ルシア

ルシア【117話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は117話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

117話 ネタバレ

ルシア【116話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は116話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ソフィアの未練

早く帰宅することができたヒューゴは気分が良かった。

「今⽇は一緒に⼣⾷をとり、⼀緒に散歩することができるな」

彼らがロームにいたとき、彼らは定期的に⼀緒に⼣⾷を⾷べていたが、今⽇ではそれさえするのは困難だった。

ヒューゴは常に仕事に追われていた。

家に帰ってもするべき事が山のようにある。

そう考えると気分は少し暗くなったが、それでも家に帰れば妻が待っているので、すぐに気分が明るくなった。

廊下の⾓を曲がったときに特定の人物に会わなければ、ヒューゴはさらに気分が良くなったでしょう。

(どうして今日に限って・・・)

ヒューゴは、驚いた⽬で自分を⾒ている⼥性、ソフィアを⾒ながらそう考えた。

ソフィアは、彼が何も言わずに通り過ぎようとしたので、慌ててヒューゴを呼び止める。

「公爵様、お久しぶりです」

公の場で女性を無視することができなかったので、足を止めた。

「遅くなりましたが、結婚おめでとうございます」

「私からもおめでとうございます。あなたは伯爵夫⼈になったと聞きました」

ソフィアが結婚したアルヴィン伯爵は裕福な商⼈。

経済分野では、アルヴィン伯爵はかなり⾼く位置付けとされている。

ヒューゴは政治や経済などで影響⼒のある貴族に関する情報を着実に⼊⼿していたので、アルビン伯爵がローレンス男爵の娘と結婚したことをすでに聞いていた。

「・・・はい。ありがとうございます・・・。私は今⽇、⼥王殿下に会うために宮殿にいます」

ヒューゴはソフィアが宮殿を訪れていた理由に興味がなかった。

彼の⼼は急いで家に帰ることに集中していたから。

ソフィアは相変わらず美しかった。

通りすがりの⼈たちは彼⼥から⽬を離すことができずにいる。

彼女の美しさは、男性と⼥性の両⽅の注⽬を集めた。

失恋の痛みを経験した後、その美しさに憂鬱な感覚が加わり、男性の⼼を揺さぶるように。

ソフィアは結婚していたが、社交界に参加したときに多くの男性からのラブレターを未だに受け取っている。

しかし、ソフィアの美しさはヒューゴの⽬には⼊らなかった。

彼の⽬はソフィアを見ていたが、彼の頭は妻の考えでいっぱいだから。

それどころか、⼥性と話をすればするほど、ヒューゴは妻を恋しく思っていた。

ソフィアが悲しそうな表情を浮かべていることに気づかないまま。

彼の冷たい⾚い⽬を⾒て、ソフィアはショックを受ける。

彼⼥はまだヒューゴへの⻑引く愛情を捨てれずにいた、「もしかして・・・」という考えを抱いていたのだ。

もし彼らが久しぶりに再会したなら、ヒューゴも過去の記憶で少しは動揺するだろうという期待を抱いていた。

しかし、彼が自分の結婚を祝福したときの態度は綺麗なまま。

自分は眠れない⻑い夜を過ごし、結婚した後も未練を手放すことができなかったのに。

 



 

「それでは、私はこれで」

ソフィアは、躊躇うことなく去っていくヒューゴを見て、必死になる。

このまま終わると直感したから。

彼の心に入り込む余裕はなかった。

それを知っていても、ソフィアの⼿は彼を掴んでいた。

ヒューゴが⽴ち⽌まって袖を握っているソフィアの⼿を⾒ると、彼の顔は偽りのない不快感を⽰す。

ソフィアは驚いて⼿を離した。

「公爵様は幸せですか?」

彼は答えを出さずに眉をひそめる。

自分の質問は不快だったのだろうか?

