ルシア

ルシア【125話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は125話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

125話 ネタバレ

ルシア【124話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は124話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ソフィア・アルヴィン

ルシアは最初に、パーティーの主催者であるヨルダン伯爵夫⼈に挨拶をした。

「招待してくれてありがとう、伯爵夫⼈」

「来てくれてありがとうございます。公爵夫⼈に会えて本当に光栄です。あなたの美しさは噂通りですね」

ヨルダン伯爵夫⼈は⾮常に⽤⼼深い態度を示していた。

公爵夫人から、近づき難い雰囲気が出ていることに気づいたからだろう。

伯爵夫人が想定していた、20歳にもなっていない若い女性の甘い雰囲気は微塵も感じられなかった。

今⽇も、アントワーヌは早朝からルシアを着飾ってくれた。

彼女の話によれば、今⽇のアピールポイントは「エレガンス」と「尊厳」

公爵夫⼈として、そして社会活動への最初の関与だったので、アントワーヌはお喋りな⼥性に圧⼒をかけるべきであると主張したのだ。

[顔の表情が重要です。全員があなたの前にひざまずくべきだと見せるのです!]

ルシアの⾐服と化粧の⾊はアイボリーとゴールド。

アントワーヌが⾔ったように、鏡の中のルシアは⾼慢で近寄り難い雰囲気が醸し出されていた。

派⼿ではあるが、重厚なゴールドのイメージが威厳のある優雅さを強調している。

お茶会の会場は、⼿⼊れの⾏き届いた庭園。

奇妙なことに、ヨルダン伯爵夫⼈は中央に10⼈が座れる⼤きなテーブルを配置し、残りのテーブルは5⼈用だった。

公爵夫⼈の席は10⼈⽤のテーブルに準備されている。

公爵夫⼈とヨルダン伯爵夫⼈を除いて、他の8席の所有者は、今⽇そこに着席できるように事前に交渉されていた席。

メイドたちは忙しくテーブルを行き来していた。

 



 

テーブルにいる⼥性たちが、お互いに⾃⼰紹介を始める。

「私はソフィア・アルヴィンです。アルヴィン伯爵は私の夫です」

ルシアの⽬がわずかに揺れた。

ソフィアがヒューゴの過去の恋人だったという理由だけではない。

別の理由で驚いたのだ。

(アルヴィン?彼⼥はアルヴィン伯爵と結婚したの?)

夢の中で、ソフィアは侯爵の妻だった。

そして、アルヴィン伯爵の邸宅は、ルシアがメイドとして働いていた場所。

彼⼥がそこで働いていた間、女夫人はソフィアではなかった。

未来が変わったのだ。

(それは⾃然なことなのだろう。私が⾃分の未来を変えたのだから)

