。

相手が悪かったですね、ソフィア夫人は。

今回のことを、ルシアがヒューゴに報告するかどうか気になりますね!

ルシア【127話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は127話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...