ルシア

ルシア【103話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は103話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

103話 ネタバレ

ルシア【102話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は102話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ロイとの遭遇

ルシアたちが到着してから数日が経過するが、彼らの到着の噂は広まっていない。

ヒューゴはルシアに休息を取り、しばらくの間は家で過ごすようにお願いした。

そのため、彼女は数日間を非常にリラックスした気持ちで過ごすことができた。

この休暇がそれほど長くないことを知っている彼女は、できる限り楽しもうと考えた。

昼食をとった後、邸宅を見回し、庭を散歩する。

屋敷の内部が見えないようにたくさんの木が植えられていたため、快適な散歩が出来た。

「おお!」

突然の⼤きな声にルシアは驚く。

目を引く男が突然現れ、彼女はその場で倒れてしまう。

「ああ、私はあなたを驚かせましたか?私です、私。久しぶりですよね?」

男はロイ・クロティン。

ルシアは伸ばした⼿をつかんで⽴ち上がった。

ルシアにとって、ロイは特別な男性。

彼がいなかったら、ヒューゴに会うことはできなかったでしょう。

当時、ジェロームは不在だったため、ロイは好きなように⾏動し、ルシアがヒューゴと会うことを許可したのだから。

その時、ルシアがヒューゴに会うことができず、背を向けられていたら、彼⼥は再び訪れる勇気がなかったでしょう。

それは天の導きでもあり、同時にロイの助けでもありました。

「あなたは公爵夫⼈なので、私は敬った方がいいでしょうか?しかし、私は礼儀をあまり知りません」

ロイの笑顔に悪意はない。

ルシアはニヤリと笑った。

「構いません。普段通りにしてください。久しぶりにお会いできて光栄です。私はあなたに感謝したいと思っていましたから」

「感謝?なぜ?」

「クロティン卿がいなかったら、公爵様には会えなかったでしょう。私が公爵夫人になれたのは、あなたのおかげです」

「いえ・・・、私は別に・・・」

ロイは内心で気まずい思いをする。

実際、彼女を公爵に会わせたのは、彼の好奇心が強かっただけなのだから。

それでもルシアから感謝の気持ちを聞いて、ロイは少しだけ幸せな気持ちになった。

 



 

  • ロイ・クロティンの噂

(なぜ彼には悪い評判があるのだろうか?)

ルシアの夢の中で、ロイ・クロティンは狂⽝として有名であり、彼女は噂でしか彼を知らなかった。

しかし、ロイと直接会った後、彼が噂された悪名⾼い人物から程遠いことに気づく。

彼は陽気で率直なだけ。

善意をもって接すれば問題はない。

(噂は信用できないわね)

タラン公爵を取り巻く噂だと、彼は⾎も涙もない冷酷な怪物。

夢の中で社交界ではそんな噂しか聞かなかったが、それらのほとんどは嘘だった。

ルシアは、関係者と直接会わない限り、噂を信じないように⾃分⾃⾝に⼩さな約束をした。

「あなたは皇太⼦殿下の護衛だったと聞きました。今ここにいても⼤丈夫なのでしょうか?」

「関係ありません。主の命令であっても、私は戻りません!どこにも行くことが出来ず、1年以上護衛するのがどれほど難しいか知っていますか?時々、暗殺者を殺すのは楽しかったとしても、今すぐやめたいのです!」

「・・・ああ、なるほど。あなたは⼤変だったに違いない」

「それで、私の主はどこに?」

「彼はいませんよ。外出しています」

「くそー!久しぶりに主と決闘するために来たのに」

「・・・決闘ですか?公爵様と戦うという意味でしょうか?」

「ハハハ!そうですね、それを戦いと呼ぶのは正しいことです。決闘も戦いですから」

「・・・危険じゃないですか?」

「危険はありません。私たちはアマチュアではありませんから。主の決闘を⾒たことがありませんか?」

「見たことがないです。彼が傷つくのは見たくありませんから・・・」

「プハハハ!」

ロイは⼤笑いした。

「傷つく?馬鹿げていますね。主の指さえ傷つけることができる⼈は世界に誰もいません」

「彼は素晴らしい騎⼠なのですか?」

ヒューゴの体格は騎⼠の体格を圧倒している。

しかし、実際に彼が剣を振るうのを⾒たことがなかったため、ヒューゴの強さが想像できなかった。

夢の中で見た騎士。

彼らは気性が常に荒く、怒り狂う猛牛のような存在だった。

(彼は騎士には見えない)

