ルシア

ルシア【116話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は116話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

116話 ネタバレ

ルシア【115話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は115話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ベス女王

クェイズは、次の戴冠式への熱意に満ちていた。

夜明けから夜遅くまで、彼は王国を統治している⾃分のイメージを描きながら、様々なことに取り組み続けている。

自身の⽀持者を呼び、彼らと話し合い、そして当局者の意⾒を集める。

クェイズはまた、貴族との関係に利益をもたらし、騎⼠の忠誠を強化するために⼩さな宴会を開くことを忘れなかった。

彼が特に注⽬している影響⼒のある⼈物は何人かいるが、代表的な⼈物はタラン公爵だ。

クェイズは、公的にも私的にも彼を⼿放さなかった。

「公爵夫⼈が⾸都にいると聞きましたが、いつ到着したのですか?」

「最近です」

「へえ。公爵に関するニュースを他人の口から聞き続けるのはなぜでしょうか?私たちは頻繁に会っているのに」

「妻についてのニュースを陛下に知らせる必要が?」

クェイズは現在、貴族の王位昇格の要請を受けた段階であるが、慣習に従って拒否していた。

それでも彼は、国王として扱われている。

「彼女は公爵の妻ですが、彼女は私の妹でもあります。いつか宮殿に来るべきでしょう。少なくとも妹の顔は知っておきたいからね」

「陛下に妹として知られる前に妻になったので、公爵夫⼈として扱われるべきです」

それは回り道の拒否。

ヒューゴは、彼の妻を私的な⾮公式の会合で王に会わせるつもりはなかった。

クェイズは⾮常に経験豊富な政治家。

彼は感情を隠さない正直な⼈のように振る舞うことに優れていた。

嘘をつくことに⻑けているのではなく、⼤多数の真実の下に⼩さなことを隠せる才能を持つ。

純粋な妻は、うんざりした政治家に対処することが難しいでしょう。

ヒューゴはまだクェイズを完全には信頼していなかった。

賢いクェイズはヒューゴの言葉の意味を理解する。

彼らの関係は⼀⽅的な服従の関係ではなく、同盟の関係なのだから。

しかし、それでもクェイズは近づきたいと考えている。

防御に隙のないタラン公爵ではなく、公爵夫人を通して接近できないかと。

ヒューゴはクェイズの意図を⾒抜いていた。

ヒューゴが妻に⼦供の頃の名前を⾔わせるために何かを尋ねていたとき、彼は彼⼥の孤独に気づいた。

⺟親の思い出を思い出したときの表情は、まるで夢を⾒ているかのように。

少し前に、⽗親の死について聞いてショックを受け、彼女は病気になった。

彼⼥は家族がいなくて寂しかったのだ。

クェイズが家族の愛情を主張し、彼が信頼できる兄になると主張した場合、妻の⼼は揺さぶられるでしょう。

もしヒューゴの妻が兄に愛情を抱くとしたら、彼⼥は搾取されざるを得ない。

ヒューゴが故公爵によって利用されたように。

王室で権⼒を持っている⼈々の間、そして王室外の⼈々の間でさえ、誠実な関係は存在しない。

ヒューゴは、冷たい現実に⽬覚めるのではなく、何も知らないことを望んでいた。

「公爵は無情すぎます。午後には何を計画していますか?公爵と意⾒交換したい問題がいくつかあります」

ヒューゴは、クェイズがこの問題について綺麗に撤退することを知っていた。

「緊急でなければ、次回に聞きます。今⽇は午後早くに戻ってくることを何度かお知らせしたはずですから」

ヒューゴが領地で終えることができなかった仕事は山ほど残っていた。

王位に関する問題だけに固執はできない。

「そうですか」

クェイズは無知を装う。

「じゃあ、明⽇の夜は飲みませんか?」

最初に断られる提案をして、それから最終的に彼は本当の要求を引き出した。

「明後⽇なら⼤丈夫です」

「明後⽇・・・。それでも良いでしょう。しかし、公爵にはお酒を飲む⽇が設定されているのですか?」

それは明⽇の夜が5⽇⽬だったから。

誰も知らなかったが、それはヒューゴの夜のスケジュールを標準にされていた。

 



 

帰り道、ヒューゴはベス⼥王に出くわした。

デビッドも⼥王と⼀緒だ。

ヒューゴは挨拶をして通り過ぎようとしたが、ベスが彼に話しかけてきた。

「お久しぶりです、公爵」

「ええ。お久しぶりです」

「公爵夫⼈についてよく⽿にしますね。公爵夫⼈のニュースは戴冠式以上に語られていますから」

「それはほんの取るに⾜らない噂です」

「噂は必ずしも無益ではありません。社会界で活動を始める前に、公爵夫⼈と会って話をしたいと思っています。昼⾷会を⽤意したいので、招待状を送りますね。断らないでください」

