ルシア

ルシア【115話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は115話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

115話 ネタバレ

ルシア【114話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は114話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • お茶会への招待状

ルシアは完全に疲れ果てていた。

ヒューゴの体力に追いつくにはまだ遠い。

ヒューゴは彼⼥を自分の上に置き、体全体に彼⼥の暖かさを感じるのを楽しんでいた。

「戴冠式の⽇が選ばれました。約1か⽉後です」

「それは・・・、思ったより遅いのですね。戴冠式は通常、国葬の後でそれほど⻑く延⻑する必要があるのですか?」

夢の中でどのように進んだかを正確に覚えていなかった。

⾸都の状況は、王の死、国の葬式、そして新しい王の加⼊によって突然変化したが、彼⼥の離宮は別世界のように静かなままだったから。

「役に⽴たない習慣がいくつかあるからな」

前王が亡くなった後、新しい王が躊躇なく王位に就くことは徳とは見なされなかった。

貴族は王の儀式の戴冠を経て、新しい王に王位に就くことを正式に要求する。

新しい王は丁寧に3回拒否し、4回⽬を受け⼊れ、彼らの誠実な意図を受け⼊れたことを⽰すのだ。

そして発表後に、戴冠式が⾏われる。

ヒューゴにとって、それはすべて⾮常に無意味な習慣。

「1か⽉以内であれば、夏はもうすぐ終わります。それなら、買ったドレスは・・・」

「ドレスを着る機会はたくさんあるでしょう。あなたが⾸都にいるという事実はすでに広まり始めています。招待状がまもなく届き始める頃でしょう」

彼の⼿がルシアの背中を優しく愛撫すると、彼⼥の瞼は重くなり始めた。

しかし、ヒューゴの発言を聞いて、ルシアは⽬を瞬きさせて眠りを追い払う。

「どんな招待状ですか?パーティーは許可されていないはずですが?」

王の死後、新しい王が戴冠するまでパーティーを開くことは禁じられていた。

「公式にはそうですが、そもそも政党はより⾮公式です。今でも、パーティーは毎⽇あちこちで開催されています。お茶会はほとんど無制限です」

「お茶会・・・」

「戴冠式まで外部活動をしたくない場合は、参加する必要はありません」

「・・・それでも大丈夫なの?」

「あなたの気が進まないのなら」

「私が丸⼀ヶ⽉家にいるとしたら、私が致命的な病気にかかったという噂が生まれると思いませんか?」

ヒューゴは笑い声を上げた。

「その噂はあなたに問題を与えるでしょ?」

「私を悩ませることができるものは世界にありません」

君を除いて。

ヒューゴは内向きにそう追加した。

ルシアは頭の中でパーティーについて熟考する。

いずれにせよ、⾝を隠したまま⽣きることはできない。

⼈々の視線や注意にさらされるのは⾯倒だが、ルシアはそれを恐れていなかった。

夢の経験と北の経験を加えて、彼⼥は最初の社会的デビューで何をすべきかについてどうしようもなく震える若い⼥性ではないのだから。

(最初は、戴冠式のような⼤きなステージよりも、お茶会に⾏って雰囲気を感じたほうがいいわね)

 



 

お茶会、特に10⼈程度の参加者がいる⼩さなお茶会は、⼀度参加すれば定期的に参加出来るかもしれないと期待する。

「それでも、ドレスは・・・」

「その話題についてはもう話すことはありません。あなたが言いたいように、ドレスが払い戻されるならば、噂は⾄る所に広がります。タラン公爵のような家門はすぐに破産するでしょう」

ヒューゴの言葉にルシアは爆笑した。

「デザイナーから、あなたはブティックに⾏ったと聞きましたが?」

それがルシアがアントワーヌに屈服した最⼤の理由。

ブティックのように⾃分に似合わない場所に⾏って、ドレスを頼むだけだったと聞いて、感動したから。

彼⼥は、愛情深い夫と⼀緒に年をとる公爵夫⼈をうらやましく思っているというアントワーヌの絶え間ない発⾔に動揺したのだ。

「どうしてそんな事をしたのですか?」

「私がすることには理由が必要か?」

「あなたが私に⾔わなければ、私は勝手に解釈します」

「・・・え?」

「私がみすぼらしい格好をしていて、公爵家に相応しくないと考えたからでしょ?」

「有り得ない」

ヒューゴは、「勝手に解釈する」というルシアの考えが、自分にとって有利ではないことに気づく。

「じゃあ何で?」

「理由が必要ですか?私はあなたのためにドレスを買いたかった。それでは納得はしてくれないのか?」

ルシアはにっこりと答えた。

「納得できます」

しばらくして、ヒューゴはため息をつく。

「私があなたと話すとき、途中で通訳が必要だと感じることがあります。何が問題なのですか?」

「よく分かりません。私はそう思いませんが、何が問題なのでしょうか?」

「・・・」

酸っぱい顔をするヒューゴの様子を見て、ルシアは耐えきれずに笑った。

「やりすぎないでください」

「え?」

(なぜなら・・・、あなたが私を思っていた以上に私を好きかもしれないと誤解してしまうから・・・)

ルシアが返事をしなかったので、彼は彼女が眠りに落ちたと感じたのでしょう。

そしてしばらくして、ルシアは本当に眠りに落ちた。

 



 

ヒューゴが⾔ったように、招待状が⾶び始め、数⽇後には、袋を埋めるのに⼗分な招待状が注ぎ込まれた。

ルシアはまだ⾸都の⾼等社会で公式デビューをしていない。

戴冠式が終わるまで公式のパーティーは開催できなかったので、どのパーティーに参加しても公式デビューではなかった。

彼⼥のデビューは戴冠式になるでしょう。

しかし、これは彼⼥の社会活動を始める最初の場所。

ルシアは場所を選ぶために招待状を注意深く調べた。

⼈の多い場所を除外し、主に⼩さなお茶会に絞り込む。

夢からの思い出を精査し、以前に聞いたことのある名前の⼈々がホストする場所を選んだ。

それでも、まだ何⼗もの手紙が残されている。

最後に、彼⼥はジェロームに助けられた。

結果、ジョーダン伯爵夫⼈が主催するお茶会が選ばれたのです。

伯爵夫⼈は、⼩規模で親密な活動が好きな⾸都では有名な⼈物。

ルシアは夢の中で、ジョーダン伯爵夫⼈のお茶会に⾏ったことがなかった。

「ジョーダン伯爵夫⼈は、⾝近な⼈と会話することを好むため、⼩規模な活動を⼿配することが多いです。彼⼥の周りの貴婦⼈も静かな活動を好みますから」

ジェロームは伯爵夫⼈についての情報を教えてくれた。

率直に⾔って、いわゆる「野⽣の⼥性」が集まる場所ではないと。

「奥様の最初の機会が⾸都の貴婦⼈と知り合う機会になるリスクはないと私は信じています」

パーティーの⽇付は⼀週間後。

ルシアはジョーダン伯爵夫⼈に⼿紙を送り、彼⼥が招待を受け⼊れたことを⽰した。

 



 

ルシアのお茶会デビューは成功してほしいですね。

以前主催したパーティーでは不本意な出来事がありましたから。

ヒューゴの思いをいまだに疑ってしまうのは苦しいですね・・・。

何か良いきっかけがあると良いのですが。

ルシア【116話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は116話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...