⼆⼈に少しでも関わった⼈の未来に影響を与えることは⾮常にあり得ることでしょう。

ルシアは意外にもアルヴィン伯爵夫⼈になったソフィアに出会っても、自分の心が動揺することはまったくなかった。

ソフィアが冷たく断ち切られる光景を目撃しているのだからだろう。

心配する理由は一つもない。

しかし、この状況は自然とは言えないだろう。

ヨルダン伯爵夫⼈から送られた出席者のリストには、ソフィアという名前の人物はいなかったのだから。

出席者のリストが変更されることは珍しいことではない。

だからといって、ヨルダン伯爵夫⼈のような有名な社交家がソフィアとタラン公爵の過去についての噂を知らないはずがなかった。

ルシアとソフィアは意図的に同じテーブルに着席するように配置されたのだろう。

⼥性の座席配置はデリケートな問題だ。

相性の悪い女性たちが同じテーブルに座っていたら、それは⼤きな災害になり得る。

そのため、⾸都のように⼈間関係が複雑な世界では、誰もが簡単にパーティーを開くことはできなかった。

開くためには、⼈と⼈との関係を理解する必要がある。

ソフィアが⾃⼰紹介したとき、ルシアはヨルダン伯爵夫⼈に⽬を向けた。

伯爵夫⼈と目が合うと、彼女は視線を逸らし怯んだ。

その反応を見て、ルシアは冷たい笑顔を浮かべる。

状況を誘発し、⼈の性格を把握するために⼈の反応を⾒るのは、貴族の嗜み。

⾼等社会の慣習やソフィアについて知らなければ気づかなかったでしょう。

これは、公爵夫⼈が社会の舞台に初登場するための儀式。

ルシアが公然と不快感を表明したり、敏感な反応を⽰したり、ソフィアと無意識のうちに友好的に⾏動したりした場合、ルシアは今⽇ここにいた貴婦⼈にとって素晴らしい光景になっていたでしょう。

後から気づいたとしても、彼女たちに責任を問うことはできない。

それがルール。

 



 

ルシアは、マートン伯爵夫⼈として最初にデビューしたときのことを思い出した。

当時、彼⼥は様々な恥ずかしい質問を受け、答えることができなかったために立場を失ったのだ。

彼⼥は⾃分の座席の配置がテストされていることさえ知らなかった。

他⼈が後ろから自分を笑っていたにもかかわらず、ルシアだけがその状況に気づいていなかった

社交界を初めてデビューする初⼼者にとって、座席配置などの微妙な問題に気付くのは困難を極める。

ヨルダン伯爵夫⼈はルシアが気付かないだろうと思っていたようだ。

ルシアは彼⼥に意味のある表情を送っいたので、彼⼥は冷や汗をかいていることでしょう。

ルシアは今⽇、ヨルダン伯爵夫⼈の歓迎を信じて訪れたのだ。

お茶会の急増について理解を求める⼿紙を受け取ったときでさえ、⼤丈夫だという⾔葉を送り返していた。

彼⼥⾃⾝のやり⽅で、ルシアはヨルダン伯爵夫⼈に善意を⽰していた。

それにもかかわらず、伯爵夫⼈はルシアの⼿を取らなかった。

(アルヴィン伯爵とタラン公爵の間で重さを量り、アルヴィン伯爵を選んだのかしら?)

ヨルダン伯爵夫⼈が騒動を嫌っていると聞いている。

彼女が故意に状況を引き起こしたと⾔うのではなく、アルヴィン伯爵夫⼈の要請を受け⼊れたのだろう。

問題が発⽣したとしても、責任はアルビン伯爵夫⼈に委ねられるのだから。

結局のところ、伯爵夫⼈は出席者の要求を受け⼊れただけ。

そして、彼⼥が噂を知らないと主張する限り、問題が起きることはなかったはず。

アルヴィン伯爵は経済的にも裕福な貴族。

お⾦は⼒よりも安定している。

恨みはなかった。

しかし、将来的には、ヨルダン伯爵夫⼈とは決して友達にはならないだろう。

ソフィアの意図は、当初予定されていなかったパーティーに出席し、同じテーブルの席をリクエストすることであると予想した。

(彼女は、自分が振られた男性と結婚している女性に興味を持ったのかしら?)

この行為は賢明ではない。

ルシアがこの事件に⼤きな恨みを抱いていたとしたら、それはアルヴィン伯爵夫⼈にとって有害なこと。

公務と私事の境界線を混同することは間違っているのだから。

「アルヴィン伯爵夫⼈は相変わらずお綺麗ですね。伯爵夫⼈の美しさを称賛する噂をよく⽿にします。他の噂も聞いたことがありますが・・・、私が⾔っていることを理解していただけると嬉しいです」

「あ、ありがとうございます」

ソフィアの声は少し震えていた。

 



 

案の定、ソフィアと同じ席だったのですね・・・。

この事がヒューゴの耳に入れば、ヨルダン伯爵家も危険に晒されるのでは?

さっきの光景を見たソフィアとの会話が気になりますね!

ルシア【126話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は126話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...