ルシア

ルシア【122話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は122話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

122話 ネタバレ

ルシア【121話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は121話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 公の場で

ヒューゴが懸念していたこととは異なり、デビッドは宮殿から既に去っていた。

宮殿のテラスでは、⼥王と公爵夫⼈がお茶を楽しんでいる。

ベスは落ち着いて⾏動しているように見えたが、タラン公爵を何度も見つめざるを得なかった。

彼⼥は、自分がタラン公爵と⼀緒にお茶を飲む⽇が来るとは思ってもいなかったのだから。

「緊急の問題は解決したのですか?」

ベスは、タラン公爵が突然訪れた理由は、公爵夫⼈に何か重要な情報を伝えるためだと考えていた。

「ええ、解決しました。先ほどの無礼をお詫びします」

「いいえ、公爵が私の弟の公爵夫⼈に対する無礼さを許してくれることを願っています。私は彼に厳しく忠告し、彼を送り返しましたので」

デビッドはすでに、ヒューゴの⼼にしっかりと残っている。

⾮常に悪い意味で。

彼に対して徹底的な調査を命じることを計画していた。

ルシアが怪訝な表情を浮かべる。

彼女は、ヒューゴがここに来た理由を知らないのだ。

ベスから⽬をそらし、彼と目を合わせる。

ルシアの⽬から質問を読んで、ヒューゴは微笑を浮かべ、ゆっくりと上唇を舐めた。

激しく顔を⾚らめ、頭を下げる。

さっきのキスを思い出し、彼⼥の⼼は激しく鼓動していた。

(この人は!彼は今の状況が分かっていないの!?)

⽬を上げてヒューゴを睨みつけると、彼はにやにや笑い、茶碗を⼝に持ち上げる。

彼の恥知らずさとのんびりは本当に嫌だった。

「公爵夫⼈。あなたは暑いのですか?顔が⾚いですよ」

「え?ああ・・・、ええと、大丈夫です」

すると、メイドが訪れて、ベスに何かを囁いた。

彼女はうなずき、メイドを下がらせた後、奇妙な表情でタラン公爵を見る。

「公爵。陛下から伝言です。彼は、午後の会議が始まろうとしているときに、なぜあなたが来なかったのかと尋ねています」

「会議ですか?」

どうしてそれを言わなかったの!?

周りに⼈がいたので、ルシアは⾃分⾃⾝を抑えたが、彼⼥の眉⽑は釣り上がっていた。

「途中から参加します」

ヒューゴはベスにうなずき、ルシアに「少しだけ」という⾔葉を残し、テラスから出て行く。

ルシアはベスから席を外す許可を貰い、彼の後を追いかける。

ベスは頭を少し傾けた。

⼆⼈の間の空気は異常だった。

彼女は何も⾒なかったように振る舞っていたが、2⼈が頻繁に視線を交わしているのを目撃していたのだ。

 



 

ルシアがテラスから出ると、ヒューゴが彼⼥を待っているのを⾒た。

王に召喚されていると言うのに、なぜ彼はのんびりしているのだろうか?

ルシアの怒りは限界に達していた。

なぜ彼がこんな行動をしているのか尋ねようとしたとき、彼が突然近づいてきて、自分の腰を抱きしめたのだった。

驚きを隠せない。

ヒューゴが護衛騎士から背を向けてルシアを見つめると、彼女の顔は真っ赤だった。

「な、何をしているのですか!?みんなが見ています!」

ルシアがくぐもった声で話し、全⼒で彼の胸を押す。

「今⽇は遅れます」

「知っています。あなたは昨⽇私に⾔いました」

「もうすぐ家に帰るのですか?」

「ええ。⼥王殿下と話した後に」

「眠りに落ちないでください。そうすれば、さっき終わらせることの出来なかった行為を終わらせることが出来るのだから」

「ヒュー!」

叫んだ瞬間、ヒューゴがルシアのあごをつかんでキスをする。

短いけれどディープキスだった。

ルシアは驚きを隠せなかった。

再び、彼はリンゴのように⾚い妻の頬にキスをし、そして何も起こらなかったかのように⽴ち去っていく。

ルシアの握りこぶしは、ヒューゴの後退する姿を⾒ながら震えていた。

彼が今⽇家に帰ったとき、こんな事を⼆度としないように忠告することを誓ったのだ。

 



 

「くっ、くっ」

誰かの喉が鳴る音に気付き、ルシアは驚いて振り返った。

そこには、ベス女王がいた。

彼⼥はいつから見ていたのだろうか?

とても恥ずかしかったので失神したい気持ちになる。

「あの様子を見ると・・・、噂も馬鹿げた話とは言えないわね」

ベスは、明らかに動揺している公爵夫人を見て考えた。

⼈々は「美しい公爵夫⼈」の噂に注⽬し、「公爵が彼⼥の美しさに完全に魅了され、彼⼥を彼の領⼟に引きずり込んだ」という部分は、大袈裟な噂だと信じていた。

しかし、目の前で行われた行為を見て、彼女はそれが単なる噂と決めつけることが出来ないと感じたのだ。

この話をクェイズに話したら、彼はどれだけ驚くか想像もできない。

これを知っているのが自分だけならば、後で知った夫の驚く表情を見るのが待ちきれなかった。

 



 

女王の前でイチャイチャしてはいけません(笑)

ソフィアは登場しませんでしたね。

彼女がこの光景を見たら発狂するのではないでしょうか?

ルシア【123話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は123話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...