ルシア

ルシア【109話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は109話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

109話 ネタバレ

ルシア【108話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は108話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アントワーヌの狩り

アントワーヌは2⼈の助⼿と数⼈の助っ人と共に公爵夫⼈の住居に到着した。

⼀緒に持ってきたサンプルのドレス、帽⼦、靴を応接室にきちんと展⽰するように命じる。

いつもの仕事だったので、あっという間に応接室の雰囲気がブティックの雰囲気に変化した。

ルシアは、デザイナーが到着し、今では馴染みのない応接室に⼊るため、2階から降りてきた。

アントワーヌと2⼈の助⼿は深いお辞儀をする。

「公爵夫⼈にご挨拶をさせていただきます。私は⼩さなブティックのマネージャー、アントワーヌと呼ばれています」

 



 

ルシアはアントワーヌという名前をよく⽿にしていた。

彼女に会うのは初めてだが、彼女は夢の中でとても有名だったから。

アントワーヌは、貴婦⼈の間で⼈気を独占した⼀流デザイナーの⼀⼈。

しかし、夢の中のルシアから見れば遠い存在だった。

マートン伯爵はお金を湯水のように使っていたが、自分自身以外には非常にケチだったから。

(これは高くつくでしょう)

それがルシアの頭に浮かんだ最初の考え。

「お会いできて光栄です。今⽇はあなたが私を助けに来ると聞いていました」

「私も、あなたのような⾼貴な⼈物に会えて光栄です」

アントワーヌは、露⾻に観察しているような印象を与えないように視線を逸らしていたが、鋭い鷹の⽬で、公爵夫⼈の全体的な感触と外観をすばやく把握する。

数え切れないほどの顧客との彼⼥の経験のおかげで、長くかかることはなかった。

アントワーヌは、今⽇公爵夫⼈の住居に来る前に興奮していた。

彼⼥が有名なデザイナーになって以来、クライアントに会う前にとても緊張したのは初めての経験。

研修⽣として初めてのフィッティングをしていた頃の興奮を改めて感じることができた。

アントワーヌは、タラン公爵が宝石店に展⽰されているすべての商品を⼀掃したことをすでに聞いている。

彼女の目の前には金の卵がぶら下がっていた。

彼女の心はロマン主義のタラン公爵の出現で興奮し、夜眠ることが出来なかった。

アントワーヌのブティックは、⾼等社会の有名⼈が頻繁に訪れる場所であり、あらゆる噂の中⼼。

貴婦⼈のお喋りを盗聴するだけで、無限の情報を入手できる。

今⽇、タラン公爵夫⼈についての噂は最も活発で興味深い噂。

アントワーヌは、どんなに⾯⽩くても、噂はほとんど嘘と憶測であると知っていたので、若いデザイナーとは異なり、彼⼥はそれほど興味を示していなかった。

多くの話題が脚光を浴び、⼀⾔も⾔わずに消えていくのを⾒てきたから。

公爵夫⼈の噂も同じだと。

公爵夫⼈をきちんと⾒た⼈は誰もいなかったし、噂が別の噂に繋がる。。

アントワーヌは、公爵夫⼈が実際に現れると、⾬の⽇の朝の天気のように、すべて解決すると想定していた。

しかし、タラン公爵がメモに⾦額を追加したとき、彼⼥の仮定は揺らぐ。

そして、宝石店の売り切れで、その仮定は崩壊する危険に晒されていた。

今⽇、アントワーヌが噂の公爵夫⼈を⾒るやいなや、何かが彼⼥の⼼の中で爆発した。

「ああ・・・。何て素晴らしいの」

まったくの予想外。

公爵夫人は、派⼿で官能的で⾃信に満ちた貴婦⼈でいっぱいの⾼等社会で彼⼥が⾒たことがないタイプ。

アントワーヌが⾒てきた世界は、多くの⼈が⾒たものと⽐べて⾮常に異なっていた。

⼈々が美しいと呼ぶ⼈形のような姿は、彼⼥にとって⾯⽩くない決まり⽂句。

アントワーヌによって定義された美しさは、彼⼥の創造性を刺激することができなければならない。

そして公爵夫⼈は、新しい素材の登場だった。

彼⼥は新鮮で魅⼒的。

アントワーヌがソファに座ってメイドが提供するお茶を飲んでいる間、彼⼥の視⼒は公爵夫⼈に絶えず訓練されていた。

「このデザインブックには、私が⻑年に渡って作ったドレスのコレクションが満載です。これを⾒て、何かが公爵夫人の空想にぶつかるかどうか教えてください」

アントワーヌは、⾃分が作ったドレスを⾃分の作品と呼ぶことに何の不安もない。

厚い本の中の豪華なドレスを⼀枚⼀枚⾒ている中で、ルシアの表情は落ち着いていた。

彼⼥の表情が示しているように、彼⼥はそれほど感銘を受けていなかった。

夢の中で、うんざりするのに⼗分なドレスを⾒てきたから。

ルシアはあまりファッションに詳しくない。

彼⼥にとって、ファッションはより多くの魅⼒とより少ない魅⼒の単なる区別。

ボールドレスは実⽤性よりも⾒せるためのものだったので、数時間着ると⾮常に不快になる。

(これは簡単には終わらないわね)

