ルシア

ルシア【108話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は108話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

108話 ネタバレ

ルシア【107話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は107話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒューゴの後悔

⾷事の後、ルシアは庭で彼と⼀緒に散歩した。

彼らがロームにいたときは、時間があるときはいつでも二人で一緒に散歩をするのが日課だった。

彼女の夫は忙しい。

ベッド以外での時間は限られていた。

だからルシアにとって、高価な贈り物を受け取るよりも、ヒューゴと一緒に歩くこの時間の方が幸せだった。

「ヒューが贈ってくださった宝石はすべて美しくて、素敵でした。あなたが自分で全てを選んだのですか?」

「ええ」

ヒューゴは一目見てまとめて購入しただけだが、自分ですべてを選んだと言ったのは間違いではない。

「気に入りましたか?」

「はい、ありがとうございます」

ルシアは、宝石を貰ったというよりも、彼からの気持ちに感謝した。

「あなたは⼥性の宝石について詳しいのですね。これまでにも贈ってきたから、センスがあるのでしょう」

口から出た言葉に、ルシアは後悔した。

彼を批判するつもりはなかったのに。

彼が不機嫌になると感じて、謝罪しようとするが・・・。

 



 

「ビビアン」

ヒューゴは深いため息をつき、彼⼥の⼿⾸を握るために⼿を伸ばし、歩くのをやめた。

「私たちが結婚する前に起こったことを忘れられないのですか?」

ルシアはぼんやりと彼を⾒つめる。

「ごめんなさい、今後は気をつけます」

「そうではありません。少し前のことですが、契約の変更を依頼したときに話したことを覚えていますか?」

『知らないうちに恋⼈作りに⾏かないでください。私に飽きたりうんざりしたりして、別の⼥性会いたい場合は、まず教えてください。他⼈の⼝からは聞きたくない』

「ええ。覚えていますよ、ヒュー」

「私があなたの知らないうちに恋⼈を作ることはありません。私があなたに飽きて離れることなど決してありません。私を信頼して欲しい」

ルシアの⼼が動揺する。

彼⼥はヒューゴの⾔葉の背後にある意図を知らない。

巨⼤な旋⾵が彼⼥の⼼を襲い始めた。

彼⼥には、結婚前の彼の過去の⾏動を批判したり⾔及したりする理由や権利はありません。

結婚の法的な契約が確⽴された後、ヒューゴはそれを厳守した。

しかし、それはルシアが知っていた彼とは一致しなかった。

彼は、⾃分の好きなように規則を変えるような人物。

「・・・どうして?」

ルシアは⾃分の考えが分からず、ぼんやりとそう呟いた。

ヒューゴは何を⾔えばいいのか分からないと⾔った顔をする。

何かを⾔うかのように繰り返し⼝を開けた。

(どうしてなの・・・、ヒュー?)

彼⼥の前にいる男は傷ついていた。

クロティン卿がとても⾃信を持っていたので、空の下で誰も彼の指さえ傷つけることができなかった男は、今彼⼥の短い⾔葉に苦しんでいた。

昔のルシアに似ている。

今、彼⼥は⼝の中に苦い味が残っていた。

(できるのかな・・・?)

⼼が⾔葉には⾔い表せず、罪を犯したように痛んだ。

「私は・・・、あなたにとって何か意味がありますか?」

⾔葉を慎重に選んだ後、ヒューゴは⼝を開いた。

「ビビアンが私を信じることができないことを知っています。そして、私はその理由を理解しています」

 



 

彼は彼⼥と多くの間違いを犯してきた。

ソフィア・ローレンスとの出会いから。

二人が結婚する前に、彼は書類を持ってきて、自分の私⽣活に⼲渉しないように言った。

結婚式が⾯倒だと思ったので、結婚式を省略した。

結婚式の夜、彼は⾃分の欲望を満⾜させるだけで、彼⼥の体を考慮しなかった。

「私を試してもいい」

「なぜ?どんな理由であなたは試すと言うのですか?」

ヒューゴはため息をつきながら、ルシアの髪を撫でる。

「気まぐれなの?」

彼⼥は彼が他の恋⼈たちに何をしたのか知らない。

彼がかつて最も愛した女性に愛の⾔葉をどのように囁いたか知らない。

ルシアが⾒た唯⼀のことは、ヒューゴが彼の恋⼈を無情に拒絶する光景だけ。

そして、その光景は根本的な恐怖として彼⼥の⼼に深く根付いている。

彼⼥はいつかソフィア・ローレンスの⽴場になるかもしれないと思った。

「・・・私は結婚前に何が起こったのか気にしていません」

「本当に?」

「私には権利がありませんから」

「・・・」

(彼女と話しているとおかしくなりそうだ)

彼女より強い壁があるのだろうか?

ルシアは⼀瞬でも、⾃分の周りに描いた線から離れない。

「あなたを信頼していますから」

「・・・信頼?」

「恋⼈ができたら、秘密裏に会うのではなく、教えてくれると思います。あなたは約束を守る方ですから」

案の定、彼⼥は魔⼥だった。

すぐに、自分を崖から押し下げ、それから再び引き上げる。

この捻れた紐をどこから解けばいいのか分からなかった。

捻れた紐を解く代わりに切るという以前の解決策は、この状況では役に立たない。

「ヒュー、なぜ私に信頼して欲しいのですか?」

ヒューゴは⾔葉を失った。

その理由について考えたことがなかったから。

かろうじて言い訳をする。

「・・・信頼できない⼈と同じ家に住むことはできません」

ルシアが再び沈黙の中で彼を⾒始めたとき、ヒューゴは自分が間違いを犯したのではないかと不安になった。

(何も思いつかない)

彼女は知っていたが、知らない。

答えに近づいているように思えて、最初に戻ったようにも思える。

ルシアはいつか彼の愛を受け取るだろうと期待していた。

それがいつ達成されるか分からなかったのは、漠然とした⼤きな欲望。

そんなに簡単なことではないのは分かっている。

理由を探している間に、一つの選択を除外した。

彼が私をとても好きだという可能性。

もちろん、ヒューゴが自分を好意的に見ていることは知っているけど。

(彼は私が好きだから、信頼を必要としている?)

彼は騎⼠であり、家族の領主であり、広い領⼟の領主。

信頼とは、他の⼈と共有されると完了するもの。

「ヒューが言いたいのは・・・、あなたは夫として忠実になるので、私もあなたを信頼すべきだという事ですよね?」

その言葉に違和感があると気づきながらも、ルシアはそう言った。

ヒューゴは何も考えられず、ただうなずいた。

「分かりました。そうしますね」

彼⼥の答えは簡潔だった。

「ヒューのやり⽅次第です」

「・・・冗談なら、⾯⽩くありません」

「冗談で言っていません」

実は冗談だったけど、彼が真面目に受け取ってきたから言えなかった。

冗談ということを告げず、向きを変えて歩き始めた。

ヒューゴはぼんやりと彼⼥を⾒た後、⼀歩前進する。

彼女に信頼されるために何をすべきか分からなかった。

考えを整理すると、ルシアが馬鹿げた噂を聞いたのが原因なのではないかと疑うように。

「ファビアンに連絡する必要があるな」

それはつまり、ファビアンは今日も残業するという意味と同じだった。

 



 

近づいたと想ったら離れていく二人。

早く契約更新を!

そして、ルシアにも自信を持って欲しいですね。

ルシア【109話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は109話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...