ルシア

ルシア【102話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【ルシア】を紹介させていただきます。

今回は102話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 



 

16番目の王女のため、誰からも奉仕されることなく宮殿の端で暮らしていた「ビビアン」は、12歳の頃から夢で未来を見るようになる。

18歳になった王女「ビビアン」は侍女を装い「ルシア」として毎週町に出掛け、自由な時間を過ごしていたが、一年後に欲深い伯爵に売り飛ばされ、悲惨な生活を送ることを夢にみてしまう…!

そんな自らの未来を変えるべく、冷静沈着で残酷“戦場の黒ライオン”と呼ばれるタラン公爵に契約結婚を提案する!

公爵を愛さないことを約束するルシアだったが…?!

 

ビビアン・ヘッセ(ルシア):主人公。16番目の王女。親しい相手からはルシアと呼ばれている。先の未来を夢の中で見ることが出来る。ヒューゴと契約結婚をする。

ヒューゴ・タラン:公爵。黒髪に赤い目。ルシアと契約結婚をする。

ジェローム:執事。ファビアンの兄。

ファビアン:補佐官。ファビアンの弟。

フィリップ:男爵。タラン家専属の主治医。タラン家の血筋を絶やさないことを目的としている。

ミシェル・コルジャン;伯爵夫人。社交界の教母として名高い。ルシアの指南役。

ケイト・ミルトン:ルシアの友人。コルジャン伯爵夫人は大叔母。

ノルマン:小説家。アイディアをルシアから提供してもらう。

クェイズ・ヘッセ:皇太子。

ソフィア・ローレンス:ヒューゴの元恋人。別れの印として、黄色のバラの花束を渡される。

ロイ・クロチン:タラン公爵の右腕。狂犬という異名を持つ。

ディーン・ヘバ:タラン公爵家の騎士。

ダミアン:ヒューゴの息子。現在8歳。

エリオット・カリス:騎士団長。

ファルコン:伯爵夫人。結婚前まではヒューゴの愛人だった。

バートン:伯爵。ルシアの夢の中での夫。

【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...

 




 

102話 ネタバレ

ルシア【101話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は101話をまとめました。 ネ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 馬鹿げた噂?

⼣⾷時、ヒューゴはルシアの外出について話し始めた。

「出かけたと聞きましたが?」

「ええ。以前に⼿紙を届けてほしいと頼んだ知⼈に会いに⾏きました。覚えていますか?」

「もちろん」

彼は覚えていただけでなく、ファビアンが前回の報告書を提出して以来、⼥性の⼩説家を注意深く監視し、保護してきた。

すでに彼女が結婚することを知っていて、男性が故意に⼩説家に近づいたかどうかを調べるために調査さえしていた。

ノーマンには知られていないが、彼⼥はタラン公爵の諜報部隊によって疑わしくないことが保証された男と結婚する。

「彼⼥は私の⼤切な友達です。彼⼥が⾸都を離れるとき、新しい家で何か問題に遭遇した場合に備えて、彼⼥を助けることができるように私は繋がりを残したいと思います」

「あなたのしたい事をしてください」

ヒューゴの同意に、ルシアの頬は少し⾚くなった。

彼が拒否するつもりはないと思っていたが、自分の要求を受け⼊れてくれて嬉しくなる。

「それと・・・、あなたは私の周りで起きている噂を知っていますか?」

「⾸都には常に多くの噂がありますが」

「とても馬鹿げた噂ですよね・・・」

言葉を続けないルシアの様子に、ヒューゴは少し眉をひそめた。

ファビアンを通して、彼はすべての噂を知っている。

幸いなことに、彼⼥についての噂には悪意のある者はなかった。

自分が知らない悪い噂を聞いたかもしれないという考えは、ヒューゴの気分を害した。

もしそうなら、彼は⾃分の仕事を適切に⾏わなかったファビアンに連絡し、彼を地⾯に叩きつけたでしょう。

「どんな噂を聞いたのですか?」

ルシアは彼の質問に少し躊躇した。

そして、少し⾚くなった顔で、恥ずかしさを抑えながら噂を説明する。

「公爵夫人が素晴らしい・・・、美しさで・・・、だからあなたが・・・、私を・・・、城に」

「聞いたことがある噂だ。それが?」

大したことのない噂だった。

なぜその噂が彼女を不快にさせているのか理解できず、ヒューゴは尋ねた。

 



 

  • あなたは美しい

「その噂は、あなたが誘拐犯のように描かれています」

ルシアは夢の中で、彼についてのあらゆる種類の噂を聞いてきた。

その中に、ヒューゴが血を飲むという噂があったのだ。

「その噂だと、私が比類のない美しさだと・・・。とても馬鹿げていますよね・・・。実際に私を見たら、彼らもそう思うでしょう」

「彼らが何について話すのですか?」

ヒューゴは本当に理解していないような表情を浮かべる。

「私が比類のない美しさでない事を、あなたも知っているはずです」

「どういう意味ですか?あなたは美しいです」

ルシアは⼀瞬唖然とした。

そして、⼀瞬で彼⼥の顔は真っ⾚になった。

使⽤⼈たちはすぐに視線をそらし、何も聞こえなかったように振る舞う。

この状況で表情が全く変わらなかった使用人たちは、本当に素晴らしかった。

「・・・私をからかわないでください」

「そんなつもりはありません。私はあなたが綺麗だから綺麗だと言っただけです」

ヒューゴは不誠実に冗談を⾔う⼈ではない。

ルシアの顔は⾚くなりすぎて、じっと座っていられなかった。

すぐに立ち上がり、⾷堂を出る。

 



 

  • ノーマンの質問

強い⼿がルシアの腕を掴み、彼⼥が庭に出ることを⽌めた。

いつの間にかヒューゴは追いつき、彼⼥のすぐ後ろにいた。

「ビビアン、私は何か間違ったことをしましたか?」

ヒューゴは彼⼥を可愛いと呼んだとき、彼⼥はそれを喜んでいた。

だからこそ、今回の彼女の反応に戸惑っている。

ルシアは何度も⾸を横に振った。

「いいえ。使用人の前でそう⾔ったから恥ずかしかったのです」

「はは。使⽤⼈の前では「触れないで」だったのに、使⽤⼈の前では「⾔わないで」に変わったのですか?」

ルシアは両腕をヒューゴの腰に巻きつけ、頭を胸に埋めた。

「知りません」

ヒューゴは抱擁を返し、腕を背中に巻きつけた。

ルシアは彼の不平を聞いて、頭を胸にこすりつけ、微かに笑った。

『幸せですか?』

ノーマンの質問が頭に浮かぶ。

ルシアは何度も何度も「私は幸せだ」と答えるでしょう。

最近、ヒューゴは⼥性や過去のスキャンダルを含む根拠のない噂がルシアの⽿に届くのではないかと⾮常に⼼配していた。

そのため、ファビアンは昼夜を問わず⾛り回って噂を集めている。

 



 

ヒューゴの直球すぎる言葉に、ルシアもたじたじですね(笑)

微笑ましい二人を見ていると、この二人の関係がさらに深まることを願いますね♪

ルシア【103話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 今回は103話をまとめました。 ネ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...