ルシア

ルシア【124話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は124話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

124話 ネタバレ

ルシア【123話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は123話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 衝撃的な登場

ファビアンが暗い表情のまま公爵夫⼈の住居に⼊った。

彼は幽霊のように⾒え、ジェロームを怯ませる。

久しぶりの兄に挨拶せず、ファビアンは意気消沈していた。

「陛下は?」

「旦那様は・・・、今はいない」

「陛下は午後から宮殿に行くと聞いていますが?」

「旦那様は宮殿に向かっていない。奥様が今⽇お茶会に⾏くので、彼⼥を⾒送りに行った。もう少し待てば、旦那様も戻っってくるだろう」

「え?お茶会?」

ファビアンの目が鋭くなる。

「部下が走り回っている間に、公爵夫人をお茶会に連れて行くだって!?眠っている妻の背中を⾒るのはもううんざりだ!私も⼦供たちの愛らしい顔をちゃんと⾒たい!」

通常業務は全く減っていないにもかかわらず、デイブかデビッドか分からない野郎を調査する仕事で、彼は夜通し働き続けていたのだ。

ジェロームとファビアンは別々に住んでいて、彼らの仕事は異なっていたので、お互いの生活をあまり知らなかった。

そのため、ジェロームはファビアンの⻑い夜勤について把握していなかったのだった。

「しかし、より多くのボーナスが得られるじゃないか?」

ジェロームが知っている限り、ファビアンは無償で働く人間ではない。

そう聞くと、彼の表情はさらに暗くなった。

ファビアンの収⼊は彼の労働時間に⽐例して急激に増加し、彼の妻はそれを喜んでいた。

彼女は⼦供たちの教育費の収⼊が増えたことに興奮もしていた。

 



 

「陛下はいつから、すべての噂に気を配るようになったのだろうか?」

「最近、悪い噂が広がっているのか?」

ジェロームの顔が真剣になる。

噂とは奥様についての事なのだろうか?

