ルシア

ルシア【114話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は114話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

114話 ネタバレ

ルシア【113話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は113話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 長い夜

最初、ルシアは躊躇していたが、すぐにヒューゴのキスに魅了され、細い腕を彼の⾸に巻きつけた。

彼⼥は素晴らしい生徒で、彼の巧みなキスに積極的に応える。

教えられたことを素直に取り入れ、最初の夜と比較する事ができなかった。

彼⼥の⼝の中の濡れた唇はホイップクリームのように柔らかい。

なぜ彼⼥の口はとても甘いのだろうか?

こんなに接しているのに、とても喉が乾くのは何故だろうか?

ヒューゴはいつも彼女を傷つけたり怖がらせてしまうのではないかと恐れていたので、自分の獣のような欲望を抑えるのに苦労していた。

 



 

深いキスが終わった後、ルシアの落ち着きのない表情を⼀瞬⾒た後、彼は⽴ち上がった。

⾝に着けていたローブを脱いで捨てる。

筋⾁質の体には不完全と⾔えるものは何もない。

ルシアの⽬は釘付けになり、彼⼥は激しく息を呑んだ。

ヒューゴの燃えるような⾚い⽬は、まるで彼⼥を完全にむさぼり⾷うかのように⾒え、彼は荒々しい声で要求する。

「こっちに来てくれ」

ゆっくりと、ルシアは胴体を上げ、⽔を切り裂き、膝を前に進めた。

彼の⽬が静かに彼⼥に命じている。

これまでは想像もできなかったことを試した。

男性の濃厚な⾹りに酔っ払っているような感覚に陥る。

ヒューゴは歓喜する。

ルシアの真っ⽩な⽻を自分の⾊で汚すような喜びに。

「ふぅ・・・」

彼⼥の⾜は震えて、徐々に⾜の⼒を失っていった。

ヒューゴがしっかりと彼⼥を抱きしめていたおかげで、彼⼥は転倒をかろうじて避ける。

嘆願する呻き声が彼⼥の⼝から流れた。

倒れて横になりたいと。

それでもヒューゴのキスは終わらない。

⼀瞬にして背⾻が駆け上がり、激しい圧迫感で⽬が眩む。

ルシアは彼の髪をしっかりと握り、息を切らしていた。

唇が離れるにつれて、彼⼥を⽀える⼒は消え、彼⼥の体は崩壊する。

ヒューゴは疲れ果てた彼女の体を軽く持ち上げ、浴槽の端に座った。

ルシアは全⾝が震え、頭を彼の胸に埋める。

彼⼥の悲鳴はバスルームに響き渡った。

ヒューゴは動きを⽌め、抵抗できない圧⼒を感じて解放する。

その後、ルシアは息を切らして息を吐き、体から力が抜けた。

倒れそうになる彼⼥の体をヒューゴが支える。

後ろからしっかりと抱きしめる。

「はぁ」

ヒューゴはため息をついた。

もう少し耐えようと思っていたが、耐えられなかった。

彼⼥の震えが少し収まったとき、抱きしめたまま彼⼥と⼀緒に⽴ち上がる。

 



 

ヒューゴはバスルームから出て寝室に⼊った。

ルシアは背中の柔らかさを感じて⽬を開ける。

ヒューゴの緋⾊の⽬と合うと、彼⼥は彼の欲望がまったく収まっていないことに気づいた。

彼⼥の上半⾝だけがベッドの端に横たわり、彼はベッドの横に⾝を置く。

ルシアは⾛っているように息を切らしていた。

時々、彼の粘り強さが少しずつ増えていくと考えるようになる。

少しずつ、彼⼥は底なしの⽳のようにヒューゴを飲み込んでいた。

ルシアはベッドに伏せて寝転がり、シーツをしっかりと握り、呻き声のようなため息をついた。

今夜はいつ終わるのだろうか?と。

 



 

明日のルシアは筋肉痛になることは確実でしょう。

ルシア【115話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は115話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...