ルシアはヒューゴから、騎⼠独特の荒々しい雰囲気を感じることが出来なかった。

(彼が騎⼠である前に、彼が公爵だったからだろうか?」

タラン公爵を知っている誰かが彼⼥の考えを聞いたとしたら、彼らは⾔葉を失うでしょう。

「クロティン卿!」

鋭い声が彼らを遮った。

ジェロームが固い表情で⼆⼈に近づく。

ロイは笑顔を浮かべて、彼に話しかける。

「こんにちは、執事長」

ジェロームはロイを睨んだ後、ルシアに丁寧に話しかけた。

「奥様。メイドなしで外出すると、トラブルが発⽣するかもしれません」

「ああ、前にも聞きましたね。気をつけます」

ルシアは自分の無配慮を反省し、ロイに会釈をした後、二人を残して邸宅に戻る。

 



 

  • 猫とネズミ

ジェロームはルシアが邸宅の中に⼊るまで⾒守っていた。

その後に、ロイに目を向ける。

「無礼な行いは止めてください!奥様はタラン家の女主人です。誰もいない場所で会えるような人ではありません!」

どこに⽬が隠されているのか分からない⾸都。

⾸都でのあらゆる種類の噂は、小さな火種から発生することが多い。

「ごめんなさい」

「もう少し注意が必要だと⾔っています」

「はぁ・・・、ごめんなさいと⾔った。久しぶりに会いましたが、公爵夫⼈に会えて嬉しかったのです」

「夫がいる⼥性に、個⼈的な感情を不⽤意に表現してはいけません。旦那様が永遠に寛⼤であると思い込まないでください。クロティン卿のせいで奥様の噂が起きたら、旦那様はとても怒るでしょう」

「うーん・・・。しかし、主が女性のために怒るなど想像できませんが」

「彼女は単なる女性ではなく、奥様です。あなたの発言に注意してください」

ジェロームのこのような反応に馴染みがなく、ロイは驚いていた。

彼は公爵の⼥性に対して無礼に振る舞うという点で、ロイに劣っていないのだから。

その意味で、二人は妙に同期していた。

彼らは猫とネズミのようでした。

⾯⽩いのは、ロイの方が強いのに、ジェロームが猫だったということ。

ロイがトラブルを起こしたときはいつでも、ジェロームがしつこく批判するから。

「主はあの⼥性と・・・」

ジェロームの激しい睨みで、ロイはすぐに⾔葉を変えた。

「主は・・・、公爵夫⼈を愛しているのですか?」

「ええ」

「たくさん?」

「たくさん」

「それなら、私が以前と同じ態度なら、主は怒るでしょうか?」

「旦那様は怒り狂うでしょう」

ジェロームはロイを⼼から⼼配し、彼に強い警告を与えていた。

他のことならば、旦那様はロイに寛⼤だ。

しかし、奥様に関係しているなら、許しはまったく与えられないでしょう。

「分かりました。けれど、問題はありません。私も彼女が・・・、公爵夫人が嫌いではありません」

「なぜ・・・?」

「どう言えば良いでしょうか・・・。彼女は悪臭がない」

「匂い?香水のことでしょうか?」

マダムは過剰な⾹⽔を使う女性ではなかった。

実際、ジェロームも彼⼥のこの点が好きだった。

「そうじゃなくて・・・」

ロイは、⼈の⼀般的な気質を本能的に把握して対処することに慣れている。

ロイが領主の命令で皇太⼦の側に留まっていたにもかかわらず、皇太⼦が彼に夢中になったのはこのため。

「まぁ似たようなものです。今後は気をつけますから。主が帰ってくるまで寝たいので、何処で眠れば良いですか?」

「・・・ついて来てください」

 



 

ルシアの魅力はどんな人物でも虜にする力ですよね。

クロティン卿が戻ってきたら、ルシアの専属護衛になるのでは?

彼であれば、ヒューゴも安心でしょうし。

ルシア【104話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は104話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...