王の招待は拒否できる可能性があるが、⼥王の招待は拒否するのは困難だった。

特別な事情がない限り、⼥性の社会活動に関する問題に関与することはできないのだから。

⼥王の招待を拒否する理由はない。

「妻は喜んで招待に答えてくれると思います」

丁寧な挨拶を何度か交わした後、簡単な会話は終わった。

タラン公爵の去る姿を⾒て、ベスは「相変わらず鈍い」と考える。

王⼥としての時代、貴族たちは男女問わずベスに近づいていた。

彼らは可能な限りの⼿段で皇太⼦に近づきたいと思っていたから。

しかし、タラン公爵は⼀度も個⼈的に話しかけてきたことはない。

むしろ、タラン公爵と知り合うことを恐れたのは彼⼥の夫。

[彼は殿下のプライドを傷つけていないのですか?殿下はこの国の将来の王なのですよ]

ベスは好奇⼼旺盛だったので、ある⽇、クェイズにそう言った。

彼⼥はタラン公爵の傲慢さを理解できなかったのだ。

何があろうと、彼は王国の⼀部である領地の領主に過ぎないと思っていたから。

[大事なのはプライドではありません。将来を⾒据えて、今頭を下げることより⼤事なことは何ですか?タラン公爵に嫌悪感はありません。タラン公爵のように、他⼈を気にせずに⽣きる⼈は誰でも羨ましいと思うでしょう。彼を挑発しても何の利益もありません]

ベスは夫の意志が固いことに気づいた後、タラン公爵を夫の強い同盟国として認めることにした。

彼女は複雑な政治的戦いについて知らない。

彼⼥が愚かだったからではなく、注意を向ける理由がなかったから。

 



 

ベスは名誉ある⼥性として⽣まれ、何不自由なく育ち、王⼥になった。

彼⼥の⺟⽅には権威あるデュカル家がいて、彼⼥の⽗親であるラミス公爵は強⼒な⽀持者だ。

彼⼥にはすでに3⼈の息⼦がいて、相続⼈の席もある。

ベスにとって、クェイズは⾼貴で純粋ではなかったが、彼⼥は彼を尊敬していた。

王室と結婚した⼥性として、後部の宮殿でいくつかの問題に我慢しなければならない。

王室の⼥性として、ベスはスムーズな⽣活を送ってきた。

夫のために戦うことを⼼配する必要はなく、⼥王の冠をスムーズに受け取る⽇を待つだけ。

それにもかかわらず、彼⼥の唯⼀の⼼配は彼⼥の弟のデビッド。

「なぜあなたはタラン公爵に対して無礼に振る舞ったのですか?」

ベスはデビッドを批判する。

「タラン公爵は⽗親と同じ⽴場の男です。なぜあなたは無思慮に⾏動するのですか?」

姉の叱責を聞いて、デビッドの表情は不満に満ちていた。

ベスはため息をつく。

将来公爵の名前を継承するであろう若い領主としてあまりにも愚かだった。

無条件に⻑男を味⽅につけた故⺟のせいでしょう。

ベスは弟から教訓を学び、息⼦たちに厳しく接していた。

「しかし、タラン公爵は失礼でした」

「デビッド。失礼と表現するのは適切ではありません。タラン公爵はあなたに対して好きなように失礼に振る舞えるのですから」

「姉さん!」

「⻑話はしたくありません。私は⾃分の⾏動や⾔葉に注意することを繰り返し⾔いました。あなたは⼦供ではありません」

ベスが後退する姿を⾒て、デビッドは拳をしっかりと握り締めた。

何処に行っても「タラン公爵」の話題ばかり。

彼は理解できなかった。

デビッドの⽗は王に最も近い顧問であり、彼の姉は⼥王。

彼の甥はいつか王になるでしょう。

当然のことながら、王はデビッドを信頼し、他の誰よりも自分を近くにおくはず。

しかし、クェイズはダビデに無関心であり、クェイズがタラン公爵と⼀緒にいたとき、彼はデビッドを残り物のように扱ってきた。

「彼の何がそんなに素晴らしいのだ?」

デビッドは内側で生まれる怒りを感じていた。

 



 

ルシアが愛情に飢えているのは確かかもしれませんが、母親以外に対しては抱かない気もします。

昼食会に招待されるルシアですが、彼女ならば上手く切り抜けられるでしょう♪

デビッドは余計な事をしないでもらえれば・・・。

ルシア【117話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は117話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...