ルシア

ルシア【123話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は123話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

123話 ネタバレ

ルシア【122話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は122話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • お茶会の規模

お茶会の⽇が近づいてきた。

ジェロームは、ルシアが出席するティーパーティーの主催者であるヨルダン伯爵夫⼈に関する詳細な情報をまとめて提供した。

ヨルダン伯爵夫⼈は現在38歳。

彼⼥は伯爵と⼀緒に2⼈の息⼦と5⼈の娘を育て、⻑男は最近15歳になり、誕⽣⽇に社交デビューパーティーを開催した。

5⼈の娘のうち、3⼈⽬を除く全員が⾮嫡出⼦であったことは公然の秘密。

伯爵夫⼈はガーデニングに⼤きな関⼼を持っていて、⾳楽に精通している。

「・・・出席する前に、これほどの情報を知っているべきなのかしら?」

夢の中で、誰もマートン伯爵夫⼈に⾼等社会についての情報を与えなかった。

何も知らないまま、伯爵が命じたあらゆる種類のパーティーに出席していたのだ。

「5⼈の娘のうち4⼈は⾮嫡出⼦?」

その事実も知らなかった。

ルシアが夢から思い出したヨルダン伯爵夫⼈は、実り多い家族と広⼤な繋がりを持った⼈物。

⼦供がたくさんいたので、夫婦関係は良いはずだと素朴に考えていたのだ。

 



 

その間、ヨルダン伯爵夫⼈の穏やかな⽇に⼤嵐が訪れる。

もともと10⼈で予定されていたお茶会は、多くの⼈の注⽬を集めた。

あらゆる種類の繋がりを動員し、参加を要求する⼈々の列が生まれる。

その中で厳選しても、10人に収めるのは不可能だった。

彼⼥の家族は、お茶会をガーデンパーティーに変えるように忠告する。

ヨルダン伯爵夫⼈は通常、⼩さなお茶会しか開催しない。

時折、年に⼀度⼤規模なパーティーを開催する程度だ。

結局、お茶会の⽬的を変える必要があり、これまで計画されていなかった約50⼈の⼈々が参加することになる。

 



 

「お茶会に行くのはいつ?」

ヒューゴはルシアの背中から⾸にキスをし、⼀晩中聞きたかった事を持ち出した。

「はい、明日です」

「かなり疲れると思いますが?」

ヒューゴは、妻に関する変数に関して喜んでいない。

彼女の魅力を知るのは自分だけでいいと考えていたから。

「⼈々が私にそれほど興味を持ってくれるとは思いもしませんでした」

お茶会の規模を変える影響力。

ルシアはこの事実にかなり驚いていた。

そして、公爵夫⼈の⽴場が彼⼥が思っていたよりも⼤きな⽴場であることに気づく。

夫の威厳を失わないために、彼⼥はもっと腰を下ろして社会活動に従事することを決⼼していた。

ヒューゴはくすくす笑う。

「明⽇のお茶会はキャンセルして、別のスケジュールを選んでみませんか?」

「それは相手に失礼です。そんな事をすれば、ひどい噂が広まります」

ヒューゴはルシアの上に寄りかかって、彼⼥の⽿に深く囁いた。

「そんなことをすれば、彼らは不注意に⼝を動かすことの代償を学ぶでしょう」

ルシアはその言葉を真剣に受け止めない。

彼⼥にとって、⾼等社会の噂は誰もが扱えるものではなかったのだから。

噂が不利だったからと言って、噂の原因を突き⽌めようとしている人物を⾒たり聞いたりしたことがない。

そんな途方もない行動をする人物が、彼女の目の前にいることな知る由もなかったのだ。

「明⽇のお茶会に参加すれば、そもそもそんな噂は出ません。キャンセルはしません」

「・・・なんて頑固なんだ」

ヒューゴが彼女にキスをする。

「何時に終わりますか?」

「⽇中に始まりますので、夕方には終わるでしょう」

「途中で気が進まない場合は、離れてもいいのですよ。あなたはそれができる⽴場にいます」

「そんな事はしません」

彼のキスは止まらず、ルシアは中々眠ることが出来なかった。

 



 

今回のお茶会はどんな結果になるのか楽しみです。

ヒューゴの独占欲は相変わらずですが、ルシアも公爵夫人としての威厳が出てきています。

彼女に嫌がらせをする人物も表立ってはいないでしょう。

ルシア【124話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は124話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...