ソフィアは頬に何かが流れているのを感じる。

彼⼥は泣いていた。

ハンカチで涙を拭い⾒上げるまでに、彼はすでに⽴ち去っていた。

泣いている⼥性に⼀⾔も⾔わずに⽴ち去ったヒューゴは相変わらず残酷なまま。

「どうして私じゃないの?」

ソフィアは彼の結婚を聞いたとき、世界が陥没しているような痛みを経験した。

ヒューゴに駆け寄って尋ねたかった。

もし彼がすぐに領⼟に⾏かなかったら、ソフィアは本当に行ったでしょう。

絶望に陥ったソフィアは、アルヴィン伯爵の提案を受け⼊れた。

ヒューゴへの未練を断ち切りたかったから。

すべてを忘れたかったから。

しかし、彼⼥は逃げ道として選ばれた結婚で幸せを⾒つけることができなかった。

夫の富のおかげで楽しむことができる豊かさの中で、ソフィアの⼼はいつも空っぽ。

彼⼥はヒューゴへの愛情を手放すことができずにいた。

 



 

アントワーヌは完成したドレスの部分的な中間チェックを⾏うために訪れていた。

そして、彼⼥はルシアが宮殿を訪れるのを聞いて興奮する。

「公爵夫人の最初の宮殿訪問!精一杯お手伝いさせていただきます!」

タラン公爵は再訪し、⼆重契約を提案した。

アントワーヌは、莫⼤な利益が保証された利益への動機に満ちている。

⾦は彼⼥の魂に⽕をつけた触媒なのだから。

すでに予約されている顧客については何もしないが、最近彼⼥を⾒つけに来たすべての顧客は拒否している。

アントワーヌはタラン公爵夫⼈の専属デザイナーになることを⽬指していたから。

「宮殿への最初の訪問は、⼀⽣に⼀度のイベントです!特別なはずです!」

ルシアは初めて宮殿を訪れるわけではない。

結婚するまでは宮殿で王⼥として住んでいたのだから。

しかし、ルシアはアントワーヌの情熱的な詭弁に負けた。

宮殿訪問の早朝、アントワーヌは兵⼠のように重武装をして戦いに向かう。

「⼥王殿下に会うのは初めてなので、洗練されたエレガントなスタイルが最適です。公爵夫⼈は若く⾒えるので、それを補う必要があります。エレガントですが、既婚⼥性とは違う新鮮さを表現しましょう」

インスピレーションを受けたアントワーヌは、⼩さく煌めいたビーズで飾られたライトバイオレットのドレスに決める。

細⾝のウエストを強調し、控えめな体の美しい曲線を表現していた。

上部は体型に密着し、袖は肩から腕下までシースルーのレースで。

最近のファッションとは異なり、ネックラインは⾸のすぐ下にあるが、それは陳腐で息苦しいようには⾒えなかった。

ルシアの髪はお団⼦に縛られ、細くて⻑いネックラインを⾒せている。

彼⼥の⾚褐⾊の髪は⼩さな⽩いダイヤモンドのピンで固定された。

最後の仕上げは、アントワーヌの魔法のようなメイク。

アントワーヌが貴婦⼈の間でとても⼈気があった理由は、ドレスのスキルと同じくらい優れた彼⼥の並外れたメイクのおかげ。

パープルパールを⽬元に塗り、⽬の隅にアイライナーを描いて少し浮き上がらせる。

ルシアの⽩い肌が強調され、彼⼥の新鮮さを明らかにするために彼⼥の頬に⾚が適⽤された。

鏡の中のルシアは、アントワーヌが⾔ったように優雅さと活⼒の両⽅を放っている。

ルシアは⾃分を美⼈だとは思っていない。

夢の中で、彼⼥はまったく⽬⽴たず、ゴージャスな美しさの下に埋もれていたから。

しかし、鏡で⾃分⾃⾝を⾒て、ルシアは考えは変わる。

「見た目は・・・、少し綺麗です」

メイクや着こなしのせいだけではない。

ルシアの⾒た⽬は根本的に変わった。

夢の中のルシアは受動的な性格。

社交界を楽しむのではなく、それ自体にうんざりしていた。

現在のルシアは明るく⾃信を持っている。

彼⼥の爽やかなオーラは彼⼥を際⽴たせた。

 



 

以前は散歩をするのも疑問に思っていたヒューゴ。

食事と散歩を楽しみにしているヒューゴをルシアに見てもらいたいです!

久しぶりに登場したソフィアですが・・・。

お茶会でルシアとソフィアが出会うかもしれませんね。

ルシア【118話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は118話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...