ルシア

ルシア【105話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は105話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...

 




 

105話 ネタバレ

ルシア【104話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は104話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヒューゴの金銭感覚

「私の妻は質素です。彼⼥は、たくさんのドレスを買うのは勿体ないと思っています」

「そうなのですね」

「しかし、私の妻は⼥性として最⾼に値する存在でしょう」

「それはどういう?」

「コストに関係なく、必要なものがすべて揃えてください。どうにかして私の妻を説得するのはあなたの能⼒次第です。結果に応じて、今後もあなたに依頼するかどうか決めます」

最初、アントワーヌはタラン公爵が何を話しているのか理解していなかったが、ゆっくりと理解が彼⼥の⽬を満たし始める。

夫や父親が妻や娘の無意味な支出を抑える光景を見たことはあるが、女性にお金を使うように要求しているのを見たのはこれが初めてだった。

「なんて事でしょう。タラン公爵はとてもロマンに溢れる方だわ!」

アントワーヌはタラン公爵を魅了された表情で⾒つめていた。

それは、彼⼥が秘密の⾦庫の中を⾒たのと同じ視線。

「公爵様は・・・、コストについて心配しないでいいと言ってくれているのでしょうか?」

「不当な請求は拒否しますが」

「ホホホ。私たちは、そのようなブティックではありません」

アントワーヌはすぐに推定金額をメモに書き留めた。

アントワーヌはロマンスを愛すると同時に、彼⼥は現実主義者。

愛だけでは生きていけない事を知っている。

お金に基づく愛だけが真実!

彼女の⼼は、「コストに関係なく」の曖昧な境界をより明確にする⽅法について熟考した。

考えた最⼤額の半分を書き留め、それを公爵の前に提示する。

万が⼀に備えて、顧客のプライドを考慮に⼊れることを前提に。

「如何でしょうか?」

ドレスはかなり⾼価な贅沢品。

生地が新しいほど、デザインがユニークで排他的であるほど、価格が急騰します。

ヒューゴはアントワーヌからのこの挑戦でさえ瞬きしなかった。

彼は嘲笑し、ペンを⼿に取り、⾦額の後ろに0を追加し、⼀撃で彼⼥にKOを与えたのだ。

アントワーヌがメモを取り戻すと、彼⼥の⼿は絶えず震えていた。

彼⼥は息を切らして胸を掴む。

ファンファーレが彼⼥の頭上に爆発した。

⼈⽣で最⼤の⼤当たりをしたとき、幸運の妖精はタンバリンを鳴らしていた。

 



 

「・・・必ず2⽇後に訪問させていただきます」

「あなたの能力に期待していますね」

「はい、私にお任せください」

「それと、良い宝⽯商を紹介してほしい」

所有する装飾品の多くをロームから⾸都に運ぶのは⾯倒だった。

何よりも、彼女があまり宝石に興味を持っていないという事実は、絶えずヒューゴを悩ませ続けていた。

⾁の前に置かれた空腹の獣のように、アントワーヌの⽬は煌めき、彼⼥は笑顔を浮かべた。

「公爵夫⼈の優雅さを決して失うことのない宝⽯商に案内させていただきます」

アントワーヌはスタッフ全員と⼀緒に建物を出て、タラン公爵を送り出すために深いお辞儀をした。

⾺⾞が⾒えなくなると、アントワーヌは優雅に腰をまっすぐにし、彼⼥の⽬は情熱で燃え上がっていた。

「今すぐにスケジュール調整を!とにかく、明後⽇は完全に空けること!これまでに作ったすべてのドレス、靴、帽⼦をデザインブックに⼊れる準備をしてちょうだい!」

アントワーヌの指⽰で、彼女の助⼿たちは必死に動き始めた。

今⽇から明⽇の夜まで、アントワーヌのブティックでは明かりが消えない可能性があるでしょう。

 



 

⾺⾞はアントワーヌが推奨する宝⽯店に到着した。

宝石商のマネージャーはアントワーヌの親密なパートナー。

宝石商はすでに事前の知らせを受け取り、好奇⼼旺盛な少数の顧客を追い払い、店のドアを閉め、1⼈の顧客だけを迎える準備をしていた。

ヒューゴはネックレスとブレスレットのディスプレイを閲覧し、いくつかの品物を指さす。

宝石商の品物は⾼級で、⾸都で最⼤5桁の費⽤がかかりましたが、あらゆる種類の宝石を⾒たヒューゴの⽬には、それほど珍しくなかった。

提示された品物をチラッと見るだけ。

しかし、誰もその行為に不快感を感じなかった。

このレベルの⼤物が訪れたとき、その訪問からの収⼊は決して少なくないというのが業界の常識。

何⼈かの従業員がヒューゴを注意深く追いかけ、可能な限り迅速に動き、ある時点で、テーブルは宝⽯で埋め尽くされた。

「これにしよう」

「この中のどちらにされますか?」

マネージャーは⼿をこすり、従順に⾝を下げた。

品物はすべて⾼額なものだったので、1つか2つでも売れたら大当たりだった。

「全て」

「す、全て・・・ですか?」

「売りに出されていないのか?」

「いいえ!畏まりました!すぐに準備させていただきます!」

マネージャーは⼤喜びで震えた。

「どのくらい時間がかかりますか?」

「す・・・、少しだけお時間を頂けますか?」

ヒューゴは、テーブルから透明な⻩⾊の涙の形をしたサファイアのネックレスを拾う・

それはルシアの⽬の⾊に似ていた。

「今すぐこれを梱包して、残りを邸宅に届けてくれ」

「緊急でなければ、明⽇の夜明けに配達してもいいでしょうか?これらは⾼品質の品物ですので、安全を保証したいと思います」

「構いません」

宝⽯店の品物をほとんど空にした後、ヒューゴはようやく家に帰った。

 



 

ヒューゴの金銭感覚は途方もないですね・・・。

それも全てはルシアのためなのでしょうが(汗)

公爵家の財産がどれくらいか気になります!

ルシア【106話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は106話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...