ルシア

ルシア【107話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は107話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

107話 ネタバレ

ルシア【106話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は106話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 久しぶりの夜

ヒューゴの執拗な衝動は終わりの兆しを⾒せなかった。

ルシアの膝は彼⼥を⽀えることができず、疲れ果てて震えている。

彼⼥の⽬は熱くなり、涙が彼⼥の⽬からシーツに落ちた。

「ヒュー・・・、これ以上はもう・・・」

彼女の嘆願にもかかわらず、ヒューゴは容赦しなかった。

「ヒュー・・・、つ・・・、疲れました」

「良い子だから。もうすぐ・・・、終わるから。あと少しだけ」

ルシアは経験から知っていた。

自分の声が彼に届いていないことに。

彼女の嘆願は、ヒューゴには届かなかった。

時々ではあるが、彼は無慈悲だ。

彼の強い⼿がルシアの腰と太ももを握っていなかったら、彼⼥はすでに倒れていたでしょう。

「ヒュー。お願いだから・・・」

ルシアは絶えず揺れる視⼒から目眩を感じ、⽬を閉じた。

 



 

ヒューゴは彼⼥の髪をつかみ、彼⼥を傷つけないようにする。

彼はルシアの体を⽀えている⼿を離し、彼⼥は静かにベッドに寝かせた。

ヒューゴは喉が乾いたように感じる。

喉の渇きを癒すために塩⽔を飲むのと似ていた。

ルシアを抱きしめれば喉の渇きは和らぐように⾒えたが、代わりに悪化する。

それを我慢することは⾮常に困難だった。

ヒューゴはゆっくりと⽬を閉じて、再び開いた。

そうすることで、欲望に満ちた彼の⽬は少しだけ落ち着く。

これで⼗分だった。

彼は激動の欲望を押し下げる。

ヒューゴはルシアの髪の汗を払い落とし、彼⼥の額を明らかにした。

彼⼥の⽬は閉じられ、彼⼥は激しく呼吸していた。

眠っているかどうかは分からない。

ルシアは⽬を閉じる前に、彼に⾮難に満ちた視線を向けていた。

ヒューゴの唇は穏やかに曲がり、謝罪を感じて彼⼥の髪を撫でた。

彼⼥の繊細な額の僅かな皺がゆっくりと広がる。

彼はローブを着て、ルシアの体を持ち上げた。

彼⼥は少し⽬を開けて、また閉じる。

ルシアには反応する⼒がなく、彼⼥の体は彼の腕の中でぶら下がっていた。

ヒューゴは寝室を出て、バスルームに向かう。

準備された温かいお⾵呂はまだ利⽤できるはずだから。

 



 

ルシアは死者のように眠り、太陽が空に⾼く昇ると⽬を覚ました。

「体が痛い・・・」

彼⼥の夫が素晴らしいスタミナの男であったことは悪いことではないのだけれど。

呻き声を上げてようやく起き上がった後、ルシアは朝に届けられた⼩さな宝⽯の⼭に出迎えられた。

応接室では、まるでルシアに⾃分を差し出すかのように、宝⽯の⼭がテーブルの上に積み上げられている。

メイドたちの目は「早く見て」と言っているかのように誇りを持って煌めいていた。

(あの人は、本当に・・・)

ルシアは⾔葉を失って唖然とし、自分の⽬を信じることが出来ずにいた。

贈り物にも限度というものがある。

総額は?

彼⼥は頭痛が来るのを感じた。

ヒューゴが⼣⽅に戻ったときに彼の過剰な⽀出についての自分の考えを彼に話すことを考える。

しかし、前夜からの出来事は彼⼥の⼼に歯止めをかけた。

(・・・彼は動揺するでしょう)

彼にこれらの宝石を返すように頼んだら、彼は怒るかもしれない。

それがヒューゴの邪魔になるのであれば、彼の気分を害する必要はありません。

[⼀輪の花を贈られても、世の中にこれ以上貴重な贈り物はないように抱きしめて感謝しま
しょう。情熱があれば、その情熱は溢れます]

北部の貴婦⼈から聞いたアドバイスが思い浮かぶ。

(今は受け入れよう。困った時に売れば、お金になるのだから)

箱の中⾝を一つ一つ丁寧に開梱し、午後は⾃分で試着してみた。

⼣⽅、ヒューゴは早く戻ってきて、彼らは⼀緒に⼣⾷をとることができた。

「明⽇、デザイナーが訪ねてきます。私はあなたがドレスを必要としていると思ったから」

「・・・ドレスですか?」

「ここは⾸都です。ロームのように時代遅れのドレスを着ていると、嘲笑の対象になります」

ルシアは彼の⾔葉が真実だったので、それについて何も反論出来なかった。

⾸都の貴族たちは特にファッションに敏感なのだから。

特に、⾼位の貴婦⼈の服装は多くの⼥性の主な噂の種。

ファッションリーダーになれないとしても、服装で嘲笑される可能性は避けておきたい。

確かに、ルシアが現在持っていたドレスは、⾸都での彼⼥の今後の社会活動には適していなかったようだ。

 



 

いよいよアントワーヌが登場しますね♪

ルシアをどう攻略するか楽しみです(笑)

 

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...