ルシア

ルシア【111話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は111話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

111話 ネタバレ

ルシア【110話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は110話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 契約書と請求書

ルシアはアントワーヌが彼⼥に提⽰した契約に署名した。

彼女の言葉は今でも魔法のように思える。

アントワーヌが勧めたものが全て自分に必要であるかのように聞こえたから。

当時、ルシアはそう思っていた。

アントワーヌが去った後も、彼⼥はまだ夢の中にいるような感覚に陥っている。

しかし、彼⼥が午後に送られてきた契約書と請求書のコピーをチェックしたとき、彼⼥の半分離れた感覚が戻った。

金額を確認したとき、⾃分の魂が⾶び去ろうとしているように感じる。

ルシアは、デザイナーの囁きを受け入れた代償がこんなに⾼額になることを知らなかったのだ。

⼈⽣で初めて購⼊した⼀流のデザイナーのドレスの価格は、彼⼥が想像した漠然とした⾦額よりもはるかに高額。

メイドはルシアの肩にぬるま湯を適度に注いでいる。

ぼんやりと体を委ねたまま、ルシアはドレスのことを考え続けていた。

(なぜ帽子と靴があれほど高いの?手袋だってそう・・・)

ルシアの常識では、帽子と靴はアクセサリーという認識。

ドレスは⼈々の目に注目されるが、帽子や靴は見栄えが悪くなければ十分だと考えていた。

夢の中で、彼⼥は⼿袋のようなものを購⼊したことさえない。

(それに加えて、今回購入したのは全て夏用のドレス・・・)

少し寒くなってきたら、彼女はそれらを着ることができないでしょう、。

当初、ルシアはすぐに払い戻しを受けたいと思っていたが、ジェロームの言葉は彼⼥を落胆させた。

ジェロームはその件を彼の主⼈と話し合うように忠告したのだから。

アイテムを購⼊した後に払い戻しを求めることは、懸念される評判よりも重要な問題。

特に⾼級品の場合、悪評が立つ恐れがある。

ルシアは常に払い戻しを考えていたとき、ヒューゴはお⾵呂を終えて寝室に⼊る。

 



 

浴室からの微かな⽔の⾳を聞きながら、テーブルの上の⽩い封筒を⼿に取った。

契約書と請求書。

ヒューゴはソファに座って仕様を確認する。

彼はその量を⾒たとき、笑ってしまった。

それは彼がアントワーヌのために書き留めた⾦額の約1/5だったから。

デザイナーが彼⼥にこれだけお金を使わせた能⼒を認めるべきでしょうか?

それとも、彼⼥の防御を徹底的に破壊したデザイナーの詐欺師のような話法を賞賛すべきでしょうか?

デザイナーは、ヒューゴが書き留めた全額を使⽤することを決⼼していた。

良い商⼈はお⾦を稼ぐチャンスを見逃さない。

しかし、デザイナーは⼀歩後退した。

ヒューゴは当時現場にいなかったので知らないが、おそらくデザイナーは、過度に勧めた場合、1つも売れないという危険を感じていたに違いありません。

アントワーヌは前進するために⼀歩後退したのだ。

彼⼥はこのビジネスが一度で終わらないことに気づいたから。

 



 

ヒューゴにとって、夫人の贅沢によって消耗している貴族を数多く知っている。

しかし、正反対の理由でこれに注意を払うことになるとは思ってもいなかった。

ルシアは決して他⼈にけちではない。

ロームの庭が建て直されたとき、庭の労働者は平均よりも⾼い報酬を⽀払われていた。

しかし、ヒューゴは彼女自身だけに当てはまる倹約と心配性に⾮常にうんざりしている。

メイクの必要のない真っ⽩な肌は⼿触りが良く、濃厚な⾹⽔ではない爽やかな花の⾹り。

さらに、贅沢な服は必要なかった。

服は剥ぎ取られるために存在しているのだから。

その意味で、ヒューゴは冬が好きではなかった。

スカートが厚すぎて重すぎるから。

しかし、もともと、彼はねばねばした夏が嫌いだ。

寒い冬に乗⾺を楽しんでいたくらい。

去年の冬までは。

ヒューゴは彼⼥の服装に問題はないと考えていたが、他の⼈にとってはそうではない。

彼⼥は公爵夫⼈として⾼等社会に現れなければならないのだから。

⾒た⽬は⼈を判断する最も簡単な基準。

彼⼥が公爵夫⼈としての地位にふさわしくない姿を⽰すならば、彼⼥の美徳が賞賛されることはなく、代わりに噂の標的になるでしょう。

ヒューゴはルシアがそのような価値のない話題の主題になることを望まなかった。

「もう⼀度デザイナーに会わなければならないな」

ヒューゴはデザイナーの能⼒を認めることにした。

そして再びデザイナーに会い、契約について話したかったのだ。

「2つの契約を結ぶ必要があるな」

実際の⾦額の契約が自分に送り、はるかに少ない⾦額の偽の契約をルシアに送ること。

彼は彼⼥にお⾦のようなことを⼼配させたくなかった。

 



 

公爵家が返品なんて出来ませんよね(汗)

そして、ヒューゴのルシア対策。

流石です♪

ルシア【112話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は112話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...