「陛下の噂はいつも悪いものしかない!それ以外に何かあるとでも?陛下たちの関係が悪いのか?」

「そんなことはない」

ジェロームはまず第⼀に、奥様に関する噂ではなかったことに安⼼した。

そして、両者の関係はとても良好。

ロームに滞在していたときよりもさらに良さそうだった。

⼣⽅の⼣⾷後、2階の寝室には誰も近づかない。

「旦那様が結婚する前の時間と、今ここで過ごした時間を⽐較すると、まるで天国と地獄のように思えるよ」

奥様が追加されただけで、冷たい邸宅は温かい屋敷に変化した。

使⽤⼈たちは、1年以上の結婚生活後で、これほどに愛情深い夫婦を⾒たのは初めてだと噂をしているくらいなのだから。

それを聞いて、ジェロームはあたかも自分が称賛されたかのように幸せを感じた。

「では、なぜ陛下はこんなことを要求する?最近、陛下への敬意が失われてきたように感じるよ」

ジェロームは、ファビアンが兄の前だからこそ冗談を⾔っていることを知っていたが、ジェロームはタラン公爵夫⼈の⾃発的な奴隷。

兄弟かどうかは関係なかった。

「あなたの忠誠⼼を疑われるような発言に気を付けてください」

「・・・無情な兄だな。しかし、そのお茶会は貴婦⼈だけじゃないのか?」

「先ほど⾔ったように、旦那様は奥様を⾒送りに行っただけだ」

「貴婦⼈をお茶会の会場に連れて⾏くのが習慣になったのはいつから?」

そのような習慣はない。

ジェロームが黙り込むと、ファビアンは嘆いた。

「陛下は完全に変わってしまったようだね」

ファビアンが公爵夫人の知⼈の婚約者の性格を調査する命令を受けた時から、すでに兆候は見られていた。

最近の作業負荷の増加は、すべて公爵夫人に関連していることも明らか。

タラン公爵は利⼰的な人物だ。

家族の⼒と富が増えれば、彼にとって良いことだと考えてきた。

家族で全く解決できない問題が発⽣した場合、タラン公爵は決して⾃分⾃⾝を犠牲にすることはなく、躊躇うことなく家族を捨てる人物。

そんなエゴの塊だった公爵が、今や他⼈を中⼼にしている。

ファビアンは主⼈の変化に常に注意を払っていた。

結局のところ、引き⾦は⼥性なのだ。

⼥性と呼ばれる変数はあまりにも不確実。

⼥性に魅了された男性が良い結果を⽣むケースはあまり⾒たことがない。

男性が多くの影響⼒や経済⼒を持っていた人物ならなおさらだ。

ファビアンは自身の⼼配をジェロームと共有することが出来なかった。

話したら暴れるのは明らかなのだから

その後、ファビアンは意図的に冗談を⾔って不平を⾔う。

「陛下は公爵夫人に夢中だな」

「確かに・・・」

ジェロームは、その発言が主⼈に対する無礼であることに気づき、すぐに考えを追い払った。

そして、忠実で献⾝的な執事の⽴場から、彼はファビアンの発⾔を⾮難する。

 



 

ファビアンが邸宅で怒られている間、公爵夫⼈を乗せた⾺⾞がヨルダン伯爵の邸宅に到着した。

開いた鉄の⾨を通過するとすぐに、⾺⾞は邸宅の前で停止する。

参加者の⾺⾞はパーティーに間に合うように到着しており、すでに到着した⾺⾞がたくさんいた。

⾺⾞を降りた貴婦⼈たちは皆、タラン公爵の⾺⾞の出現に⽴ち⽌まり、それに視線を向ける。

彼らの⽬は好奇⼼に満ちていた。

⾺⾞のドアが開き、出てきた人物は予想されていた公爵夫⼈ではなかった。

背の⾼い男性が最初に降りてくる。

⿊髪の男が⾺⾞に⼿を伸ばすのを⾒て、⼥性たちは囁き始めた。

「彼はタラン公爵ですよね?」

「ええ、その通りです。タラン公爵がここにいるのはなぜでしょうか?」

⾺⾞の中から、⽩いレースの⼿袋をはめた⼿がタラン公爵の伸ばした⼿を取り、ゆっくりと姿を現す。

アイボリーのドレスと、肩にレースが刺繍されたショールを着た⼥性が⾺⾞から降りてきた。

⼿を握っている男性と⾺⾞から出てきた⼥性の体格の明らかな違いが、彼⼥の細い体格を際⽴たせていた。

⼥性は優雅な笑顔を⾒せて公爵に何かを⾔う。

そして信じられないことに、タラン公爵はその⾒返りに穏やかな笑顔を与えた。

⼥性の⼿を握り、⼿の甲にキスをするという彼の態度は、愛情に満ちている。

彼らはお互いに何かを話し、タラン公爵は⼥性の頬にキスをした。

そして再び、彼らは何かについて話していた。

離れたがらない恋⼈の表情を浮かべて。

それは⼥性からではなく、男性からの抵抗。

やがて、タラン公爵が⾺⾞に乗り込み、使⽤⼈がドアを閉める。

⼥性は振り返り、屋敷に⼊っていった。

⾺⾞は⼥性の姿が⾒えなくなるまで留まり、その後、伯爵の邸宅を去っていく。

貴婦⼈たちは⾜元に根を下ろし、⼝を開けて最初から最後まで⾒守っていたのだ。

「まさか・・・、タラン公爵が公爵夫⼈をここまでずっと護衛したの?」

「・・・私にもそう思われました」

誰かがその質問に答える。

夫が妻をお茶会の会場に連れて⾏くのを⾒たのは初めてだった。

それができないという法律はなかったが、これまで誰もしたことがない。

理由は不明だが、あちこちから短いため息が聞こえる。

タラン公爵夫⼈の衝撃的な登場は、噂話よりも重要だった。

そし、グループの後ろに⽴っている⼥性だけが残される。

⾺⾞の出発⽅向を⾒つめたまま、ソフィアの⽬は⼤きく揺れていた。

彼⼥は、⽬撃したばかりの光景を信じることが出来ずにいたのだ。

 



 

二人のイチャイチャぶりが止まらない!

これからは、夫が妻をお茶会まで見送るという習慣が生まれるのではないでしょうか?

そして、やっぱり参加していたソフィア。

彼女の性格はあまり分かっていませんが、二人が会話をする機会はあるのでしょうか?

ルシア【125話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は125話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...