アントワーヌは、タラン公爵が「私の妻は質素だ」と⾔ったときの意味を理解できるようになる。

通常、貴婦⼈がデザインブックを受け取ったとき、彼らは恍惚とした表情で彼らの欲望を表現する。

それに⽐べると、公爵夫⼈の表情は落ち着きすぎていた。

また、公爵夫⼈が現在着ているドレスはとてもシンプル。

素材だけが⾼級感があり、着こなしの気配は見当たらない。

「⽬を引く作品はありませんか?不適切なアイテムの表⽰でしたら、お詫び申し上げます」

「いいえ、これらはすべて素晴らしくて素敵です。ただ、私はファッションに精通していません・・・。あなたは専⾨家です、あなたの裁量で適切に扱うことができます」

あなたの裁量で。

これより悪い顧客はいなかった。

アントワーヌは危機感を感じると同時に、挑戦感に興奮した。

公爵が書いたメモの⾦額が彼⼥の前でちらちらと光っている。

手の届くところにある金を逃すつもりはなかった。

 



 

「測定してもよろしいですか?」

アントワーヌはルシアを全⾝鏡の前に⽴たせ、ゆっくりと彼⼥の周りを歩き回る。

その間、彼⼥の助⼿は公爵夫⼈の側にいて、テープラインで彼⼥の⼨法を測定していまた。

アントワーヌは少し離れて⽴って、公爵夫⼈全体を見つめる。

測定値の⼤まかな概要を把握し、頭の中に服装を描いた。

(あのデザインブックは彼⼥に合わない)

アントワーヌはすぐに気づいた。

彼⼥が考えたドレスは華やかで、胸を際⽴たせるスタイル。

体を官能的に⾒せてくれる形で、最近の流⾏。

しかし、アントワーヌの意⾒では、公爵夫⼈がそのようなデザインを⾝に着けていた場合、彼⼥を下品に⾒えるリスクを冒していた。

「公爵夫⼈は儚いイメージがあります。⾊を加えると、別の魅⼒が生まれるでしょう」

ほっそりした体型では、官能的な魅⼒を強調するよりも、スリムなウエストを強調し、保護本能をかき⽴てる⽅が良かった。

公爵夫⼈の⽩く澄んだ肌に焦点を当て、軽いメイクを補うと、純粋で魅惑的な雰囲気を作り出すことが。

アントワーヌの頭の中に新しい絵が描かれる。

活気に満ちた創造物が生き返った。

アントワーヌは助手に指⽰を出し始める。

彼⼥の助⼿はアントワーヌの⼿⾜のように動き、彼⼥が望むものを持ってきて、彼⼥の⼩さなジェスチャーと視線を理解していた。

公爵夫⼈が着ていたシンプルなドレスのレースを強調するために布を使⽤し、次にピンを使⽤してドレスの形状のわずかな変更を抑える。

最後に、ドレスの感触を変えるために部分的なイメージチェンジを。

全体の進行は⾮常に迅速に⾏われた。

そして、アントワーヌはルシアを鏡に連れて⾏く。

「いかがでしょうか?」

アントワーヌは意気揚々と笑いながら尋ねた。

ルシアは鏡を⾒ると⽬を広げた。

まるで魔法のようだったから。

彼⼥がよく着ていたドレスはまったく新しい服装になっていて、鏡の中の彼⼥の姿には何か美しいものが醸し出されていた。

⾔葉で表現することは出来ないが、何かが異なって見える。

「公爵夫人はとても魅⼒的です。なぜこの魅⼒を隠しているのか分かりません」

ルシアは自分の顔に触れ、鏡の中の彼⼥の姿を賞賛して見つめた。

「凄いわ・・・」

アントワーヌは満⾜げな笑顔を⾒せた。

ハイエナのように、噛んだら⼿放さない。

アントワーヌの狩りは始まったばかり。

 



 

ルシアの魅力は分かる人には分かるのですね♪

アントワーヌの狩りは成功するのでしょうか?

そして、ルシアはどれだけ購入するのか楽しみですね(笑)

ルシア【110話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は110話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...