ルシア

ルシア【112話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は112話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

112話 ネタバレ

ルシア【111話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は111話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 別の未来<フィリップ>

その⽇はすぐに暗くなっていった。

フィリップは空を⾒て時間を推測し、少し離れた⼭までの距離を推定する。

これから⼭に登るのは難しいでしょう。

緊急の状況でない限り、暗闇の中で⼭に登らないほうがいい。

フィリップは⻑い経験を持つベテランの旅⾏者だが、彼は自身を危険にさらすことを拒否した。

今夜も路上で寝るつもりだ。

このライフスタイルに慣れると、夜のベッド作りはとても迅速に行われる。

彼は焚き⽕を作り、乾いた⾷料と⽔で⼣⾷をとった。

フィリップの⼼は彼が今⽇去った村を思い返させる。

他の場所と同じように、素朴な村⼈たちは最初は警戒していたが、すぐに彼に⼼を開いてくれた。

その地を去るとき、彼を引き止めてくれる手を振り払うのは悲しいことだった。

ごく稀に、彼に落ち着くことを考えさせた場所も存在する。

しかし、彼はその場に⻑く耐えることができず、再び彷徨うことになる。

それは⽬的地も終わりも知られていない放浪。

それは⾃由を求めていたからではない。。

彼はただ、ぶらぶら歩き回っていた。

フィリップは、彼の家族の業が積み重なって、自分が報うことになったと考える。

 



 

「ふふふ・・・、私の執着は粘り強いな」

以前の村の患者の顔が突然頭に浮かんだ。

⼥性は年をとっているように⾒えたが、はっきりとした⼼地よい表情をしていた。

フィリップは、ヨモギを服⽤した患者、ましてやあのような辺鄙な場所で最初の⽉経からヨモギを服⽤した患者を⾒ることはないと思っていた。

ヨモギを⾷べてしばらく⽉経が⽌まった患者を⾒たことはあるが、先ほどのような患者との出会いは初めて。

意図的に⾏われたのではなく、⾃分で⾏ったのだから。

世界は確かに広⼤で、予期せぬことが常に起こる。

フィリップは⼥性に治療法を授けた。

彼は家族の未来として受け継がれたノートからその部分を完全に引き裂いた。

治療法は彼の頭の中に保存されていたが、引き裂くのを少しだけ躊躇う。

まだしがみついていた彼の⼩さな愛着を断ち切る意味のある⾏動に。

いずれにせよ、家族のいないフィリップが死ぬと、これらの秘密は永遠に彼と⼀緒に埋葬されるでしょう。

これまで捨てることのできなかた愛着が、ついに、今、彼は捨てることができた。

「私は彼⼥に処⼥かどうかさえ尋ねました。馬鹿なことを聞いたな」

フィリップは⾃分を嘲笑する。

その時、なぜその質問が⼝から出たのかと彼は思った。

その⼥性が処⼥であるかどうかは今では無意味なのだから。

 



 

焚き⽕をぼんやりと⾒つめていると、⽬に涙が浮かぶ。

⽼後のせいだろうか、彼の⽬から涙が止めどなく流れ始めた。

突然若い主を思い出すたびに、彼は悲しみと泣きたい衝動に耐えることができなかった。

フィリップにとって、彼が優秀な⻘年に成⻑したとしても、彼はいつも⼩さな若い主。

彼が幼児の⼩さな⼿を握って公爵家に連れて⾏ったという彼の記憶は、まだ彼の頭の中で鮮明に残っていた。

フィリップはすでに成熟した彼を遠くから⾒ることに満⾜していた。

フィリップの最後の望みだった男が寒い地⾯に埋葬されてからもう数年が経つ。

そしてそれ以来、タラン公爵は北の領地を放棄し、戦場を歩き回っていた。

すべてが終わった。

彼の希望は無くなってしまったのだから。

「ダミアン坊ちゃん・・・」

フィリップはすすり泣きながら肩を震わせる。

彼が戻ってきた若い主⼈の死体を握りしめ、際限なく泣いた⽇のように。

フィリップは床に⾝をかがめて泣き続けた。

 



 

これは夢の中で出会ったフィリップの物語ですね。

ダミアンがどうして亡くなったのかは謎です。

しかし、この話を読むと、彼の方法は間違っていますが、ダミアンを大切に想っていたことは嘘ではないようですね・・・。

ルシア【113話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は113話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...