ルシア

ルシア【104話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は104話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

104話 ネタバレ

ルシア【103話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は103話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 狂犬病

ヒューゴは、公爵夫⼈の住居に向かう⾺⾞に座って思案する。

表情から、彼が何を考えているのか分からない。

ファビアンは⾺⾞の反対側に座って、主⼈の気分を注意深く推定しようとしていた。

「クロティン卿の所在を調べましょうか?」

皇太子によると、ロイ・クロティンは⼀⾔も⾔わずに姿を消し、彼の所在は不明のまま。

不服従、無許可の⽋席および過失。

それは1回か2回だけではない。

「彼のような⼈にとって、彼は⻑い間耐えてきたのだろう」

ファビアンはその声明に完全に同意せずにはいられなかった。

実際、ロイが問題を起こさずに1年以上続き、今だけ抗議しているのは驚くべき事なのだから。

「放置しましょう。彼はおそらく何処かで寝ているだけなのだから」

そろそろ「薬」の効能が低下する頃なのだろう。

「護衛の問題に関しては、問題ないはず。今は誰も攻めてこないはずだから」

最有力候補のクェイズ。

誰かが彼に対して急いで動いた場合、彼らは反逆罪で起訴され、家族全員が絶滅の危機に瀕するため、現時点で不注意に動いたり危険を冒したりする⼈は誰もいない。

「かしこまりました、旦那様」

こんな行為が許されるのはロイ・クロティンだけでしょう。

彼は、タラン公爵に⽣意気で恐れることなく直⾯した唯⼀の⼈物。

タラン公爵がロイと⼀緒にいたとき、時々、彼は普通の⼈のように⾒た。

「狂⽝。はぁ・・・、なんて相応しいニックネームだ」

今⽇、⾸都では、騎⼠クロティンは「狂⽝病クロティン」と呼ばれている。

ファビアンは、ロイが公爵の前で⽣意気な態度に出るのではないかと心配していた時期があった。

狂⽝は恐れを知らないから。

 



 

  • 有名なデザイナー

「⾸都で最も有名なデザイナーは誰ですか?」

「いくつか存在します。ここからだと・・・」

ファビアンは窓の外を⾒て、彼らの現在の場所を⼤まかに測定した。

「最寄りの場所は、ジェフリー紳士のブティック。又は、アントワーヌ夫人のブティックです」

男性デザイナーはすぐにヒューゴの選択から除外された。

「⾺⾞を回してください。アントワーヌのブティックに向かいましょう」

すぐに⾺⾞は⽅向を変え、アントワーヌ夫⼈のブティックに向かう。

アントワーヌは間違いなく⾸都で有名なデザイナーの⼀⼈。

しかし、彼⼥が最も有名だったとは⾔い難い。

好みの着こなしのスタイルに応じて、最⾼のデザイナーは⼈によって異なるのだから。

アントワーヌが今⽇⼤きな顧客を獲得できた理由は、第⼀に彼⼥が⼥性だったため。

そして第⼆に、彼⼥のブティックの場所が公爵の⾺⾞に最も近いためだから。

タラン公爵は事前の予約をせず、閉店の中断をしたが、VIPとして扱われ、VIPスイートに案内される。

⾼級ブティックは、国の状況に関する情報に⾮常に敏感だ。

彼らの主な顧客は裕福であり、裕福なのは主に⾼位の貴族であり、⾼位の貴族は主に権⼒者。

不安要因もあるが、ほとんどの⼈はクェイズが必ず王になることを期待していた。

タラン公爵が新王の最も近い顧問であったという事実は、現在の政治を少し理解している⼈なら誰でも知っていること。

⾮常にプライドの⾼いデザイナーであり、⾃⾝のブティックのオーナーであるアントワーヌは、許容できる貴族の前ではプライドを確⽴しようと努めるが、今⽇、タラン公爵の前でそうするつもりは全くなかった。

 



 

  • アントワーヌ夫人

アントワーヌはとても愛想良く、ゲストを個⼈的に歓迎した。

「あなたに会えて光栄です。公爵陛下」

「手短に要件をお伝えします。妻のドレスが必要です」

社交界で最もホットな話題、タラン公爵夫⼈!

アントワーヌは、彼⼥の興味を明らかにすることを避けるために、自身の表情を最大限に抑えた。

「公爵夫人は同⾏しているのでしょうか?馬車でお待ちになられているのですか?」

「デザイナーは委託で個⼈的に訪問できると聞きましたが」

「はい、もちろんです。公爵陛下。指定日はございますか?」

「明日・・・」

考え直してみると、明⽇は不可能だった。

今⽇は「5⽇に1回」のルールで5⽇⽬。

旅⾏での倦怠感のせいかもしれませんが、⾸都に来て以来、⼼ゆくまで彼女が楽しむのは大変だった。

さらに、彼⼥は⾸都に来る前に⼤きな熱を持っていたので、ヒューゴは彼女の健康に⾮常に敏感だ。

今⽇、ヒューゴは彼⼥と⼀緒に情熱的な夜を過ごすことを計画し、今⽇と昨⽇の両⽅の役割を果たした。

彼⼥が明⽇⼀⽇中休んでいれば、デザイナーが明後⽇彼⼥を訪ねるのはそれほど負担にはならないでしょう。

「いいえ。明後日来てもらいましょうか」

「つまり・・・、二日後という事でしょうか?」

アントワーヌは有名なデザイナーだ。

彼⼥のドレスを着るのを待っている⼈々は大勢いる。

特に戴冠式が近づいているため、今は昼も夜も忙しかった。

彼⼥のスケジュールは⼀ヶ⽉間ぎっしり詰まっている。

2⽇後の急なスケジュールの要求は難しかった。

しかし、⽬の前の客はとてつもなく巨⼤。

アントワーヌはそろばんを弾き、アントワーヌがデザインしたドレスを着た公爵夫⼈から得られる宣伝と、即時の⾮現実的なスケジュール変更から受ける被害を⽐較する。

公爵夫⼈は社交界の会話の中⼼。

彼⼥は結婚するとすぐに夫の領⼟に直⾏し、誰も彼⼥をきちんと⾒たことがなかった。

⾼貴な⼥性がアントワーヌのブティックでドレスを着ているときはいつでも、彼女たちはアントワーヌの⽿を公爵夫⼈の話で満たしていた。

「かしこまりました。すぐに手配させていただきます」

アントワーヌは即答する。

彼⼥は噂の公爵夫⼈に会うのが楽しみだった。

それも彼⼥の返事に⼀役買っている。

 



 

これが本当の大人買いなのでは?

アントワーヌはルシアに服を購入させることができるのでしょうか?(笑)

彼女は贅沢することに抵抗がありますしね・・・。

ルシア【105話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は105話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...