ルシア

ルシア【113話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は113話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

113話 ネタバレ

ルシア【112話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は112話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ルシアの不満

「え!?」

ルシアは、メイドが滑って転んだのかと思い横を見ると、メイド全員がひざまずいて頭を下げている光景を目撃した。

何かがおかしいと感じて頭を上げる。

そこにはバスローブを着たヒューゴが腕を組みながら立っている姿が。

彼女は驚いて、呆然とする。

その間に、メイドたちはすぐに退散した。

「・・・どうしたの?」

ルシアは澄んだ⽔の中の自分の裸に気づく。

慌てて⾝をかがめ、膝を胸に近づけ、腕を胸に巻きつけた。

「もう遅い」

「私はもう上がります。ですから・・・」

そう言って浴槽から出ようとした瞬間、ヒューゴは突然近づき、浴槽に入ってきたので、ルシアは出るタイミングを逃してしまった。

「なぜ?一緒に入浴すればいい」

頬が赤くなるのを感じて、彼に不満げな表情を見せる。

「これまでにこのような事はありませんでした」

「え?」

「私がお風呂に入っている間に、あなたが入ってくることがです」

「そうでしたか?けれど、それほど重要なことでしょうか?」

「今度からメイドと接しづらくなります」

夢の中での経験で、メイドたちがどれだけお喋りなのか知っていた。

使用人にこのような光景を⾒せ続けることは、主⼈の尊厳を傷つけることでしょう。

 



 

「何がそんなに恥ずかしいのですか?」

「周りに⽬があるときは注意してください」

ヒューゴはなぜルシアが使⽤⼈の⽬を気にかけているのか理解できなかった。

使用人は自分の手足のようなものだから。

なぜ手足に注意を払う必要が?

彼⼥は妙な場所で⾼い基準を持っていた。

労働者と接するときでさえ、彼⼥は彼らをぞんざいに扱わない。

優しすぎて親切。

そのため、ヒューゴは弱⾁強⾷に従った⾸都の⾼等社会に彼⼥を解放することを⼼配していた。

聖職者にならない限り、親切な⼈々が利用され、傷つくのだから。

⼈間は弱者を捕⾷し、強者に尻尾を振る人間が大多数だ。

彼⼥の優しさを利⽤したいと思っている人間は無数にいるでしょう。

彼女が傷つかないように、ヒューゴは⼀瞬⼀瞬を⾒守ることができなかった。

しかし、ルシアが変わることは望んでいない。

彼女にはこのままでいてほしかった。

傷つく彼女の姿を想像する。

ヒューゴは彼⼥が倒れることを望まなかったが、時々彼⼥が自分に寄りかかることを望んでいた。

いいえ、時々ではなく、もっと頻繁に。

ルシアの⼿の甲にキスをする。

そして、彼⼥の指先にキスをした。

⼿のひら、⼿⾸、腕に軽くキスすると、ルシアの顔が赤くなる。

ヒューゴは彼⼥の⾸の後ろを握り、⽔で濡れた彼⼥の湿った唇を飲み込む。

そのまま、⾹りのよいバスオイルを混ぜた彼⼥の体の匂いに酔いしれた。

ルシアの唇を解放したとき、彼⼥は慌てて、何をすべきかについて困惑しているように⾒えた。

「私はもう出ます。ここではやめましょう・・・」

ヒューゴはのんきな笑顔を⾒せた。

「じゃあ、報酬をもらえませんか?」

「報酬」という⾔葉を聞いて、ルシアは何かに気づいたようで、がっかりした声で話した。

「あなたは請求書を見たのですね?」

「ええ。前にも言いましたが、あなたの夫はお金持ちですから。重要でないことについて話さないで、要点にたどり着きましょう。私への報酬として何をくれますか?」

「報酬とはどういう意味ですか!?」

彼の自信ある姿を見て、ルシアは自分が今日一日中心配していたことが些細なことだと感じた。

ヒューゴは彼女が今日行った大規模な買い物に興味を示していない。

そう考えると、彼女の心を満たしていた暗い雲がゆっくりと散らばっていくように思えた。

いずれにせよ、ルシアは社交界に出かけるためにたくさんのことを⼿配しなければならない。

次回はもう少し安いデザイナーを探すことを決意した。

ルシアはすでにヒューゴとアントワーヌの罠に巻き込まれていたが、それはもう少し先の話。

「それで?何が欲しいのですか?」

ヒューゴは返事をする代わりに、つま先から上に向かってゆっくりと⽔中の裸を見つめる。

彼の緋⾊の⽬の欲望は満たされていた。

ルシアの顔はだんだん熱くなる。

「他にはないのですか!?」

そう叫ぶと、彼は「え?」と尋ねるような表情を浮かべた。

そして唇に軽くキスをする。

彼が暗⽰的に微笑んでいるのを⾒て、ルシアは唖然とする。

体は反射的に反応し、彼⼥は徐々にヒューゴに飼いならされていた。

ダミアンがキツネを育てていたように。

いつも自分だけが慌てていて、彼はいつもリラックスしている。

そのことに、ルシアは不満を抱いていた。

 



 

顔を彼に向け、彼の唇にキスをし、彼の下唇をそっと吸う。

ヒューゴを⾒ると、彼の⽬はわずかに震えていた。

彼の慌ただしい表情を⾒て気分が良くなり、かすかに微笑む。

「・・・」

ヒューゴの喉が乾いたように感じた。

彼は⽩いミルクにバラの花びらのように紅潮した頬を噛みたくなる衝動に駆られた。

彼⼥が最初に自分を挑発したので、後で⽂句を言われる筋合いはない。

責任をルシアに引き渡し、彼⼥の柔らかい唇にキスするために彼⼥の頭の後ろを掴んだ。

彼⼥の⽢い唾液を飲み込み、⻑く引き伸ばされたキスが続く。

 



 

いきなり主人がバスルーム現れたら、メイドたちもビックリしますよね(笑)

ルシア【114話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は114話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...