ルシア

ルシア【110話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は110話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

110話 ネタバレ

ルシア【109話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は109話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アントワーヌの手腕

ヒューゴは夜遅く帰宅した。

出迎えてくれたルシアが挨拶したとき、彼女の表情は暗かった。

彼⼥の視線は落ち込んでおり、暗いオーラが彼⼥の周りを包んでいる。

ヒューゴはルシアのあごを掴み、目を見るために彼⼥の顔を持ち上げた。

突然の接触に驚いて、使⽤⼈の視線に気づき、目を逸らす。

ヒューゴは使⽤⼈の視線を気にせず、あごをしっかりと握った。

「何があった?」

「・・・」

「ジェローム!」

ジェロームはすぐに公爵の鋭い呼びかけに応えた。

ジェロームは、2⼈の主⼈の雰囲気が異常になり始めたため、⽬で使⽤⼈を追い払う。

「奥様は、ブティックデザイナーが⽴ち寄って以来、動揺しています」

ジェロームにとって、公爵夫人の気分を理解することは、今や何よりも重要な優先事項。

「彼女があなたに何か失礼なことを?」

ルシアは⾸を横に振った。

「では、何ですか?教えてください。何があなたをそんなに動揺させているのですか?」

「・・・私は⼤きな混乱を引き起こしたと思います」

「大きな混乱?」

「・・・今からでも払い戻しを受けることは可能でしょうか?まだ確定していない可能性があります」

 



 

すぐに問題の根源にたどり着き、ヒューゴはため息をついた。

頼んだデザイナーを思い出す。

あの⼥性は⾃信を持って述べたのと同じくらいの能⼒を持っていたようだ。

ヒューゴがルシアを解放して⽴ち去り始めたとき、ルシアは彼の腕を掴んだ。

「どこに⾏くの?私は⼤きな混乱をしたと⾔いました!つまり、19着もの⾐装がドレスに追加されたのですよ!?」

靴や帽⼦などは、当然ドレスと⼀緒。

(190ではなく19?なぜ20で綺麗に終わらせない?)

アントワーヌの能⼒に対するヒューゴの評価は下がった。

アントワーヌがこれを聞いたとしたら、彼⼥は憤慨していたでしょう。

19の⾐装を売るために可能な限りの⼿段を使ったのだから。

「私は⼀⽇中汗をかいてきたので、最初に洗い流したいと思います。後であなたの話を聞かせてください」

「私の話を聞いたら、あなたは落ち着いたままではいられません!」

「驚かなかったら、何をくれますか?」

「・・・え?」

「賭けには報酬が必要です」

「私がいつ賭けていると⾔いましたか!」

「あなたが私に何をくれるか考えてください。私が⼊浴して出てくるまでに」

「話を聞いてください!」

ルシアは抗議の叫び声を上げたが、ヒューゴは無視して階段を上った。

ルシアは恥ずかしかった。

アントワーヌが残した案はまだ頭の中で回っていたので、彼⼥は使⽤⼈の前で姿を維持することをすべて忘れていた。

幸いなことに、使⽤⼈は散らばっていたようで、彼らは何も見ていなかった。

ルシアは安⼼しているジェロームに気づく。

どういうわけか、彼の⽬は微笑んでいるようだった。

「お⾵呂に入られませんか?」

「・・・どうして?」

「奥様はまだ⼊浴しておらず、旦那様がすでに向かっておりますので」

ルシアは顔を⾚く染め、視線を下げた。

なぜか恥ずかしい思いになる。

ジェロームのような⽴派な執事は、そのような意図を持ってそれを⾔うことはない。

知っていたはが、タイミングがおかしかった。

ルシアは優柔不断に⽴ち回り、深いため息をつく。

とりあえず入浴することを決めた。

加えて、彼⼥の体は暑さのためにベトベトしているから。

しかし、不思議な嫌悪感から静かに答える。

「・・・お任せします」

「はい、奥様」

ジェロームは笑顔で答えた。

確かに、彼は優秀な執事だ。

主⼈の⼼を読むことができるのだから。

 



 

「本当にどうかしていたわ」

給料をもらおうと全⼒を尽くすようなサービスを体験したのは初めてだった。

ルシアがブティックを訪れていたら、彼⼥は警戒を怠っていなかっただろう。

しかし、彼⼥は⾃分の家の安全にあまりにもリラックスしていた。

ルシアはあまりにも素朴に考えていた。

彼⼥はロームで出会った貴婦⼈のお世辞に慣れていたから。

だから、彼⼥は他⼈のいい⾔葉に騙されないだろうと確信していたのだ。

しかし今、ルシアは彼らの製品を売りたいと思っている商⼈のお世辞を⾒下ろす代償を払わなければならない。

もちろん、アントワーヌはただの話し上手ではなかった。

彼⼥のスキルも素晴らしかった。

彼⼥はルシアが着ていたシンプルなドレスを触って、まったく違う雰囲気を放ったのだから。

ルシアは気づかないうちに拍⼿していた。

アントワーヌは最初に自分のスキルを披露し、ルシアの⼼を誘惑したのです。

ルシアはファッション⽤語の半分も理解出来なかったが、奇妙なことに彼⼥は理解したように感じた。

アントワーヌの⾔葉を通して、ルシアは⼈々の⽬の焦点であった幻想的な美しさに⽣まれ変わった。

今考えると、非常に馬鹿げていたが、当時は、かなり合理的に聞こえた。

アントワーヌはルシアが知っていた噂について話していた。

公爵夫⼈は⽐類のない美しさで、公爵の関心を手に入れたと。

また、タラン公爵が⾮常に⼼配していたため、彼が個⼈的にブティックを訪れたという事実を強調したのだ。

その後、アントワーヌはすべてを自分に任せるべきだと⾃慢げに宣⾔した。

[公爵夫人はリラックスし、あなたが社会に現れるまでの⽇数を数え、時間が経過するのを待つだけです。タラン公爵が妻として世紀の美しさを持っているという噂を現実のものにします]

正直、ルシアは噂を気にしていた。

⼈々の視線を恐れていたのではなく、ヒューゴに関係する噂が彼⼥の⼼に重くのしかかっていた。

[公爵夫人は美しいです。しかし、荒い宝⽯のように、この美しさは明らかにされていません。原⽯の真の美しさは深く隠されていますが、適切に処理されないと⽯に変わる可能性があります。公爵夫人という宝⽯を私に加⼯させてください]

 



 

190着は流石に無理でしたね(笑)

19着購入しただけでも、アントワーヌの手腕が優れていることが理解できます。

ルシアの社交界デビューが楽しみになりましたね!

ルシア【111話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は111話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...