ルシア

ルシア【106話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は106話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

106話 ネタバレ

ルシア【105話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は105話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ルシアの魔性

主が邸宅に戻ると、ジェロームは彼のコートを受け取り、その⽇に起きた⼩さな事件を報告した。

「分かった。要約すると、ロイがどこにいるのか分からないという事だな」

「はい、公爵様。申し訳ありません」

ロイは⻑い怠惰な睡眠をとった後、⽬を覚まし、こっそりと逃げていた。

ヒューゴが帰ってくることを知り、恐らく怖くなったのでしょう。

「あいつを無理矢理捕まえようとはしなくていい」

「かしこまりました、公爵様」

 



 

⼊浴後、ヒューゴは妻の寝室に⼊った。

化粧台の前に座っている彼女の⾸の後ろにキスをし、購⼊したネックレスを⾸に付けてあげる。

首の違和感に気づき、ルシアは鏡を見てネックレスを確認すると、驚きで目を広げた。

涙の形をした宝⽯が鏡の中で明るく煌めいていた。

「気に入りませんか?」

「いいえ、そうではありませんが・・・。今日は何かありましたか?」

「贈り物は特別な機会のためだけの物ではありませんよ」

「よく理解できていないのですが・・・。これはとても高価な宝石なのですか?」

今年の春、彼が誕⽣⽇に贈ったプレゼントのことを考えて、お腹が痛くなったのを思い出す。

ホワイトダイヤモンドネックレスの最初の贈り物に続いて、彼はこの春、ルシアにレッドダイヤモンドネックレスをプレゼントした。

レッドダイヤモンドはホワイトダイヤモンドのネックレスほど派手ではなかったので、彼⼥は次のお茶会でそれを着用した。

宝石に興味のある⼥性は、すぐにレッドダイヤモンドのネックレスを認識し、オークションでどれだけの金額を獲得できるかについて⼝を開いた。

莫⼤な⾦額を聞いて、ルシアは顔を青褪めていた。

⾼価であると予想していましたが、提示された価格は彼⼥の予想をはるかに上回っていたから。

「あなたはそのようなものが欲しいのですか?それなら、来⽉のオークションで・・・」

「いいえ!」

ルシアの真剣な表情を見て、ヒューゴは笑った。

「あなたの夫は⾦持ちです。裕福な夫を持つ⼥性であることを楽しんでみては?」

答える代わりに、ルシアは弱く微笑む。

彼⼥は貧しく⽣きてきた。

マートン伯爵の妻として住んでいた時でさえ、彼⼥は贅沢を楽しむことが出来ずにいた。

夢の中で餓死することを⼼配していなかったが、彼⼥はいつも⾃分の⽣計を⼼配していた。

しかし、ルシアは夢の中で⾒た公爵夫⼈を忘れることができずにいる。

公爵夫⼈は⾼価な⾐服や装飾品で覆われていたが、彼⼥はまったく幸せそうに見えなかった。

自分もあのようになってしまうと考えると、彼女は贅沢を楽しめなかったのだ。

「宝石は嫌いなのか?それとも、俺からの贈り物は気に入らない?」

「何故そんな事を?嬉しいですよ。可愛いし、私の好みです」

「あなたが本意ではないことを知っています」

ヒューゴはルシアが過剰に反応することを期待していなかったが、自分の贈り物に負担を感じているように見えたことに腹を立てた。

何度も何度も、自分が首都で浮気をするかどうかを尋ねる彼女の言葉にショックを受けていた。

どれだけ時間が経過しても、彼女の心は閉じたまま。

贈り物さえ拒否した場合、他にどのような⽅法があるのでしょうか?

彼女はヒューゴの粘り強い努力を認めてくれなかった。

「怒ってるの?」

「いいえ、別に」

ヒューゴは⾃分の⾔葉に反して、冷たく答えた。

ルシアは彼を⾒つめて考える。

(もしも過去に同じ言葉を言われていたら、私は傷ついていただろう)

彼⼥は⼀⾔も⾔わず、黙って苦しんでいたでしょう。

しかし、今では、彼が不平を⾔っていても、彼⼥はあまり⼼配しない余裕があった。

いつからだろうか?

彼に対して自信を持てるようになったのは。

 



 

ルシアは⽴ち上がる。

そして、彼⼥はゆっくりとバスローブを脱ぐ。

無関⼼に横になっていたヒューゴの目が揺れた。

琥珀⾊のネックレスがルシアの⾊⽩の肌から輝き、魔⼥のように微笑んでいる妻を⾒ると、ヒューゴの⼼は真っ⽩になる。

ルシアは固まっているヒューゴから⽬を逸らさずに、ベッドに向かって歩いた。

彼⼥の⼤胆さは彼⼥⾃⾝さえも驚かせた。

ヒューゴはいつも情熱的にルシアを⾒つめている。

彼の視線はまるで噂されている幻想的な美しさを⾒ているかのよう。

最初は恥ずかしかったが、ヒューゴの視線に慣れてくると、「自分は少し魅⼒的かもしれない」と思い始めたのだ。

ルシアはベッドに上がり、ゆっくりと膝をついて彼に近づく。

彼の揺らめく⾚い⽬を覗き込む。

彼女自身が気づいていない狡猾な笑顔で。

ルシアは⾸のネックレスを掴み、⻩⾊いサファイアを唇に持ち上げる。

「このネックレス・・・、私に似合っています?」

「・・・とても」

ヒューゴの声は緊張したように聞こえた。

「贈り物が気に⼊らないわけではありません。けれど、あなたが破産するのではないかと⼼配していることを理解してください」

「空が2つに分かれても、それは起こりません」

ルシアは両⼿をヒューゴのバスローブに滑り込ませ、筋肉質の胸をゆっくりと愛撫した。

「⼥性の贅沢が国の基盤を揺るがすことができると聞いたことがあります」

ヒューゴは彼⼥の言葉が何を意味するのかを知っていた。

しかし、ルシアが望むなら、彼は国を設⽴して彼⼥にそれを与えるだろう。

「好きなだけ我儘を言ってください」

タラン家はそれだけの財力と権力があるのだから。

ルシアは仕⽅がないかのように微笑む。

謙遜はタラン公爵の美徳ではありません。

ヒューゴは彼女にキスをするために引き寄せたが、ルシアは頭を少し後ろに傾けた。

再びキスをしようとするが、彼女は顔を背ける。

彼の⽬が燃えるのを⾒て、ルシアは爆笑した。

ヒューゴは彼⼥を襲う⼨前だった。

ルシアは彼の頬を愛撫し、彼にキスをした。

状況は圧倒的にルシアに優勢だった。

ヒューゴは負けたくなかったので、彼⼥の⾸の後ろを握り、激しくキスした。

熱い⾆がルシアの⾆を包み込む。

彼の熱狂的なキスは⻑い間続いた。

しばらくして、ヒューゴは口を離す。

「どこでこれらのことを学んだのですか?」

ルシアは彼の困惑の声に笑った。

「あなたからよ」

「教えた覚えはありませんが?」

「学んだことを応⽤することは、優秀な学⽣なら当然のことです」

「私が王でなくて良かった」

「え?」

ヒューゴはルシアのためであれば、国を滅ぼす野⽣の王になるだろうと感じたから。

彼はいつも彼⼥を情熱的に欲しがっていた。

それは彼⼥も同様に。

 



 

ルシアの魔性の魅力に、珍しくヒューゴが動揺しています。

ますますルシアを屋敷から出さなくなるのでは?

ルシア【107話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は107話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...